SDGs キャンドル
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

【MERYユーザー大調査】自分にも、地球にも、やさしい生活を送るSDGsグッズ♡みんなが選んだお役立ちアイテムをcheck

SDGs実現に向けた一歩を、MERYと一緒に踏み出しませんか?今回はユーザーのみなさんに聞いた「SDGsグッズ」を紹介します♡日常で使うアイテムにちょっとした工夫を取り入れるだけで、SDGsアクションの一歩へとつながるはず!住みやすい未来を築くために、ぜひSDGsグッズを使ってみてください。

更新 2021.09.25 公開日 2021.09.25
目次 もっと見る

MERYと一緒にSDGsを考えよう!

MERYで「SDGs」に関する記事を、もう見かけたという人は多いかもしれません。
「SDGs、言葉は知っているけど、実際何をすればいいの?」
もともとそう疑問に思っていた人や、MERYの記事を通して考え始めた人、SDGsに対して向き合っている人が増えてきているのではないでしょうか。

MERYでは9月21日~「SDGs特集」を掲載中。様々な取り組みを通して、ユーザーのみなさんと一緒に、これからの未来や住みやすい暮らしを考えていきたいと思っています♡

MERYでは、様々なSDGsの取り組みを行っています♡

mery ロゴ

SDGsに向けたアクションや、サステイナブルな暮らしをするために、何をしたらいいのか。
そんなみなさんの疑問を解決していくために、SDGs特集では様々なコンテンツがぎっしり♡
まずは下のリンクから、MERYの取り組みをチェックしてみてください。

ちなみに、SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals」の略称で、「持続可能な開発目標」のことを指します。
国連にて2016年から2030年までの15年間で達成すべき「世界共通の目標」として決定されたもので、代表的なものとして17項目の目標が定められています。

解決すべき環境問題や人権問題など、一人ひとりが過ごしやすい未来になるように、少しでもアクションを起こせたら…

「自分には何ができるかな?」|まずはSDGsグッズに目を向けて

ロングシャツを着こなす女性BASE

とはいえ、「何かしたい気持ちはあるけど、何をすればいいんだろう?」と思っている人もきっといるはず。

「エコな生活をすればいいの?」
「一人ひとりが過ごしやすい世界って、周りをサポートすればいいの?」
などなんとなくは思いつくものの、具体的な行動を移すのって、結構難しいですよね。

そう気持ちがモヤモヤしている人は、まずは「SDGsグッズ」に目を向けてみましょう!
MERYでユーザーのみなさんに調査を行い、みんなが選ぶ、優秀なSDGsアイテムを聞いてみました♡

今回はそんなユーザーのみなさんが選んだグッズを、いくつか紹介します。

※こちらのアンケート調査は、2021年8月に実施した「MERYユーザーのSDGs事情調査」129人の調査結果に基づきます。

【MERYユーザーchoice♡】みんなが選ぶお役立ちSDGsアイテム

(1)タンブラーや水筒など、【マイボトル】を持ち歩き

アンケートのなかでも一番回答が多かったのが、【マイボトル】。
タンブラーや水筒などを持ち歩いて、プラスチック削減を視野に入れたり、カフェに行かないで節約したり、様々なメリットを感じている人が多かったです。

最近はいろんな種類のマイボトルがあり、おしゃれなマイボトルは持ち歩きも楽しくなりますよね♡
自分の気分も上げつつ、環境のことも考えられる。
あまりSDGsを強く意識しなくても、「あ、この小さな行動が、大きな力になるんだ!」というのを感じられそうです。

MERYユーザーからは、こんな声が。

タンブラーは常に持ち歩いています。[ 25歳 女性 ]
タンブラー、水筒を使っています。[ 20歳 女性 ]
象印の水筒を使っています。かれこれ10年くらいほぼ毎日持ち歩いています。無駄にカフェに行かなくなったので、とても重宝しています。 [ 28歳 女性 ]

