スマホを見る女の子
伊東ししゃもアイコン伊東 ししゃも
お気に入り

MERY世代に広がる「フレキシブル消費」「タムパ」ってなんのこと?お金の使い方に大きな変化が!

メルペイが18歳〜59歳の男女800名を対象に行った「消費と支払手段に関する調査」のアンケート結果を元に、20〜30代に広がる「後払い決済サービス」の利用の広がりについてご紹介します。今、20〜30代を中心に「フレキシブル消費」が浸透してきているのだそうです。「フレキシブル消費」って何のこと? どんなお金の使い方? 聞けばきっと納得のお金の話、さっそく一緒に学んでいきましょう♪

更新 2021.10.15 公開日 2021.10.17
目次 もっと見る

「今月はいくらまで使っても大丈夫♪」ってお金の計算、してますか?

突然ですがみなさんは「フレキシブル消費」という言葉を聞いたことがありますか?

世代・トレンド評論家である牛窪恵(うしくぼ・めぐみ)さんによれば、買い物をしたり貯金をしたり、自分のお金の収支を管理する時に「今月はいくらまで使っても大丈夫」「今月はこの日に支払おう」なんて、そんなふうに「フレキシブル」に考えながらお金を使うことを「フレキシブル消費」というのだそうです。

「メルペイスマート払い」や「Paidy」、「ZOZOツケ払い」などの「後払い決済サービス」を利用するなどして、支払いをあとからコントロールする方法も、まさに「フレキシブル消費」の考え方を後押ししているそう。

支払いタイミングを選べる上、月々の収支をワンタッチで把握できるのも、後払い決済サービスの利点ですよね。

「でもそんなの当たり前でしょ?」って思ったあなたは今、まさに青春を謳歌しているMERY世代ですよね?

実はこれ、20〜30代を中心に広がっている考え方で、全世代を見ると案外そうでもないんです。

「メルペイ」などの後払い決済サービス、使ってる?

3人に1人が後払い決済サービスを使っている時代!

これは、メルペイが18歳〜59歳の男女800名を対象に行った「消費と支払手段に関する調査」のアンケート結果です。

「後払い決済サービス」を利用したことがある人は、全体の約3人に1人。

20代〜50代の幅広い世代で利用されているものの、若年層になればなるほど利用率が上がっているのがわかりますよね。

後払い決済サービスを利用している理由は?

これは、後払い決済サービスを普段利用している人に聞いた、「後払い決済サービスを利用している理由」です。

そのうち半数の54%の人が「支払うタイミングを調整できるから」と答えています。さらに「利用金額を把握しやすいから」32.0%、「支払いの見通しを立てやすいから」26.0%など、利用と支払いの管理がしやすいサービスとして認識されているようです。

では、従来の「クレジットカード支払い」と、「後払い決済サービス」はどんな違いがあるのでしょうか?

「クレジットカード支払い」と「後払い決済サービス」の違いって?

クレジットカード、持ってる?

まずこんな質問から。

後払い決済サービスを利用したことのある方に、クレジットカードの有無を聞いたところ、約7割がクレジットカードも保有している、という結果がわかりました。

では、クレジットカードを持っているのに、なぜ後払い決済サービスを利用しているのでしょうか?

クレジットカード利用の課題って?

これは20代〜30代に聞いた、クレジットカード利用の課題と、後払い決済サービスを利用する理由です。

後払い決済サービスを利用する理由は、先ほど示した全世代の理由の順位付けと、大きくは変わりませんね。

クレジットカードを利用するときに課題と感じる点は、「ついお金を使いすぎてしまう」49.5%、「利用金額を把握しにくい」24.3%など、支払いの管理に関する課題感が上位に挙げられています。

クレジットカードよりも自分の収支の管理がしやすく、支払うタイミングの調整もできる「後払い決済サービス」。

けれど実は、20〜30代を中心に後払い決済サービスが広がっている理由は、これだけではないそうです。

そこには「SNS」に大きな関係が。

SNS大活用!そんな20〜30代が後払い決済サービスを使う理由

欲しいモノやサービスと「SNS」で出会う割合って?

