推し活
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

「2.5次元俳優」「JO1」推しのMERYユーザー2人の「推し活事情」とは?深堀りインタビュー

MERY読者の「推し活」事情を深堀りしているMERY編集部。いくつかした質問のなかで、「推し活にかけるお金」に対して、とっても気になる回答をしていた2人のユーザーさんに電話やZoomでインタビュー。2人が語ってくれた赤裸々な“推し活事情”を通して、推し活の魅力をチェックしていきましょう♡

更新 2022.03.21 公開日 2022.03.20
目次 もっと見る

推しは推せるときに推せ!推しのためなら、お金だって惜しくない!?

大好きな推しのためなら、お金だって惜しくない。
むしろ、推しのためにバイトや仕事を頑張って、モチベーションにしている!

推しを中心に、“推し活”を楽しんでいるという人は多いはず♡

これまでMERYでは「推し活アンケート」を通して、ユーザーのみなさんの推し活について、赤裸々な意見や思いを聞いてきました。

すでにみなさんの推し活事情をいくつか記事にしていますが、編集部メンバーが「推し活にかけるお金」について気になった回答をしていた2人のユーザーに、電話とZoomでお話を伺いました♡

ふたりのMERYユーザーに“推し活事情”を赤裸々に語ってもらいました♡

お2人の“推し活事情”は、聞いているだけでとってもワクワクする内容に!
今回は、インタビューで赤裸々に語っていただいたお2人の「推してなんぼ!」な推し活を紹介します♡

「とにかくたくさんお金をかける!」、ということだけではなく、そこには2人の愛がギュッと詰まっていました。

今回インタビューしたのは、
(1)しおりさん(女性・20代)|推し→2.5次元俳優 本田礼生さん
(2)niuさん(女性・22歳)|推し→『JO1』鶴房汐恩さん
のお2人のユーザーさん♡

まずはしおりさんの“推し活事情”からチェックしていきましょう。

【CASE1:しおりさん・20代】推し活歴7年半以上!2.5次元俳優さんへの熱い思いを調査

しおりさんの推しは、2.5次元俳優の「本田礼生(ほんだれお)」さん。7年半以上推していて、本田礼生さんの作品はだいたい網羅されているみたい…♡

本田礼生さんは、ミュージカル『テニスの王子様』で菊丸英二役を演じ、最近では舞台『鬼滅の刃』で冨岡義勇役を演じたことが話題となりました。

ちなみに2.5次元俳優とは、アニメやゲームの2次元と現実世界の3次元の中間を表す言葉で、アニメやゲーム原作の舞台などを演じる俳優さんを主に指す言葉なんだとか。

しおりさんには6つの質問をしてきました!
それぞれの回答をチェックしていきましょう♡

Q1.「推しにかけるお金」を詳しく教えて♡

推し活

まず、今回のメインでもある「推しにかけるお金」について具体的に深掘っていきますよ~。

事前アンケートでは
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チケット約10,000円×行けるだけ(例:10公演中8公演等)、その他グッズ代等含めると多いときで1公演期間20万円ぐらい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
との回答。その中身は?

しおりさん:「毎回というわけではないのですが、その時は『鬼滅の刃』の1作目の舞台に出演していたので、複数のチケットを買って、1〜2週間の公演期間、3〜4日以外は全日行きました。ちょうど仕事を変えるときにパンデミックが起きたので、公演に行ける時間ができたんです。なので今はそこまでやっていません。
最速で、先行受付からすべて申し込んだり、短い舞台だったりするときは、基本すべて行きます。
舞台なので、そのときによって役者さんの動きやアドリブが違っているから、その瞬間を逃したくなくて、できるだけすべての公演に行くようにしてます。DVDが出たとしても推しがずっと写っているわけではないので、毎回現場に行きたくて、それくらいのお金をかけていることになっているのかなと思います。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
同じ舞台でもその日のアドリブや動きが異なり、それをしっかり見届けたいというしおりさんの熱い思いが伝わりました!
たしかに、映像だけでなく、自分の目でしっかりと推しのいろんな瞬間を見たいですよね♡

(画像:しおりさん提供)

Q2. 推し活のモチベーションは?

