POINT
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

Pontaポイントを使う方法は買い物だけ?賢く使う方法を紹介!

Pontaポイントを使うなら、お得な使い方をチェックしておくと◎。買い物の支払いに使えるのはもちろん、引換券でお得にお菓子やドリンクと交換できます。Pontaポイントを貯めるコツも押さえて、賢く使ってみませんか?

更新 2022.04.26 公開日 2022.05.02
目次 もっと見る

Pontaポイントは楽天ポイントやTポイントと同じ『共通ポイント』の一種。特定のお店だけでなく、提携しているさまざまなジャンルのお店で、ポイントを貯めたり使ったりできますよ。Pontaポイントの賢い使い方をチェックする前に、まずはその特徴を押さえておきましょう!

加盟店が多く、貯めやすく使いやすい

使えるお店やサービスが多いのがPontaポイントの特徴です。コンビニや飲食店・スーパーなど、さまざまな場所で貯めたり使ったりできますよ。

ポイントの貯まり方は、お店によって違う点に要注意です。200円(税抜)ごとに1ポイント貯まるお店を中心に、200円(税抜)ごとに2ポイント貯まるお店もありますよ。

例えばローソンであれば、時間帯で貯まるポイントが下記の通り違います。

0:00~15:59:200円(税抜)で1ポイント

16:00~23:59:200円(税抜)で2ポイント

カード以外にアプリでも貯められる

プラスチック製のポイントカードのほかに、スマホアプリで使う『デジタルPontaカード』でも、Pontaポイントを貯められます。初回起動時にPonta Webへログインすれば、その後は起動するだけでOKです。

支払い時にスマホ画面で会員証のバーコードを表示し、レジで読み取ってもらいます。レジでカードを探す必要がありませんし、忘れることもなく、確実にポイントを貯められて◎。

アプリなら便利にお得に管理できる

Pontaカードのアプリなら、提携店のクーポンを手に入れられます。大手コンビニ『ローソン』のほか、ネット通販の『ポンパレモール』や『au PAY マーケット』のクーポンがありますよ。

アプリ限定のキャンペーンが実施されている点にも注目です。エントリーし、特定のお店で買い物をすると、ポイントを受け取れるチャンスもあります。貯めたポイント残高を、アプリですぐに確認できるのも便利ですね。

デジタルPontaカードを使えるお店には、『ローソン』『ケンタッキーフライドチキン』『ココス』『丸善ジュンク堂書店』『HMV』などがあります。通常のPontaカードとはラインアップが異なるので、アプリの『ためる』または『つかう』から『提携店舗・サービス』を確認しておきましょう。

アプリ名:Pontaカード(公式)

価格:無料

有効期限は1年間!失効に注意

貯めたポイントには有効期限があります。Ponta会員と非会員で下記のように違うため、注意しましょう!

Ponta会員:最終ポイント利用日から1年後の同日(最終利用日が2021年12月15日なら2022年12月15日)

Ponta会員以外:最終ポイント利用日から12か月後の月末(最終利用日が2021年12月15日なら2022年12月30日)

有効期限を過ぎるとポイントはなくなります。ただしPontaポイントを貯めたり使ったりすると、ポイントの有効期限は最終利用日から1年間に延長される仕組みです。

日常的に使っていれば、期限を気にせず使い続けられますよ。

Pontaポイントを使う方法をチェック!

提携しているお店が豊富なPontaポイントは、使う方法もさまざまです。まずは代表的な使い道をチェックしましょう!毎日少しずつ使いたい人にも、たくさん貯めて一気に使いたい人にも、ぴったりの方法がそろっていますよ。

買い物や食事、美容関係など提携店は豊富

さまざまなお店で使えるPontaポイントは、中でも買い物・食事・美容関係のジャンルが充実しています。『ORIHICA』や『AOKI』など、ビジネスシーンにぴったりのアイテムを買えるお店も対象ですよ。

