まつだあや
お気に入り

【ついに最終回!】結末はどうなる?吉高由里子さん主演ドラマ『最愛』振り返り!【ネタバレあり】

TBSで放送中のドラマ『最愛』にハマる人が続出中♡ サスペンスラブストーリーとなる今作、登場人物にはそれぞれ「最愛」の人物がいて、この背景がサスペンスとしてもラブストーリーとしても見どころだらけにしています。これまでのあらすじや視聴者から寄せられた反響を紹介するので、最終回前にぜひチェックしてみて!

更新 2021.12.14 公開日 2021.12.16
目次 もっと見る

サスペンスラブストーリー『最愛』がいよいよ最終回!

金曜夜10:00〜放送中のTBSドラマ『最愛』、チェックしていますか? 現在と過去の事件にどんな関係性があるのかを探っていくサスペンスラブストーリーだから、毎週ドキドキハラハラさせられちゃいますよね。

ラブストーリーとしても見どころが多く、胸キュンシーンも満載♡ 毎週金曜の夜はテレビ前に待機しちゃうMERY読者もきっとた〜くさんいるはず!

ついに完結を迎えるドラマ『最愛』。最終回前に今までのあらすじや気になるポイントを一緒におさらいしておきましょう!

気になるあらすじは?

15年前に起きた渡辺康介(朝井大智さん)失踪事件。そして、現代で起こった渡辺昭(酒向芳さん)殺害事件。父と息子に起きたふたつの事件の繋がりを巡って、さまざまな人間関係と背後にある謎が浮かび上がっていく本作。

明らかになったこともあれば、まだ謎に包まれている部分もあり……最終回、一体どうなっちゃうの!?

4話までのあらすじは、こちらからチェック!

7話までのあらすじは、こちらからチェック!

真田ウェルネスの不正を暴こうと、周辺を嗅ぎ回っていたフリーライター・橘しおり(田中みな実さん)の転落遺体が発見されます。

しおりを“害虫”呼ばわりし、寄付金を裏金として使っていた後藤(及川光博さん)の行方を追う梨央(吉高由里子さん)と加瀬(井浦新さん)。見つかった後藤は「融資が間に合わず、借用しただけだ」と明かします。

「あの場所(会社)が私のすべてだ、他には何もないんだ」とあくまで会社を想うがために行ったと主張する後藤。

梨央の弟・優(高橋文哉さん)のバイト先を訪れた大輝(松下洸平さん)は、優が持っているペンを見て、それが渡辺昭殺害事件の現場に落ちていた物と酷似していることに気がつきます。

ペンは、梨央の母・梓(薬師丸ひろ子さん)が特別に作らせたものでした。しかも、持っているのは梓、梨央、梨央の兄・政信(奥野瑛太さん)、後藤、加瀬の5人だけ。

警察からの事情聴取で、政信はペンをもらった記憶がなく、しおりの事件当日は大阪にいたことが判明。一方、梓は自身のペンを見つけられず、しおりの事件当日は家にいて、アリバイがないことがわかります。

しおりが死ぬ間際に書いた真田ウェルネスの寄附金詐欺記事が出て、世間から注目される梨央。殺人事件の重要参考人になっていることも取り上げられ、バッシングされることになります。

そんな中、梓から「ふたつの約束を守ってほしい」と電話が。その後、後藤が慌てた様子で梨央の部屋に入ってきてテレビをつけると、梓が謝罪会見をする様子がうつっていました。梓は不正を認め、「責任はすべて自分にある。娘には何も知らせていなかった、娘に対する誹謗中傷をやめていただきたい」と頭を下げます。

狼狽して「すべて私がやったことだ」と警察に向かおうとする後藤に「母が守ろうとしたものを一緒に守っていきませんか?」と引き止める梨央。しかし、後藤の腕を掴んだそのとき、後藤がバランスを崩し階段から転落してしまいます。

一方、大輝は藤井(岡山天音さん)を呼び出していました。

以前、藤井が梓に会っていたところを見た大輝は、なぜ会っていたのか尋ねますが、逆に「15年前、台風の夜、本当は事件の現場におりましたよね?」と聞き返され……。

「君に夢中タイム」に引き込まれる人が続出!

