【ダイエット実録vol.3】-16kgを達成するまでにやったすべてのこと・停滞期編

ダイエット成功者のリアルな体験談を根掘り葉掘り聞いていく「ダイエット実録」連載。-16kgのダイエットに成功した広告代理店勤務のりかさんに、前回はダイエットのスタート時期の話までをお伺いしました。今回は、さらなる減量を目指してダイエット3か月目に突入したあとに訪れた停滞期のことを教えていただきます。

16kgやせるまでにやったこと 〜停滞期編〜

ほぼ90kgの体重から16kgの減量に成功したりかさんのダイエット連載。前回は、ダイエットを始めてから2か月で-9kgを達成するまでの経過をお伝えしました。
しかし、ここからがいちばんつらい時期だったと話すりかさん。今回は、さらなる減量を目指すも体重がなかなか減らない「停滞期」に入ってしまったときのお話を教えていただきました。

vol.1 きっかけ編
vol.2 スタート編

ダイエッターProfile

ダイエッターProfile

名前:りか
年齢:30歳
職業:広告代理店勤務
身長:174cm
最高体重:ほぼ90kg
現在の体重:73kg

Q:2か月のトレーニング契約で-9kgを達成し、さらに契約を2か月延長したとのことですが、それからのことを教えてください。

Q:2か月のトレーニング契約で-9kgを達成し、さらに契約を2か月延長したとのことですが、それからのことを教えてください。

<画像:数年間はけずにしまっていたデニムがはけたとき>

パーソナルトレーニングの契約を延長してからすぐは、それまでと同じトレーニング内容と食生活をしばらく続けていました。3か月目くらいまではがんばればがんばるだけどんどん体重が落ちていって順調だったんですけど、4か月目に入ってからはちょっと様子が変わってきて。

どれだけ運動をしても、体重がまったく減らなくなったんです。でも不思議なことに見た目だけはどんどん変わっていくので、会う人からはほぼ全員に「やせたね!」「キレイになったね!」って言ってもらえて。
体重が減らなくてつらかったんですけど、みんなの声が原動力になってなんとかがんばれました。

その頃には自分でもはっきりとわかるくらい見た目が変わっていて、何年もはけなかったデニムがついにはけるようになったり、挫折感よりもそういったうれしさのほうが勝ってたんだと思います。

Q:体重が減らなくなったことについて、トレーナーさんはなんと仰っていたんですか?

トレーナーさんに相談したら、「脂肪よりも筋肉のほうが重いから、体重が変わらないのに見た目が変わるというのは筋肉量が増えている証拠ですよ」と前向きなアドバイスをくれました!

ただ、停滞してきてしまっているので少しだけ食事を変えましょうということになり、これまでよりも炭水化物を減らしてたんぱく質を増やす食事内容に変えました。
それからは、これまでは普通にとっていたお米も減らして、鶏肉やお魚、大豆などのたんぱく質をいっぱいとってひたすら運動をするというスタイルに。

低糖質食×運動のスタイルを1か月くらい続けたころ(ダイエット開始時期から4か月後)にはトータルで-13kgまで落とすことができました。

<画像:実際に食べていた低糖質食。蒸した鶏胸肉や野菜をポン酢と一緒に。>

ただ、このあとからが本当に何をしても変化がなくて…。
運動量を増やしても食事をさらに減らしてもまったく体重も体型も変わらなくて、このときがいちばんつらかったです。
なんでこんなにがんばってるのに変わらないんだろう?って。

そして、ちょっとモチベーションが落ちてきたところにちょうどよく(?)親友たちとの韓国旅行を迎えてしまうことに…。

Q:停滞期にちょうど旅行が重なってしまったんですね。旅行ではどんな風に過ごしたんですか?