(2)紙ストローが主流になってきたけど、【マイストロー】を持ち歩き

マイボトルと合わせて持っている人が多かった、【マイストロー】。
今まではストローといえばプラスチックが主流でしたが、SDGsの動きが本格化するなかで、環境保全のために、紙のストローを提供するお店が多くなりました。

その紙ストローですが、なかなか使い慣れないという人も多いみたい。
そこでマイストローを持ち歩いて、いつでもどこでも自分の使いやすいものを持ち歩くという人が増えている様子。
プラスチック削減にもつながり、自分に合ったものであれば生活のクオリティもUPするので一石二鳥ですね。

今は冷たい飲み物がより冷えるステンレスのストローや、洗いやすいストローなどいろんな種類が販売されているみたい。
ぜひ自分専用のマイストローを見つけてみてはいかが?

最近増えてきた紙ストローは独特の匂いがあって飲み物の味にも影響して嫌だったので、マイストローを持ち始めました。[ 17歳 女性 ]
マイストローを、カフェでドリンクを頼むときに使っています。[ 16歳 女性 ]
マイストロー(ブルーボトルコーヒーのシルバーのもの)最近はカフェでも紙ストローやそもそもストローが撤廃される場所も増えているのでマイストローを購入しました。出先でも家でも使っているのですが、ブルーボトルコーヒーのストローは冷たい飲み物がより冷たく感じる作りになっているのでとってもおすすめです。ガラスストローも気になっています。[ 22歳 女性 ]

(3)環境にも自分にもやさしく、【オーガニックコスメ】を使用

アンケートのなかで【オーガニックコスメ】を使用しているという声もかなり多かったです!
昔からじわじわ話題になっていたオーガニックコスメですが、SDGsの活動が促進されるようになり、よりスポットライトを浴びてきたようです。

オーガニックコスメは化学薬品を使用していないので、それが原因で起こるお肌トラブルが軽減されるというのも魅力みたい。
また、なかには「動物実験をしていないコスメ」を使っている、という声もありました。
私たちが普段何気なく使うコスメは、実は動物実験を経て、安全性を確保しているものもあるかもしれません。

人間だけでなく、動物にも住みやすい世界を作ることが、SDGsのミッションのひとつ。
普段使うコスメの成分や成り立ちなどを知って、どういうものを使っているのかを確認してから購入してみてはいかが?

オーガニックコスメのto/oneのアイシャドウ、ハイライト、リップ、マスカラ、weldaの日焼け止めを使っています。[ 21歳 女性 ]
ビーガン対応の化粧水を使っています。[ 23歳 女性 ]
ミネラルとオーガニックコスメ、無添加化粧品を使っています。動物実験を行なっていないブランドのものを選ぶことも多いです。[ 22歳 女性 ]

(4)身近なことからコツコツと、【ライフスタイル用品】でSDGsを意識

まだまだほかにもいろんなSDGsグッズがありますが、【ライフスタイル用品】=普段の生活で使うものを、SDGsグッズとして意識して使うという意見がありました。

例えば地球温暖化の原因のひとつでもあり、大きな出費ともなる真冬のエアコンを、なるべく使わないようにブランケットを代用したり、食器洗剤を植物由来のものにして水汚染を考えたり、大量消費を防ぐためにシリコンスポンジを使用したり…などが、MERYユーザーさんから「自分がやっている行動」として寄せられていました。

自分自身の節約になったり、環境問題の対策になったり、ちょっとした行動で様々な結果が生まれます。

身の回りの生活用品を見て、「これはSDGsのように、持続可能性を考えたアイテムにできるかも?」というものを探してみてはいかが?

外出時に持ち歩くタンブラー、再生紙で出来たメモパッド、真冬のエアコンを節約するための湯たんぽと自分用のブランケット [ 21歳 女性 ]
Earthfriendlyのカトラリーセット(マイカトラリー)、LUSHのスキンケア用品(容器回収)、フロッシュの食器洗剤(植物由来、容器)、オーツミルク(植物性ミルク)、シリコンスポンジ、WELEDAの歯磨き粉などです。[ 21歳 女性 ]

ユーザーのみなさんが実際に使っているSDGsグッズの画像をご紹介!