飲食店では『ケンタッキーフライドチキン』『ココス』『ジョリーパスタ』など、気軽に行けるお店が豊富です。

『ホットペッパーグルメ』でもポイントを使えるため、ランチや飲み会にも役立ちます。また『ホットペッパービューティー』や『タカシマヤコスメティックス』など美容関係のお店でも利用可能です。

国内や海外への旅行やレンタカーにも

旅行をするときにもPontaポイントが役立ちますよ。国内のホテルや旅館を予約できる『じゃらんnet』や、『京阪グループホテル』『ルートインホテルズ』などホテルでの利用も可能です。

高速バスや鉄道などの交通手段と同時に、宿泊施設や観光施設の予約ができる『WILLER TRAVEL』でも、ポイントが貯まりますよ。

旅行先での移動手段として借りるレンタカーも、『じゃらんレンタカー』『トラベルレンタカー』なら、Pontaポイントの対象です。

JALのマイルなど他社ポイントに交換

Pontaポイントはそのまま使うほか、他社のポイントへ交換して使う方法もあります。状況に応じて、使い勝手のいいポイントと交換できて◎。Pontaポイントから交換できるのは、下記の3種類です。

JALマイレージバング:1Pontaポイント=0.5マイル

中部電力ミライズのカテエネポイント:1Pontaポイント=1ポイント

CDエナジーダイレクトのカテエネポイント:1Pontaポイント=1ポイント

例えばJALマイルへ交換し、特典航空券の購入や座席のアップグレードに使いたいと思ったら、Pontaポイントの公式サイトから交換を申し込みます。手続きをしてから1週間ほどで交換可能です。

Ponta使用の定番「ローソン」でポン活!

ローソンの『お試し引換券』を活用する『ポン活』に取り組むのもおすすめですよ。通常であれば1ポイント=1円ですが、ポン活なら1円以上の価値になる可能性もあります。よりお得なポイントの活用方法を探している人にぴったりです。

「お試し引換券」にポイントを使う

お試し引換券を使えば、人気商品や新商品をお得に試せて◎。例えば150円のロールケーキと交換できる引換券が90ポイントなら、1ポイント=約1.7円です。

ほかにも108円のドリンクの引換券は50ポイントで、1ポイント=約2.2円で利用できます。通常の1ポイント=1円よりもお得にポイントを使用可能です。

引き換え商品や発券開始日は、公式サイトで確認できます。欲しいアイテムがないかチェックして、お得に買い物を楽しみましょう!

発券方法は「Loppi」か「アプリ予約」で!

お試し引換券を使う方法は2種類あります。一つ目は『Loppi』で引換券を発行する方法です。

トップ画面から『ポイントメニュー』を選び、プラスチックのPontaカードか、Pontaカードの入ったおサイフケータイのいずれかをカードリーダーへ設置します。デジタル会員証は使えないので注意してくださいね。

ポイント会員メニューが表示されたら、『クーポンを発券する』から進んでいき引換券のレシートを発券しましょう。あとは商品と一緒に30分以内にレジへ持っていけばOKです。

二つ目の『アプリ予約』は、ローソンのアプリから引換券を発券します。まずはローソンIDを登録し、Pontaポイントとひも付ければ利用可能です。

使いたい引換券を予約し、24時間以内にローソンで商品とともにレジへ提示します。使わずに24時間経過すると、予約した引換券はキャンセルされるため注意しましょう!

アプリ名:ローソン

価格:無料

Pontaポイントの意外な活用方法とは?

Pontaポイントは、ほかにも活用方法がたくさんありますよ。中でも代表的な『ポイント運用』『ふるさと納税』『アイテムとの交換』についてチェックしましょう!

