UGGスリッパ
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

UGG®が森林保全の取り組み“UGG®の森”をスタート!第1弾サステナブルコレクションが新登場

世界中でSDGsの実現を目指している今、「環境問題」に目を向ける必要があります。年々深刻となる森林破壊の解決に向けて、人気ブランド『UGG®(アグ)』が森林保全団体『more trees(モア・トゥリーズ)』と手を組み、『UGG®の森』を設立しました。今回はUGG®の森の取り組みと、新しく登場したサステナブルコレクション「Icon-Impact(アイコン インパクト)」を紹介します♡

更新 2021.10.05 公開日 2021.10.05
目次 もっと見る

森林破壊が深刻な環境問題となっている近年、“植林”をしようという声が上がっています

数々の環境問題を解決するために、様々な取り組みが行われています。
世界中で「SDGs」の実現を目指し、ひとりひとりの行動が大きな力となっているのです。

そんな環境問題のひとつでもある「森林破壊」。
国連によると、2015年以降、毎年10万平方キロメートルの天然林の面積が失われているみたい。
これは、東京都と同じくらいの森林が、1週間ごとに消えているのと同じなんだとか。

「そもそもどうして森林破壊が起こるの?」
そう疑問に思っている人もいるかもしれません。
要因は様々ですが、例としてあげられるのが、家畜、農業、持続可能でない伐採など。

そんな森林破壊の動きを止めるために、“植林”をしようという声が上がり、実際に様々な団体が行動に移しています。

もこもこ靴でおなじみの『UGG®』が、森林保全団体と手を組む!

その取り組みのひとつとして、『UGG®(アグ)』が立ち上がりました!

もこもこのムートンブーツやサンダルなど、シープスキンを使用した靴でおなじみのUGG®は、幅広い世代から愛されているブランド。
そんな人気ブランドが、森林保全団体と手を組み、「森を守る」取り組みをスタートさせたのです。

その名も『UGG®の森』。
今回はUGG®の森について色々とご紹介します♡

UGG×一般社団法人more trees:UGG®の森

2021年9月27日、UGG®は森林保全団体である『more trees(モア・トゥリーズ)』と手を組み、奈良県・天川村に『UGG®の森』を育てるための活動をスタートさせたことを発表しました。
more treesは日本を誇る音楽家・坂本龍一さんが代表を務める森林保全団体です。

育林や獣害対策を中心にしつつ、地域のコミュニティも大切にした活動を行うようです。
具体的にどんな雰囲気なのか知りたい人は、下のリンクから動画もチェックしてみてください!

UGG®の森の最初の一歩となる取り組みが「サステナブルコレクション」。

サステナブルコレクションの紹介をする前に、UGG®とmore treesについてもっと知っておきましょう!

UGG®とmore treesについて、詳しくチェック

UGGブーツWEAR

【UGG®】
1978年、アメリカ・南カリフォルニアで、ひとりのサーファーによって立ち上げられたグローバルライフスタイルブランド。
ハリウッドのセレブに愛用されるようになってから瞬く間に人気ブランドの仲間入りを果たし、それ以来、品質やクラフトマンシップにこだわり、フットウェア、アパレル、ファッション小物、ホームウェアのデザインと販売を手がけています。

ちなみに、「UGG®はオーストラリア?それともアメリカ?」と悩んでいる人もいるのでは?
2016年までブランド名が「UGG® Australia」となっていたことから、「どっちのブランドなのか?」と混乱している人が増えてしまったみたい。

UGG®を設立したサーファーはオーストラリアからアメリカに渡り、シープスキンブーツを多くの人に紹介したことから始まりました。
元となるシープスキンブーツがオーストラリアだったため、そのままブランド名にも記載していましたが、世界中で流通されるようになった今、「UGG®」と登録商標を統一したのです。

なので、オーストラリア発でもあり、アメリカ発でもあると認識するのがいいかもしれません。

【more trees】
一般社団法人『more trees』は、冒頭でもちょこっと説明した通り、音楽家・坂本龍一さんが代表を務める森林保全団体。
年々深刻となる森林破壊の問題や地球温暖化の危機的状況に何かしらの行動を起こしたい。
そんな強い思いが込められ、100名以上の賛同人とともに2007年にスタートしました。

国内外18ヶ所に「more treesの森」を設置し、地域コミュニティと一緒に森林保全の活動を行なっているよう。
また、国産材を活用した商品やサービスの企画・開発、セミナー、イベントなどを通して、「森と人がずっとともに生きる社会」の実現に向けて日々様々な取り組みが行われています。

第1弾の取り組みとなる、サステナブルコレクション「Icon-Impact」が新登場

UGG®とmore treesがどのようなブランド、団体なのかを詳しくチェックしたところで、「UGG®の森」の取り組みについて詳しく紹介します。

まずは第1弾の取り組みとなる「サステナブルコレクション」について。
UGG®は2021年10月1日に、サステナブルコレクション「Icon-Impact」をリリースしました。
この、「Icon-Impact」の日本での売り上げの一部をUGG®の森に寄付して、1ヘクタール500本、3年で3ヘクタール1500本の植林を行っていく予定のようです。

Icon-Impactには3つのスタイルがフィーチャー!

