空を飛ぶ飛行機
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

JALマイルを貯めるワザはたくさんある!おすすめの使い道も紹介

JALのマイレージプログラムで貯められるマイルがJALマイル。貯めるためには基本、JALの飛行機に搭乗すればOKですが、ほかにもクレジットカード利用、空以外の利用、JALカードの追加サービス、他社ポイントをマイルに変換する、特典などを利用すると溜まります。おすすめの使い道と合わせて、詳しく紹介します。

更新 2022.06.03 公開日 2022.06.09
目次 もっと見る

JALマイルを貯めるための基本

JALマイルは、JALのマイレージプログラムで貯められるマイルです。JALマイルを貯めるにはJALの飛行機に搭乗すればOKですが、それ以外にも貯める方法はありますよ。JALマイルの貯め方や、おすすめの使い道について紹介します。

JALマイレージバンクに登録しよう

そもそもJALマイルには、どんなルールがあるのでしょうか?まずは、JALマイルの基本情報をチェックしておきましょう!

JALマイルを貯めるには、まずJALマイレージバンクに登録します。登録には、JALマイレージバンク(JMB)カード、またはJALカードやJMB提携のクレジットカードを発行すれば◎。

JMBカードはクレジット機能がありませんが、入会金・年会費は無料です。プリペイド機能が付いているものや、電子マネーWAONの機能が付いているタイプもあります。

ただし、効率よくマイルを貯めたいなら、クレジット機能付きがおすすめですよ。


JALマイルには36カ月の有効期限がある

JALマイルには、有効期限があることに注意しましょう!有効期限は利用した日から36カ月後の月末で、期限が切れた分は翌月の1日になると無効になってしまいます。

例えば、10月15日の利用でもらったマイルなら、3年後の10月末が有効期限で、11月には使えなくなってしまうんですね。せっかく貯めたマイルを無駄にしないよう、有効期限が切れる前に使ってくださいね。

マイルの有効期限は会員サイトや、登録すると毎月1回送られてくる『マイル実績報告付JALメールニュース』でチェックできますよ。

往復航空券は1万2,000マイル以上が目安

貯めたJALマイルは、航空券に交換できます。路線によって交換に必要なマイルは違いますが、エコノミークラスなら最低でも片道6,000マイル、往復1万2,000マイル以上が必要です。

往復1万2,000マイルで行ける国内路線には、東京(羽田・成田)からなら大阪・名古屋・秋田・花巻・仙台・山形・小松があります。東京から札幌や福岡に行く場合は、往復1万5,000マイルが必要です。

国際線では、日本発着のソウル行きは1万5,000マイル、ハワイなら4万マイルで往復航空券と交換できますよ。

フライト利用でマイルGET

JALグループまたは、提携航空会社の飛行機に搭乗すれば、マイルが貯まります。基本的には距離に応じてマイルが貯まるため、遠いところに行けば行くほど、たくさんマイルが貯まる仕組みですね。

フライトでもらえるマイルの計算式は『区間マイル×マイル積算率』になっています。区間マイルは片道の距離ごとに決められているもので、東京-大阪間は280マイル、東京-福岡間は567マイル、東京-ホノルルなら3,831マイルです。

マイル積算率は、利用運賃に応じて決められています。国内線の場合、普通運賃や往復割引なら100%ですが、乗継割引や先得割引を利用すると75%になり、もらえるマイル数が少なくなるんです。

国際線の場合、ファーストクラス・ビジネスクラス・エコノミークラスなど利用する座席のランクによって積算率が違ってきますよ。

マイルが貯まるクレジットカードがおすすめ

クレジット機能の付いたカードなら、さまざまな方法でマイルを貯められます。JALマイルを貯められるクレジットカードの選び方や、おすすめのカードを紹介していきましょう!

年会費やマイル還元率、特典で選ぼう

JALマイルを貯められるカードにはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。カードを選ぶときには、まず年会費や特典に注目してみましょう!

年会費はカードによってさまざまで、提携カードには年会費無料のカードもあります。ですが、年会費が有料のカードの方が一般的にはマイルの還元率が高く、人によっては年会費以上のマイルを貯められお得な場合もあります。

また、カードによって特典内容も違ってくるので、自分が利用しやすいかどうかをチェックしておいてくださいね。

基本の「JALカード」は主に4種類

JALカードには、『普通カード・CLUB-Aカード・CLUB-Aゴールドカード・プラチナ』の4種類があります。年会費は普通カードが初年度無料で2年目以降は2,200円、プラチナカードなら3万4,100円です。

JALカードでは、『入会後の初搭乗時・毎年初回搭乗時・搭乗ごと』にボーナスマイルがもらえるメリットがあります。カードのランクによってこれらのボーナスや、マイルの還元率が違い、貯められるマイルにも差が出てきます。