「ポイント運用」で投資体験

『au PAY アプリ』があれば、Pontaポイントを使って『au PAY ポイント運用』を始められます。現金を使わずに投資を体験できるサービスです。

始めるために証券口座を開設する手間が不要で、運用するポイントを指定するだけの手軽さですよ。ゲーム感覚で運用を試せるため、100万人以上の利用者がいます。

運用中はポイントの増減により引き出すべきか追加すべきか、判断がつかない人もいるかもしれません。そのようなときでも、ほかの利用者の運用状況・平均データを参考にできて◎。

たとえ損失が出てもポイントの範囲内で済むので、資産運用の仕組みを学ぶのにぴったりです。

アプリ名:au PAY(旧 au WALLET)

価格:無料

「au PAY ふるさと納税」に活用する

『au PAY ふるさと納税』でPontaポイントを使って寄附するのもお得な使い方です。2,000円分のPontaポイントが貯まっていれば、1万円分の寄附を8,000円で支払えます。

Pontaポイントで支払ったとしても、寄附金控除が適用される金額は1万円で変わりません。貯めたポイントを税金の支払いに活用できて◎。

Pontaポイントを事前に『au PAY マーケット限定ポイント』へ交換して、au PAY ふるさと納税で使うのもおすすめです。『au PAY ふるさと納税』のサイトでは、季節に合わせた返礼品特集が更新されていたり、寄付金額の1%がPontaポイントに還元されるキャンペーンなども開催されています。寄附金額に対して、Pontaポイント(au PAY マーケット限定)を受け取れるのが魅力ですね。

グルメや家電、ポンタオリジナルグッズに交換

おしゃれなキッチンBASE

特典商品と交換する方法もありますよ。Pontaポイントをここでしか手に入らない『ポンタオリジナルグッズ』と交換可能です。限定のグッズもあるため、チェックしてみましょう!

ほかにも便利な生活雑貨やキッチン用品・家電などへ交換できます。特に欲しい物が見当たらないときには、水族館や映画館のチケットへ交換したり、寄附に使ったりしてもいいですね。チケットには有効期限があるので、注意しましょう!

ポイントをたくさん貯めるコツって?

使い道がたくさんあるPontaポイントを、効果的に貯めたいと考えている人もいるはず。コツを押さえれば、ポイントをどんどん貯めて、お得に使えますよ。

KDDIのサービスでポイントゲット

Pontaポイントをたくさん貯めるには、日ごろ使うサービスをKDDIグループのサービスに切り替えると◎。例えばスマホを『au』にすれば、毎月支払うスマホ料金でPontaポイントが貯まります。

電気も『auでんき』『BIGLOBEでんき』にすれば、電気代でもポイントを貯められてお得です。例えばauでんきであれば、ひと月の電気代8,000円以上で5%のポイント還元を受けられます。

さらに買い物でスマホ決済サービスの『au PAY』を使えば、支払い200円(税込)ごとに1ポイント還元される上、Pontaカード提示でのポイントも加算されますよ。

ポイントが貯まるクレジットカードを使う

メインで使っているクレジットカードを、Pontaポイントが貯まるタイプにするのもおすすめです。Pontaポイント提携店以外の買い物でも、クレジットカードで決済すればポイントを貯められます。

クレジット機能付きPontaカードには、カード利用100円(税込)ごとに1ポイントが還元される『Ponta Premium Plus』や、ローソンでのお買い物200円(税抜)につき4ポイント還元される『ローソンPontaカード Visa』などがあります。

Pontaポイント提携店であれば、Pontaカードの提示によるポイントも同時に貯められて◎。お得なポイントの二重取りがかないますよ。

Pontaポイントを賢く使おう!

豊富な提携店で使えるPontaポイントは、さまざまな使い道がありますよ。買い物や食事にはもちろん、旅行にも活用可能です。

よりお得にポイントを使うには、お試し引換券との交換が◎。1ポイント=2円以上の価値で交換できる商品もあるため、要チェックです。

ポイント運用で、ゲームのようにポイントを増やせる可能性もありますよ。ふるさと納税の寄附にも、Pontaポイントを利用可能です。

お得に使えるPontaポイントは、au関連サービスやクレジットカードの利用で貯めやすくなります。賢く使えば、Pontaポイントで日常がより豊かになりますよ。

こちらの記事もチェック!

spacer

RELATED