視点を移して、「SNS」と消費行動の関係をほんの少し見ていきましょう。

欲しいモノやサービスと「SNS」で出会うと答えた割合は、40〜50代の21.6%に対して20〜30代が49.4%と、なんと2倍以上の差があるそう。

欲しいモノやサービスを「SNS」「ECサイト」「ネット上のフリーマーケット/オークション」で探す理由としては、「いつでも探すことができるから」60.2%、「モノ・サービスの種類が豊富だから」53.0%、という回答が上位に挙がっています。

みなさんもInstagramで気になるモノに出合えたり、メルカリで欲しかったモノを見つけたり、という経験が数多くあるのではないでしょうか?

3,000円未満のモノやサービスの購入を買うまでにかかる時間は?

こちらの結果では、20代〜30代の約半数以上が「3,000円未満のモノ・サービスの購入を決断するまでの時間」が30分かからないと回答。

約4人に1人は「5分以内」を選択しています。

購入シーンにおいては、67.2%の人が「自分が欲しいと感じる時に購入する」と回答。購入に使ってよいと思える金額が貯まるまで待つ、という人を大きく上回っています。

その理由として「いち早く利用したいから」が42.8%、「時間が経つと欲しいものが購入できなくなるかもしれないから」が40.5%となっています。

今は「タイムパフォーマンス」志向が強い時代に…

このスピーディーな決断の背景には、若い人たちに「タムパ(タイムパフォーマンス/時間対効果)」志向があるのだとか。

この購入までのスピード感と、「あとで払えばOK」な「後払い決済サービス」の相性がよいことから、利用が加速しているとも考えられますね。

実際、いろんなところで使える後払い決済サービスは、「今すぐ欲しい!」そんな時にとっても便利なのかも。

みんなちゃんとどこまで支出していいか決めてる?

後払い決済サービスの利用額が半年で増えているみたい

こちらのグラフからは、後払い決済サービスの平均月間利用金額は、2021年3月に比べて、2021年9月の金額のほうが増えていることがわかります。

メルペイなどが使えるお店もどんどん増えていて便利ですよね。

自分で決めた利用額を超えてしまいそうなとき、どうする?

では、購入したいモノの金額が、その月に使ってもよいと思える金額を超えていた場合、みんなどうしているのでしょう?

後払い決済サービスの利用者に聞いたところ、約4割が「購入したいし実際に購入していることが多い」と答えています。

理由としては、「収支の把握をきちんとできている自信がある」「支払いの見通しが立っている」が上位に挙げられていますよ。

ちなみに後払い決済サービスを利用している人は「収支を把握するために家計簿やノートに記録するなど工夫をしている」と答えた人の割合が高いそうです。

スマホアプリなどでお金の管理ができるので、とっても便利ですよね。

いま買いたい時に買う。でもちゃんと収支は把握している。そんな賢い消費者が増えてるのかも!

賢く後払い決済サービスを利用しちゃおう♪

フレキシブル消費やタムパ志向、なんて難しい言葉を使ったけれど、きっと私たちにとっては当たり前の考え方のひとつ。

後払い決済サービスはそんな私たちの考え方を後押ししてくれる、今徐々に浸透しつつあるお金のサービスです。

今回、とっても便利そう、なんて思った人もいるのでは?

「メルペイ、使ったことない…。」
「メルペイは使ってるけど、後払い決済サービスは使ったことがない…。」

そんな人は、今この機会に調べてみて。

その上で、自分のお金の使い方に合いそう! 自分の考え方にぴったり! なんて思えたら、ぜひ利用してみてくださいね。

賢くサービスを利用して、今の時代をもっと便利に過ごせたらいいですよね。

【調査概要】
調査対象:全国の18歳〜59歳の男女800名
調査期間:2021年9月25日〜9月26日
調査方法:インターネット調査

spacer

RELATED