飛行機を頻繁に利用する場合は、CLUB-A以上のカードを選ぶと、効率よくマイルが貯められるはず。そのほか、パッケージツアーの割引や、JAL特約店でのマイルが2倍貯まるなど、JALカードならではのさまざまなサービスが受けられます。

20代限定で特典多数「JAL CLUB EST」

BASE

20代なら『JAL CLUB EST』を利用するのがおすすめです。JALカードのランクごとの年会費にプラスして、普通カードとCLUB-Aカードなら5,500円、CLUB-Aゴールドカードとプラチナなら、2,200円の年会費を支払うことで入会できます。

JAL CLUB ESTなら、通常36カ月のマイル有効期限が60カ月に延長されて◎。また、JAL国内線の搭乗時に年5回サクララウンジが利用できたり、毎年2,500マイルがプレゼントされたりなど、メリットがたくさんあります。

カードショッピングで貯まるマイルも2倍になるので、日常シーンでもマイルが貯まりやすいはず。

イオンユーザーにお得な「イオンJMBカード」

イオンでよく買い物をするなら、『イオンJMBカード』を選ぶのもいいですね。年会費無料で、買い物で使うだけで0.5%の還元率でJALマイルが貯まります。

電子マネーWAONの機能も付いていて、WAONの支払いでも0.5%の還元率でマイルが貯まりますよ。さらに月5・15・25日に実施される『お客さまわくわくデー』にWAONで支払えば、通常の2倍の還元率です!

ただし、WAONへクレジットチャージした場合にはマイル積算対象外になるため、注意してくださいね。

空以外も!陸でのJALマイルの貯め方

フライトだけで貯めようとすると、かなり飛行機に乗る人でなければ難しいですよね。でも、クレジットカードを作っておけば、日ごろの生活でもマイルが貯められます。そのほかにも、効率よくマイルを貯める方法を紹介しましょう!

公共料金の支払いをカードで決済

電気代や水道代など、毎月の公共料金の支払いをカード決済にすれば、手間なくマイルを貯められます。1度カード決済を設定してしまえば、その後は特に意識することなくマイルが貯まっていくので便利ですよね。

月々トータル1万円程度、年間12万円の支払いの場合、還元率が0.5%のカードなら600マイル、1%のカードなら1,200マイル貯まりますよ。

公共料金以外に通信費や保険料などの固定費も、できるものはカード決済に変更しておくと◎。


いつもの買い物は街でもネットでも

コンビニやスーパー、ドラッグストアなど、普段の買い物もなるべくクレジットカードを利用することで、マイルが貯まりやすくなります。特にファミリーマートやウエルシアなどの『JALカード特約店』でJALカードを利用すると、獲得マイルが通常の2倍になってお得です。

ただし、JALカードを紐付けたApple PayやQUICPayなど、ほかの決済サービスでの利用は特約店マイルの対象とならないため、注意してくださいね。

ネットショッピングの場合は、『JALマイレージモール』経由で買い物するのがお得です。還元率はショップによって違いますが、3倍や5倍などの還元率になっているショップもありますよ。

宿泊でもマイルは貯められる!

JALには提携ホテルがあり、宿泊でマイルが貯められます。国内外のニッコー・ホテルズ・インターナショナルやホテルJALシティでは、1泊につき200~2,000マイルが付与されて◎。

そのほかにも提携ホテルは多数あり、利用金額に応じて貯まるケースや1滞在ごとに貯まるケースがあります。ホテルでマイルを貯めたい場合は、旅行会社のサイトではなく、各ホテルの公式サイトから予約してくださいね!

また、温泉施設の中にも、JALと提携していて利用料金に応じてマイルが貯まる施設があります。提携施設に直接電話するか、施設の公式サイト・JAL温泉マイルサイトからの予約のみがマイル付与の対象となるため、注意しましょう!

JALマイレージバンク - フライトや宿泊・ツアーでためる

JALマイルのキャンペーンにも注目

小さな花束BASE

JALマイレージバングでは、不定期にさまざまなキャンペーンが開催されています。マイルを大量に獲得できるキャンペーンもあるため、チェックしておきましょう!

特定の路線を利用するとボーナスマイルが付与されたり、ネットショップの利用で獲得マイルがアップしたりなどのキャンペーンがあります。

中でも特定の期間に申し込みをした人が対象となる入会キャンペーンは、大量マイルゲットのチャンスです。入会後にキャンペーンへの申し込みが必要になるため、情報を逃がさないようにしてくださいね!

JALカードの追加サービスでマイルを増やす

提携カードでは利用できませんが、JALカードの契約者の場合は、追加サービスで獲得マイルが増やせます。JALカード利用者なら検討したい、お得な追加サービスをチェックしておきましょう!

