内田篤人さん 1 
No Image宮平なつき
お気に入り

人間関係や恋愛のモヤモヤ、どうしたら?元サッカー日本代表・内田篤人さんがMERY読者の悩みに回答!

『ウチダメンタル 心の幹を太くする術』という著書を出した、元サッカー日本代表の内田篤人さん。世界を股にかけた選手生活の中でメンタルが鍛えられた内田さんに、MERY読者のメンタルのお悩みをぶつけてみました。いつもひょうひょうとしているウッチーならではのお悩み回答にスカッとできるかも!

更新 2021.10.26 公開日 2021.10.27
目次 もっと見る

ウッチーがぜんぶ解決!?MERY読者のお悩み5選

内田篤人 6

元サッカー日本代表の内田篤人さんと言えば、端正なルックスとひょうひょうとしたキャラクター、ブレない発言で、選手を引退した今もスポーツキャスターやタレントとして活躍するなど引っ張りだこ。

そんな内田さんが、8月に『ウチダメンタル 心の幹を太くする術』という著書を出版。著書にあるように、“心の幹を太くして、ブレないように保つ”ことを大事にしている内田さんに、MERYのInstgramのストーリーで募集した読者のお悩み5つに答えてもらいました!

メンタルバランスを崩している人、心にモヤモヤを持っている人、ぜひ解消するヒントにしてみてください♡

お悩み1:緊張やプレッシャーとの向き合い方、復活方法を教えてください。

内田篤人 7

「緊張は、実力はもちろん、底力を引き出してくれると思っているので、ある程度、緊張していたほうがいいかなって思います。
 
サッカーでいうと、練習ではもちろん100%の力でやるけど、試合でお客さんが入ってやるプレーは、自分から出てくるものが練習とは違うんです。
 
緊張して動けないとよく聞くけど、それは実力がないだけだと思うな。人目が怖いとかもあるかもしれない。もしくは本番に望むまでの準備がちゃんとできていないから、自信がなくて動けなくなっているのかも。
 
プレッシャーは、そこに選ばれている立場だからこそ感じられること。サッカー日本代表だろうが、事務の仕事だろうが、何かの発表だろうが、自分にしかできないことでその立場にいるんだから、しっかり準備をして自信を持って取り組めばいいと思います」(内田さん)

お悩み2:他人の目を気にしすぎて、新しいことや難しいことにチャレンジできないのをどうにかしたいです。

内田篤人 9

「どうにかしたらいいじゃん(笑)! いや、やらなくてもやってもいいんだよ、自分の人生だから。

僕も、よく後輩の選手から、『海外のチームに行きたい』って相談されるんだけど、『自分のサッカー人生なんだから、自分が決めろ』と言いますね。だから、相談者さんもやりたいようにやればいい。

僕も高校卒業後の所属チームや海外チームに移籍するときに、いろんな人に相談はしましたけど、最後に決めたのは自分。決めたら、後悔しないように追い込むって感じでしたね。

何かにチャレンジしたいなら、いろんな人の話を聞いて心の準備をして、あとは自分の心のままに動けばいい。

誰かに決めてもらったり、誰かの意見が決断に強く影響すると、その人の責任みたいに自分の中でなすりつけちゃうし、後悔も大きいと思う。だから全部自分で決めて、何かあったら全部自分が悪いって腹をくくるほうがいい。

アスリートは特にそうですけど、結果は全部自分に返ってくるから、ごまかしもきかない。結果がどうなろうと、自分が決めたことならしょうがないかなって思えるし、後悔はないはず」(内田さん)

お悩み3:怒られると萎縮して自分を発揮できません。気にしすぎないようにする方法を知りたいです。

内田篤人 8

「僕も試合で失敗した日の夜は眠れなかった。”今日の自分のプレーよくなかったな〜。失点にからんだな〜。次の試合は出られないかな〜。ほかの選手に替えられちゃうかな〜”ってたくさん落ち込んだことがあったよ。だけど、もう過ぎたことだし、しょうがないよね。

怒られたり、失敗したときは、今は何をやってもダメだなって諦めて、ひとりのときにとことんへこむ時間をつくることが大事。その時間を作って、それが終わったら、切り替えるしかない。時間が解決してくれる。自分ができることはやりつつ、時間が経つのを待つ。

僕は、へこむ時間は、一心不乱にゲームをして、失敗が気にならなくなるまで待ちました。ごはんを食べる、ひたすら寝る、とかでもいいんです。自分自身の好きなことをやるといいと思う。

気持ちを切り替えるのが下手な人は、切り替える術を知らないだけ。そういう状況に追い込まれ続けてないから、知らないんだろうな。いろいろ試すことで、気持ちも強くなっていくし、切り替える術もわかってくると思いますよ」(内田さん)

お悩み4:自分のことをなかなか認められません。自己肯定感を高めるにはどうしたらいいですか。

内田篤人 10

「難しいことを考えすぎてるんじゃないかな。僕、“自己肯定感”とか考えたことない(笑)。

自分を認めること、自信をつけることでいうと……自信を持てないと思う要素、不満に思っていることをひとつずつ自分でつぶしていけばいいと思う。

僕の場合、試合がほとんど週末だったから、平日はチームが負ける要因になりそうなことを見つけて、土日に向けて練習を重ねて、できるだけつぶしていくという作業をしていました。

試合に負ける要素を練習で解消できずに試合を迎えると不安になるもの。試合が始まる前に『負ける要素はもうない!』って思えるくらいの精神状態で勝負の場に立てないと、勝てないよね。

あとは、今はSNSも発達しているし、いろんな人のことを見すぎて、他人と比べちゃって自信がなくなるってこともあるのかな。僕は他人に興味がないので比べたことがほとんどないんだけど(苦笑)。だから言うけど、比べないでも生きていけます。ちっちゃい世界で生きて全然いいと思う。

自分ができることを淡々とこなしていけば、今の自分のままでいいって思えるはず」(内田さん)

お悩み5:恋愛する上で、メンタル面で大切にしていることを教えてください!

