サステナブル DAISO
MERY PRESSロゴMERYPRESS
お気に入り

木材を活かした新製品がDAISOに登場!ほっこりした見た目に癒やされる4items♡

SDGs実現を目指し、様々なサステナブルな取り組みが世界中で見受けられます。『DAISO(ダイソー)』もサステナブルな社会を目指した新業態『Standard Products by DAISO』を2021年からスタート。10月には国産木材や間伐材を使用したヒノキオイルと箸が話題を呼びましたが、今回はその第2弾となるシリーズ「サステナブルな社会への貢献を目指すシリーズ」の4つの商品をご紹介します!

更新 2022.02.08 公開日 2022.01.05
目次 もっと見る

サステナブルな世界を目指し、いろんな取り組みが行われるように

テクノロジーの発展で、住みやすい世界になった現代。
20年ほど前までは、「インターネットで買い物なんて…」と言われていた時代だったのに、今ではテクノロジーを使って生活を豊かにするのは当たり前な時代になりましたよね。

便利な世の中になっていく一方で、「地球の未来」を考えていく必要もあります。
地球全体の気温の上昇や、地震などの震災など、地球が悲鳴をあげていることに気づいている人も多いかもしれません。

そんな未来の地球を考えて行われているのが『SDGs(エス・ディー・ジーズ)』。
Sustainable Development Goalsの略で、日本語では「持続可能な開発目標」。2015年9月に国連で採択され、17のゴール・169のターゲットから構成されています。

そんなSDGsを見据えた「サステナブル」な取り組みが世界中で見られますが、MERYを読んでくださっているみなさんにも「知っている!」「既にプロジェクトに参加している!」という人も多いはず。

プチプラ×高クオリティの100円ショップ『DAISO』もサステナブルな試みを

日本を代表する100円ショップ『DAISO(ダイソー)』もサステナブルな取り組みを行っています。

プチプラなのはもちろん、最近はクオリティ重視のアイテムも多く、幅広い世代から支持を得ているDAISO。
そんなDAISOは生活雑貨など市場に出回るアイテムの大量生産・消費問題を解決したいという思いから、サステナブルな商品に目を向けたんだとか。

普段の生活で使うアイテムから、サステナブルを意識すれば、未来の地球はもちろん、未来の自分への希望の光となるはず!

大量生産や消費を見直す『Standard Products by DAISO』

そんなDAISOのサステナブルの取り組みを実現するのが『Standard Products by DAISO』。
コンセプトは「ちょっといいのが、ずっといい」。
100円商品(税込110円)が当たり前のDAISOでしたが、Standard Products by DAISOでは330円〜1,100円前後の商品の取り扱いが多いようです。

これまでも様々な数のアイテムを取り扱ってきたDAISOですが、Standard Products by DAISOでは、普段の生活で使う日用品の使いやすさはもちろん、環境に配慮した素材を使用したり、価格・品質にこだわったり、消費者が感じる「ちょっといい」という気持ちに寄り添ったアイテムを展開しています。
自分にとっても、地球にとっても、「ちょっといい」商品は、「ずっといい」ものとして大切に扱えるはず。

2021年3月には第1号店が渋谷マークシティにオープンし、1,300点以上の商品が販売されているみたい。
2021年10月には新宿アルタにて第2号店がオープンし、かなり話題を呼んでいます!

普段の⽣活で使う、⽇⽤品をちょっと楽しく。そんな思いを込めて⽣まれた、Standard Products。
これまでに膨⼤な数のアイテムを取り扱ってきたダイソーが、新しいスタンダードのあり⽅を提案します。

商品が個性を主張するのではなく、使うひとが⾃分らしさを 楽しめるブランドをめざします。
使いやすさはもちろん、環境に配慮した素材など、私たちだから出来る感動価格、感動品質でお届けします。お客さまがコーディネートしたくなる⾊揃えを展開していきます。
スタンダードであり続けるために、使い勝⼿や品質の向上に努めます。
どこにでもありそうだけど、ちょっといい。 ⾃由に気軽に、⾃分らしく楽しめる。それがお客さまにとって「ずっといい」になっていく。

出典https://standardproducts.jp/

第2弾となるシリーズが開始!

