バレンタインは絶対に失敗できない戦い。お菓子作りの失敗あるあるまとめとイロハ

私がお菓子を手作りするのはバレンタインくらいかもしれない…。材料費も結構かかるので、そんな大事な一日に絶対失敗したくないですよね。今回は、生地が膨らまない、表面がザラザラ、バターの分離などのよくある失敗の原因とその解決策をまとめたり、オススメの型の商品紹介などしています。ぜひ参考にしてください♡

見た目も味も完璧なお菓子を作りたい♡

見た目も味も完璧なお菓子を作りたい♡

お菓子を手作りするのってとっても緊張する。

せっかく作るなら、美味しく綺麗に作りたいですよね♡

よくある失敗を学んでおこう♡

よくある失敗を学んでおこう♡

出典: shutterstock

だけどなかなか上手くいかないのがお菓子作りの難しいところ。

今回は、あるあるなお菓子作りの失敗例と、解決方法をまとめています。
お菓子作りを始める前にぜひ参考にしてみて♡

あんまり生地が膨らみませんでした…

スポンジ生地ふっくらさせたいな

スポンジ生地ふっくらさせたいな

出典: shutterstock

スポンジ生地が膨らまない原因として上げられることは、

・卵の温度が低い

卵は、常温に戻すなどと説明に書いてあることが多いですよね。
特に冬場は冷蔵庫から出してもあまり温度が戻らないので、湯煎で卵を温めた方がいいそう。

季節に関わらず、湯煎で温めれば泡立ちやすさは安定します。

ふんわり湯気が上がる程度(約60℃)の湯煎を用意して、卵が煮えないように混ぜながら温めてください。

目安は「お風呂のお湯くらいの温度まで」の約40℃。

出典:happy-ss.jp

それでも膨らまない時は?

それでも膨らまない時は?

出典: shutterstock

また、

・砂糖の量に問題がある

甘さ控えめにしたい時でも、砂糖の量を減らしすぎると良くないそう。
砂糖は卵の泡を潰れにくくするのに役に立つんだとか。
レシピ通りの分量を守ることが大切です。

クッキーの表面がざらざらなんです

クッキー生地を作った後が大事!

クッキー生地を作った後が大事!

出典: shutterstock

・クッキーの表面がザラザラになってしまう

クッキー生地を作り終えた後、冷蔵庫で1時間以上冷やすことをしている人は多いと思います。
その後すぐに生地を伸ばすのではなく、取り出した時に一旦常温に戻してから、生地を伸ばしていくことが大事なんだそう。

冷蔵庫に入れていたクッキー生地はバターが冷たく固まっているため、そのままだと生地が伸ばしにくく、焼成後に割れやすくなります。

ほぐすことでクッキー生地の中の空気が抜け、焼成時に生地の浮き上がりやムラがなくなります。

出典:chezmoco.net

型抜き前にもう一度冷蔵庫に戻してみて

型抜き前にもう一度冷蔵庫に戻してみて

出典: shutterstock

生地を伸ばした後、すぐに型抜きし始めていませんか?

型抜き前には、もう一度冷蔵庫に入れて20分ほど冷やすといいそう。
そうすると型抜きも綺麗にできるそうですよ♡

冷えたら固くなっちゃうクッキー

正しい混ぜ方はできてる?

正しい混ぜ方はできてる?

出典: shutterstock

クッキーのサクサクな食感が好きな方は多いはず。
焼き立てはサクサクだけど、冷えたらとっても固くなってしまったという経験がある方はいませんか?

その原因として、混ぜ方があるそう。

小麦粉を入れた後の混ぜる工程で、泡立て器を使うのはNG。
ゴムベラ、またはスケッパーで切るように混ぜましょう。
この混ぜ方だとちゃんと混ざるのかな?と心配になるかもしれませんが、慌てずに練らないことが大切だそう。

ポイントは「数字の1を書くように」同じ動きを繰り返すこと。

クッキーは小麦粉の量が多いので、この混ぜ方だとなかなか生地がまとまって来ないのですが、1〜2分もすれば必ずまとまります。

慌てて練ってしまわないことが、最大のポイントですよ!

出典:happy-ss.jp

グルテンができてしまわないように注意

グルテンができてしまわないように注意

出典: shutterstock

また、生地に練り込むのは薄力粉で、打ち粉は強力粉としっかり分けることが大切だそう。
タンパク質量が一番少ない薄力粉を生地に使い、打ち粉として強力粉を慎重にふると、ダマにならないんだとか。

マフィン作りの時バターが分離してしまった…

卵を加える際の温度と分量を要チェック

卵を加える際の温度と分量を要チェック

出典: snapmart.jp

マフィンを作る時などに、バターと卵が分離してしまった経験がある方はいませんか?
焼き上がりの食感がパサつくのは嫌ですよね。

その原因として、

・卵の温度が低い
・卵をいれる分量が多すぎる

が考えられるそう。

元々卵とバターは分離しやすいので、卵を少量ずつ入れて混ぜていくことがコツだそう。

油分であるバターと水分である卵は、混ざりにくく分離しやすいため、一度に大量に入れてしまうと分離してしまいます。
卵を加える際は大さじ1杯程度、少量ずつ入れることがポイント。
卵を少量ずつ加え、その都度しっかりと混ぜ合わせることで生地を乳化させます。

出典:www.cotta.jp

もう戻せないの?

もう戻せないの?

出典: snapmart.jp

分離してしまった時は、ボウルごと10秒〜20秒ほど湯煎にかけて油脂を溶かすといいそう。

でも、温めすぎにも注意です!
お菓子作りは加減が難しいですが、その分成功した時は嬉しいですよね♡

全てのお菓子作りに大事なこと

計量命かも

計量命かも

出典: snapmart.jp

お菓子作りで失敗しないために大事なことは、

・計量をしっかりと行う

粉を先にふるっておいたり、材料を先に揃えて手順を軽く頭に入れておくと、手際良く作れそう。

適した型を揃えてみる

適した型を揃えてみる

出典: snapmart.jp

また、型選びも重要だそう。

安いものを何度も買うより、何回でも使えるいい型を買ってみる方がいいかも。

オススメ型アイテム

つなぎ目のない アルミ シフォンケーキ型 17cm

商品

つなぎ目のない アルミ シフォンケーキ型 17cm

¥1,815

鉄素材よりも熱の通りが良く、フワッフワのシフォンケーキが焼き上がるそう。

つなぎ目がないのも、お手入れが楽になるので重要なポイント。

ふっ素加工ケーキ焼型 15cm(底取れ式)

商品

ふっ素加工ケーキ焼型 15cm(底取れ式)

¥888

フッ素樹脂加工なので型ばなれもしやすいそう。
形を崩さずに、ケーキを取り出すことができますね。

今年のバレンタインは自信作!

今年のバレンタインは自信作!

お菓子作り、これでもう失敗しないかも!

紹介したようなポイントを事前にチェックしておいて、ぜひお菓子作りに生かしてくださいね♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。