駅弁
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

4/10(日)は駅弁の日!日本で最初に販売された駅弁の中身って?

2022年4月10日(日)の東京の天気は最高気温24℃/最低気温11℃のお天気。(気象庁調べ)今日は「駅弁の日」!旅のお供として親しまれ、ご当地の食材や名物を楽しめる駅弁ですが、最初に発売された駅弁の中身はどんなラインナップだったのでしょうか?

更新 2022.04.08 公開日 2022.04.10
目次 もっと見る

4/10(日)最高気温24℃/最低気温11℃!キツネのクッキーにきゅんな『Café Kitsuné』の1杯

今日は日曜日、ついに今週も終わりですね…!
お茶でも飲みながらバタバタだった1週間を振り返って、「よく頑張ったね」と自分を褒めてあげましょ。

東京の最高気温は24℃で、上着がなくても快適に過ごせそう!
名古屋の最高気温は26℃とかなり暖かく、ふらっとおでかけしたくなる陽気に。

本日はMERYユーザーの投稿が集まるハッシュタグ「#meryのある生活」から、_iimr_5さんの写真をご紹介。
こちらは、青山にある『Café Kitsuné』でいただける1杯なんだそう。
コップのふちに一生懸命つかまっているキツネのクッキーがとってもキュート♪

今日は何の日?:駅弁の日!

今日は「駅弁の日」!
明治の時代から電車旅のお供としてたくさんの人々に親しまれてきた駅弁を、これからも末永く愛されるようにと願って、1993(平成5)年に日本鉄道構内営業中央会が制定した記念日です。

4と十の組み合わせると「弁」に見えること、「当」の読みが(とう)=10になることから、この日が選ばれたんだとか。
壮大なルーツがあるのかと思いきや、単純なパズル要素と語呂合わせからきているとは、なんだかほっこりしちゃいますね♡

明治の時代より鉄道の旅の友として多くのお客様にご利用され、親しまれてきた「駅弁」を新しい歴史の中でこれからも末永くご愛顧されるよう願うとともに私たち駅弁屋が心新たに「駅弁」を見つめ直すことを念じ、平成5年に「駅弁の日」と定めました。

出典http://www.ekiben.or.jp/main/about/about_day.html

\ちょっと小話♡/駅弁の始まりは“ゴマ塩おにぎり2個”からだった…!

駅弁って、ご当地の食材や名物がいろいろと入っていて豪華なイメージがありますが、最初の中身は意外とシンプルだったんだとか…。

今をさかのぼること1885(明治18)年7月、宇都宮駅開業と同時に、竹皮で“ゴマ塩おにぎり2個”を包んで売り出したのが、駅弁の始まりだったと言われています。
当時の駅弁は、どちらかというと手軽に食べられることを重視して作られていたのかも…。

みなさんも、電車や新幹線で長旅をする際は、駅弁を買って粋なひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか?

それでは、素敵な週末になりますように…♪

「明治18年7月、宇都宮駅開業と同時にゴマ塩おにぎり2個を竹皮で包み、5銭で売り出したのが、駅弁の始まりと言われています。

出典https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1202/ep_01.html#:~:text=%E3%80%8C%E6%98%8E%E6%B2%BB18%E5%B9%B47%E6%9C%88,%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%88%B6%E6%9C%8D%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82
spacer

RELATED