今回新しく登場したIcon-Impactコレクションには3つのスタイルがフィーチャーされています。
(1)Fuzz Sugar Slide(ファズ シュガー スライド):ブラック、ヒッコリー、ナチュラルの3色展開 ¥18,700
(2)Fuzz Sugar Cross Slide(ファズ シュガー クロス スライド):ブラック、ヒッコリー、ナチュラル/ブラックの3色展開 ¥17,600
(3)Classic Sugar Ultra Mini(クラシック シュガー ウルトラ ミニ):ブラック、サンドの2色展開 ¥22,000

それぞれのスタイルには、持続可能性を実現するために、4つの構成要素に焦点が当てられています。
エコな再生ウール、化石燃料の依存度に貢献するサトウキビを使用したSugarSole™フォーム、再利用プラスチック、環境フットプリントに配慮したカーボンニュートラル。

UGG®らしいおしゃれさを残しながら、しっかりと地球のことを考える、まさに今の時代にぴったりなアイテムですね。

ちなみに、今年の春に発売された「Neumel Natural(ニューメル ナチュラル)」も、新しいカラーが登場。
Icon-Impactと同様に、10月1日から販売がスタートします。
カラーは全部でナチュラル、リーフ、ウィート ブラウンの3色で、¥25,300。
こちらもIcon-Impactコレクションと同じく、持続可能性を実現するために様々な要素が取り入れられています。

詳しくはリンクをチェックしてみてください!

未来の世代のために、地球を守るUGG®の取り組み

UGGスリッパWEAR

UGG®は、「未来の世代のために、地球を守る」ということをポリシーに、2020年10月から、持続可能性の実現に向けた様々な取り組みを行っています。

最初の取り組みとなったのが、2020年10月にスタートとしたサステナビリティ・プラットフォーム「Feel Good(フィールグッド)」。
人と地球に対するブランドの長期目標と公約を発信するために設けられました。
そして、2021年3月にカーボンニュートラル(生産の際に、排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量)な植物由来の素材を使用した「Plant Power Collection(プラント パワー コレクション)」の発売。

今回紹介したIcon-ImpactやUGG®の森もこの取り組みの一環であり、さらに人と地球を考えた住みやすい世界にするために、様々な行動を起こしているのです。

すでに行われている取り組みをもっと知りたいという人は、下のリンクをチェックしてみてください!

UGG®の人気アイテムも押さえておこう♡

サステナブルなアイテムはもちろん、UGG®で人気のアイテムもいくつかチェックしましょう!
今回はSNSでも見かけたことがあるかもしれない、人気の3つのアイテムを紹介します♡

CLASSIC ULTRA MINI:UGG®のアイコニックなブーツを、さらにスタイリッシュに

UGG ウルトラミニWEAR

こちらは「CLASSIC ULTRA MINI(クラシック ウルトラ ミニ)」。
UGG®のアイコニックなブーツを、様々なスタイルにマッチするように、アップデートされたのがこちらのデザイン。
おなじみのシープスキンはもちろん、どのコーデとも合わせやすいシンプルなデザインが素敵ですね。

見た目のおしゃれさはもちろん、低めのシャフトで着脱も簡単。
だんだんと寒くなる季節、ブーツを履くことも多くなりますが、脱ぐのが大変と感じる人も多いはず。
デイリー使いするブーツにするため、様々な工夫が取り入れられているのです。

カラーは全部で5色で、画像はAntilope。
価格は¥20,900です。

OH YEAH:もこもこのシープスキンに包まれて、秋冬もサンダルを

UGG OH YEAHWEAR

こちらは「OH YEAH(オー イヤー)」。
ふわふわのシープスキンで仕上げた、ソフトスタイリッシュな印象のサンダル。
履きやすさと心地やすさにこだわり、屋外はもちろん、室内でも履けるんだとか♡

寒くなってくると、靴も全体を覆うようなデザインばかり吐いてしまうという人が多いと思います。
これだけもこもこのシープスキンに包まれるのであれば、秋冬もサンダルコーデができそうですね。

カラーは全部で4色で、こちらはブラックのお色。
価格は¥16,500です。

LA CLOUD LACE:まるで雲の上を歩いているような履き心地♡

こちらは「LA CLOUD LACE(ラ クラウド レース)」。
もこもこのシープスキンのイメージが強いUGG®の靴ですが、それ以外にもいろんなデザインがあるのです!
LA CLOUD LACEは今年の夏に発売されたばかりのスニーカーで、前身となる「LA CLOUD」コレクションのひとつ。

まるで雲の上を歩いているような履き心地と、テキスタイルのアッパーにスエードのオーバーレイ、通気性のいいメッシュ素材、後ろにはロゴを施したストラップと、使い心地もおしゃれな見た目にもこだわりが詰まっています。

カラーは全部で5色で、価格は¥16,500。

おしゃれも楽しめて、地球のことも考えられる、サステナブルコレクションをGETしてみて!

常におしゃれをアップデートしたい。
でも、地球のことも考えたい。
そんな人の気持ちに寄り添ったUGG®は、これからもいろんな挑戦をしてくれそう!

まずは、UGG®とmore treesがタッグを組んだ『UGG®の森』を応援しつつ、自分のおしゃれ度をUPするために、新しく登場したサステナブルコレクション「Icon-Impact」をゲットしてみてはいかが?

MERYでも様々なSDGsの取り組みについて情報を発信しています!
下のリンクから、ぜひいろんな情報をゲットしてみてください♡

spacer

RELATED