もう、何も気にせず食べまくり飲みまくりの4日間を過ごしてしまいました。
大好きなタッカンマリ(韓国風水炊き)には〆のうどんも入れて完食して、大好物のスンデ(韓国の腸詰め)も炭水化物たっぷりなのにたらふく食べて、大好きなお酒もたくさん飲んで。
そのときは久しぶりにおいしいものをお腹いっぱい食べられて、本当にうれしかったし楽しかったです。

<画像:ソウルでいちばん大好きな『ソンガネタッカンマリ』のニンニクたっぷりのタッカンマリ♡>

でも帰ってからは当然またダイエットに向き合わなくちゃいけないので、帰ると真っ先にジムへ行き、まずは体重測定。
暴飲暴食しすぎたので体重計に乗るのが本当にこわくて…びくびくしながら乗りました。
冗談抜きに1日5食くらい食べていたので、5kgくらい増えててもおかしくないと思ってたんです。

結果は、 +2kg
かなり拍子抜けでした。ほかの人が聞いたら充分増えてるって数字だと思うんですけど、普段の旅行だともっともっと増えるので。

しかも、計測の結果はそれだけじゃなくて。
なんと筋肉量がめちゃめちゃ増えていて、逆に体脂肪は旅行前より減っているという結果になり、トレーナーさんがすごく驚いていました。

トレーナーさんいわく、トレーニングを続けて筋肉量が増えた状態で一気にカロリーをとったから、さらに筋肉が成長したんだと。
そのときに、筋肉がどれだけ大事かというのを知りました。

筋肉量が増えれば体の基礎代謝が上がる。代謝が上がると消費するエネルギーも増える。だから普段から運動して筋肉をつけていれば、たくさん食べても太らない。
その仕組みを、ただの知識としてじゃなく、自分の体で理解できたことがいちばん大きかったです。

<画像:トレーニング中のジムにて>

よく「ダイエットで体重は気にしなくて良い」っていうじゃないですか。
前はそういう言葉にあんまりぴんときてなくて。やっぱり「体重が重い=太っている」っていう先入観がずっとあるから、短期間で体重を落とすために食事制限だけのダイエットを繰り返していたんですけど、
こうやって自分の体で筋肉の大切さを知って、やっと意味を理解できました。

そこからは、体重にあんまりこだわらないようになりました。
モチベーションも持ち直して、体重よりも筋肉量を落とさないことに意識を向けながらトレーニングと適度な食事を続けて。

12月に入ってからは忘年会シーズンというものすごく大きな試練を迎えたんですけど、そこもなんとか乗り切りました。
広告代理店という職業柄、本当に飲み会が多くて、週3〜4日は飲み会が入っていたんですけど、お昼は野菜中心にして、隙間を見つけてジムに行って。
ジムにはあんまり行けなかったんですけど、これまでに筋肉量を増やしておいたからか(?)その間も体重はキープしたままで年末年始を迎えることができました。

トレーナーさんから言われたのは「もう本当に体重は気にしなくていいから、このまま筋肉量をちゃんとキープしながらダイエットをがんばっていきましょう」ということでした。

この時点でダイエットを始めて5か月なんですけど、なんと開始から1回も筋肉量を落とすことなく、1回も体脂肪率を上げずに続けられていたんです。
筋肉量を増やしながら体脂肪を減らすダイエット、つまりすごく健康的なダイエットができているんですよ、とトレーナーさんにもすごく褒めてもらいました。

もうここまでくるとこれまでの運動や食生活が習慣としてなじんでいるので、その後はつらく感じることもなく。そのままジムに通い続けた結果、最終的には74kgまで落とすことができました!

半年たった今もずっとキープできているので、このままずっとキープできるようがんばりたいです。

<画像:体重が落ちきったとき。結婚式で体のラインが出るワンピースを着れました>

りかさんのトレーニング内容はInstagramのハイライトで紹介中!

りかさんのトレーニング内容はInstagramのハイライトで紹介中!

りかさんが実際にジムでやっていたトレーニング内容は、りかさんのInstagramトップから見れるハイライト「DIET」にて詳しく紹介されています。
気になる方はこちらもぜひ見てみてくださいね♡

次回は「お気に入りレシピ編」

次回は、りかさんがダイエット中に食べていたご飯の中でも特に簡単でお気に入りのレシピを詳しくおしえていただきます。お楽しみに♡

前回までの記事はこちら

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。