お洒落さんはあえてカバーを外して本を読む?出版社別、読書の秋のおすすめ本8選
mifuminmifumin

お洒落さんはあえてカバーを外して本を読む?出版社別、読書の秋のおすすめ本8選

お洒落さんのInstagram(インスタグラム)に載っている小説は、表紙が外してあるものが意外と多い。この記事では、本の紹介文から内容が気になる本を4つの出版社別(河出書房・講談社・光文社・集英社)にご紹介します。読書の秋に向けて、ぜひ書店に足を運んでみてくださいね。

更新 2019.09.28 公開日 2019.09.28

お洒落さんのインスタを覗いてみると?

Instagram(インスタグラム)を覗いてみると、統一感のある投稿をしているお洒落さんってたくさんいますよね。

お洒落なカフェに行っていたり、トレンド感のあるファッションをしていたり、見ているだけでもお洒落の勉強になりそうなタイムラインです。

カバーを外して本を読んでいる?

秋は“読書の秋”とも言われるように、本を読んでいるお洒落さんもたくさん。

カバーデザインが可愛くてブックカバーをつけずに読みたくなるような本もたくさんあるけど、あえてカバーを外して読んでいるお洒落なインスタグラマーさんが多いみたい。

文庫本って、表紙をとるとどれもシンプルだけど、どこかレトロな印象もあってお洒落に見えますよね。
今回は出版社別に、読書の秋に読みたくなるような本をご紹介します。

|河出書房

まずは、河出書房の文庫本からご紹介。
『夢を与える』は、芸能界を夢見る主人公の成功と挫折を描いた物語。芸能界のリアルさと彼女の葛藤が話題の作品です。

1|夢を与える

夢を与える

¥649

著:綿矢りさ/河出書房

芸能界を生きる主人公夕子の夢を追いかける姿にページをめくる手が止まらなくなりそうな一冊です。

▶︎内容紹介

その時、私の人生が崩れていく爆音が聞こえた――チャイルドモデルだった美しい少女・夕子。彼女は、母の念願通り大手事務所に入り、ついにブレイクするのだが……夕子の栄光と失墜の果てを描く初の長篇。

出典 www.kawade.co.jp

2|昨夜のカレー、明日のパン

昨夜のカレー、明日のパン

¥648

著:木皿泉/河出書房

7年前に亡くなった夫の父と暮らす主人公テツコの心温まる物語。周りの人々の暖かさに思わず笑みと涙が溢れてしまうような作品です。

▶︎内容紹介

悲しいのに、幸せな気持ちにもなれるのだ――。7年前、25歳で死んだ一樹。遺された嫁のテツコと一緒に暮らし続ける一樹の父・ギフとの何気ない日常に鏤められたコトバが心をうつ連作長篇。

出典 www.kawade.co.jp

|講談社

続いては講談社から出版されている本をご紹介。
今回は恋愛小説を2冊ご紹介します。ミステリーや恋愛小説は普段あまり読書をしない方も比較的読みやすいものが多いのでオススメ。
内容紹介を読むと、詳しい内容が知りたくなるような本もたくさんあるのであなたも気になったものはぜひチェックしてみてくださいね。

3|ジェントルマン

ジェントルマン

¥605

著:山田詠美/講談社

見た目の中身も完璧な青年漱太郎(そうたろう)と、彼の秘密をたった一人知ってしまった同級生の恋愛小説。スラスラと引き込まれる物語と話題の作品です。

▶︎内容紹介

眉目秀麗、文武両道にして完璧な優しさを持つ青年、漱太郎。しかしある嵐の日、同級生の夢生はその悪魔のような本性を垣間見る――。天性のエゴイストの善悪も弁えぬ振る舞いに魅入られた夢生は、漱太郎の罪を知るただ一人の存在として、彼を愛し守り抜くと誓う。切なくも残酷な究極のピカレスク恋愛小説。

出典 bookclub.kodansha.co.jp

4|危険なビーナス

危険なビーナス

¥972

著:東野圭吾/講談社

失踪した弟の妻と一緒に、彼の失踪の真実に迫っていく物語。
弟の失踪の原因やそれにまつわる出来事の真相が気になり目が離せなくなりそうな一冊です。

▶︎内容紹介

弟が失踪した。彼の妻・楓は、明るくしたたかで魅力的な女性だった。楓は夫の失踪の原因を探るため、資産家である弟の家族に近づく。兄である伯朗は楓に頼まれ協力するが、時が経てば経つほど、彼女に惹かれていく。