内田篤人 11

「最後に恋愛がくるとは(笑)! 恋愛する人は、一緒にいてラクな人がいいんじゃないですか。ずっと一緒にいたいと思うなら。

心の波が上下にブレないラクでいられる相手、穏やかに過ごせる相手がいい……と思いつつ、その波の上下がいいっていうよね、恋愛って(笑)。激しい波のように心が揺さぶられる感じが楽しいんだろうね。恋愛はつき合うまでが一番楽しいって説があるくらいだからね。

でも、刺激的な楽しさは時にメンタル面においての苦痛もあるから、ラクで居心地がいいこととは違う。

僕は妻が幼なじみなんで、すごくラクなんですよ。すっぴんを見ようが、子どもの頃から顔を知ってるからとくに何も思わない(笑)。ラクをしようとして、妻を選んだわけじゃないけど、一緒にいてラクな気分でいられる相手が、長い目で見ると生活も楽しめると思います。

妻とケンカは1回もしたことないな〜。まずケンカにならない。お互いに性格を知り尽くしているから、言い合いにはならないですね。意見が違ったりしても、基本的に妻のほうが正しいので、そこに寄り添います(笑)。

20代のうちは、遊べとは言わないけど、いろんな人をちゃんと見たほうがいい。自分のことを理解してくれる人で、結局はやさしいやつが一番いいです」(内田さん)

人の意見を聞いて、考えて、自分のスタイルを作ってほしい

内田篤人 12

MERY読者のお悩み相談に真剣に答えてくれた内田さん。最後に「後悔がないように生きる」ためのメッセージをもらいました!

「ぜひ僕の本を読んでください(笑)! ただ、この本を読んでも参考にしろとは思わない。いろんな人の意見をいっぱい聞くのが大事だと思います。

僕も、サッカーにおいては、素人の意見もすごくおもしろいなって思うことがありますよ。それを取り入れるか取り入れないか、自分に影響させるのかどうかは、自分で判断する。

20代のときって、まだ経験が浅いから、いろんな人の意見を気にしますし、自分がどう思われているのかって絶対気になるじゃないですか。だから、それは知っておいたほうがいいと思うんですね。なかには変な意見もあるけど、それはそれでおもしろいなというくらいに聞いておいて。

最近、誹謗中傷とかも問題になるけど、それも知っててもいいかなって思う。だけど、それをどう処理するかが大事。自分で処理できないなら、耳に入れないほうがいいから避ける方法もあるよね。だけど、ある程度慣れてくると、そういうのも気にしなくなるから。

たくさんの人の意見を聞いて、いろいろ考えて、マネするのではなく“自分はこう”って固めて、自分のスタイルを作っていってほしいと思います」(内田さん)

悩んだときはいろいろな人の話を聞いてみて

スポーツの第一線で戦ってきたタフな内田さんだからこその説得力ある回答でしたね。Instagramのストーリーにお悩みを寄せてくれた読者のみなさま、ご協力ありがとうございました!

人それぞれ感じ方は違いますが、つまずいたとき、思い悩んだとき、他人の言葉が心の助けになる場合がありますよね。みなさんのお悩みの解消に、今回の記事がお役に立っているとうれしいです♡

話を聞いたのは……内田篤人さん

内田篤人 4

内田篤人 Atsuto Uchida

元プロサッカー選手。1988年3月27日生まれ、静岡県函南町出身。清水東高校を卒業後、プロサッカーチームの中でも強豪の鹿島アントラーズに入団。1年目開幕戦から右サイドバックのレギュラーに定着し、Jリーグ3連覇を達成。2010年にドイツ・ブンデスリーガのシャルケ04へ移籍し、チャンピオンズリーグベスト4、ドイツカップ優勝など、数々の実績を残す。また、10代からサッカー日本代表にも選出され、北京五輪、南アフリカ・ブラジルの2大会ワールドカップを経験。引退後の現在は、DAZNで冠番組『内田篤人のFOOTBALL TIME』に出演中。ほかにも、U-19サッカー日本代表のコーチを務めたり、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の水曜日のレギュラーキャスターや、ユニクロやSAPPORO、LIXILなどとCM契約を結ぶなど、多方面で活躍中。

ウチダメンタル 心の幹を太くする術(幻冬舎)

¥1,650

生きづらい現代社会だからこそ、心のメーターを常時一定に。重圧や怪我と長年向き合ってきた、内田篤人氏が実践し続ける、メンタル統制メソッドを惜しみなく掲載している一冊。また、中田英寿氏、岡田武史氏、佐藤可士和氏とのスペシャル対談も必読です!

*Staff*
Photo:Tomoko Shimabukuro


spacer

RELATED