LE SSERAFIM
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

SAKURA(宮脇咲良)所属、注目度MAXの「LE SSERAFIM」がついにデビュー!メンバーのリアルボイスをレポート♡

BTSを輩出したHYBEが手掛ける“初のガールズグループ”「LE SSERAFIM(ル セラフィム)」がデビューアルバム『FEARLESS』の発売を記念して、メディアショーケースを開催。個性あふれるメンバー6人の紹介と、 “レベルが違う”ことを見せつけたショーケースの模様をお届けします!

更新 2022.05.12 公開日 2022.05.13
目次 もっと見る

完璧なビジュアルとパフォーマンスがそろったレベチなグループ!

LE SSERAFIM

BTSをはじめグローバルスターを多数輩出するHYBEが手掛ける“初のガールズグループ”「LE SSERAFIM(ル セラフィム)」がデビューアルバム『FEARLESS』発売を記念して、5月2日にメディアショーケースを開催しました。

LE SSERAFIMは、SAKURA(宮脇咲良ちゃん)ら日本出身メンバー2人含む多国籍6人で構成されるガールズグループです。

グループ名は「IM FEARLESS(私は恐れない)」をアナグラムで並び替えて名付けられたんだとか。「世界の視線に揺らぐことなく、挑戦していく」という意味も込められているそう。

LE SSERAFIM

6人全員、ビジュアルもカッコよくて可愛くて、ダンスパフォーマンスも素敵! “レベルが違う”ことを見せつけたメディアショーケースの模様をレポートします♪

メンバーは透明感あふれる美少女ぞろい!

全身ブラックの衣装でカッコよく登場した6人。最初はフォトセッションが行われました。デビューの感想コメントと一緒にメンバーをご紹介します!

デビューは3回目! アイドルとしての貫禄を見せるSAKURA

SAKURA

「私にとっては、これが三度目のデビューとなります。そのためかプレッシャーも感じているのですが、良い姿をお見せしたいと思っています。より発展した姿をお見せしたいと思って、デビューの準備を頑張りました。ル セラフィムとしてお見せするステージ、ご声援とご関心をお願いします」

SAKURA(サクラ) 1998年3月19日生まれ。

SAKURA

“天使”“妖精”と呼ばれるキュートなビジュアルのKIM CHAEWON

CHAEWON

「公式の場に出るのは、ほぼ1年ぶりだと思います。とても緊張しています。これまで頑張ってトレーニングを受けながら、デビューの準備をしてきました。その過程の中で、新しい自分の姿を発見することができました。これからのLE SSERAFIMの活動で、カッコいい姿をお見せしたいと思います」

KIM CHAEWONは、LE SSERAFIMのリーダーでもあります。

KIM CHAEWON(キム・チェウォン) 2000年8月1日生まれ。

CHAEWON

バイリンガルのHUH YUNJIN

YUNJIN

「背景が違う6人のメンバーがこのように一つのチームとなってデビューすることができて、とてもうれしいです。運命のように感じられます。これまで頑張って、努力してきたことが結果になったと思うので、とても誇らしいです。これからも発展して成長する姿をお見せしたいと思います」

HUH YUNJIN(ホ・ユンジン) 2001年10月8日生まれ。

YUNJIN

チーム名を初めて聞いた時の感想も求められたHUH YUNJINは、
「すごく上品な感じを受けました。IM FEARLESSがLE SSERAFIMに変わると聞いて、不思議だと感じましたし、とても感動的でした。実は私は鳥肌を立つと涙が出るんです。説明を初めて聞いた日にも、鳥肌も立って、少し涙も出ました(笑)」とコメント。

15年間バレエの実績を持つ独特の経歴を持つKAZUHA

KAZUHA

「私は15年間バレエをしていたんですが、K-POPの魅力にハマって、アイドルを夢見ることになりました。このように素敵なメンバーに出会い、デビューの夢を叶えることができて幸せです。これからも頑張ります」

KAZUHA(カズハ) 2003年8月9日生まれ。

KAZUHA

司会者からは、「メンバーみんながダンスをする時に、(KAZUHAさんは)とてもカッコいいと言っていました」との情報も。

ダンスパフォに期待のKIM GARAM

GARAM

「初めてのメディアショーケースなので、すごく緊張しています。このように良いメンバーと、デビューすることができて、とても幸せです。これから素敵なステージをお見せしたいと思います」