宇多田ヒカルさんが歌う主題歌『君に夢中』が流れるシーン、通称「君に夢中タイム」。「曲を聴くだけで涙がでちゃう」と話題の主題歌は、7話までは梨央と大輝のシーンで流れ、視聴者の胸キュン&涙を誘っていましたが、8話9話では別のシーンで流れ、SNSも大いに盛り上がっていました♪

加瀬さんの「君に夢中タイム」

8話では梨央と加瀬のシーンが「君に夢中タイム」に。会社の裏金疑惑もあり「もう疲れた」とこぼす梨央を励ます加瀬に「なんでいつも私の味方してくれるの? 私のことどう思ってるの?」と投げかける梨央。加瀬が「家族だと思ってる」と答えると、主題歌がスタート。

視聴者も「家族愛が尊すぎて、涙」「愛があふれていて切ない」と大絶賛。梨央の問いに「好き」とは答えない、単純な恋愛感情ではなさそうなところが加瀬さんらしかったですよね。


主題歌は流れなかったものの8話では、梨央と大輝が将来の約束をするシーンも話題になりました。「ふたりの幸せな将来を願いたい」「あのシーンは最高だった」と視聴者も大絶賛。幸せに笑うふたりだけを見ていたいと思った人が多かったようです。

梓の大きすぎる愛に涙が止まらなくなる人も!

9話では、梓が記者会見するシーンで流れた『君に夢中』。梨央だけでなく、真田家や会社、すべてを守るために行ったこととあって、「梓さんの視線の先に政信がいて、梓さんの気持ちが伝わった」「会社も家族も守るその覚悟が、最愛としか言えなくて震える」など、その深すぎる愛に思わず涙するしかないシーンとなりました。

また、8、9話を通してわかった後藤の会社と梓への並々ならぬ愛と忠義心に「不器用すぎて、かわいそうになってくる」など、後藤への見方を変える人がたくさん。頭から血を流して搬送された後藤の安否も気になるところです。

各登場人物の最愛が浮き彫りになってきたことから、「それぞれが最愛を守るために、背負いすぎてる」「それぞれの最愛への想いが報われる最終回になってほしい」と願う意見も見られました。

事件の真相が気になりすぎる!

次の放送で最終回となる『最愛』。まだまだ謎が回収されていないため、「本当にあと一話で終わるの?」と感じている人も多いよう。ここからは、現代と過去の事件についておさらいしていきましょう!

過去の事件の真相は?

梨央の父・達雄(光石研さん)が康介の死体を遺棄したとされていますが、共犯者がいた可能性についてみなさん考えているよう。

9話の藤井が大輝に放った言葉を思い返し「まさか大ちゃんがやったの?」「(康介の死体遺棄の際に)寮の鍵を閉めていたのが左利きの人だったから、大ちゃんの可能性もある」と感じる人や「大ちゃんの性格を考えると、犯罪を犯していながら刑事になるとは考えられない」という意見も見られました。

康介の遺体発見現場に大輝が梨央に渡したお守りに似たものが落ちていたことも考慮し「藤井はお守りの字が大輝の筆跡だったから、疑っているのでは?」という考察も。

「藤井と梓は、死体遺棄の共犯者だから接点があったのでは?」なんて意見も出ています!

現代の事件の真相は?

そして、渡辺昭殺害事件と橘しおりの事件もまだ解決していません。

渡辺昭殺害事件の現場にあったウェルネスホームのボールペンは誰のものなのか、視聴者誰もが気になっている様子。「(梓の分は)誰かにボールペンを奪われたのでは?」「誰かに渡した?」なんて意見も寄せられていました。

またしおりに関しては「自殺の可能性もある」と考えている人もいるよう。

新薬の治験開始前に優が、前日の記憶が飛んでしまったと梨央に打ち明けるシーンもあり、まだ回収されていない伏線がたくさんあります。

みなさんは過去の事件と現代の事件の真相をどう予想していますか?

「どうにかハッピーエンドで終わってほしい」と願わずにはいられないドラマ『最愛』の最終話、気になる第10話の予告動画をチェックしてみましょう!

気になる次回の予告動画をチェック!

テロップに流れる「最愛が狂わせた運命の結末」という言葉にどうしても最悪の結末を考えてしまう人もいるよう。

そして最後に流れる大輝と加瀬さんのナレーション。果たしてふたりは事件に関わっているのでしょうか?

次回の放送は、12月17日(金)夜10:00スタートです。最後まで見届けましょう!!

©TBS

こちらの記事もチェック!

spacer

RELATED