EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

モチーフはぜんぶ“牡蠣”?「The World is My Oyster」のかわいいアイテム誕生秘話と、ポップアップをレポート♡

“牡蠣”をテーマにしたブランド「The World is My Oyster」をご存じでしょうか?Tシャツもトートバッグもライターも、すべてが牡蠣のデザイン。このブランドを立ち上げた経緯やブランドコンセプトなどを、ブランドプロデューサー・河村知里さんにインタビューしました♡またラフォーレ原宿にて、6月6日(月)まで実施中のポップアップも必見です!

更新 2022.06.02 公開日 2022.06.02
目次 もっと見る

ずばりモチーフは“牡蠣”

みなさんは「The World is My Oyster」というブランドをご存じでしょうか。

公式オンラインストアをのぞいてみると、ピンクやホワイト、オーロラなどが使われたガーリーなアイテムがラインナップされています。ですが、そのアイテムすべてをよ~く見ると…すべてのアイテムに“牡蠣”がデザインされているではありませんか。

摩訶不思議なブランド「The World is My Oyster」 、どのような経緯でこのブランドができあがったのか、今回はMERY編集部が「The World is My Oyster」のプロデューサー・河村知里さんにインタビューをしました♡

ブランドプロデューサーさんにインタビュー♡

The World is My Oysterの由来

まずはブランドの由来を教えてください!

【「The world is your Oyster」というのが、ウィリアム・シェイクスピアの「ウィンザーの陽気な女房たち」という喜劇に出てくるセリフなんです。

それが語源となり、アメリカやイギリスではこの言葉が“世界はあなたのもの/可能性は無限大/なんだってできるよ!”という意味で使われています。

牡蠣のブランドを作りたいと思っていた矢先にこの言葉を“自分でやろうと思えばなんとでもなる”という自分や相手を勇気づける言葉が面白いなと思い、この名前をつけました】

ブランドを立ち上げるきっかけ

The World is My Oysterは“牡蠣”がモチーフのブランドで、とてもユニークですが、このブランドを立ち上げるきっかけは?

【もともと私が広島県出身で、広告代理店で企画のお仕事をしていて、今は独立をして引き続き広告代理店の仕事をしています。

そんな中、広島県の観光プロモーションのお話があり、その内容が牡蠣のプロモーションだったんです。お仕事をさせていただくということが決まり、広島県の牡蠣について勉強していく中で、牡蠣に一生懸命取り組んでいる方がたくさんいらっしゃるということを肌で感じました。

ですが実は私、牡蠣があまり得意ではなくて…!(笑)食べるのは苦手だけど、牡蠣自体がとても面白いマテリアル・モチーフだなと感じていたので、食べる以外でなにかしたいなと思い、「服を作ってみるのはどうだろう」と思ったのがきっかけです。】

Hologram Tote Bag 各¥2,750

The World is My Oysterにかわいいアイテムが多いワケ

ピンクやオーロラを用いたアイテムが多いですが、女性をメインターゲットにしてブランドとして立ち上げたのでしょうか?

【ターゲットを女性に絞りたかったわけではなかったのですが、かわいいものを作りたいと思っていました。例えば、広島駅のお土産コーナーに並んでいる牡蠣のクリエイティブって、総じて海の雄々しい感じや渋い感じが強いと思うんです。食品の牡蠣だとおいしそうに見せるのが重要なので、それが正解だと思うんですけどね。

でも、牡蠣はめちゃくちゃ好きっていう人って男性より女性のほうが多いなと思っていて。牡蠣の養殖業者の方からも「遠くから女性のお客様が遊びに来てくれた」というお話を度々耳にしていて。そういった点からも、女の子がかわいいと思ってくれるものを作りたいなと思いました。

とは言いつつ、性別関係なくかわいいものが好き、という人に届けたいなと思っているので、サイズ展開も男性でも着られるようなゆったりとしたサイズ感にしたりしています。またオーロラを多く用いているのは、牡蠣の貝殻の内側の、あの七色のきらめきをイメージしているんですよ♩】

Stickers¥1,100

はじめに作ったアイテムは?

ブランドを始めるにあたって、はじめに作ったアイテムは?

【はじめに作ったのはOyster Bralet・Oyster Panties・Oyster Stringsと、Embroidery Bralet・Embroidery Pantiesで、ランジェリーでした。

アパレルブランドを立ち上げるとなった時に、キャッチーなものを作りたい、ランジェリーを作ってみたいと思ったのがきっかけでした。

最初にランジェリーというとなかなか珍しいですよね。これは広告ならではの思考ですが、0からのスタートでビジュアルでもキャッチーなものが欲しいなと思ったり、牡蠣としてわかりやすくかつアパレルアイテムとして成立するものが欲しいなと思ったのも、ランジェリー作りをしたいという私の背中を押してくれたと思います。

実際にランジェリーを使ったビジュアルを制作して、たくさんの人の目に触れて話題になったので、制作してよかったなと思っています。】

Oyster Bralet¥19,800・Oyster Panties¥8,800

他にも個性豊かなアイテムが多数ラインナップ

TシャツやロンT、トートバッグなどのオーソドックスなアイテムはもちろん、中にはライターや牡蠣のデザインなど個性豊かなアクセサリーなどもありますが、こういったアイディアはどこから?

【作ったらかわいいかなというものや、自分が作りたいと思ったものを主に作っています。あとは例えばデザイナーの子が「ライター作りたい!」って言ってくれたから作った、みたいな感じで結構仲間内で作るものを考えています。】

Cigarette Lighter 各¥330

アイテムひとつひとつにこだわりが…!

