机に置かれたクレンジングオイル
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

クレンジングオイルのおすすめは?選び方から人気アイテムまでを紹介♡

この記事では、クレンジングオイルの選び方のポイント、おすすめのプチプラ商品10選、クレンジングオイルの正しい使い方をご紹介しました。メイクをできるだけ早く落としたい方や毛穴汚れが気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

更新 2021.11.02 公開日 2021.11.04
目次 もっと見る

メイクをOFFすると、1日頑張ったな〜って思うの

お仕事が終わってからメイクをOFFすると、「ああ、今日も1日頑張ったなあ」なんて思う。
朝気合を入れてメイクをした肌だって、夜になればもう疲れてしまっているから、できるだけ早く労わりたい。

早くメイクを落とせるクレンジングを探しているんだけど、「クレンジングオイル」ってどうなんだろう?

クレンジングオイルの特徴って?

クレンジングオイルは、クレンジングの中でもメイクなじみが良く洗浄力の高いアイテム。
こすらずにしっかりメイクをするっとOFFすることができるので、メイクを早く落としたい方にはおすすめです。
しかし、洗浄力が強いことで肌への負担になってしまうこともあるので、同じクレンジングオイルであっても商品選びが重要になってくるみたい。

この記事では、そんなクレンジングオイルの選び方のポイントからおすすめの商品10選、正しいクレンジングオイルの使い方をご紹介します。

メイクも同じ油分ということもあり、オイルタイプは様々な剤型の中でもメイクなじみが良く、最もクレンジング力が高いです。メイク汚れだけではなく、皮脂が酸化して固まった毛穴の角栓汚れまでしっかり落とします。ごしごしこすらなくてもしっかりクレンジングできるのが特徴です。

出典https://www.fancl.co.jp/beauty/column/skincare/37.html

クレンジングオイル選びの4つのポイントをCHECK♡

①お風呂で使うなら「濡れた手や顔OK」のアイテムを

ここからは、クレンジングオイルを選ぶ4つのポイントをご紹介していきます。

まず1つ目は「どこでメイクをOFFするか」ということ。
お風呂で洗顔などをまとめて済ませてしまいたいという方は、濡れている手や顔であっても使える商品を選ぶのがおすすめです。
クレンジングオイルの多くは、乾いた手や顔に使う必要があるので、購入時に確認してみてくださいね。

また、濡れた手や顔にも使える商品であっても、できるだけ乾いた手で使った方が早くメイクをOFFすることができるのだそう。
時間がある時には、最初(手が乾いている内)にクレンジングを済ませてしまうと良さそうですね。

商品によっては、「濡れた手でも使える」「お風呂場でもOK」という表示がありますが、できるだけ水分のついていない乾いた手で使ったほうが、肌に負担をかけずスピーディにメイクを落とせます。

出典https://www.kose.co.jp/kose/skin_care/skincare17.html

②乾燥肌さんなら乾燥しにくい「油脂系オイル」を

2つ目は「肌質」。
先述の通り、クレンジングオイルは他のメイク落としに比べて洗浄力の高いアイテム。
そのため乾燥肌の方には、クレンジングオイルの中でも、人の皮脂に似ていて、できるだけ肌へ負担がかかりにくい「油脂系オイル」を使うのがおすすめです。
肌が乾燥するだけでなくデリケートな方は、無添加処方や低刺激の商品から試してみるのも良さそうです◎

この後紹介するおすすめの商品の中にも、油脂系オイル(植物オイル)を使用したものがあるので、ぜひアイテム選びの参考にしてみてくださいね。

〈代表的な油脂系オイル〉
・オリーブ油
・ヒマワリ種子油
・メドウフォーム油
・マカダミアナッツ油
・トウモロコシ胚芽油
・コメヌカ油
・アボカド油

出典https://bybirth.jp/press/archives/213204

③しっかりメイクする方は「ウォータープルーフコスメ対応」を

3つ目は「メイクの濃さ」。
比較的洗浄力の高いクレンジングオイルですが、ウォータープルーフのマスカラやティントリップなどは、商品によっては落としきれない場合もあります。
しっかりメイクをする方は、ウォータープルーフコスメに対応したクレンジングオイルを選ぶのがおすすめです。
特にW洗顔不要の商品であれば、一回の洗顔できちんとメイクをOFFするだけでなく皮脂汚れなどもまとめて落とすことができそうです。

④まつ毛エクステをしているなら対応しているアイテムを

最後は、「まつ毛エクステ(以下、まつエク)」をしているかどうか。
まつエクに使われているグルーは油分に弱く、クレンジングオイルを使うことによって取れやすくなってしまうと言われています。
そのため、まつエクをしている方は、グルーの接着力を弱めずにメイクなどをOFFできるまつエク対応商品を使うのがおすすめです。
ただし、グルーの種類によっても異なるみたいなので、気になる方は口コミなども参考にしてみると良いかもしれません。

マツエクをしているときに使用するクレンジング剤は、基本的には以下のタイプのアイテムが推奨されています。
「オイルが含まれていないタイプ」
「配合された油分が少ないタイプ」
なぜなら、マツエクにはグルーという接着剤が使われていて、これが油分に弱く、オイルが配合されたクレンジング剤を使うことで取れやすくなってしまうと言われているから。

