風船を掲げる女性
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

メンタルを強くする方法って?自分に自信を持てる女性に近づこう!

メンタルが弱い人は小さなことも気になって、仕事や恋愛で悩みを抱えがちです。強いメンタルを手に入れて自分に自信がつけば、現状を変えられるかもしれません!メンタルが強い人の特徴や、メンタルを強くする方法を解説します。

更新 2021.09.22 公開日 2021.09.25
目次 もっと見る

メンタルを強くする秘訣って?

周りの評価をつい気にしてしまったり、失敗をするのが怖くて勇気が出なかったり、“もう少しメンタルが強かったら…”。
そんなふうに、しょっちゅう考えてしまうの。
でもメンタルを強くするのって、なかなか難しそうですよね。

そこで今回は、メンタルが強い人・弱い人の特徴を見ていきながら、どのようにメンタルを強くしていけばいいのか探っていきたいと思います!

メンタルを強くするメリット

メンタルを鍛えると、よいことがたくさんあります。まずはメンタルを強くするメリットを知り、モチベーションを高めましょう!

ストレスから解放される

人は誰でも、さまざまなストレスにさらされながら生きています。特に人間関係から生じるストレスは自分ではコントロールしにくく、精神的な負担になりやすいといえます。

周りの評価や他人からかけられたささいな言葉を気にし過ぎて、心が疲れてしまった…という経験、ありますよね?メンタルが強くなると『自分は自分、人は人』と割り切れて、人間関係のストレスから少しだけ解放されます。

精神的に安定するため、その他のストレスも寄りつきにくく、より楽しい人生を送れますよ。

成功のチャンスが巡ってきやすい

メンタルを強くすると、多少の失敗を気にせずに済みます。失敗してもあきらめずに、挑戦し続ける粘り強さも身につきます。

失敗が怖くなければ、物事にチャレンジする意欲も自然に湧いてくるもの。このため今までは尻込みしていたような、難しい案件も難なくこなせるようになります。

やる気に満ちた姿に周囲の見る目も変わり、さまざまなチャンスが舞い込んでくるはず。成功を積み重ねて周囲の評価が高まれば、さらに大きなチャンスを手にすることも可能に。

健康的な体が手に入る

『病は気から』というように、メンタルの弱さは体調にも現れます。メンタルが弱いとストレスを感じやすく、よく眠れなかったりお酒に逃げたりして免疫力が下がり、体調を崩すきっかけを作ってしまう原因にも…。

メンタルが強くなれば多少のストレスには動じなくなるため、普段通りの生活を続けられます。体調を崩すことも減り、健康的な体で過ごせるようになるはず!

メンタルが強い女性の特徴は?

メンタルが強い人の特徴を知ることで、どのように心を強化していくべきかが、きっとわかりやすくなるはず!メンタルが強い女性に共通するポイントを見ていきましょう。

自分に自信を持っている

メンタルが強い女性は、何事にも自信を持って取り組みます。何か問題が起こっても、自分で対処できる自信があるため、パニックになったり途中で投げ出すという事態が起きづらいのが大きなメリット。

最後まで、責任を持ってやり遂げるというのはどんな場面でも大切なことですよね。強く前向きな姿勢が周囲にもよい影響を与え、ますます輝いて見えるはず!

自分の意見をはっきり言える

自分の意見をはっきり言えるのも、メンタルが強い女性の特徴です。『はっきり言う』とは決して『一方的に自分の気持ちを相手にぶつける』という意味ではありませんよ。

メンタルが強い女性は、相手の気持ちや意見も尊重した上で、自分の意見を述べることを意識しています。周りの意見に惑わされたり、感情的になったりすることはなく、いつも冷静です。

『なぜそう思うのか』『今後どうして欲しいのか』を的確に伝えられるので、言われた方もすんなりと受け入れられますよね。

余裕があり聞き上手

メンタルが強い女性はみな『聞き上手』なのが特徴です!自分の価値観をしっかりと持っている人が多く、自然と気持ちにも余裕が出てくるんです。

余裕がある人は周りがよく見えて、自分が今何をするべきなのかが分かるようになります。このため相手の立場を思いやり、理解を示せるのです。

聞き上手な女性は彼氏とケンカしているときでも、相手の意見をしっかりと聞いて、理解しようと努めます。怒りに任せるだけのケンカではないため、仲直りもしやすくなります。ちゃんと原因や理由を話し合うことで、彼との絆もさらに深まるはず!

