ウキウキから、悩みの沼にハマった。人生初のブリーチで困った色落ち&ダメージ

ウキウキの中、やっとデビューしたヘアブリーチ。人生初のハイトーンカラーです。でも色落ちは早いし想像より傷むし、もうどうすれば?初めてだからこそ、悩みの沼にハマって混乱してしまいますよね。そんな初めてのブリーチで困った色落ち&髪のダメージについてご紹介。せっかくのブリーチヘアは楽しまないと♡

ブリーチしてからの悩みがつきません。

ブリーチしてからの悩みがつきません。

出典: latte.la

ついにデビューしたヘアブリーチ。
ずっと憧れでやっと叶ったハイトーンのヘアカラー。
自分じゃないみたいな素敵な色にしてもらって
ウキウキで浮かれている私。

カラーしてから1、2週間。
鏡を見て、思ったの。

出典: unsplash.com

(あれ?素敵な色はどこへ?)

そう、もうすでに色落ちして
金髪に戻っていたのでした。
そんなの聞いてないよーーー!(聞いてる)
想像よりも色落ちるのが早すぎて、
そして髪のダメージに驚愕してしまいました。

初めてのブリーチだし、これどうしたらいいの?
そんなお悩みを解決していきましょう。

なーんでこんな早く色が落ちるのよ!

なーんでこんな早く色が落ちるのよ!

出典: unsplash.com

今までカラーはしたことあったけど
ここまで色がすぐ抜けたことはなかったのに。

色落ちの速度には個人差があるので
何日で、とは一概には言えないところではありますが
普通のカラーリングをした髪の毛よりも
色落ちは早いそうです。

→ ブリーチの仕組み

→ ブリーチの仕組み

出典: unsplash.com

ブリーチの役目は脱色をすること。
髪の毛の色素を抜くことで髪が明るくなるのですが、
色素を抜くということは、髪の毛のメラニン色素を
分解することになります。

メラニン色素を分解することで
髪の内部はスカスカの状態になり、
色が明るくなるという仕組み。

ちなみにヘアカラーとの違いですが
ヘアカラーは色素を入れることを指します。
1剤と呼ばれるアルカリ剤を色素の薬と混ぜることで
キューティクルを開きながら染めていくので
一応明るくはなります。

でもハイトーンのような金髪くらい明るい色をするには
その薬では力が足りないため
ブリーチという専用の強い薬を使い
脱色していく、ということなんです。

ブリーチは、1剤のアルカリ剤と2剤の過酸化水素水を混ぜ合わせてから、カラーと同様に髪の毛に塗布していきます。

1剤のアルカリ剤は、髪の毛の外側にあるキューティクルを開かせる役割を果たすと言われています。

そして、1剤で2剤の過酸化水素水を分解し酸素を発生させ、発生した酸素が、髪の毛の色を出しているメラニン色素を分解することで、髪の毛の脱色ができるとされているのです。

出典:hadalove.jp

→ 色落ちが早いワケ

→ 色落ちが早いワケ

出典: unsplash.com

ブリーチをしてしまうと、色の定着に必要な
成分を取り除いてしまうので
色素を浸透させてもなかなか定着せず
すぐに抜けてしまうということなんです。

簡単に言うと、
洗い流されたり熱によって壊されたりすることも
原因となっています。

ブリーチは、髪の毛のメラニン色素を分解するため、髪の毛の内部がブリーチ後にスカスカの状態になるとされています。

そのため、ヘアカラー直後は思い通りの色に仕上がっていても、ヘアカラーが髪の毛に定着しにくい状態になることがあるそうです。

出典:hadalove.jp

ちょっと、傷みすぎじゃないの?

ちょっと、傷みすぎじゃないの?

出典: unsplash.com

前と髪の手触りが変わってしまった…
突っかかりのないサラサラヘアはどこへ。

それもそのはず。
髪の毛のタンパク質や髪の毛の栄養を保つために
フタの役割を果たしているキューティクルを
傷つけてしまうことがあるためです。

色落ち&ダメージの対策は何する?

|シャワーはぬるま湯で

|シャワーはぬるま湯で

出典: unsplash.com

普段のシャワーは熱いお湯でしょうか?
ブリーチ毛になったら、ぬるま湯で洗いましょう。

熱いお湯で洗うとカラーの染料を
落としてしまう原因になるんだそう。
髪にとどめておく力が弱くなっているので
熱いお湯で洗うと流れやすくなってしまいます。

|カラーシャンプーを使おう

|カラーシャンプーを使おう

ブリーチした髪に効果的だと言われているカラーシャンプー。
これは髪を染めるものではないので
一回だけで効果を得られるものではないけど
「塵も積もれば山となる」という言葉のように
続ければ色持ちの効果がグッとあがります。

出典: unsplash.com

色が抜けて金髪になるのが気になる方は
パープルのカラーシャンプーがおすすめです。

パープルは黄色味を抑えてくれる色味なので
綺麗な色味に導いてくれるかも。

N.

|ドライヤーの熱を当てすぎない

|ドライヤーの熱を当てすぎない

出典: unsplash.com

これはブリーチした髪に限った話ではないですが
髪の毛は熱に弱いんです。
だから熱を加えることによって
形状が変わったりしますよね。

そしてコテやヘアアイロンの使いすぎで
ダメージで髪が明るくなった経験はないでしょうか?
熱を当てすぎるとカラー染料が落ちてしまう
ことがあるので、長く当てすぎないことが大切です。

出典: unsplash.com

あまり熱は当てられない…と言っても
乾かさない方が色落ちや傷みに影響するので
必ず乾かしましょう。

大切なことはタオルドライです。
乾かす前にしっかりタオルで水分を取ってから
ドライヤーで乾かすと時短にもなります。

|色落ちを考えてカラーしてもらう

|色落ちを考えてカラーしてもらう

染めたばっかりの状態が一番いい色味だと
落ちた時に結構ショックが大きいですよね。
だったら、色落ちの工程も楽しめる
色味に染めてもらうのはいかがでしょう?

美容室で濃いめに色をいれてもらえば
色落ちしていく過程を楽しめます。

あっという間に色落ちしてしまうよりは
途中の少しずつ色味が薄くなっていくカラーも
可愛いし、それによってメイクやコーデなど
工夫できるので楽しいかも。

初ブリーチ、して良かったでしょう?

初ブリーチ、して良かったでしょう?

突然の悩みだらけの沼にハマって
ちょっと嫌になりそうだったけど
工夫すればブリーチだって楽しめるじゃん?

人生初のハイトーンカラー、楽しみましょう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。