推し活 しおりさん

続いては、推し活のモチベーションについて。

しおりさん:「まず、とにかく仕事のモチベーションになっていると思います。だんだんと人気が出てきて出演作品も増え、急に『この舞台に参加します!』ということもあるんです。なので、急な出費にも備えられるように、本職とは別で副職もして、『いつでも来い!!』という気持ちです。
あとはやっぱり、“本人が好き”というのが一番のモチベーションです。自分もダンスをやっているので、ただ推しているということだけでなく、尊敬しています。技術力や演技力を見て、“技術を盗む”ではないですが、勉強させてもらっているという感じがあります。
本田礼生さんは基本的に努力を表に見せないタイプで、陰でものすごい努力をしてきたんだなと感じます。なので、一人の人間として尊敬するような気持ちもあります。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ただ「好き」ということだけではなく、自分自身を高めるモチベーションとなっている推し活。
学ぶことが多いと語ってくれたしおりさんの、向上心の高さがとっても素敵でした♡

(画像:しおりさん提供)

Q3. 推し活のために貯金とかはしている?

推し活 しおりさん

気になる貯金についても赤裸々な回答をいただきました!

しおりさん:「実家暮らしなので家賃とかはかからず、貯金に回せる部分は多いです。突然来るイベントとかもあるので、基本的には使わないようにしています。
ほかにもディズニーや野球が好きなので、今は時期的に難しいですが、ディズニーだったら年パスをよく買っていました。本田礼生さんがドナルドが好きなので、プレゼントを買ったりもしていました。一回でドンッと年パス料がかかっても、あとは行き放題なので、そういう使い方が多いです。
洋服とかも、舞台やイベントに行くために買うということはありますが、基本的に仕事はスーツを着ることが多いので、節約ができていると思います。
私は自分の趣味にお金をかけるタイプなので、ある程度自分にとって大きいイベントにはお金をかけて、折り合いをつけています。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
貯金よりも、お金の使い方を工夫しているみたい!
比較的大きな出費を考えつつ、日頃は無駄遣いしないように節約を心がけることで、無理なく楽しめているようです。

(画像:しおりさん提供)

Q4. 推し活をしていてよかったことは?

推し活 しおりさん

モチベーションやお金についてたくさんのことを語ってくれたしおりさん。「推し活をしていてよかったこと」は?

しおりさん:「まずは、推し活を通して自分の人生が本当に楽しいというのがよかったことです!それが一番だと思います♡
昔から本田礼生さんのファンは“マナーがいい”と言われていて、それを本人も誇りに思っていると思いますし、私たちも返していこうという気持ちを持っています。
あと、ファンを認知してくれていることも多くて『ちゃんと見ているんだな』と感じます。そういう瞬間も、推していてよかったなって思えます。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
推し活が生活の中心となっていることで「幸せ」を感じているということが伝わりました♡
推しがファンの思いをしっかりと受け取り、その思いに応えてくれる姿が、推し活をもっと楽しいものにしてくれているのかもしれませんね。

(画像:しおりさん提供)

Q5. 推しグッズなどをSNSでシェアしたり、他のファンと情報共有をしたりしている?

アクリルスタンドや缶バッジなどのグッズや、プロマイドを公演ごとに1冊作って、どの公演のものだったのかまとめているしおりさん。
そんなしおりさんの推しグッズ事情や、ファンの間での情報共有についても聞いてみました。

しおりさん:「私はSNSで推しグッズの共有などは特にしていませんが、舞台に行くときに、缶バッジやプロマイドでボードを作って、友達と実際に見せ合って共有することはあります。周りだけで楽しみたいという思いがあって、“同担拒否”というわけではありませんが、自分が当たらなかったチケットやグッズをほかの人が持っているのを見るのはちょっと悲しいので…。
グッズを集めたり、作ったりするのは、『見せる』ためではなく、あくまで『自己満』なので、よっぽど仲良い子以外と共有することはありません。
でも、大学のときの後輩が本田礼生さんのファンになって、同じイベントにいたことをSNSを通して知って、彼女の方から声をかけてきてくれたということはあります。そういう繋がりは、確かにSNSでもあるなと感じます。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SNSで共有するのはもちろん、自分や周りだけで楽しみたいというのも納得!
いろんな推し活のやり方があると思うので、自分のペースに合わせてやるのが一番ですね♪

