「嘘やんとれた!」時の対処法。ポキっと折れたリップと心をrevivalさせよう

突然訪れるリップの悲劇。お気に入りなのに折れたからってもうさよならする?そんなの切ないですよね。ポキっと折れてしまったリップを現役復帰させる方法があるんです!ドライヤーで熱したり、パレットに移し替えたり。お気に入りのカラーを最後まで使ってあげたい女子必見です。

お気に入りこそ悲劇の的に

?size=l

お気に入りのリップを今日も塗ろう♡
ヌリヌリ…ポキッ。
なんて悲劇体験をしたことがある人は多いはず。

まだまだ使える長さなのに、折れて使えなくなるなんてショックすぎます。
でも大丈夫。
現役復帰させることのできる方法があるんです!
revivalさせる方法3パターンをご紹介します。

なるべく形は変えたくない派

?size=l

元の容器のまま元どおりにしたい!
という方にオススメな方法が“ドライヤー”を使うことです。
折れたけど変形はしていないなら、戻すことができるはず。

出典: shutterstock

折れた部分を元の位置にぎゅっと固定。

テーブルの上に立てて、真横から温風を当てます。
熱を与えるとリップが溶けるので、柔らかくなったところを狙い、綿棒などで綺麗に成形します。

※火傷には十分注意してください。

出典: shutterstock

次に使うのは冷蔵庫。
先ほど成形した口紅を冷蔵庫で冷やし固めます。
約3時間ほどで固まるので、夜に直して寝てる間に冷やし固めておくと良いかもしれませんね。

◯注意◯
冷やしている間、扉は静かに開け閉めしましょう。
冷蔵庫に入れたことを忘れて扉をバタンバタン開閉すると、倒れてせっかく直したのにまた折れてしまう原因になります。

安定させるケース

出典: shutterstock

冷蔵庫内で安静にしておくことが難しい場合、仕切り付きのケースなどに入れて冷やすのも手です。

化粧品収納ボックス

商品

化粧品収納ボックス

¥899

普段の鏡台収納としても便利なプラスチックケースです。
リップ、ファンデーション、アイシャドウなど大きさに合わせた仕切りが嬉しいですよね。

容器チェンジ派

?size=l

もう原型を留めることが難しい折れ方をした時や、そんなに長さがない場合はパレットに移し替える方法がオススメです。
100円ショップなどでも容器は購入できます♩

出典: shutterstock

折れた口紅をスプーンにのせ、ドライヤーで温める。

溶けて液体状になったら好きなケースに詰め替える。

冷やす。

だけでリップ再生完了です。

オススメケース

メイクアップパレット

商品

メイクアップパレット

¥360

鏡とブラシがセットになったケース。
ブラック仕様なので高級感もありますよね。

小分け容器

商品

小分け容器

¥900

1つ分だけ移し替えたい時にはこちらのようなミニサイズのケースがオススメです。
こちらの商品はプラスチックケースが5個セットになっています。

資生堂 リップブラシ(レッド) 1本

商品

資生堂 リップブラシ(レッド) 1本

¥750

パレットに移した時にはブラシも用意しましょう。
こちらの商品は長さ12cmほどのコンパクトサイズです。

リップも心もギュッと再生

?size=l

お気に入りのリップだからこそ折れても大切に使いたい。
そんなあなたの優しさが、リップの悲劇を喜劇に変えてくれるかも?♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

そのリップお蔵入りさせません。似合わない薄色リップはベースカラーに活用せよ!

そのリップお蔵入りさせません。似合わない薄色リップはベースカラーに活用せよ!

  • ERINA公式
  • 43501view
一瞬で虜になる“ブラウンリップ”。ぷちぷらからデパコスまでおすすめリップ7選♡

一瞬で虜になる“ブラウンリップ”。ぷちぷらからデパコスまでおすすめリップ7選♡

  • ___nrm24_15公式
  • 203200view
ちゅるるんリップになりたいの〜♡ガラスみたいな唇はリップオイルで叶えるの

ちゅるるんリップになりたいの〜♡ガラスみたいな唇はリップオイルで叶えるの

  • vanillank公式
  • 25940view
今日赤リップを卒業します。なんだか物足りない…を解決するセカンドリップ

今日赤リップを卒業します。なんだか物足りない…を解決するセカンドリップ

  • meerkatshiori公式
  • 75120view
同じリップメイクじゃ物足りない?+αしてほしいリップの新提案しちゃいます

同じリップメイクじゃ物足りない?+αしてほしいリップの新提案しちゃいます

  • はりー公式
  • 15869view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。