KIM GARAM(キム・ガラム) 2005年11月16日生まれ。

GARAM

笑顔にあどけなさが残る、LE SSERAFIMの末っ子HONG EUNCHAE

EUNCHAE

「今回、デビューの準備をしながら、レコーディングやミュージックビデオの撮影などが初めてだったので、とても難しかったり、慣れなかったりもしたんですが、メンバーのみんなと乗り越えられて、この場に立つことができて、とてもうれしいです」

HONG EUNCHAE(ホン・ウンチェ) 2006年11月10日生まれ。

EUNCHAE

デビューアルバムのタイトル曲にもなっている「FEARLESS」も披露!

LE SSERAFIM

まず床に横たわって始まるイントロで「FEARLESS」の世界観へと没入させ、迫力のあるダンスパフォーマンスをしながら熱唱してくれました。

「FEARLESS」については、

「過去にこだわらずに揺るがなく、前に進んでいくというメッセージと、世界と妥協するよりは、最高になるために頑張ろうという意気込みが入ってます」(KIM CHAEWON)

「ガイドバージョンを聴いた時、とてもよくて、みんなで感心しながら、驚いた記憶があります。何よりもずっと聴きたくなる中毒性もあって、すごくよかったです。これを私たちの声で歌ったらどうなるんだろうと気になっていたのですが、マスターバージョンを聴いた時、本当に良くて、すごく驚きました! そして、より好きになりました」(HUH YUNJIN)

「歌を聴いてみると、GARAMさん、CHAEWONさん、YUNJINさんの順番でつながる部分が多いんですね。みんなで話す時は、GARAMさんがやさしい味、CHAEWONさんが中間味、YUNJINさんが辛口の味とよく言っています。この部分にも注目して聴いていただきたいです」(SAKURA)

「メンバーの声でレコーディングされたバージョンを聴いた時に、本当に世界に出ていくんだなと実感して、胸がいっぱいになった記憶があります」(HONG EUNCHAE)

とコメント。

LE SSERAFIM

ダンスの振り付けについては、

「個人的にはKAZUHAさんが担当しているラップパートの振り付けがすごくカッコいいと思っています。そしてもう一つは、私のパート(笑)。猫のように歩く動作があって、そこがカッコいいと思ってます」(KIM GARAM)

「サビで手で目を覆う動作が繰り返されるのですが、歌詞とよく合っていて、真似しやすいので、この動作がポイントだと思ってます。そして横になって始めるイントロのダンスもカッコいいと思ってます」(KAZUHA)

「私もKAZUHAさんと同じで、サビの振り付けが一番カッコいいと思ってます。メンバー同士では“目隠しダンス”と名付けました(笑)」(HUH YUNJIN)

と話し、KIM CHAEWONとHONG EUNCHAEがお手本を見せる場面もありました♪

「FEARLESS」のMVはこちらから観られます♡

“目隠しダンス”もチェックしてみてください!

メンバーと制作チームが話し合いを重ねて作り上げたデビューアルバムの秘話も聞けました。

LE SSERAFIM

ステージを終えた6人は、デビューアルバムについてコメント。

「(アルバムのタイトル名にもなっている)『FEARLESS』は、“強くなりたい””最高になりたい”という欲望に従って、誰も行ったことのない旅路を始めるLE SSERAFIMの物語を盛り込んだアルバムです」(SAKURA)

「今回のデビューアルバムのコンセプトやタイトル曲の歌詞は、メンバーたちと制作チームが話し合いを重ねて決めたものなんです。なので、パン・シヒョクPD(統括プロデューサー)も、“これはみなさんの話を聞いて反映したものなので、しっかりと気高く表現するといいと思います”とおっしゃってくださいました」(KIM CHAEWON)

LE SSERAFIM

世界中から期待を背負ってのデビュー。「プレッシャーを感じなかったか?」との司会者の問いには、

「正直プレッシャーがなかったといえば嘘になるかもしれません。プレッシャーを感じながらも、一方では大きな関心にありがたいと思いましたし、メンバーと制作チームと話しながら、まわりの視線を意識するよりは自分たちができることをしよう。ありのままの私たちを見せようと話しました。こういった部分をデビューアルバムにも溶け込ませました」(SAKURA)