Q6. 推し活の魅力を教えて♡

ピクニックBASE

最後に「推し活の魅力」について語ってもらいました♡

しおりさん:「私にとって推し活は『空気』みたいなもので、“あって当たり前”なものだと思います。人生に潤いを与えるものですね!
もし推しがいなかったら、これからどうやって生きていこう…と思うくらい、推しの存在は私にとって本当に大きいものです。
周りが結婚してきたり、彼氏がいたりしますが、私にとっては本田礼生さん以上好きになる人ができなくてもいいと思っているし、いろんな“好き”の形があっていいと思います。それを推し活で感じることができたので、そこが魅力ですね!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
推し活は“空気”といっていたしおりさん。
日常の中の当たり前のもので、無くなることが考えられないもの。
最後に“好き”にはいろんな形があると語ってくれましたが、まさにそれが推し活の魅力のひとつなのかも♡

しおりさん、本当にありがとうございました!

【CASE2:niuさん・22歳】デビューが決まった瞬間から推し活スタート!ボーイズグループへの熱い想いを調査

続いては、niuさんの“推し活事情”について紹介します♡
niuさんは日本のグローバルボーイズグループ『JO1(ジェイオーワン)』を推していて、特に「鶴房汐恩(つるぼうしおん)」さんを推しているみたい。

JO1は、韓国の人気オーディション番組『PRODUCE 101』の日本版である『PRODUCE 101 JAPAN』の合格者11名で結成され、2020年3月4日にデビューを果たしました。
日本だけでなく世界で活躍することが期待されている、新人グループです!

niuさんには5つの質問をしました♪
早速回答をチェックしていきましょう!

Q1. 『JO1』にハマったきっかけは?

推し活

まずは、どうしてniuさんがJO1にハマったのか、きっかけから聞いてみました♡

niuさん:「今までアイドルを推した経験がなかったのですが、大学の友人から『PRODUCE 101 JAPAN』のことを聞いて、鶴房汐恩さんがとってもカッコよく、気がついたら『急いで追いつかなくちゃ』と全部観ていました。
オーディション番組は一般人や未経験の人、多少経験があって受けに来ている人が多いので、ラップやボーカル、ダンスなどの成長を見ながら、デビューに向かって進んでいく姿を見届けられます。それをずっと見ていくなかで、感情移入をし、すっかりハマりました♡デビューしたのが2020年3月なんですけど、オーディションから11人が決まった瞬間まで全部見届けて、ずっと推しています!
JO1は世界のトップに立つという意味の『Go to the TOP』という言葉を掲げていて、私もそれを応援したいというか、もっと有名になってほしいという気持ちがあります。
ひとりひとり個性があり、面白くて素敵なグループなので、ずっと推していたいと思えるようになりました。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
niuさんにとってアイドルを推すのはJO1が初めて!
しかもオーディションを途中から追いつくまで見て、デビューが決まる瞬間も見届けたので、かなり思い入れがあるみたい♡
ある日突然ハマってしまう、そんなドラマチックな推し活の始まりが素敵です。

(画像:niuさん提供)

Q2. 「推しにかけるお金」を詳しく教えて♡

推し活

niuさんが「推しにかけるお金」として教えてくれたのがこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
チケット代1公演:約11,000円が複数
グッズ代:約10万円
交通費:約5万円 CD代 年間3作発売で約20万円
友達との推し活代:約3万円
掲載雑誌代:約2万円 など
年間総額約50万円ほどです。
今、計算していてとても怖くなりました…!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アンケートに答えるために改めて計算してくれたんだそう。

niuさん:「JO1を推したとき、1年目はパンデミックで会える機会もなかなかなかったので遠征費とかはかかりませんでした。2年目はライブをしてくれて、そのときにチケット代、遠征費などがかかりました。
私は関西に住んでいるので、千葉県の『幕張メッセ』で公演したときは交通費や3日間の滞在費、食費などがかかりました。
いろいろと計算したら年間で50万円ほどかかっていたことに気がつきました。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住んでいるところから遠いライブ会場だと、宿泊費や交通費、食費などが結構かかったみたい。
それでも1年目はなかなか会える機会がなかったようなので、会えるその日まで待ち望んでいろいろと準備もしていたはず!

(画像:niuさん提供)

Q3. SNSを通してほかのファンと情報共有などしている?

