ゆうこすヨコイチ
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

辻愛沙子さん&ゆうこすさんと学ぶSDGs♡ライブ配信で紹介された15アイテムもcheck!

「SDGsって、なに?」そう疑問に思うみなさんのために!2021年9月21日、インスタライブにてクリエイターの「ゆうこす」さんと「辻愛沙子」さんと一緒に、『SDGs』を学べる配信を行いました。詳しいインスタライブの様子や、配信中に紹介されたアイテムをチェックしてみて♡

更新 2021.10.19 公開日 2021.10.21
目次 もっと見る

ゆうこすさん×辻愛沙子さん登壇!『SDGs』を学べるライブ配信を行いました♡

ゆうこす 辻愛紗子 インスタライブ

2021年9月21日、MERYのインスタライブで、クリエイターの「ゆうこす」さんと「辻愛沙子(つじあさこ)」さんと一緒に配信を行いました。

今回のトークのテーマは、『SDGs』。配信前、MERYユーザーのみなさんからは「SDGsってなに?」「私たちにできることって?」…といった素朴な疑問が、SNSや会員へのアンケート調査に多く寄せられていました。

ライブ配信では、そうした質問に辻さん、ゆうこすさんが回答。おふたりの楽しく丁寧な解説は、「わかりやすい!」「面白かった」と評判でした。

おふたりがライブ配信で取り上げたアイテムも、おしゃれで魅力的なものばかり。「どこで買えるの?」「もう一回見たい」という声が多かったため、この記事で改めて詳しくご紹介します♡

ライブ配信を見逃してしまった方も、後ほどご紹介するアーカイブでご覧いただけますよ。

そんな配信の内容を見ていく前に、おふたりのプロフィールをチェックしておきましょう!

発信力&影響力ばつぐん♡モテクリエイター「ゆうこす」さん

ゆうこす

メディアやSNSで大活躍の、モテクリエイター「ゆうこす」さんこと「菅本裕子(すがもとゆうこ)」さん。

元「HKT48」のメンバーで、2015年に講談社「ミスiD 2016」で準グランプリを受賞し、インフルエンサーとして活動を開始。

瞬く間にティーンや若い世代の支持を得て、大人気クリエイターとなりました。

「男女問わずみんなに愛される、最強モテ人間」を目指し、「モテクリエイター」としてYouTubeやインスタなどのSNSで様々なことを発信。テレビやメディアでも引っ張りだこな存在で、ブランドプロデュースなども幅広く行っています。

今回の配信では、ぱっと花咲くように明るい笑顔で、SDGsについて共感しやすくお話してくださいました。さすがの発信力で、「SDGsに興味が出てきた!」と心動かされるMERYユーザーが多数でした♡

揺るぎない信念を持つクリエイター♡「辻愛沙子」さん

辻愛紗子

SNSで様々なバズりを生み出し、広告やブランド、企画やプロデュースまで幅広く手がけるクリエイティブディレクターであり、株式会社『arca(アルカ)』の代表を務める「辻愛沙子」さん。

社会派クリエイティブを掲げ、「思想と社会性のある事業作り」と「世界観に拘る作品作り」の二つを軸として広告から商品プロデュースまで領域を問わず手がける越境クリエイター。リアルイベント、商品企画、ブランドプロデュースまで、幅広いジャンルでクリエイティブディレクションを手がけています。

2019年春、女性のエンパワメントやヘルスケアをテーマとした「Ladyknows」プロジェクトを発足。2019年秋から『news zero』の水曜パートナーとしてレギュラー出演し、作り手と発信者の両軸で社会課題へのアプローチに挑戦している、今大注目のクリエイターです。

今回のライブ配信では、SDGsに関してすっきりと的確な解説をしてくださり、聞いていたゆうこすさんも「分かりやすい!」と絶賛。さまざまな切り口でのお話には、みなさん興味津々でした♡

ゆうこすさん&辻さんと学ぶSDGs!気になる配信内容はこちら♡

ライブ配信ではみなさんからの質問に、ゆうこすさんと辻さんが分かりやすく回答。あなたの疑問に思っていることも、おふたりの答えを読めばすんなり解決しちゃうかも♡

おふたりが愛用中の“サステナブル”なアイテムも多く紹介され、盛りだくさんの配信内容になっていました。では、早速見ていきましょう!