メンタルが弱い女性の共通点もチェック

続いてメンタルが弱い女性にありがちな共通点を見ていきましょう。日頃から自分のメンタルが弱いかも…と感じている人は、当てはまるかどうかチェックしてみましょう!

基本的にネガティブ

メンタルが強い人と弱い人との違いは、物事に対する捉え方にあります。同じ物事でもポジティブに捉えるか、ネガティブに捉えるかによって、結果は大きく変わるものですよね。

メンタルが弱い女性は、基本的にネガティブです。例えば仕事で新規プロジェクトのリーダーを任されたとき、失敗することばかり考えて気持ちが委縮し、実力を発揮できないケースもあります。

恋愛においても「こんなことを言って嫌われたらどうしよう」「もしかして怒らせてしまったかも」のように、彼氏の言動を毎回ネガティブに捉え、悶々とした時間を過ごすことが多くなってしまいます。

周りの評価に一喜一憂

メンタルが弱い女性は、周りの評価を気にしがちです。会社でもプライベートでも、他人と比べられたり、周りから何かを評価されたりするのは、実はよくあることなんです。

メンタルが強い人は、周りがどのような評価をしようとも『自分なりに頑張ったからよしとしよう』『次はもう少し工夫してみよう』などと、前向きに考えられます。

しかしメンタルが弱い人にはそのような余裕がなく、周りの評価に振り回されてしまうのです。少しでも批判されるととても落ち込み、ますますネガティブになるという悪循環が生まれます。

完璧主義でいろいろ気になる

神経質で完璧主義なのも、メンタルが弱い女性の特徴です。完璧を求めるのは、決して悪いことではありません。しかし完璧にこなそうとすればするほど、気になる部分がたくさん出てくるものですよね。

『ここまでできたから、よしとしよう』とは思えなくなり、一つでもうまくいかなかったときに、できなかった自分を責めてしまうのです。

また完璧主義は、度を越すと周りに迷惑をかけることになることも。例えば会議資料を作成中に、見た目にこだわって修正に時間がかかり、会議に遅れては本末転倒ですよね。

こだわりが強すぎるがゆえに、周りが見えなくなってしまうこともあるので注意しましょう◎

メンタルを強くする方法「生活習慣編」

食事や睡眠など、基本的な生活習慣を見直すだけでも、メンタルを強くする効果が得られるんです!生活習慣によってメンタルを強くする方法を見ていきましょう。

食事内容を気にしてみる

偏った食事は健康によくないばかりか、脳の働きや精神状態にも悪い影響を及ぼしてしまう可能性も…。次の点に心当たりがある人は、普段の食事内容を見直してくださいね。

・朝食を抜く
・炭水化物が多い
・冷たいものが好き

朝食をしっかりと食べることで脳と体が目覚め、生活リズムが整います。またメンタルに関係する『神経伝達物質』は、タンパク質から作られるんです!

時間がない、食欲がないなどの理由で菓子パンやおにぎりだけで食事を済ませずに、肉や卵、チーズなどのタンパク質も意識して食べてくださいね。

温かいものを食べると体温が上がり、元気が出ますよね。暑い日でも最低1品は温かいものを献立に取り入れると効果的ですよ!

腸内環境を整えることも、メンタル強化につながるといわれています。腸内環境の改善には、食物繊維の豊富な野菜や、ヨーグルト・キムチ・納豆などの発酵食品が◎。積極的に取り入れたいですね!