推し活

推し活をSNSを通してもやっていると話してくれたniuさん。
こんなお話をしてくれました♡

niuさん:「SNSで発信をして情報共有をすることが多いです。ライブに行ったり、旅行に行ったり、そういう思い出をSNSとかに載せて、みんなで楽しんでいます。
あとは、SNSをきっかけにファンの人たちと繋がれるということもあります。フォロー/フォロワーの関係じゃなくても、「いいね」とかをしたり、もらったりで、仲良くなれるということもあるんです。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
niuさんはSNSを通して同じJO1ファンの人と交流する機会が多いみたい!
直接会ったことがなくても、「いいね!」などで繋がれたり、新しいファンとの出会いにもなったりするみたいなので、情報共有は積極的に行っているようです♡

(画像:niuさん提供)

Q4. 推し活のために貯金とかはしている?

推し活

続いて、推し活のための貯金について聞いてみました。

niuさん:「去年のライブのとき、『500円玉ができたら貯金する』というのをやっていて、貯金箱に500円玉を入れるようにしていたんです。あと、もしお給料がいい月があったら、その月は1万円を貯金箱に入れるようにしていました。最終的に、500円玉だけで1万円ちょっとになって、1万円は3枚くらい貯金できました!
それ以外にも、基本的にライブのためのグッズ代や遠征費、会うためのお金は使えるように貯金しています。ほかの支出に関しても、美容や服代なども普通にお金をかけているので、あまり『貯金しないと!』というストレスは感じていません。自分のペースで無理なくやっていると思います。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
500円玉貯金でコツコツ貯めているのがとっても素敵!
だんだんと貯まってくるのを見るのも楽しいですし、達成感もありますよね。
そのほかにも無理なく貯金を楽しんでいる様子がうかがえて、niuさんのペースでお金をかけているというのが伝わりました♪

(画像:niuさん提供)

Q5. 推し活をしていてよかったことは?

推し活

niuさん:「JO1を通して、初めてアイドルグループを推すことになって、Twiterで専用アカウントを作ったら、ファンの方との交流が始まりました。そこから『JAM(ジャム=JO1のファンの呼称)』の友達ができて、交友関係がすごく広がったのですごくよかったです。基本は推しの話などをしていますが、全国からいろんなジャムが集まり、オンラインライブの鑑賞会や旅行などをして、JO1のことだけでなく、プライベートのことなどいろんなことを話したりもします。Twitterだけでなく、LINEやInstagramも交換して、とにかくお互いを支え合えるような友好関係が作れるようになったことが本当によかったなと思います。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SNSで情報交換をしているということは先ほど紹介しましたが、そこから新しいファンとの出会いに繋がり、幅広い交友関係を持てるようになったんだとか。
同じ推しがいる人と、同じ“好き”を共有できる時間って、日常をかけがえのないものにしてくれそう♡

(画像:niuさん提供)

Q6. 推し活の魅力を教えて♡

推し活

最後に、niuさんにとっての推し活について、魅力を聞いてみました。

niuさん:「“推し活”って一言で言っても、人それぞれいろんな推し活の形があると思うんです。自分に合った推し活をすることで、普段のことを忘れて没頭できるのが魅力的だと思いますし、プライベートの生活とはまた違う楽しみを感じています。もちろんSNSを通して応援したり、グッズを買って応援したりも楽しいんですけど、やっぱり直接会いに行って本人たちの魅力を生で感じることができるのが、推し活の醍醐味だと思います。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みんなそれぞれ“推し活のあり方”は違いますが、自分らしく楽しめるペースでやるのが一番!と語ってくれたniuさん。
普段の生活とは違う楽しさが、推し活にはあるようです!
同じ推しがいる人との交流、推しに直接会えたときの感動、その瞬間瞬間を、会話の合間から感じ取ることができました♡

niuさん、本当にありがとうございました!

(画像:niuさん提供)

自分だけの“推し方”で、癒やしたっぷりな楽しい日々を♡

推し活

“推してなんぼ”。

自分の“好き”に正直になって、自分らしいペースで推し活をする。
そんな推し活が、日常に潤いをプラスしてくれる。
しおりさんとniuさんのインタビューから、推し活の魅力を学ぶことができたはず♡

好きなものにお金をかけるのはもちろんですが、何よりも自分が一番無理ないペースで推していけるのが一番!
あなたらしい推し活で、これからも楽しんでくださいね。

インタビューにご協力してくださったしおりさん、niuさん、ありがとうございました!

(画像:niuさん提供)

spacer

RELATED