【MERY SDGs特集 インスタライブ詳細】

開催日:2021年9月21日(火)
時間:20:30〜
配信アカウント:@mery.jp
登壇者:ゆうこすさん、辻愛沙子さん

質問1|そもそも“SDGs”ってなに?

まず、SDGsについて多く寄せられたのが、「ざっくりとしかわかりません」「なんとな~くしかわかりません」といった声。

そこで、辻さんがSDGsについて解説してくれました!

SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称。2015年9月の国連サミットで、“2016年から2030年まで”に達成すべき目標として掲げられたものです。



SDGsの目標は、こちらの画像にある17個にまとめられています。「これは169個ある具体目標を、本の章のように分類したもの」、と辻さん。169という数に、ゆうこすさんも視聴者さんもびっくりしていました。

SDGsの目標には環境問題だけでなく、人権問題や経済成長についても決められています。このことについて、辻さんは「例えば環境問題が解決したとしても、それによって企業が負担を強いられて雇用が失われてしまったら、それ自体を続けていけないですよね」と説明。みんなでサステナブルな流れが「ずっと続いていく」ような社会にしていかないといけないんです。

辻さんが強い関心を寄せる問題は、ジェンダー平等に加えて、エネルギー問題。最近はエネルギーのことを考えて、電力会社を変えたんだそうです♡「SDGsについての知識を持つだけでなく、アクションに移せるといいかな」と辻さん。

2030年はあまり遠くない未来ですし、自分にできることをコツコツしていきたいですね。

質問2|私たちができるSDGsの取り組みって?

次に多かったのが、SDGsについて「何から始めていいかわかりません…」「私にできることって?」という声。

この声にゆうこすさんは、「私は形から入る派!」と反応。環境にやさしいグッズを集めているのだと教えてくれました。

一方、辻さんは「ものを長く使う」というアクションを提案。「今持っているものを大切に使って、新しいものを買わずに済む」という暮らし方が、SDGsにとって大切なんだそう♡

さらに配信では、おふたりが交互にグッズとそのおすすめポイントを教えてくれました!ここでは、その15アイテムをまとめて紹介します。

ぱかっと開いて洗いやすい♡『SUTENAI』のストロー

ストローRakuten

SUTENAI シリコンストロー

¥990


こちらは、『SUTENAI』のシリコンゴム製の洗って何度も使えるストロー。配信では、ゆうこすさんが使い方を実演してくれました。

シリコン製でぱかっと開いて、中を簡単に洗えるのが最大の特徴です。ブラシなしでもきれいにできるので、とっても衛生的。

ストローが廃止されていく中、「やっぱりストローを使いたい…」という方におすすめのアイテムです。

ゴミを削減♡『Period.』の吸水ショーツ

Period. Sport0

¥5,500

次に紹介されたのが、『Period.』の生理用の給水ショーツ。こちらのショーツは洗って繰り返し使えて、ナプキンのゴミを減らせるんですよ。吸水量は20mlです。

気になるお手入れ方法ですが、最初に軽く水洗いしてネットを使用すれば、洗濯機での洗濯もできるそうです♡

繰り返し使える♡『aco wrap』のみつろうラップ

aco wrapRakuten

acowrap みつろうラップ みつろう色 Sサイズ

¥1,320

こちらは、「何回も使えるラップ」こと『acowrap』のみつろうラップ。オーガニックコットンの生地に、ミツロウなどのオイルをコーティングして作られているんだとか!冷水で洗って約半年から1年ほど繰り返し使用可能です。

aco wrapRakuten

食品用のラップなので、野菜などの保管にもぴったり!これでもう、「少し使うだけなのに、捨てるのもったいないなぁ…」と罪悪感を感じなくてOKですね♡

クルエルティフリー♡『グッドバーチューズ』の日焼け止め

グッドバーチューズ Brデイクリーム(日中用クリーム)