「私も、バレエではない、他の道を選ぶことに悩みがありましたし、メンバーたちも各自いろいろ悩んでいたと思います。アルバムを企画する時、率直に話す時間をたくさん設けましたし、こういう考えを歌にどう溶け込ませるか、ずっといろいろと相談していました」(KAZUHA)

「プレッシャーが生まれるたびに、メンバー同士で“私たちはFEARLESSじゃん”と言いながら、もっと一生懸命に練習にしていました」(HONG EUNCHAE)

と回答。

ワールドクラスのスタッフと制作した感想を聞かれると、

「BTS先輩のビジュアルを担当されていた方が、私たちのデビューアルバムのビジュアルを担当されると聞いて、正直驚きましたし、もっと頑張らなければと思いました」(KIM GARAM)

「すべてのビジュアルコンテンツが、本当に本当に好きなんですけど、とくにMVの撮影の時に、ジムのセットで撮ったグループダンスシーンが好きです。みんなで振り返ってカメラを見ながら、ダンスを始めるシーンなんですけど、とても印象的なので注目してほしいです」(HUH YUNJIN)

と満足のいくアルバムができたことを思わせるコメントと表情をしていました。

アルバム収録曲「Blue Flame」もお披露目!

LE SSERAFIM

最後に、アルバムトラックの三番目に収録されている曲「Blue Flame」も特別に披露してくれました。

「FEARLESS」とはまた違った雰囲気の「Blue Flame」は、制服を思わせる衣装で、キュートでさわやかなダンスで魅了。ポップなメロディーと、6人の様々な表情から目を離すことができませんでした♡

LE SSERAFIM

実は、この曲、KIM CHAEWONとHUH YUNJINも作詞に携わっているのだとか!

「私とYUNJINさんが書いた歌詞が選ばれて、「Blue Flame」に入ることになりました! デビューアルバムのクレジットに、私たちの名前が載ることがとても幸せです。これからも積極的に曲作りに参加したいと思うようになりました。これからもぜひご期待ください」(KIM CHAEWON)

「私とCHAEWONさんが書いた歌詞が選ばれたのですが、本当に幸せで、光栄に思いました。私が書いたパートを、ちょうど私が歌うことになったので、レコーディングをする時に、大変うれしく楽しく歌った記憶があります。私も曲作りに欲があるほうなので、何か思い浮かぶたびに、その都度、記録しようとしています。これからも頑張って、次のアルバムにも、もっと参加できるようになりたいと思います」(HUH YUNJIN)

とコメントしていたので、次のアルバムも待ち遠しくなりますね♡

刺激的なLE SSERAFIMのパフォーマンスに、これからも注目せずにはいられない!

 LE SSERAFIM

最後に、デビュー活動への意気込みを話してくれました!

「LE SSERAFIMは、ありのままの私たちを歌とパフォーマンスで表現するグループだと思います。このような私たちの堂々とした姿を見て、誰かが”私もああなりたいな”と感じていただけるなら本当に幸せです。これからも私たちの率直な話を盛り込んだ音楽で、よい刺激と影響を与えられるグループになれるように頑張りたいと思います。ありがとうございます!」(HONG EUNCHAE)

「LE SSERAFIMのデビューを待ってくださった、すべての方がに本当に感謝しています。多くの方々が期待してくださった分、頑張って活動して、レベルが違うチームとは何かをお見せできるように努力したいと思います」(SAKURA)

また、SAKURAさんは、今後については「年末にたくさんの授賞式のステージに立ちたいと思います。LE SSERAFIMとして、たった1回だけもらえる新人賞を取りたい」ともコメントしていました。

これからどんな活動を見せてくれるか期待しちゃいます。ますますLE SSERAFIMから目が離せないですね!

全世界へのファンに向けてのショーケースも開催されました。こちらのYouTubeから、その模様を観ることができます。興味のある方はぜひ!

写真提供/出典:SOURCE MUSIC

Text:Natsuki Miyahira

spacer

RELATED