良質な睡眠をとる

メンタルを強く保つためには、良質な睡眠が欠かせません。睡眠不足が続くと感情のコントロールが効かなくなり、落ち込んだりイライラしたりしますよね。

睡眠時間が短い人は、まず7時間寝ることを目指しましょう!忙しくて無理な場合は、睡眠の質を高めることを心がけると◎。

短い時間でもぐっすりと眠れば疲れがとれて、翌日は元気に活動できますよ。良質な睡眠をとるポイントは以下の通りです。

・寝る時間の90分前に入浴を終える
・寝室の温度や湿度を快適に保つ
・寝る前にパソコンやスマホなど電子デバイスを見ない
・朝起きたら太陽の光を浴びる

不安なことはノートに書きだす

不安や心配事をノートに書きだす習慣をつけるのも、メンタル強化に有効です。文字にすることで頭の中でモヤモヤしていた不安が整理され、気持ちが軽くなってくる効果も。

例えば仕事でミスをして、上司に叱られたとしましょう。メンタルが弱い人は叱られたことがショックで、ミスの原因や解決策にまで気が回りません。そのままでは同じミスを繰り返したり、叱られるのが怖くて新しい仕事に挑戦できなかったりしますよね。

しかしミスしたときの出来事を思い出しながら書いていくと、なぜミスをしたのか、上司は何を言いたかったのか、次はどうすればよいのかということが、だんだんわかってくるものなのです。

誰もがやりがちなミスだとわかれば気が楽になりますし、解決方法が見つかれば、次からは自信を持って取り組めるはず。毎日10~20分程度机に向かう時間を作り、日頃感じている不安をノートに綴ってみてくださいね!

メンタルを強くする方法「性格編」

BASE

メンタルが強い人を見ていると『私の性格ではとても真似できない』と思うこともありますよね。しかしメンタルが強い人の性格に近づくのは、別段難しいことではありません!

少し考え方を変えるだけでもポジティブな性格に近づくことができる、その一例をご紹介します。

感謝の気持ちを大切にする

メンタルが強い人は、実はとても謙虚。周りのあらゆるものに感謝していて、その気持ちを言葉や態度に素直に表しているんですよ。

感謝の言葉は、言われた方はもちろん、言う方もとても気持ちがよいものですよね。自分で気持ちよくなれる言葉を常に発していれば、行動や考え方も自然にポジティブになり、メンタルを強く保てるはず!

周りへの感謝の気持ちを大切にして、できるだけ言葉で表すことを心がけてみてくださいね。

小さな目標を決めてみよう

何かをするときは、目標を決めるのが基本です。ただし目標が大き過ぎると、途中で軌道修正したくなったり、最後まで達成できなかったりしますよね。

メンタルが弱い人は、達成できない自分に落ち込んでしまうので、まずは達成感を得ることを目指すと◎。

例えば何か欲しい物があって貯金したいときに、いきなり目標金額を掲げても、なかなかうまくいきませんよね。

1年後に50万円貯めるとしたら、まずは『月に4万円』と小さな目標を掲げましょう!それでも難しい場合は『週に1万円』でもOKですよ。

どんなに小さくても、目標を達成できればうれしいものです。自分の行動に自信がつき、大きな目標にも向かっていけるようになるはず。

現状を受け入れることも大切

世の中に、まったく失敗しない人など存在しませんよね。しかしメンタルが弱いとそのように考えられず、『失敗してはいけない』と自分を追い詰めてしまうタイプの人も。いつも追い込まれた状態では心身に無理がかかり、うまくいくものもいかなくなってしまうかも…。

一般的に、人は何かを完璧にこなせることはあっても、他のことでは失敗したり妥協したりしているものです。ほとんどの物事は、完璧に近づけようと努力するだけでも十分なのです。

自分の能力や置かれている環境など、現状を素直に受け入れて、完璧主義から抜け出すことが大切ですよ!

メンタルを強くする方法「トレーニング編」

メンタルを強くするのに効果的な、トレーニング方法もあります。毎日継続して、強く前向きな女性を目指しましょう!

プラス思考にシフトする

メンタルが弱い人は、マイナス思考になりがちです。例えばプレゼンの前日には失敗することばかり考えて、成功のイメージを持てません。自信がないままプレゼンして失敗に終われば、ますますマイナス思考にとらわれてしまうんです。

メンタルを強くしたければ、マイナス思考をプラス思考に変える練習をしていきましょう!プレゼンの前日は失敗のイメージを頭から追い払い、『このプレゼンはきっと取引先の役に立つはず』と考えます。

普段の生活でも、『また失敗したらどうしよう』ではなく『この前失敗したから次はうまくいく』と、何かにつけプラス思考を心掛ける練習をすると◎。周りに人がいなければ、口に出すとより効果的です!