¥1,650

次は、『グッドバーチューズ』の日中用クリーム。SPF30/PA+++で紫外線からお肌を守ります。

こちらはイスラムの戒律の範囲内であることを証明したハラル認証済みで、動物実験をしていない「クルエルティフリー」のコスメです。

「人間のために、動物に苦痛を与えるのは良くない」と思うのなら、こちらのように動物実験なしで作られたコスメを選んでみて♡クルエルティフリーのコスメには、うさぎのマークが付けられていることもあるので、要チェックです!

竹で丈夫♡『ハッピーキヌア』の歯ブラシ

ハッピーキヌア オリジナルヴィーガン竹歯ブラシ

¥600

こちらは、廃棄予定の素材を利用して作られた竹歯ブラシ。「竹は過剰に増えてしまいやすく、竹の雑木林は問題になっている」と辻さん。そんな環境問題に取り組んだ、エコな歯ブラシです。

丈夫で長く使えるのもうれしいポイント。色は4色から選べて、家族で使っても◎!

辻さんはこうしたエコなアイテムについて、「今使っているものを長く使いつつ、ダメになったら環境にいいものに変える」ことをおすすめされていました。今使っている歯ブラシが使えなくなったら、SDGsを意識して歯ブラシを選びたいですね♡

ベージュでかわいい♡『BanbooRoll』のトイレットペーパー

BambooRoll トイレットペーパー 18ロール(お試し)

¥1,980

こちらは、『BanbooRoll』のトイレットペーパー。竹で作られたトイレットペーパーで、ゆうこすさんと辻さんは定期購入しているんだそう!

「使い心地もよいし、色もベージュでかわいい」とゆうこすさん。こちらのトイレットペーパーは漂白剤を使用していないため、このような色合いになっています。

三層でお肌にやさしい肌触りなのもGoodですね♡毎日使うものを少しずつ、環境にやさしいものにチェンジできたらいいですね。

野菜長持ち♡『アンド グリーン』の鮮度保持エッグ

アンド グリーンRakuten

アンドグリーン 鮮度保持エッグ 2個入

¥700

ゆうこすさんがおすすめするのが、『アンドグリーン』の「鮮度保持エッグ」。冷蔵庫の野菜室に入れておくと、野菜が長持ちする効果が期待できます。

野菜を長持ちさせることで食品ロスを減らせる、画期的な商品なんです♡気づいたら熟しすぎていて、食べごろを逃してしまいがちな果物に使っても◎

原料はさつまいもとジャガイモ♡マイラーメンのグラスヌードル

マイラーメンRakuten

マイラーメン 6種類セット

¥3,240

辻さんが紹介してくれたのが、『マイラーメン』の「グラスヌードル」。「おいしい」と太鼓判を押されていました♡

化学調味料やアルコール不使用で、さつまいもとジャガイモで作られているラーメンです。動物性原料も不使用なので、ヴィーガンの方にもおすすめです。

おしゃれなデザイン♡『S'well』のボトル

swellRakuten

S'well COMMUTER 16oz

¥5,445

ゆうこすさんが「温かいものも冷たいものも入れられて便利!デザインがめちゃくちゃかわいい」と絶賛するのが、『S'well』のボトル。

S’wellは2010年に起業家のサラ・カウスが、“使い捨てのペットボトルの消費を減らすこと”をミッションに立ち上げた、ニューヨークのボトルブランド。真空断熱3重構造で、しっかり保冷・保温もできます♡

おしゃれにSDGsに取り組めて、生活も豊かになりそうです!

