sdgsの目標
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

まずは自分の身近なことから。半径5メートルのSDGs特集、始めます

MERYが2021年9月21日(火)から始める「半径5mのSDGs」特集について、その意図やユーザー調査の結果、行うアクションや提供するコンテンツについてまとめました。

更新 2021.11.16 公開日 2021.09.21
目次 もっと見る

自分の手が、足が届く範囲でできることを増やしたい

エコな生活、サステナブルなものづくり…言われ始めてけっこう経って、自分ではそれなりにしているつもり。

エコバッグもいくつも使い分けてるし、スターバックスに持っていくタンブラーもお気に入りのものがある。たまに忘れてがっかりすることあるけど…。

友達に誘われて夏にたまに行く海岸のゴミ拾いに参加したこともあるし、通学途中にSmartNewsに載ってた、SDGsの活動に取り組む企業の話なんかを斜め読みしてみたり。

実際、みんなはどうなんだろう?エコバッグ以外にやっていることあるのかな?

MERYでは今夏、MERYのユーザーさんに「SDGsなアクション、どれだけしてる?実態調査」を2回に分けて行いました。

Q. SDGsに関する取り組みを行っていますか?もしくは今後取り組みたいと思いますか?

円グラフ

そのなかからわかってきたのは

「SDGsなアクションに興味があり、取り組んでいる&取り組みたい」女性が9割にも及ぶということ!

こちらの円グラフは、1回目の調査で132人のユーザーさんから寄せられた声をまとめたもの。

Q. 普段エコバッグを持ち歩いていますか?

円グラフ

エコバッグを持ち歩くのは当たり前。普段から64%もの女性がエコバッグを持ち歩いているという結果に。

スーパーやコンビニエンスストアでビニール袋をお願いする人は8%、残りの92%はエコバッグを使う、という回答が寄せられました。

エコバッグ、マイボトル以外で行っているSDGsな取り組み

吹き出しセリフ

けれど、マイボトルやエコバッグなど身近なことから始めている人が多い一方、「他には何ができるんだろう?」と疑問に感じている人が多いことも浮き彫りに。

「ファッション業界では、低価格のファストファッションによって服への愛着が薄れたことで、大量消費大量廃棄がされていることが問題になっているので、自分自身はトレンドに左右されすぎない、長くきたいと思える服を選択して購入している」

「ラップを蜜蝋ラップに変更した、高くても環境にやさしい素材を使った化粧品や洋服を買うようにした、電気をなるべく消す、車ではなく徒歩移動するなど」

「フェアトレード商品があれば買うようにしています。きっかけは、高校生の時授業でSDGsについて勉強していて、そこで他グループの発表を聞いて知ったからです。学生ということもあり、安いものの方が魅力を感じますが、やはり買ったお金が貧困で命が危うい子供達に役立つと思うと、フェアトレード商品を買うようにしています」

といった、より踏み込んだアクションを起こしている人が多かったのも印象的でした。

Q.SDGsについて知っていますか?

円グラフ

SDGsへの関心は高く、既にできることから始めていることがわかったMERYユーザー。

ここで改めてSDGsについておさらいしておきましょう。


SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals」の略称で、「持続可能な開発目標」という意味。
国連にて2016年から2030年の15年間をかけ、全世界の人が協力して達成したい「世界共通の目標」として定められたもので、代表的なものとして17項目の目標が定められています。

SDGs、興味はあるけど何したらいい?MERYと一緒に歩き出そう

「他に何ができるんだろう」「もっと詳しく知りたい」と思っているけれど、行動の仕方がわからない人。

「私はこんなことをしているんだけど、みんなは?」「私がしていることを共有したい」と、SDGsに興味があり行動している人。

ちょっとでもSDGsが身近になるように、MERYと一緒に理解を深めていきましょう。

・私の身の回りのSDGs、私が今取り組める行動って?
・実際に企業でSDGsなアクションに取り組んでいる人の「生の声」を聴いてみたい
・MERYのほかの読者は何をしてるの?実例が知りたい、おしゃべりしたい
・おなじみのアパレル企業や美容ブランドが取り組んでいること
・フラワーロス、フードロスを回避するためにできることって?

など身近なSDGsについて、9月21日(火)~2週間かけて、MERYサイト、MERYのコミュニティ機能、InstagramなどSNSで、多面的にコンテンツを提供していきます。

Action1:9月21日(火)20:30~辻愛沙子さん、ゆうこすさんとインスタライブを実施!

ゆうこす 辻愛紗子 インスタライブ

「私には何ができるのだろう?」、そう考える一歩になるべく、まずは特集の初日にInstagramでライブ配信を実施することに。

MERYでもおなじみ、クリエイターの「ゆうこす」さんと「辻愛沙子(つじあさこ)」さんに出演いただき、毎日の暮らしで、私たちにできることはどんなことなのか。

SDGsを考えて、どんなことができるのか。
インスタライブを通して、おふたりと一緒にじっくり考え、学べる時間をご用意しました。

Instagramやお知らせ記事の「おふたりに聞いてみたいことアンケート」にお答えいただいた方、ありがとうございます♡


【MERY SDGs特集 インスタライブ】
日時:2021年9月21日(火)
時間:20:30〜(30〜45分程度)
配信アカウント:@mery.jp
登壇者:ゆうこすさん、辻愛沙子さん

Aciton2:一緒にSDGsに取り組もう!期間限定コミュニティでイベントを実施

読者のみなさんと一緒にSDGsに取り組むため、期間限定コミュニティメンバーを募り、MERYのコミュニティ「MERY&」と合同で行うSDGsプロジェクトを立ち上げ。

コミュニティメンバー限定でログインできるWebサイトを用意し、Zoomなどオンラインツールを駆使して、さまざまな活動を行います(メンバー応募は終了)。

・ドライフラワーOR押し花の作り方を習うフラワーワークショップ
・環境問題と向き合っているファッションブランドのディレクターや、オーガニックコスメブランドのプレスをゲストに招いたウェビナー
・コミュニティに所属しているメンバー同士での情報交換のしゃべり場

などのイベントが行われる予定。
イベントの模様の一部は後日、記事化して、参加した人たちの気持ちをみんなで共有する予定です。

Action3:特集ページとSNSで毎日、SDGsなアクションのヒントをお届け

MERYサイトには「半径5mのSDGs」特集ページを設置。17あるSDGsの行動目標のうち、特に私たちの生活に身近な4つの課題に着目し、毎日コンテンツを提供。

女性の社会進出や働きがい、物を作る・使う責任などに触れながら、ファッション、ビューティー、ライフスタイルの情報を、MERYらしいやわらかい視点からお届けします。

一緒に少しでも前に踏み出せたらうれしいです

結局、忙しい日々のなかでできるのは、ほんの一瞬の選択の差くらいにしかならないかも。

でも、あえてそういう選択をした自分をもっと好きになれるかもしれない。

そんなヒントを、一緒につかんでくれたらうれしいです。

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

出典SDGsとは?外務省HP

※円グラフやユーザーの声は、2021年7月に実施した「SDGsやサステナブルに関するアンケート」132人、8月に実施した「MERYユーザーのSDGs事情調査」129人の調査結果に基づく

spacer

RELATED