今回のアンケートでは、実際にユーザーさんが使用しているSDGsグッズの画像も何個か投稿していただきました♡
そのなかからいくつか厳選したグッズを紹介します♡

『THE PUBLIC ORGANIC』の精油リップスティック:お肌のことも、地球のことも考えたコスメを

SDGs リップ

まずは『THE PUBLIC ORGANIC(ザ パブリック オーガニック)』の「ザ パブリック オーガニック スーパーリフレッシュ 精油リップスティック」。

こちらの方は雑誌で知り購入し、香りのよさと使いやすさから重宝するアイテム!とコメントが♡

カメリアオイルとヒマシオイルの濃厚植物オイルが唇の体温でとろけ、乾燥した唇をうるおい補修してくれるみたい。

精油で作られたオーガニックのリップは、化学物質が使用されず、お肌の負担が軽減されたものが多いそう。
また、オーガニックリップは、動物実験や環境問題を考え、安全を第一ににしているので、自分にもやさしく、地球にもやさしく、住みやすい暮らしを築くという、SDGsの目標にもぴったりなアイテムなのです!

こちらのリップスティックは4gで¥610とお手頃価格で購入できるので、ぜひ使用してみてはいかが?

パブリックオーガニックのリップを雑誌みて買いました!!めちゃくちゃいい匂いと使いやすさで重宝してます。[ 26歳 女性 ]

『beplain』のオーガニッククレンジングフォーム:ナチュラルな原料で、お肌の負担を考えた洗顔に

SDGs bplain クレンジングフォーム

続いてはこちら。
beplain(ビープレーン)』の「緑豆弱酸性クレンジングフォーム」の画像をいただきました♡
こちらの方は普段使っている洗顔がオーガニックコスメで、beplainのものを使用しているんだとか。

beplainは韓国発のスキンケアブランドで、日本でもSNSなどで話題を読んでいるブランドです。
こちらのクレンジングフォームはお肌の洗浄に適している緑豆の成分が配合され、弱酸性で敏感肌の人も使いやすい仕様になっているよう。
昔から緑豆は洗顔料として使用され、ナチュラルな原料でお肌にやさしく、しっかりと洗浄してくれるというのが魅力なんです。

公式ページでは80mlが2つセットで¥2,690で購入できるので、コスパがいいのも嬉しいポイント♪

使っている洗顔がオーガニックコスメです。[ 28歳 女性 ]

『Starbucks Coffee Japan』のタンブラー:お財布にやさしく、ゴミ削減で地球にもやさしく

マイボトル SDGs

こちらは『Starbucks Coffee Japan(スターバックス コーヒー ジャパン)』のタンブラー。
アンケートでは、スタバのタンブラーを持っている人が多かったです!
カップ形やボトル形など様々なデザインが豊富で使いやすいのが魅力的♡いくつかゲットしている人も多いのでは?

こちらの方にはトロピカルなデザインが可愛い、サニーボトルの画像を紹介していただきました!
上部分が取り外し可能なので、洗いやすいのが嬉しいですよね。
普段ついついペットボトルを買ってしまうという人は、事前におうちから飲み物を用意し、こちらのボトルのようにタンブラーに入れれば、自分のお財布にもやさしく、ゴミ削減にもつながるのでgood。

スタバのタンブラーはとにかくいろんな種類があり、地域限定や季節限定もあるので、集めるのも楽しいかも♡
自分にぴったりなものをゲットしてみるといいかもしれません。

タンブラーや傘を持ち歩いてる。余計なものを買わない![ 21歳 女性 ]

お弁当箱と『thermo mug』のステンレスマグカップ:SDGsに向けて、毎日使うお弁当箱とタンブラーを

手作りお弁当 SDGs

こちらの方からは2枚の画像をいただきました!
1つ目はこちらの「お弁当箱」。
職場に手作りのお弁当を持っていき、外での買い物を減らしたり、ゴミを削減したり、環境のために努力をされている方でした♡

お弁当を作ることで、健康を意識できる+毎日お弁当を作ることで生活習慣の見直しにもつながりますよね。

保温ができるお弁当箱や、コンパクトなお弁当箱、自分のニーズに合わせた様々なデザインがあるので、選ぶのも楽しくなりそう。
毎日のメニューを考えるのも、楽しいかも!