長く使える高クオリティで心地のいい製品を厳選し、環境にやさしくサステナブルな社会に貢献する製品の提供を目指すStandard Products by DAISO。
2021年10月には国産木材や間伐材を使用したヒノキオイルと箸の商品が話題を呼びましたが、今回その第2弾となるシリーズ「サステナブルな社会への貢献を目指すシリーズ」の販売が2021年12月25日にスタートしました!

今回のシリーズには4つのアイテムが♡
(1)杉の祝儀袋
(2)東京都檜原村の檜・杉の間伐材や桜・くるみ・楢の国産木材を表紙に使用したメモ帳
(3)檜を使用した菜箸としゃもじ
(4)古紙を配合した綴じノート(※2021年10月から既に販売されていますが、シリーズとしては新しく仲間入り)

間伐材や国産木材を使った4items|「サステナブルな社会への貢献を目指すシリーズ

Standard Products by DAISOは、国産木材や国内林業で余剰とされる間伐材の活用を通して、森林保全や林業の安定した成長への貢献を目指し、環境や地域社会に配慮した製品を通じて、持続可能で豊かな社会の実現に貢献したいという思いがあります。
そんな思いがギュッと込められた第2弾となる「サステナブルな社会への貢献を目指すシリーズ」の4つのアイテムを詳しく紹介します!

(1)杉の祝儀袋|全1種類 ¥770

東京都檜原村の杉の間伐材を使用した祝儀袋。
天然木の爽やかな香りと、優しい手触りが特徴的。

木材特有の温かみのある見た目にほっこり。
祝儀袋を受け取る側も「こんなの見たことない!」と喜んでくれる姿が想像できますね♡
今までなかったような斬新なアイデアで、祝儀袋の特別感をUPさせてくれるデザイン。
特別な日に、大切な人へ贈る祝儀袋として、まさにぴったりですね。

渡す側も楽しめるのも嬉しいポイントです!

(2)メモ帳|全5種類 各¥330

東京都檜原村の檜、杉の間伐材、桜、くるみ、楢の国産木材を表紙に使用した全5種類のメモ帳。
表紙は、スライスした木で厚紙を挟んで強度を保った、3枚構造の合紙となっているみたい。

それぞれ木目の表情が異なるので、同じ商品でも違った表情を楽しむことができるメモ帳です♡
選んで楽しい、使って楽しい。そんな消費者の「ちょっといい」を加速させてくれるアイテムですね。

¥330で50枚ぎっしり入っているので長く使えるのも魅力的。

ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。

(※画像は左上から檜、桜、くるみ、左下から杉、楢)

(3)ヒノキの菜箸・ヒノキの炒めしゃもじ・ヒノキのしゃもじ|各1種類 各¥330

東京都檜原村の檜の間伐材を使用した菜箸としゃもじ。
爽やかな香りのキッチン用具で、お料理がもっと楽しくなるアイテムに♡

シンプルなデザインで使いやすく、使うたびに木材の爽やかな香りに癒やされそう。
「お料理をする時間も、おしゃれに楽しみたい!」
そんな人にぴったりです。

3種類全部揃えて、統一感のあるキッチンにするのもいいかも♡

(4)綴じノート|全2種類 A5/B5 ¥220:A6/B6 ¥330

表紙に古紙配合率40%以上の環境に配慮した紙などを使用した綴じ(とじ)ノート。
目にやさしいナチュラルな雰囲気と、深みのあるシックな色合いの国産紙を使用し、見ているだけでほっこりするようなノートに。
適度に厚みがあるので、丈夫で書きやすく、裏移りがしにくい点が特徴のようです。

表紙のプリントもおしゃれで、普段の生活を豊かにしてくれるアイテムであることまちがいなし。
仕事用のノートとしてはもちろん、学生さんは勉強用のノートにしてもいいですね♪

ほっこりした見た目に癒やされながら、サステナブルな社会を目指そう♡

木材の温かく、やわらかみのあるデザインに癒やされながら、地球のことも、自分のことも考えられる。
Standard Products by DAISOの商品を通して暮らしを豊かにするのはもちろんですが、「SDGsに向けて何かしたいけどわからない」という人にとっても簡単な一歩を踏み出せそうですね。

暮らしを豊かにしながら、サステナブルな社会を目指していきましょう!
ぜひ一度店舗に足を運んでみてくださいね。

こちらの記事もチェック!

spacer

RELATED