出典https://domani.shogakukan.co.jp/369491

プチプラで試しやすい!おすすめのクレンジングオイル10選を紹介

①大人のくすみの原因にアプローチして明るい肌に導くクレンズオイル

スキンクリア クレンズオイル

¥1,870

大人の肌のくすみの原因である「肌ステイン(古い角質汚れ)」にしっかりアプローチするクレンズオイル。
やわらかくなめらかな質感で、ウォータープルーフマスカラなどにも素早くなじみ、肌への負担が少ないというのもポイント。
また、5つの厳選された高級美容オイルで、毛穴の汚れ、角栓、過剰な皮脂まですべてやさしく取り除き、ベタつきやザラつきのない肌へ導いてくれるそう。
無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・ ノンコメド処方・アレルギーテスト済みで、低刺激なのも嬉しいところ。

Brand:Attenir(アテニア)

②コスパ良し◎濡れた手もまつエクもOKのスピーディ クレンジングオイル

ソフティモ スピーディ クレンジングオイル

¥453

ダブル洗顔をしなくてもさっぱりとした洗いあがりのクレンジングオイル。
贅沢な5種のオーガニックオイル配合で、つっぱりづらく、しっとりすべすべの肌に導きます。
また、ウォータープルーフのマスカラや、頑固な角栓・毛穴の奥の汚れまですっきり落としてくれるのだとか♡
濡れた手でも使用することができ、まつエクにも対応しているのもポイントです。

Brand:softymo(ソフティモ)

③毛穴が気になる方に!角栓をすっきり落としてうるおいを守るクレンジングオイル

マイルドクレンジング オイル

¥1,870

角栓をすっきり落としつるすべ毛穴に導く、「落とす」も「うるおう」も叶えるクレンジングオイル。
濡れた手でも使用することができ、一般的なグルー(シアノアクリレート系)のまつエクにも対応しているそう。
ウォータープルーフのマスカラもするんと落とすクレンジング力なのに、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤不使用と無添加処方なのも嬉しいポイントです。

Brand:FANCL(ファンケル)

④皮脂汚れやウォータープルーフメイクをしっかりOFFするクレンジングオイル

魔女工場 ピュアクレンジングオイルRakuten

ピュアクレンジングオイル

¥2,380

韓国で人気のクレンジングオイル。
皮脂と似た成分のホホバオイルを含む、14のオイル成分と植物性界面活性剤で、保湿してお肌のうるおいを守りながらも、毛穴の皮脂汚れをOFFしてくれるそう。
ウォータープルーフアイライナーやリップティント、PM2.5や黄砂などもクレンジングすることができるので、しっかりメイクをする方や細かな汚れが気になる方にもおすすめです。

Brand:魔女工場(マニョファクトリー)

⑤手や顔が濡れてもOK!さっぱり使えてしっとり洗いあがるクレンジングオイル

パーフェクトオイル

¥1,027

水と混ざっても白くにごりづらく、手や顔が濡れていてもウォータープルーフのマスカラまでしっかりメイクをOFFしてくれるクレンジングオイル。
肌のキメや毛穴の奥に入り込んだミクロレベルのメイク汚れも浮かし、すみずみまで落としてくれるそう。
さっぱり洗えて、しっとりとした洗い上がりに導いてくれるのもポイント◎

Brand:Biore(ビオレ)

⑥こすらずメイクをするする落とし、肌荒れを防ぐ薬用ウォータリーオイル

d プログラム エッセンスイン クレンジングオイル

¥2,750

肌への負担が気になる方のためにつくられた、肌荒れ予防成分と美容成分を配合の医薬部外品の薬用クレンジングオイル。
肌負担を軽減し、摩擦軽減剤型で肌をこすらなくてもウォータリーオイルがすーっと肌に広がり、マスカラやポイントメイクも簡単にOFFしてくれるそう。
パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリー、無香料、無着色と低刺激設計なのもポイントです。
敏感肌の方の協力によるパッチテスト済みなので、肌がデリケートな方も試しやすそうです。

Brand:d プログラム

⑦4種のオイルで保湿し、落としにくいメイクもするんと素早く落とすクレンズオイル

美容オイルクレンズ

¥1,136

ウォータープルーフマスカラなどの落ちにくいメイクも、するんと素早く落とすクレンズオイル。
さらに洗い流す時に、メイクを包み込むことで再付着を防止するのだそう。
スクワランやアルガンオイルなど、4種の美容オイル配合で肌にうるおいを与え、洗うたびになめらかな肌に導いてくれるそう。
ベルガモットやレモングラス、ジンジャー、シナモンを使用した、「リラクシングアロマ」の香りは、バスタイムを癒やしてくれそうですね。

Brand:NIVEA(ニベア)

