倉々市彩乃さん
文希紀
お気に入り

サステナブルなお仕事をする“あの子”に聞いてみた♡私たちが今日からできること

MERY読者が送るサステナブルなライフスタイルから、地球の未来のために「私たちが今日から出来ること」を探ります。今回は、地球と肌に優しいオーガニックコスメブランドのPRに携わる倉ヶ市(くらがいち)彩乃さんにお話を聞きました!

更新 2021.10.02 公開日 2021.10.05
目次 もっと見る

「できることから始めてみる」でも、それって具体的にどんなこと?

最近、よく耳にするようになった「サステナブル」や「SDGs」というワード。

「環境問題や社会のためにできることから始めてみたい」と思うけれど、いまいち“自分ゴト化”できていないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、お仕事柄、環境問題に意識の高いMERY読者に話を聞いてみることに。20代の働く女性が送るサステナブルなライフスタイルや仕事との向き合い方から、今私たちができることを探ります。

今回お話を聞いたのは、美容専門のPR会社「メディア・グローブ」で働く倉ヶ市(くらがいち)彩乃さん。

国産オーガニックコスメブランド「AQUA AQUA(アクア・アクア)」のPRを担当しています。

水や海を汚さない“石けんオフメイク”を提案するブランドで、すべてのアイテムがクレジング不要です。

また、肌を保湿する成分の「スクワラン」は、サメ由来ではなく植物(オリーブ)由来のものを採用。サメの生態系に影響を与えません。

さらに、海のサンゴに有害とされる「紫外線吸収剤」をはじめ、石油系界面活性剤や鉱物油など、環境問題や健康被害の可能性のある7種*¹の成分が入っていないのも安心♡

そんな肌にも地球にも優しいコスメの魅力を伝えるお仕事をしているヶ市さんに、仕事や日常生活で意識的に取り組んでいることを聞いてみました!

*¹石油系界面活性剤、鉱物油、紫外線吸収剤、フェノキシエタノール、合成香料、パラベン、シリコーン / 【掲載コスメ一覧】左:「オーガニックスキンケアローション」¥2,860 / 中:「オーガニックロングマスカラ 04 オレンジブラウン」¥2,750/右上:「オーガニックフェイスパウダーUV トーンアップピンク」¥2,860 / 右下:「オーガニックデュオシャドー 07 モーヴレーズン」¥2,200 すべて「アクア・アクア」の商品

何気ない「ひと手間」が明るい未来に繋がっていく

――サステナブルなオーガニックコスメの魅力を伝える上で、倉ヶ市さんが心がけていることは何ですか?

「より多くの人に目に留めていただけるよう、まず発色のよさや機能性を伝えるようにしています。

環境に配慮した成分やパッケージは、パッと見ではわからないことが多いので、発色や機能性をきっかけにそこに気づいてくれる人が増えたらいいなと考えています」(倉ヶ市さん)



「例えば、この『オーガニックロングマスカラ』は、カラーマスカラには珍しい、お湯でするんと落ちるフィルムタイプなんです♡

8月に発売した新色の『オレンジブラウン』は、明るすぎず暗すぎない絶妙カラー。目元にこなれ感をプラスしてくれるので、日頃から出番の多いアイテムです。

また、外箱のパッケージにもこだわっていて、再生プラスチックを採用しています」(倉ヶ市さん)

「オーガニックロングマスカラ 04 オレンジブラウン」¥2,750

――環境に配慮されたコスメのPRを担当するようになって、日常生活の中で意識が変化したことはありますか?

「物を捨てる際に『これは再利用できるものかな?』と、一瞬立ち止まって考えるようになりました。

洋服はリサイクルショップに持っていったり、お肉やお魚のトレイは近所のスーパーの回収BOXに出したりと、“捨てない選択肢”を見つけています」(倉ヶ市さん)

――そういったひと手間が大切だとわかっていても、つい面倒に感じてしまうこともありますよね。倉ヶ市さんはどうやって習慣化しましたか?

「私の場合、プラスチック類を回収に持っていくようになってから、それまで週に2回だったゴミ出しが1回で済むようになりました。決められた曜日の憂鬱なゴミ出しの回数が減って、結果的にとてもハッピーなんです。

だから、細かい作業にフォーカスせず、生活全体で考えてみると意外と楽になることもあると思います」(倉ヶ市さん)

写真は倉ヶ市さん愛用のスタバのマイボトル。毎日、このタンブラーで白湯を飲んでいるそう。

――ヶ市さんは古着好きとお聞きしました。必要以上に物を買わないことも環境問題に配慮した行動だと思いますが、お洋服を買う際のマイルールはありますか?

「基本的に、長く使えるものを購入するようにしています。お値段が張るアイテムでも何年も着続けることができれば、日割り計算すると、結果的にプチプラ服よりお得ですし(笑)。

エコバッグとして愛用している『CASSELINI(キャセリーニ)』のバッグも、何年も前に購入したものです。サメの刺繍が可愛くてお気に入りです」倉ヶ市さん)

地球に優しいことって、意外と私にも心地よい

身近な“あの子”が実践している、サステナブルなライフスタイル。

最初の一歩は面倒に感じることもあるけど、やってみると意外に自分にとっても心地のよいことが多いと気づくはず♡

洋服を買う際は古着をセレクトしてみたり、石けんオフコスメを使ってみたり、まずは自分が楽しんでできることから始めてみてはいかがでしょうか。

spacer

RELATED