いろんなポイントカード
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

“ポイ活”って何をすること?ポイントを貯めるコツや注意点をレクチャー◎

『ポイ活』という言葉をSNSやインターネット上で見かけた経験はありませんか?ポイ活は『セール』や『おトク』などの言葉が好きな人に、ぜひ知ってほしい取り組みです。ポイ活初心者に向けてポイ活とは何か、コツや注意点も踏まえて解説します。

更新 2022.02.16 公開日 2022.01.25
目次 もっと見る

ポイ活の意味とは?

お買い物をするときにポイントカードやクレジットカードを利用しているけれど、「あれ、意外とポイントが貯まってないな…」と思った経験がある人はきっと少なくないはず。
もっとたくさんポイントを貯めたいなら、今話題の“ポイ活”を始めてみませんか?

ポイ活のコツや注意点をチェックする前に、まずはポイ活の基礎知識を確認しておきましょう!

「ポイントを貯める活動」の略称

ポイ活とは「ポイントをたくさん貯めよう!」という意志を持って、ポイントを貯める活動を指す言葉です。

世の中にあるサービスには、ポイントが付いているものが多くあります。そのため買い物をしたりキャンペーンに参加したりしていると、自然にポイントも貯まっていくはず。

でも、無意識のうちにだんだんとポイントが貯まっていく状況は『ポイ活を実践している』とはいえません。より多くのポイントが貯まるように工夫し、行動を決めていくのがポイ活だからです。

買い物でポイントがより多く貯まるよう、お金の払い方や使う店舗の選び方を工夫したり、ポイントサイトやアプリを使ってポイントが貯まるアクションを積極的に実践したりするのが、ポイ活に当たります◎

ポイントの種類と貯め方をチェック!

ポイ活にはいろいろなアプローチがあります。中には生活に根ざしたポイントもあるため、積極的にポイ活をしていなくても、気づかぬうちに貯まっていくポイントもあるはず。

ポイ活初心者は、このようにポイ活を実践する前から貯まっていたポイントに注目すると、効果的にポイ活ができますよ♪

楽天やPontaなど「共通ポイント」

いろいろな店舗で貯めたり使ったりできるのが『共通ポイント』です。代表的な共通ポイントには『楽天ポイント』『Pontaポイント』『Tポイント』『dポイント』などがあります。

共通ポイントの加盟店は、コンビニ・ドラッグストア・ガソリンスタンドなど、街中のありとあらゆる場所にあふれています。最近では実店舗だけでなく、共通ポイントが貯まるネットショップも多いので、よりいっそうポイントを貯めやすくなっていますよ。

共通ポイントを貯めるには、クレジットカード・電子マネー・ポイントカードなどを利用するのが一般的です。

特定の店舗で貯める「自社ポイント」

スーパー・ドラッグストア・家電量販店などが独自で発行しているのが『自社ポイント』です。例えばヨドバシカメラならヨドバシグループ各店で貯まる『ゴールドポイント』、ビックカメラならビックカメラグループ各店で貯まる『ビックポイント』などが自社ポイントの典型例といえます。

自社ポイントは、同じお店を多く利用する人ならそのお店のポイントを効率的に貯めやすいところが◎。一方で複数のお店を利用する人は、ポイントがお店ごとに分散してしまうので、まとまったポイントが貯まりにくい、というデメリットもあります。

「クレジットカード払い」でポイント還元

クレジットカードユーザーなら、クレジットカード会社のポイントを集めれば、手軽にポイ活ができますよね。クレジットカード会社のポイントは、クレジットカードを使うだけで貯まるので、いつもの買い物ルーティーンを少し変えるだけでポイ活が実践できます。

クレジットカードを使ったポイ活でおすすめなのが、光熱費や通信費などの固定費の引き落としにクレジットカードを使うことです。固定費は額が大きいため、手っ取り早くポイントが貯まるはず!

