EDITORSのロゴミノシマタカコ
お気に入り

絶景富士山×昭和レトロな町並みに映えるカフェ「喫茶檸檬」へ行ってみた

富士吉田市本町通りに2021年9月にオープンした「喫茶檸檬」。かつて繊維の街として賑わった街に漂うレトロな雰囲気にマッチしながらも、心ときめくカフェ空間になっているいます。喫茶檸檬、そして魅力あふれる富士吉田の街のレポートをお届けします♪

更新 2021.10.08 公開日 2021.10.10
目次 もっと見る

昭和レトロ好きの心をくすぐる富士吉田のカフェ「喫茶檸檬」レポート

富士吉田市本町通りに2021年9月にオープンした「喫茶檸檬」。

かつて繊維の街として賑わった街に漂うレトロな雰囲気にマッチしながらも、心ときめくカフェ空間になっています。

今回は実際にお店へ足を運んで、街の雰囲気とカフェのおいしいご飯を体験してきました♪

昭和レトロな機織り街。富士吉田市本町通りとは?

富士山に一番近いと言われる富士吉田市。その中でも本町通りは、富士山が映える商店街として有名です。

ただ、訪れた日は曇りで富士山が見えず……残念。本当は通りの先に富士山がどーん!と見えるのです。

1000年以上続く繊維の街として、かつては賑わいを見せていましたが、昭和50年代に衰退してしまいました。でも乱開発されなかったからこそ、昭和の空気を感じさせる素敵な景色とかつての賑わいを思わせる、レトロな町並みを残しています。

地域活性化プロジェクトから生まれた「喫茶檸檬」

そんな街に新しく誕生した「喫茶檸檬」は、本町通りを拠点に地域の伝統産業や地元の農作物を使い、地域を活性化するプロジェクトから生まれました。

プロデューサーとして招かれたのは、アートディレクターの千原徹也さん。東京と富士吉田市の2拠点生活をしながら、「喫茶檸檬」を作り上げました。

メニューには富士吉田市の名産品を使用しているほか、地酒や山梨産ワインも登場。西麻布のオーナーシェフ・谷裕二氏が監修しています。さらに山梨初出店となる猿田彦珈琲のオリジナルブレンドや、京都在住の着物デザイナー・斉藤上太郎氏監修のアイスクリームも登場するんです!

また、食べ物以外では、富士吉田の特産である機織りを使った喫茶檸檬オリジナルTシャツの販売も。

また東京からデザイナーの方が移住し、デザインのお仕事をしながらお店の番をすることに。店長はUターン組です。

千原さんもこの場所を支社にしながら活動するとのことで、ただかわいいお店を作っただけではなく、地元に根付く、地域に受け入れられる形を目指したそうです。

「普段広告作りをしているやり方と、富士吉田市の資源を活用してお店を作りました。東京や他の地域から人が訪れることができるだけでなく、地元の人にも日常使いしてもらえるお店です」と、千原さん。

人々が集まるコミュニティーの場にしたいという想いから作られた喫茶檸檬。近所の人はふらりと気軽に立ち寄れる行きつけのカフェとして利用し、遠方からは旅行客やワーケーション利用の人が集まる、そんなカフェになりそうです。

気になるメニューを実食!

さて、カフェに欠かせないものと言えば、おいしいごはん! 喫茶檸檬の看板メニューを実際に食べてレポートします♪

「檸檬拉麺」(¥900)は、麺の上を薄切りレモンがぎっしりと埋め尽くしたラーメン! 無農薬レモンだからこそできる贅沢な一杯です。

酸っぱいかと思いきや、実はさっぱりとした苦みでほかではなかなか遭遇しない味。からしで味変も楽しめます♪ 一度食べたら、やみつきになるかも!

続いて、疲れた胃にやさしい「富士おじや」(¥900)。ゆず胡椒ならぬ檸檬胡椒付きです。レモンの爽やかさを感じつつもピリ辛風味で、おじやによく合います。他の食べ物にもつけてみたくなる味です。

食後のおやつには、富士山マークがかわいい「富士吉田れもんアイス」(¥300)と猿田彦珈琲の「珈琲牛乳(瓶)」(¥550)。

壁に描かれた銭湯絵師による富士山の絵にあやかって、銭湯気分で瓶をぐいっと。アイスクリームの富士山もキュート! 街のシンボルだけあって、どこもかしこも富士山がいっぱいです♡

フォトジェニックな商店街には魅惑の飲み屋も!

このエリアには、ワーケーションにぴったりのゲストハウス「hostel&salon SARUYA」や、さまざまな居酒屋、バーなどが軒を連ね、毎日飲み歩きたくなる「新世界乾杯通り」など、フォトジェニックな場所がいっぱい。

写真は「hostel&salon SARUYA」。どこか懐かしい雰囲気が漂う空間でお茶をしたりパソコンを開いたり……建物の裏には庭や情緒あふれる建物が並ぶ路地も。

お酒好き女子にも、カメラ女子にも、昭和レトロ好き女子にも、たまらなく刺さる魅力がある街。繊維の街ということもあり、関連イベントもあるそうなので、布好き女子にもおすすめ!

狭い路地に、昭和を感じさせる建物や飲み屋が並ぶ「新世界乾杯通り」。思わずシャッターを切りたくなる雰囲気の町並み。

2009年に亡くなったフジファブリックの志村正彦さんゆかりのお店も。街を歩くだけで胸アツになること間違いなしです。

洋食屋「M-2」は、志村さんが通ったお店として有名。大根スパゲッティがお気に入りだったそう。

訪れたら、きっとエモい気分に♡

昭和レトロな魅力あふれる富士吉田市本町通りと喫茶檸檬。旅行に、ワーケーションに、ぜひ訪れてみてくださいね!

【店舗概要】
『喫茶檸檬』
住所/山梨県富士吉田市下吉田2丁目2番27号
TEL:0555-73-9688
定休日:月曜日
営業時間:平日10:00〜16:00、18:00〜21:30/土曜日8:00〜15:00、17:00〜21:30/日曜日8:00〜15:00、17:00〜20:30

spacer

RELATED