生分解性で海を守る♡『CASA FLINE』の洗濯洗剤

CASA FLINE Clean Ocean ナチュラルランドリーリキッド

¥2,750

SDGsの目標「14番 海の豊かさを守ろう」に取り組める、『CASA FLINE』の洗濯洗剤。洗剤でも、目には見えない「マイクロプラスチック」が問題になっている、と辻さん。こちらの洗剤は海の微生物が分解してくれる「生分解性(二酸化炭素と水に分解され、自然にあった物に還ること)」を持っているので、環境にやさしいんです♡

ラベンダー精油配合で、においの原因となる雑菌の繁殖も防げます。機能性も高く、すぐにでも取り入れやすい洗濯洗剤です!

14歳から考えたいレイシズム

14歳から考えるレイシズムRakuten

『14歳から考えたいレイシズム』

¥2,420

ここからは、人権問題を分かりやすく学べる本を紹介していきます。SDGsは人権尊重の考えがベースとなっていて、SDGsの前文には「誰一人取り残さないことを誓う」「すべての人々の人権を実現する」と書かれています。

こちらはレイシズムの歴史を紐解きながら学べる、『14歳から考えたいレイシズム』。2020年には、世界が抱えるレイシズムの問題が「ブラック・ライブズ・マター」運動などで表面化しました。見ないふりをしたくなる問題に、この本を読んでしっかりと向き合ってみては。

差別はたいてい悪意のない人がする 見えない排除に気づくための10章

差別はたいてい悪意のない人がする 見えない排除に気づくための10章Rakuten

『差別はたいてい悪意のない人がする 見えない排除に気づくための10章』

¥1,760

こちらは、無自覚な偏見「マイクロアグレッション」について、くわしく知ることができる本。

辻さんによると、知らず知らずのうちに“よかれと思って使っている言葉”にマイクロアグレッションが含まれているんだとか。

辻さんが例に挙げたのは、ミックスルーツの子に「彫りが深くていいね」と褒めたり、働く女性に「女の子なのに仕事バリバリ頑張っているね」といった言葉をかけることなど。

マイクロアグレッションは日常生活にありふれたものなので、自分で意識して気づくことが大切かもしれません。

日常生活に埋め込まれたマイクロアグレッション

マイクロアグレッションRakuten

『日常生活に埋め込まれたマイクロアグレッション 人種、ジェンダー、性的指向:マイノリティに向けられる無意識の差別』

¥3,850

こちらも、マイクロアグレッションについての本。

こちらの本では、マイクロアグレッションについての内容・メカニズム・影響・対処法についてくわしく知ることができます!

マイクロアグレッションの全体像をおさえたい方の必読書になりそうです。

北欧に学ぶ小さなフェミニストの本

北欧に学ぶ小さなフェミニストの本Rakuten

『北欧に学ぶ小さなフェミニストの本』

¥1,650

男女平等の先進国スウェーデン出身の作家、サッサ・ブーレグレーンによるフェミニズムを学べる一冊。「女の子らしく、男の子らしくってなんだろう?」と10歳の女の子エッバと考えていきます。日本ではあまり学ぶ機会のないフェミニズムについて、考えるきっかけを与えてくれる本です。

♡10代からの社会学図鑑

10代からの社会学図鑑Rakuten

『10代からの社会学図鑑』

¥2,420

「どうして世界はこんなに不公平なの?」そんな疑問に答えてくれる、「社会学」の基礎を学べる本。アイデンティティの問題、社会制度、犯罪や貧困、グローバリズム、文化とメディアなど、身近な問題が取り上げられています。

図解とイラストがたっぷりと使われていて、飽きずに最後まで読み進められるはず!

質問3|“オーガニックコスメ”ってなに?

次に多かったのが、「オーガニックコスメってなに?」という質問。

「有機JASマークの付いているものが、オーガニックコスメだと思ってもらっていいと思います」とゆうこすさん。有機JASマークとは、日本の有機・オーガニック農産物の認定機関の定めた基準をクリアした商品に付けられるマークです。

ただし、オーガニックについてはいろいろな定義が存在するため、配信中では「天然由来成分が多いもの」としました。

オーガニックの農法は、一般的に化学肥料を使わずに育てられます。だから、環境にもやさしいのが特徴です。辻さんは、「オーガニックコスメを使うことで、オーガニックの畑を支援することにもなる」とサステナブルな観点からコメント。

また、「オーガニック」と銘打っているのに化学物質が多く配合され、実態が伴わないコスメもあります。おふたりはそういったコスメについて注意喚起をされていました。よく気をつけて、信頼できるブランドの商品を購入するようにしましょう!