ポイントの還元率は、クレジットカード会社によって異なります。還元率が高いクレジットカードを作れば、さくさくポイントが貯められますよ。

案件をこなして貯める「ポイントサイト」

BASE

ポイントサイトとは、『特定のアクションを取る=案件をこなす』ことでポイントが貯まるサービスです。例えば、ポイントサイトには以下のような案件が掲載されています。

・サイトへの会員登録
・商品の購入
・アンケートへの回答
・資料請求
・クレジットカードの申し込み
・銀行口座の開設

会員登録やアンケート回答など、無料でできるアクションを選べば、元手ゼロでポイントが獲得できます。クレカの申し込みや銀行口座の開設には高額案件が多くありますが、むやみに作ると管理が大変になるため、本当に利用するサービスだけを選ぶのがポイント◎

ポイントサイトでポイントがゲットできるのは、案件が一種の広告だからです。広告を掲載したい企業がポイントサイト側に支払う広告料の一部が、広告から特定のアクションをしたユーザーに還元されているんですよ。

ポイ活を効率よく進めるには?

せっかくポイ活をするなら、なるべく手軽にたくさんのポイントを集めたいですよね?ポイントがさくさく貯まっていけば、ポイ活もさらに楽しくなるはず!
こちらでは、ポイ活を効率的に進めるために知っておきたいポイントをご紹介します。

サービスを絞ることが大切

ポイ活のコツは、利用するサービスをできるだけ少なくすること。サービスを絞るとポイントの分散を防げるので、まとまったポイントが手に入ります◎

複数のサービスやクレジットカードを利用すると、ちょこちょことポイントは貯まっていきますが、まとまったポイントをゲットするのは難しくなります。ポイントが分散すると、ポイ活の成果を数字で感じにくくなるため、モチベーションを保ちづらくなってしまうことも…。

効率的にポイ活を進めるには、還元率やキャンペーンに惑わされず、自分が使いやすいサービスに絞るのがポイントです。選んだサービスを積極的に利用すれば、さくさくポイントが貯まり、ポイ活が楽しくなりますよ♪

貯めるコツは「二重取り」にあり!

『二重取り』とは、1回の買い物で2度ポイントを貯める、ポイ活テクニックです。例えばTポイントが貯まるコンビニでクレジットカード決済すれば、Tポイントと合わせて、クレジットカード会社のポイントが貯まります。

ポイント二重取りのコツは、決済にクレジットカード・電子マネー・QRコード決済などを使うことです。お店の共通ポイントや自社ポイントに加えて、クレジットカードや電子決済に付与されるポイントももらえることがあるからです。

二重取りに慣れてきたら、ポイントの『三重取り』や『四重取り』を目指すのも◎。いつもの買い物で、自分の覚えていられる範囲内でポイントが溜まっていくのがわかるはず。

ポイントを無駄にしない活用方法を考えよう

ポイ活成功の鍵は、ポイントを『貯める』ことと同時に、ポイントを『使う』ことも積極的に考えることです。ポイントを上手に活用できなければ、せっかく貯めたポイントも『宝の持ち腐れ』に…。

ポイントの使い道が『商品との交換』になっているサービスの場合、交換できる商品に自分の欲しいアイテムがあるか、チェックしておくと◎。欲しいアイテムがはっきりと決まっていれば、ポイ活のモチベーションもぐっと上がるはず。

このほかにも、ポイントを現金・電子マネー・マイルに交換するシステムを採用しているサービスもあります。自分の使いやすい交換先があるか、チェックしておくと安心です。

ポイ活で人気の共通ポイント3選

幅広い店舗で使える、人気の共通ポイント3種を紹介します。ポイ活初心者さんは、この3種類のポイントの中から自分に合うものを選択すると、ポイ活をスムーズに始められるはず。

ローソンやauとの相性抜群「Ponta」

『ポン活』で話題の『Pontaポイント』が気になっている人も多いのでは?ポン活とはローソンでの買い物でPontaポイントを貯めたり使ったりするほか、割安でPontaポイントと商品を交換できる『お試し引き換え券』を活用することを指します。

Pontaポイントはほかにも、ケンタッキーフライドチキンやリクルート系のサービス、auのサービスでも貯まります。auユーザーならスマホの利用だけでなく、日常のサービスもauにまとめることでPontaポイントがどんどん貯められますよ。

Pontaポイントが貯まる、代表的なauのサービスは以下の通りです。使えるサービスがないか、検討してみてくださいね。

・スマホの利用料金
・インターネットの通信料
・auでんきの利用料
・au PAYの利用
・au PAY カードの利用

ウエル活が話題の「Tポイント」

TSUTAYAをはじめ、ファミリーマート・マルエツ・ガストなどの店舗で使用できるのが『Tポイント』です。ネットショッピングでは、Yahoo!ショッピングなどでも貯められます。

