ピンポンマムで作るサンタ
レインボーローズayumi
お気に入り

【クリパにおすすめ】今からでも作れちゃう♡フラワーアーティストが教えるカンタン&可愛いディスプレイ

気づけば、あと1週間ほどでクリスマス。「ケーキやチキンなどの準備はOKだけど、お部屋のディスプレイはどうしよう…」なんて悩んでいる人に朗報です!2人のフラワーアーティストが、今からでも間に合う可愛い「クリスマス ディスプレイ」の作り方を伝授します♡

更新 2021.12.15 公開日 2021.12.16
目次 もっと見る

トップフラワーアーティストが提案する「クリスマスディスプレイ」を拝見♡

愛知花マルシェポスター

お花屋さんで花束になる切り花や、おうちに飾ったりする鉢植えのお花。私たちの生活を潤してくれるお花を日本でいちばん生産している都道府県って、どこか知っていますか?

切り花、鉢もの、花壇用、いずれも生産量No.1(※)に輝くのは、なんと愛知県!九州や沖縄、埼玉・千葉・静岡などでも生産が盛んですが、本州の中央部にある愛知は「花の王国」と呼ばれているほどの一大生産地なんだって。

そんな、日本一の生産を誇る“愛知の花”の魅力を発信する大規模イベント「あいち花マルシェ」が11月に開催。お花が大好きなMERY編集部スタッフが潜入してきました!

デモンストレーションの様子

ステージでは、フラワーデザイン日本一を決める大会「JAPAN CAP」の2022年本選出場が決定している、トップフラワーアーティストによるデモンストレーションも行われました。

その中には、これまでMERYで可愛いアレンジを教えてくれたフラワーアーティストの姿も!

見事な連携で作り上げる美しいフラワーディスプレイと、洗練されたブーケを次々完成させる姿に、会場にいた人はみんなうっとり♡

そんな素敵なパフォーマンスを見せてくれた、フラワーアーティストの斉藤仰さんと村瀬将之さんに、今回は”とにかく可愛いクリスマス ディスプレイを”3種類、教えてもらいました。

1:ミニサイズにキュン♡「手乗りツリー」

手乗りツリー

「こんな小さいツリーなんて可愛すぎる~♡」
と思わず言ってしまいそうな、キュートな手乗りツリーを教えてくれるのは、フラワーアーティストの斉藤仰さん。

「(完成するサイズが)小さければ小さいほど、難しいかもしれません! 最初は少し大きめからチャレンジしてみるのもアリですよ」(斉藤さん)

どんなサイズ感にするか決めたら、さっそく作ってみましょう♪

手乗りツリー材料

<材料>
・ミニポット
・アルミホイル
・ココヤシファイバー
・小さめの木の実(いろいろな種類)

※いずれもホームセンター等で売っています

手乗りツリー作り方1

<作り方>
① ミニポットとアルミホイルで作った土台をくっつけます。

(ポイント)
土台のてっぺんを尖らせず、ちょっと平らにすること!

手乗りツリー作り方2

② ココヤシファイバーを、アルミホイルの土台にグルーガンで巻きつけるように貼り付ける。

(ポイント)
・木の実の隙間からアルミホイルが見えないようにするため、まんべんなくココヤシファイバーを貼り付ける。

・ミニポットのフチあたりは特にアルミホイルが見えやすいので、しっかりココヤシファイバーで埋める。

・バサバサ飛び出しているココヤシファイバーはハサミでカット。

手乗りツリー作り方3

③ 木の実をグルーガンで貼りつけたら完成♪

(ポイント)
・なるべく隙間が空かないように、木の実の向きを変えたり、パズルを作るように楽しみながら貼る!

・どうしても隙間ができてしまったら、リボンやヒモでごまかすのもあり(笑)。

手乗りツリー作り方4

1個でも2個でも作る手間や時間はそんなに変わらないので、まとめて作っちゃうのもアリ!

いくつか並べてディスプレイするのもおすすめです♪

Photo:Aogu Saito

教えてくれたのは…斉藤仰さん

フラワーアーティスト/静岡県静岡市「斉藤生花店」勤務

フラワーパフォーマンスユニット「gram.」としても活動。

2:見るとほっこり「フラワーサンタ」

フラワーサンタ

ほっこりした表情に、見ているだけでなんだか幸せな気分になる「フラワーサンタ」を教えてくれるのは、フラワーアーティストの村瀬将之さん。

「ピンポン玉のように丸く可愛らしい菊“ピンポンマム”を使ったサンタさん。顔のパーツや小物はピンで留めるか、接着剤で貼っているだけなのでとっても簡単です!」(村瀬さん)

まずはお花以外の小物を揃えるところからスタートです!