出典 bookclub.kodansha.co.jp

|光文社

続いては光文社から出版されている小説を2冊ご紹介します。
湊かなえさん、東野圭吾さんは、ミステリーや推理小説が有名な作家さんですよね。お二人の作品はどれも続きが気になってどんどん読み進めたくなるようなものばかり。
本屋さんに行ったら目につくところに置いてある作品も多いので、ぜひ手にとってみてくださいね。

5|ポイズンドーター・ホーリーマザー

ポイズンドーター・ホーリーマザー

¥648

著:湊かなえ/光文社

登場人物の視点が変われば、人の印象ってこんなに違うんだと思わされる物語。内容にどんどん引き込まれていくような作品です。

▶︎内容紹介

女優の弓香の元に、かつての同級生・理穂から届いた故郷での同窓会の誘い。欠席を表明したのは、今も変わらず抑圧的な母親に会いたくなかったからだ。だが、理穂とメールで連絡を取るうちに思いがけぬ訃報を聞き……。(「ポイズンドーター」)母と娘、姉と妹、友だち、男と女。善意と正しさの掛け違いが、眼前の光景を鮮やかに反転させる。名手のエッセンスが全編に満ちた極上の傑作集!

出典 www.kobunsha.com

6|美しき凶器

美しき凶器

¥617

著:東野圭吾/光文社

アスリートのドーピングを題材にしたサスペンス小説。
恐ろしさもありながら続きが気になって仕方がない、他の東野圭吾さんの作品とはどこか違った印象も感じる作品です。

▶︎内容紹介

安生拓馬、丹羽潤也、日浦有介、佐倉翔子。かつて世界的に活躍したスポーツ選手だった彼らには、葬り去らなければならない過去があった。四人は唯一彼らの過去を知る仙堂之則を殺害し、いっさいのデータを消去。すべてはうまく運んだかに思われたが……。毒グモのように忍び寄る影が次々と彼らを襲った!
 迫りくる恐怖、衝撃の真相! 俊英が贈る傑作サスペンス!

出典 www.kobunsha.com

|集英社文庫

最後は集英社の本を2冊ご紹介。
甘く切ない『ハニービターハニー』とクスッと笑えるようなさくらももこさんの『ももこの話』はどちらもサクッと読みやすい物語です。

7|ハニービターハニー

ハニー ビター ハニー

¥0

著:加藤千恵/集英社

友達の彼氏に恋をしてしまうという禁断の恋にハマってし
まった主人公を描いた恋愛小説。
甘くて切ない、キュンとする物語。恋をしている人もしていない人にもオススメです。

▶︎内容紹介

陽ちゃんは親友の沙耶香の彼氏だ。でも、わたしは彼と寝ている。沙耶香のことは大切だけれど、彼に惹かれる自分を止められない――(「友だちの彼」)。ライブでボーカルの男性に一目惚れし、誘われるままにホテルへ。初体験。…あたしは本当にこういうことがしたかったの?(「もどれない」)甘やかで、ほろ苦く、胸のちぎれるような切なさをたたえた全9話。人気歌人初の恋愛小説。

出典 ddnavi.com

8|ももこの話

ももこの話

¥518

著:さくらももこ/集英社

読んでいるとついクスッと笑ってしまうようなさくらももこさんのエッセイ集。
愉快で心が暖かくなるような物語が詰まった短編集です。

▶︎内容紹介

いつも食べきれなかった給食。父ヒロシに懐メロを教えるのに苦労したお風呂の時間。おこづかいをつぎこんだ紙しばい屋。黄金の小学三年生時代—まる子だったあのころのつきない思い出と、爆笑エピソードの数々。涙が出るほど笑ったあとは、ほんわか胸があったかくなる、ベストセラーエッセイのシリーズ完結編。

出典 honto.jp

内容紹介に魅力を感じたの

本の表紙はあえて外して読んでるお洒落さんたち。
きっと本の内容紹介に魅力を感じてその本を手に取ったんだろうな。

これから始まる読書の秋に向けて、あなたもぜひ本屋さんに足を運んでみて。

spacer

RELATED