ポイ活中の人にとってTポイントは『ウエル活』ができるポイントとして知られています。ウエル活とは、ドラッグストアのウエルシアが開催する『お客様感謝デー』を活用したポイ活テクニックです。

毎月20日に開催されるお客様感謝デーでは、Tポイントを200ポイント以上利用すると、ポイント相当額の1.5倍の買い物ができます。つまり200ポイントで300円分の買い物ができるんです。ウエルシアをよく利用するなら、ウエル活でお得に買い物を楽しみましょう♪

楽天で買い物するなら「楽天ポイント」

楽天系のサービスを頻繁に利用するなら『楽天ポイント』でのポイ活がおすすめです。楽天ポイントは楽天グループをはじめ、マクドナルド・プロント・ファミリーマート・東急ハンズ・ツルハドラッグなどの店舗で使えます。

その特徴は、楽天のサービスを使えば使うほど、楽天市場でのポイント還元率が高くなることです。この仕組みは『SPU(スーパーポイントアッププログラム)』と呼ばれ、楽天モバイルや楽天証券など、対象となるサービスで一定の条件をクリアすれば、楽天市場でのお買い物ポイントが最大15倍まで跳ね上がりますよ。

ポイ活をする上での注意点!

ポイ活は、やり方を間違えると上手にポイントが活用できなかったり、思いもよらないデメリットが発生したりします。
ポイ活に挑戦したい人は、ぜひ注意点も押さえておきましょう!

ポイントの有効期限に気をつけよう

ポイ活を実践するときは、ポイントの有効期限に気を配ると安心です。有効期限に注意していないと、知らないうちにポイントが失効してしまうケースがあるからです。

中には『最低交換ポイント数』が設定されているものもあります。有効期限が迫っていても、最低交換ポイント数に達していないポイントは、現金や商品と交換できません。

ポイ活初心者さんは、最低交換ポイント数が低めに設定されているポイントを選ぶと◎。最低交換ポイント数をクリアできず、ポイントが失効してしまうケースを避けられます。

サイト登録は運営元の信頼性を確認

ポイントサイトを利用する際には、運営元の信頼性を確認してから登録するのがおすすめです。信頼性の低い企業が運営するポイントサイトは、個人情報が漏れたり、貯めたポイントが換金できなかったりするトラブルに遭う危険性があるからです。

運営元をチェックするときは、サイトの運営実績や会員数を確認してみてください。運営年数が長く、会員数が多いサイトであれば、安心して利用できるはず!上場企業やそのグループ会社、日本インターネットポイント協議会の参加企業なども信頼性が高いといえます。

案件選びや友達紹介は慎重に

ポイントサイトで案件を選ぶときは、案件の内容をよく吟味してから実行してくださいね。

例えばクレジットカードを作成する案件で、複数のカードを短期間で作るのは控えるのが懸命です。短期間でたくさんのカードを作ろうとすると「クレジットカードを限度額ギリギリまで使いこんでいるのでは?」などとあらぬ疑いをかけられ、将来カードが作れなくなる可能性も。

また、友達紹介にも注意が必要です。友達紹介はポイントサービスに友達を紹介するとボーナスがもらえたり、友達が獲得したポイントの数%を還元されたりする制度です。

ポイ活に興味のない人からすれば、ポイントサービスの紹介は『面倒な勧誘』に過ぎません。友達に紹介するときは、ポイ活に心から今、興味があるという人にだけおすすめしましょう。

楽しみながらポイ活しよう♪

ポイ活は、日常生活に必要な買い物やサイト利用などのアクションを通じ、ポイントを積極的に貯める活動です。

ポイ活の経験がない人からすると「ちょっと面倒そう」「難しそう」と捉えられがちなポイ活ですが、実はいつもの行動をちょっと工夫するだけで実践できちゃうんです。コツをつかめば、意識しなくてもポイントが貯められるようになるはず◎。

ポイントが着々と貯まっていく様子を見れば、ポイ活がどんどん楽しくなりますよ。この記事をきっかけに、ポイ活を始めてみませんか?

spacer

RELATED