【毎シーズン、メインとなるアイテムは広島の牡蠣養殖業者さんとコラボレーションをしているんです。牡蠣と一言に言っても、比べてみるとそれぞれ味はもちろん、見た目にも違いがあるんです。

例えば先ほど登場したOyster BraletとOyster Pantiesは、FARM SUZUKIさんとコラボレーションしたもの。養殖を行っていく中で、ある時期に牡蠣のエラがエメラルドグリーンになるんです。そのエメラルドグリーンのエラをランジェリーで表現しています。

Oyster Souvenir Shirtsは音戸海産の牡蠣「かきむすめ」からインスピレーションを受けたアイテム。身がぷりっとしているのが特徴なので、ぷりぷりとした牡蠣のデザインをあしらいました。かきむすめということで“Oyster girl”という刺繍を入れているんですよ。】

Oyster Souvenir Shirts 各¥30,800

チャレンジしていきたいこと

今後、The World is My Oysterでチャレンジしていきたいことはありますか?

【広島県の牡蠣養殖業者さんをなるべく制覇したいです!(笑)お洋服も作りつつ、いろんな方を巻き込んで、牡蠣の魅力をもっと広めていきたいと思っています。

先ほどご紹介した通り、養殖業者さんによって牡蠣の特徴が異なり、私自身面白いなと感じているので、そういったことを伝えていくきっかけ・露出していくきっかけになればいいなと思っています。なので、私たちだけで作っていくというのではなく、いろんな養殖業者さんの牡蠣をモチーフにさせてもらって今後も続けていきたいなと思います◎。

ちなみに…年によっても変動があるのですが、広島県の牡蠣の漁解禁(水揚げ)が毎年10月で、そのタイミングにあわせて新作をリリースしています。次の新作リリースもこのタイミングを予定しているので、ぜひ楽しみにしていただけたら嬉しいです♩】

Hologram Long Sleeve T-Shirts¥6,050

5月31日~6月6日まで、東京初のポップアップ開催中!

The World is My Oysterは、2022年5月31日(火)~6月6日(月)まで、ラフォーレ原宿にて東京で初めてのポップアップを開催中!普段は公式オンラインストアでしかゲットできないアイテムを、直接手に取ってゲットできる貴重な機会となっています。

ポップアップ会場は全面ピンク色。かわいいものやガーリーなものが好きな人にとってたまらない空間になっています♡

今回のポップアップでは、イラストレーターのKumi Takahashiさんとコラボレーションしたアイテムが登場。Kumi Takahashiさんが描く、牡蠣に挟まれたミルキーな女の子のイラストは、ぷりぷりっとかわいらしいけれども、どこか儚くフェティッシュな雰囲気。

こちらはポップアップ会場でしかオーダーできない、受注アイテムとなっているので、見逃さないように注意してくださいね♡

Oyster Girl by Kumi Takahashi T-Shirts 各¥4,950・Oyster Girl by Kumi Takahashi Long Sleeve T-Shirts 各¥6,380

また今回のポップアップからICカードや小銭などを入れられる、Oyster Multi Caseが仲間入り。新しいアイテムをOyster Multi Caseにしたのにも理由があるんです。

日本でいうSuicaやPASMOなどのICカードがイギリスのロンドンにもあるのですが、その名前が“Oyster Card”というんです!その名前の由来も、ウィリアム・シェイクスピアの喜劇に登場する「The world is your Oyster」から来ており、“Oyster Cardで想いのままに出かけられる”という意味合いが込められているそう。

Oyster Multi Caseと一緒に、自由気ままにお出かけしたら、毎日がもっとわくわくしそう♡

Oyster Multi Case¥1,210

ポップアップ会場では牡蠣の缶詰も発売!こちらはOyster BraletとOyster Pantiesのモデルになった、FARM SUZUKIさんの牡蠣を使った缶詰。スモークされた牡蠣がオイル漬けになっており、おつまみとしてそのままいただいたり、パスタの具として使うのもおすすめなんだそう。

ポップアップ会場には、FARM SUZUKIさんの牡蠣の貝殻もディスプレイされているので、ぜひ探してみてくださいね♩

SMOKED CLAIRE OYSTER MEATS 塩田熟成牡蠣のスモーク オイル漬¥1,100

【The World is My Oyster POP UP STORE】
期間・2022年5月31日(火)~6月6日(月)
場所・ラフォーレ原宿 1.5F 「BASE Lab.」
時間・11:00〜20:00(ラフォーレ原宿の営業時間に準ずる)

MERYユーザーにメッセージ♡

最後に、ブランドプロデューサーの河村さんから、MERYユーザーにメッセージ♡

【決して100人中100人に刺さるブランドではないですが、かわいいものやガーリーなもの、ピンクなものが好きなど、なにか共感できるものがひとつでもあったら、その人に届くだけでとっても嬉しいなと思っています。もちろん牡蠣が好きな人にも!(笑)

MERYのユーザーさんの中でそういった方がいれば、ぜひチェックしてもらえれば、また牡蠣を身近な存在に感じてもらえたら嬉しいです!】

Oyster Minicard¥1,430

The World is My Oyster

摩訶不思議な「The World is My Oyster」。
みなさんの日常にも“牡蠣”を仲間入りさせてみてはいかが?♡

spacer

RELATED