サーモマグ スヌーピー SDGs

お弁当箱と一緒に、『thermo mug(サーモマグ)』のタンブラーも使っているみたいです!
真空二重構造で、保冷も保温もできるタンブラー。
熱々のコーヒーも、キンキンに冷えたお水も、こちらのタンブラーなら叶いそうですね。

スヌーピーのデザインが、カッコいいタンブラーにさりげない可愛さをプラスしていますね♡
スマートにマグを使いこなしたいけど、可愛さは忘れたくない。
そんな人にぴったりのデザインですね。

職場に手作り弁当とサーモマグを持っていって、外での買い物を減らし、ゴミを減らす努力をしてます。[ 26歳 女性 ]

ミネラルウォーターボトルを持ってスーパーの給水所に:ペットボトル削減を目指し、専用ボトルを

SDGs 詰め替えウォーター

こちらの方は、ミネラルウォーターの専用ボトルで、スーパーの給水所でお水を入手しているみたい。
ペットボトル削減につながり、専用ボトルがあればスーパーで気軽に給水できるので、使いやすさもgood。
マイボトルと合わせれば、給水所でゲットした水をマイボトルに入れ、ダブルエコ活動ができそうですね。

お近くのスーパーの給水所を覗いてみたり、ウォーターサーバーに切り替えてみたり、ペットボトル削減に向けた行動をしてみてはいかが?

職場での水分補給は自宅から1リットルの水筒を持っていってます!自宅でのミネラルウォータも専用ボトルを持って行ってスーパーの給水所で入れてくるので、ペットボトルを買うより環境にいいかも?[ 25歳 女性 ]

廃油キャンドル:

SDGs キャンドル

こちらは「廃油キャンドル」の画像。
おしゃれな見た目のキャンドル、置くだけでインテリアになるデザイン性が効きつつ、廃油を使用しているので環境に配慮しているのも魅力的。

こちらの廃油キャンドルは社会的な課題解決を目指すおみやげショップ『haishop』で購入できる「ethical candle Re hug yourself/koko kara(haishopオリジナル)」です。
ぷっくりとしたハートのフォルムが可愛く、お部屋をおしゃれに彩ってくれるはず。

1つ¥440で購入できるので、いくつか集めてみるのもいいかもしれません。

廃油キャンドル(ソーシャルブランドのhaishopで取り扱っているもの)→キャンドルはおうち時間をストレスフリーに過ごすのにとても役立っています。長時間お風呂に入るときや、寝る前にキャンドルに火を灯すときも、環境に配慮したグッズを使用することでより気持ちの良い時間にすることができます。[ 20歳 女性 ]

自分にも、地球にも、やさしい生活を送りましょう!

毎日使うアイテムやグッズを見直して「SDGsに向けて〇〇に替えられるかも!」と意識をするだけで、SDGsの実現へ向けた一歩が始まるはず。
今回のアンケート調査で、ユーザーのみなさんが使っているSDGsグッズを参考に、今日からマイボトルやマイストローなど、自分ができるところからSDGsグッズの使用を心がけてみてはいかが?

自分の行動が明日の地球をよりよくし、未来の地球を明るくしてくれます。
そんなSDGsアクションを、ぜひMERYと一緒に歩んでいきましょう!

今回アンケートに協力してくださったみなさん、改めて素敵な回答をたくさんありがとうございました♡

spacer

RELATED