⑧肌質問わず使える◎ハードメイクも角栓もしっかりOFFする薬用クレンジングオイル

薬用ディープクレンジングオイル

¥2,750

ハードなメークはもちろん、頑固な毛穴汚れや古い角質、余分な皮脂、角栓まで無理なくしっかりOFFする薬用クレンジングオイル。
最高級のオリーブバージンオイルをはじめ、多彩なコンディショニング成分を配合することで肌へのやさしさにも追求していて、肌質問わずに使うことができ、うるおいのあるクリアな素肌へと導いてくれるのだとか♡
また、まつエクの接着剤を溶かさないため、まつ毛エクステ使用中の方も使いやすいそうです。
(※接着剤の種類や接着状態によっては、お使いいただけない場合もございます。)
無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合・鉱物油不使用・石油系界面活性剤不使用なのも嬉しいポイント。

Brand:DHC(ディーエイチシー)

⑨厳選素材を使用!デリケート肌を考えた無添加・低刺激オイル

無添加メイク落としオイル

¥624

デリケート肌を考え、着色料・香料・防腐剤・品質安定剤・鉱物油・アルコールを使わずにつくられた無添加のメイク落としオイル。
こちらの商品も、濡れた手や顔でも使うことができます。
軽くなじませるだけでメイク汚れを素早く浮き上がらせ、お肌に余分な負担をかけずにしっかりメイクまで残さず落としてくれるのだそう。
また、皮膚アレルギーテスト済みで天然由来セラミド配合なので、乾燥肌の方や肌がデリケートな方にも試しやすそうなアイテムです。

Brand:カウブランド

⑩無添加&美肌成分配合でスキンケアまでできるクレンジングオイル

おひさまでつくったクレンジングオイルe

¥1,549

美肌成分配合でスキンケアしながらメイクをOFFできるクレンジングオイル。
防腐剤・鉱物油・着色料・香料・エタノール・シリコン不使用の無添加処方で、日本産の米ぬか油をベースにした植物由来オイルのみ使用されているのだとか。
しっかりとクレンジングしながらお肌のうるおいを残してくれるので、肌がデリケートな方も試しやすそうです。
くまモンがデザインされたパッケージもとってもキュートですよね♡

Brand:エリデンコスメ

クレンジングオイルの正しい使い方をおさらいしよう!

①アイメイクや口紅などの「ポイントメイク」からOFF

最後に、クレンジングオイルの正しい使い方をおさらいしていきましょう。

まずは、アイメイクや口紅などのポイントメイクをOFFするところから。
ウォータープルーフのメイクや落としにくいマスカラなどを、専用リムーバーで先に落としていきましょう。
ゴシゴシこすって肌に負担をかけないように注意してくださいね。

オイルクレンジングを使用する前に、ウォータープルーフタイプのポイントメイクは、専用のリムーバーで先に落としておきましょう。

出典https://www.kose.co.jp/kose/skin_care/skincare17.html

②クレンジングオイルをTゾーンから顔全体になじませる

ポイントメイクが落とせたら、続いて顔全体にクレンジングオイルをなじませていきます。
可能であれば、手や顔は乾いた状態がgood◎

まずは皮膚の厚いTゾーンにのせて、くるくると指の腹でなじませながら、両頬、顔全体へと伸ばします。
クレンジングオイルの量が少ないと、肌が摩擦を起こして負担がかかってしまうので、商品に合わせて適量を手に取ってなじませていきましょう。

③水を少量とって顔になじませたオイルを「乳化」させる

顔全体にクレンジングオイルがなじんだら、少量の水を手に取り「乳化」させていきましょう。
クレンジングオイルがだんだんと白くなったら乳化されたサインです。
オイルによっては、質感がサラサラとしてくることもあります。
この乳化によって、クレンジングオイルがメイクや汚れとなじみ、汚れを落とさずすすぎ残しがないように洗い流すことができるので、全体を洗い流す前にはしっかり乳化させましょう。

水を少量取ったら顔にのせたオイルと混ぜて乳化させます。水が多すぎると乳化されないので、ほんの数滴でOK。全体が白くなったら乳化ができたサインです。この工程を行うことで、メイクとクレンジングがしっかりとなじみ、肌に汚れを残すことなく洗い上げることができます。

出典https://domani.shogakukan.co.jp/502496

④ぬるま湯で顔全体をしっかり洗い流す

乳化まで完了したら、最後は洗い流していきます。
熱すぎるお湯や冷水は肌に負担がかかってしまうので、ぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。
すすぎ残しがないように、生え際やフェイスラインにもぬるま湯をかけていきましょう◎
W洗顔不要の商品であれば、ここでクレンジング・洗顔が完了です。

また、クレンジングオイルでしっかりメイクや汚れをOFFした洗顔後には、化粧水や乳液を使って肌を保湿してあげてくださいね。

自分に合ったクレンジングオイルで1日頑張った肌を労って

この記事では、クレンジングオイルの選び方のポイント、おすすめの商品10選、クレンジングオイルの正しい使い方をご紹介しました。
メイクをスピーディにOFFするだけでなく、しっかりメイクも毛穴汚れも落とすことができるのが魅力のクレンジングオイル。
ぜひ、肌質やライフスタイルに合うものを見つけて、1日頑張った肌を労ってあげてくださいね♡

こちらの記事もCHECK♡

spacer

RELATED