搭乗機会が多い人向け「ツアープレミアム」

年間に飛行機に乗る回数が多いなら、ツアープレミアムへの加入を検討しましょう!前述の通り、獲得できるマイルにはマイル積算率が関係します。ツアープレミアムに加入すると、このマイル積算率が100%になるんですよ。

通常は割引価格やパッケージツアーを利用すると、マイル積算率は50~75%程度に下がってしまいます。でもツアープレミアムなら、パッケージツアーを利用しても100%マイルが獲得できてお得です。

ツアープレミアムは年間2,200円の登録手数料がかかります。自分の利用頻度や路線などを考え、登録するお得さを検討してみましょう!

買い物で貯めるなら「ショッピングマイル・プレミアム」

女性の足元BASE

JALカードの場合、普通カードとCLUB-Aカードの還元率は0.5%ですが、ショッピングマイル・プレミアムに加入すると2倍の1%になります。もともと2倍の還元率となっているJAL特約店なら、さらに倍になって還元率は最大2%です。

1カ月にカードの利用額が10万円だった場合、通常は500マイルしか貯まりませんが、加入していれば1,000マイル貯まります。1年間に換算すると6,000マイルもの差になるんです。

ショッピングマイル・プレミアムの年会費は3,300円となります。CLUB-Aゴールドカード、プラチナ、JAL CLUB ESTでは自動入会のため、別途加入は不要ですよ。

他社ポイントをマイルに交換しよう!

陸マイラーが愛用「モッピー」でポイ活

飛行機に乗らずにマイルを貯める人を陸マイラーと呼びますが、陸マイラーに愛用者が多いのがポイントサイトの『モッピー』です。モッピーを経由して会員登録や商品購入をするとポイントがゲットでき、JALマイルに交換できます。

通常の交換レートは、2ポイント=1マイルの50%還元ですが、期間限定のドリームキャンペーンでは、実質80%還元という高いレートで交換可能です。

モッピーからJALカードを申し込んでも、ポイントをゲットできますよ。これからカード発行を考えている人は、ぜひ活用してくださいね。

Pontaポイントやdポイントも交換可

さまざまなサービスで貯められるPontaポイントやdポイントも、JALマイルに交換可能です。

Pontaポイントは2ポイント=1マイルの交換レートですが、期間限定でボーナスマイルがもらえるキャンペーンが実施されていることもあるため、上手に活用しましょう!JALマイルへの交換には、PontaWebからJMB×Ponta会員登録が必要で、交換には1週間程度かかります。

dポイントからの交換は、5,000ポイント=2,500マイルの交換レートです。1カ月あたり4万ポイントまで交換できますよ。dポイントクラブのサイトから申し込み、移行の申し込み月の翌月中旬頃に清算されます。

JALマイルの使い道や特典交換の手順は?

JALマイルは特典航空券に交換できますが、それ以外にも使い道はあるのでしょうか?また、特典交換の手順についても解説していきます。

残高確認や交換手続きはネットで可能

JALマイルの残高確認や特典への交換手続きは、JMBの会員サイトにログインすればOKです。ログインすると、画面の上部に有効マイル数が表示されます。さらに『マイル詳細』をクリックすると、有効期限も確認できるため、チェックしておいてくださいね。

特典に交換するには、『マイルを特典交換』のメニューに進み、交換したい内容を選びます。その後は、画面の案内に従って、必要事項を入力していけば手続きできますよ!


特典航空券を狙って交換しよう

JALマイルの交換商品で人気なのは、やっぱり特典航空券です。片道6,000マイルから交換でき、JMB会員本人だけでなく、配偶者や2親等以内の親族、義兄弟姉妹の配偶者まで利用できるため、プレゼントにも使えますね。

国内線の特典航空券は搭乗日の330日前の午前9時半から、搭乗日前日まで予約可能です。ただし、特典の利用で搭乗できる席数には限りがあるため、特典航空券席以外に空席があっても予約できないケースもあります。


「どこかにマイル」ならお得に旅ができる!

特典航空券よりさらにお得に旅ができるのが、『どこかにマイル』への交換です。どこかにマイルを利用すれば、通常の半分以下の6,000マイルで国内線の往復航空券が利用できます。

どこかにマイルの特徴は、利用者が行き先を指定しないことです。申し込みの際にランダムで四つの候補地が提案され、3日以内にその中から行き先が決定します。

利用できるのは東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)、福岡発着のみですが、ちょっとしたサプライズが味わえて、ワクワクしますよね。


座席のアップグレードにも使ってみよう

国内線の特典航空券を利用する際、マイルを追加すれば、少しいい座席で快適な旅ができます。利用する場合は、特典航空券の申し込み手続きのときに、『クラスJ』を指定すればOKです。クラスJはエコノミークラスとファーストクラスの中間クラスの座席で、1区間につき2,000マイルでアップグレードできますよ。

国際線の場合は、購入済の航空券のアップグレードに使用可能です。アップグレードに必要なマイル数は、座席クラスや路線によって違ってきます。例えば行き先がグアムでビジネスクラスなら、片道1万2,000マイルが必要です。

JALマイルを貯めて旅行へ出発!

spacer

RELATED