前向きな言葉を繰り返し脳に聞かせることで、プラス思考がインプットされ、自然にメンタルが鍛えられるのでおすすめです!

前向きなセルフトークをする

『セルフトーク』とは、心の中でつぶやく独り言や口ぐせのこと。セルフトークには自己暗示の効果があり、メンタルの強化にも有効と言われているんですよ。

長い間ネガティブな考え方に支配されてきた人も、セルフトークによってポジティブな考え方に変われる、とする研究結果もあるほどです。

常に前向きなセルフトークをしていれば、いつの間にかポジティブな言動ができるようになるはず。

『どうせうまくいかない』『やっぱりダメだった』など、ネガティブな口ぐせがある人は、『絶対にうまくいく』『今度は大丈夫』といった、前向きな言葉に言い換えてみましょう!

メンタルが強い人の真似をするのもおすすめ

メンタルが強い人が身近にいれば、やり方を真似てみるのもおすすめです!「あの子、いつも前向きでタフでいいなあ…」というお友達を思い浮かべてみてください。彼女や彼と近いような行動することで、自分に足りないものに気づき、どうすればメンタルを強く保てるのか?のヒントが得られるはず。

最初は真似ているだけだとしても、続けるうちに自身の習慣として身につき、メンタルの弱さを克服できますよ!

メンタルを強くする方法「運動編」

BASE

適切な運動は、メンタル面の安定にも効果があるんですよ!運動でメンタルが強くなる理由と、自宅で手軽にできる筋トレメニューを紹介します。

運動がメンタルに関係する理由

BASE

厚生労働省の発表では、運動によって気分転換やストレス解消することは、メンタル面の不調改善に有効とされています。

実は運動には、神経を刺激して重要な神経伝達物質『セロトニン』を増やす効果があるといわれているんです!毎日一定の時間体を動かすことでセロトニンが増え、メンタルの安定を図れるのです。

特に筋トレをすると、体が引き締まってスタイルがよくなり、自分の体型に自信がつきますよね。筋トレを続けられた自分を褒めたくなり、自己肯定感も高まります。

天候に関係なく毎日取り組める上に、やる気を高めるホルモンや、ポジティブになれるホルモンがたくさん分泌されるのも、筋トレのメリット。運動でメンタルを鍛えるなら、筋トレが最適ですよ。

自宅でできるおすすめ筋トレメニュー

筋トレと聞くと、専用のマシンやアイテムをイメージするかもしれませんが、特別な準備なしで取り組めるメニューもたくさんあるんですよ。
下記のメニューなら道具が不要で、室内で手軽にトライできます。

・スクワット
・プッシュアップ(腕立て伏せ)
・クランチ(腹筋)
・ニーエクステンション
・ヒップリフト

『ニーエクステンション』は床に膝立ちになり、両手を前で組んでから上半身を背中側に倒していく運動です。太ももの前側が鍛えられ、代謝がよくなります。『ヒップリフト』は仰向けになって膝を立て、お尻をゆっくりと上げ下げします。
どれも10回を1セットとして、3セット以上繰り返すと効果的ですよ。ただし筋トレは、続けることが大切です。きつすぎると続かないので、慣れるまでは無理のない範囲で行ってくださいね!

前を向く強さを手に入れていこう

メンタルが弱いままだと悪循環が生まれてしまい、いろんな物事が順調に進みづらくなってしまうかも…。逆にメンタルが強ければ多少のプレッシャーなどものともせず、何事にも前向きに取り組みやすくなるはず!

せっかくなら仕事もデートも、ストレスで体調を崩したりせずに思いっきり楽しめるようになりたいですよね。

メンタルの弱さは、今からでも十分克服できます。少しずつ鍛えて、前を向く強さを手に入れましょう!

spacer

RELATED