フラワーサンタ材料

<材料>
・ピンポンマム (作りたいサンタの数だけ、本数を用意)
・サンタの帽子(既成品でも、フェルトで作ってもなんでもOK)
・サンタの目、口(手芸用のプラスチックのものや、フェルトを切ったものでもOK)
・サンタのひげとなるコットン
・サンタのマフラー(フェルトを切ったもの)
・小さな花瓶(空き瓶などでもOK)
・パーツをとめるピンや接着剤

フラワーサンタ作り方1

<作り方>
① ピンポンマムの葉っぱを取る。

② サンタの帽子を被せて、ピンでとめるか接着剤でつける。

フラワーサンタ作り方2

③ サンタの顔を作る。目になる部分を花につけ(ピンor接着剤)、ひげや口もつける。

(ポイント)
花びらの隙間にピンをさしたり、花自体に接着剤をつけたりするので、優しく行う。

フラワーサンタ作り方3

④ マフラーを接着剤でつける。

フラワーサンタ作り方4

⑤ 花瓶にさして完成♪

目や口の位置やひげの量など、ちょっとした違いで表情が変わってくるので、愛らしいお顔のサンタさんを作ってみてくださいね。

Photo:Masayuki Murase

3:シンプルでおしゃれ「松ぼっくりオーナメント」

松ぼっくりオーナメント

そしてもうひとつ、フラワーアーティストの村瀬将之さんが教えてくれたのは、リースでもスワッグでもないお洒落な「松ぼっくりのオーナメント」。

「縦に長いオーナメントは、シンプルだけど吊るすだけでインテリアのアクセントになります。糸やワイヤーで繋げていくだけなので、あっという間に完成しますよ」(村瀬さん)

インテリアに合わせて、何色のオーナメントにするか決めるといいかもしれません。

松ぼっくりオーナメント材料

<材料>
・松ぼっくり
・ドライリーフ
・ドライの小枝
・糸、ワイヤー

※松ぼっくり・リーフ・小枝などはカラーがおすすめ! ここでは染色済みのものを使っています。(園芸店やネットでも簡単に購入可能)

松ぼっくりオーナメント作り方1

<作り方>
① 松ぼっくりや小枝などは、ワイヤーで何個かまとめて束にする。

松ぼっくりオーナメント作り方2

② 葉っぱに糸を通す小さな穴をあける。

松ぼっくりオーナメント作り方3

③ バランスを見ながら、葉っぱ・松ぼっくり・小枝に糸を通したりひっかけたりしていく。

松ぼっくりオーナメント作り方4

④ ある程度の長さになったら完成♪

クリスマスが過ぎても飾っておけるので、長い期間楽しめるオーナメントです!

Photo:Masayuki Murase

教えてくれたのは…村瀬 将之さん

フラワーアーティスト/静岡県富士市「花のむらせ」専務取締役

フラワーパフォーマンスユニット「gram.」としても活動。

ハンドメイドで思い出に残るおうちクリスマスを♡

おうち時間が多かった2021年も残り2週間ほど。

手作りのディスプレイはクリスマス当日だけではなく、作っている時間からワクワクと心躍り、長く楽しめるはずです。

今年を締めくくるにふさわしいハンドメイドのディスプレイで、ぜひ思い出に残るクリスマスを♡

今回教えてくれた2人が所属するフラワーパフォーマンスユニット「gram.」とは?

花の魅力を伝えることを目的に静岡県内の「フローリスト・映像クリエイター・音楽クリエイター」を集めたユニット「gram.」。

花・映像・音楽の融合によるライブパフォーマンスで、各地で開催される花のイベントに出演。

2015年「Flower Art Award2015 in Midtown」で優勝し日本代表として「アートフローラル国際コンクール in FRANCE」に出場。世界4位に入賞する。

2019年「Flower Art Award2019」チャンピオンズカップに優勝し、2022年はコロナ禍で延期となっていた「アートフローラル国際コンクール in FRANCE」に出場予定。

こちらの記事もチェック!

spacer

RELATED