質問4|“サステナブルファッション”ってなに?

オーガニックコスメと同様に、質問が多かったのが、「サステナブルファッション」について。サステナブルファッションとは、「ファッションにおいて、地球環境や関わる人・社会に配慮したものづくりをすること」だと言われています。

今回、配信中に話題に上ったのは『カーサフライン』というブランド。カーサフラインは、「地球に優しい、人に優しいモノづくり」がコンセプトで、環境に配慮した糸や繊維を使った服を提供しています。

また、『ブリング』というブランドも取り上げられました。ブリングは「服から服を作る」がコンセプトで、古着の回収から仕分けを行い、その中の古着から再生したポリエステルを用いて循環型の服づくりを行っています。

辻さんは、「動物に配慮した素材」についてもお話してくれました。近年、ファッション業界では動物愛護やサステナブルの観点から、フェザーやレザーなどの動物性の素材を使わない動きが進んでいます。

例えば、レザーを生産する過程も、環境問題につながっているんだとか。なぜなら、牛を飼育する際に避けて通れない“ゲップ”には、メタンガスという環境に悪い物質が含まれており、大量の二酸化炭素が排出されているんです!

最近ではそういった問題を踏まえて、本革の端切れを再利用するなど、環境に配慮した「エコレザー」という素材が作られるようになっています。

ゆうこすさんは、自分が着るものを「次の人に渡すもの」として使っていることを教えてくれました。なんと、ゆうこすさんはメルカリでご自身の服を出品していることもあるんだそう。こうした考え方も、SDGsに取り組むうえでとても大切ですね♡

サステナブルファッション:
衣服の生産から着用、廃棄に至るプロセスにおいて将来にわたり持続可能であることを目指し、生態系を含む地球環境や関わる人・社会に配慮した取り組みのことを言います。

出典https://www.env.go.jp/policy/sustainable_fashion/

質問5|SDGsの情報収集って、どうやってすればいい?

最後に取り上げられたのが、「SDGsの情報収集は、どうやってすればいい?」という質問。

それに対し、「日々いろいろなニュースを見ることや、新聞を読み比べることなど、地道な努力が大切」と辻さん。

「ちょっとしたことに、クエスチョンを持つこと」も大切で、「なんで竹?」「なんでレザーはダメ?」と、サステナブルな商品を見て、疑問を持ってみることが大切なんだそう。

そのほか、ヴィーガンを紹介するメディア、「ハッピーキヌア」をチェックしたり、SDGsに関心の高い友達のつながりを作ったりすることも提案してくれました。

ゆうこすさんは、MERYで「SDGs」を検索して知ることでもOK、と取り組みやすいアクションを提案。「クルエルティフリー」など、SDGs関連の言葉を「知るところから始めよう!」というコメントに励まされる視聴者も多かったみたいです♡

ゆうこすさん&辻さんの言葉を忘れずに♡SDGsな毎日を!

たくさんの学びがあった今回の配信。おふたりは、こう締めくくられました。

「“知った気”にならず、学び続けようという姿勢が大事」(辻さん)

「インフルエンサーとして正しい知識を身につけることや、『いかにポップに発信できるか』ということについて頑張ろうと思いました」(ゆうこすさん)

今回のインスタライブは、おふたりのトークを楽しみながら、SDGsへのモチベーションがぐーんとアップする配信になっていました。配信を一度見た人も、アーカイブでおさらいしてみてもいいかも!

それでは、充実したSDGsライフを送ってくださいね♡

「SDGs」についてもっと知りたい方はこちら♡

spacer

RELATED