カードケースiPhone
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

クイックペイの仕組みとメリットって?さらにお得に使う方法をレクチャー!

近年、さまざまな電子マネーが登場していますが、それぞれサービス内容は異なりますよね。では、クイックペイはどのような仕組みで、どのようなメリットがあるのでしょうか?クイックペイの特徴や、お得に使う方法を紹介します!

更新 2021.10.22 公開日 2021.10.26
目次 もっと見る

クイックペイって?

最近は「電子マネー」がお買い物をする人が増えてきた。
「キャッシュレス」という言葉がある通り、スマホ一台でお会計ができるって、なんだかすごい。

そんな電子マネーのひとつが「QUICPay(クイックペイ)」。
名前を聞いたことがある人も多いと思います。

今回はクイックペイについてじっくりチェックしていきましょう!
まず押さえておきたいのが、クイックペイの基本情報ですよね。クイックペイの支払い方法や種類について、解説していきます!

電子マネー決済システムの一つ

クイックペイはJCBが提供しているサービスで、コンビニやレストラン、レジャー施設など、さまざまな場所で使用できる電子マネー決済です。2020年12月末時点で、クイックペイが使える場所は全国133万カ所以上あり、順次拡大されています。

クイックペイの形態には、スマホタイプやカードタイプなどがあります。カードタイプはあらかじめ申し込みが必要ですが、スマホタイプはおサイフケータイ対応のAndroidや、iPhone7以降のiPhoneであれば、簡単な設定ですぐに利用OKです。

支払い方法は3タイプから選べる

クイックペイの特徴の一つが、支払い方法が3タイプから選べることです。決済に使用するカードを『クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード』から選べます。

クレジットカードは、いわゆる『ポストペイ(後払い)型』と呼ばれるものです。支払いに使用するクレジットカードを登録しておけば、利用した額はほかのクレジットカード利用と合わせて、後日まとめて請求されます。

デビットカードは『即時決済型』で、支払い時に銀行口座から引き落とされる方式です。残高不足にならないよう、注意が必要ですね。

プリペイドカードはあらかじめチャージが必要ですが、チャージ金額内での使用になるので、使い過ぎの心配がなくて◎。

クイックペイプラスとの違いは?

クイックペイには、通常のクイックペイと『クイックペイプラス』があります。クイックペイプラスは、クイックペイの進化版ともいえるサービスで、制限が少なく、さらに便利になった支払い方法です。

スマホで使用する場合はクイックペイプラス、カードタイプの場合はクイックペイになります。また、支払い元にデビットカードとプリペイドカードを指定できるのはクイックペイプラスのみで、カードタイプはクレカ一択です。

使える店舗も、クイックペイとクイックペイプラスで分かれる場合があります。デビットカードとプリペイドカードを連携している場合は『クイックペイプラスの対応店舗のみ』と覚えておきましょう!

クイックペイのメリット

フェミニンコーデ出典dbgirl.jp

クイックペイのメリットを最大限に活用するには、クレジットカードを登録してポストペイ型で使うのがおすすめです。ポストペイ型のメリットを確認してみましょう!

タッチするだけ、素早く簡単決済

スピード決済できるのが電子マネーの特徴ですが、クイックペイにも同じことがいえます。

支払いのときに「クイックペイで」とお店の人に伝え、スマホやカードをレジの端末にタッチするだけでOK、特別な操作は必要ありません。iPhoneの場合は顔認証や指紋認証が必要ですが、Androidの場合はそれすら不要です!

決済が完了すると、レジの端末が青色の点滅から青(緑)色の点灯に変わり、『クイックペイ』という決済音が鳴ります。アプリを立ち上げる必要もなく、スムーズに決済が完了するのはクイックペイの大きなメリットですね!

「ポストペイ型」ならチャージの手間いらず

電子マネーやQRコード決済の中には、事前にチャージしなければならないものも少なくありません。その場合はもちろん残高以上の金額は利用できず、常にチャージ額を気にしておく必要があります。

クイックペイでは、支払い元にクレジットカードを登録するポストペイ型を選んでおけば、事前にチャージする手間が省けます。

残高確認も不要なので、使う前にアプリを立ち上げてチェックする必要もありません。クレジットカードと同じように使える上、サインや暗証番号を要求されないのは便利ですね。

クレジットカードのポイントが貯まる

クイックペイで利用した分は、クレジットカード利用の請求にまとめられるため、連携させたクレジットカードのポイントが貯まるのも大きなメリットです!

電子マネーでは独自のポイントが貯まるタイプも多いですが、いろいろな電子マネーを使っている場合、ポイントが分散して貯まりにくいですよね。

クイックペイなら、いつも使っているクレジットカードにまとめてポイントが貯まるため、ポイント管理もラクになります。

ポイント還元率が高いクレジットカードを選べば、効率よくポイントが貯められますよ!

ポイントの2重取りもできる

nanacoの機能も搭載した『クイックペイ(nanaco)』なら、ポイントを2重取りできるケースがあります。それは、クイックペイ(nanaco)を使ってセブン-イレブンで買い物をしたときです。

200円(税抜き)につき1nanacoポイントが貯まる上、クレジットカードのポイントも貯められますよ。このときはnanacoではなく、クイックペイの機能で支払う必要があるため、あらかじめ店員さんに伝えることを忘れないようにしてくださいね!

クイックペイ(nanaco)では、連携できるクレジットカードが限定されています。セブン・カードやセディナカード、JCBカードを所有している場合は、nanacoと連携させて使うのがおすすめですよ。

クイックペイの注意点

大人っぽコーデ出典dbgirl.jp

多くのメリットがあるクイックペイですが、使用する際には気を付けておきたいポイントがあります。クイックペイを使うときの注意点を紹介しますね。

対応しているカードと紐付けが必要

クイックペイを使用する際には、対応しているカードとの紐付けが必要です。必ずしもクレジットカードでなくてもOKですが、その場合は、デビットカードやプリペイドカードと紐付けましょう。

クイックペイのサービス提供をしているJCBが発行しているカードなら、クレジット・デビット・プリペイドの全てが紐付け可能です。クレジットカードは多くのカード会社が対象ですが、大手でもVISAなどは対象外のため、注意してくださいね!

クイックペイの利用を検討しているなら、事前に公式サイトで対象のカード会社をチェックしておくのが◎。

利用金額の上限が2万円

クイックペイの利用時に注意したいのが、利用金額の上限が設定されていることです。1回の支払いにつき2万円が上限と決められています。店頭での支払い時には分割払いもできないため、高額なお買い物の際には気を付けてくださいね!

ただし、クイックペイプラスであれば上限はありません。スマホタイプのクイックペイを利用し、クイックペイプラスマークのある店舗で買い物をする場合は、上限を気にしなくてもOKです。

なお、お店のマークがクイックペイの場合は、スマホタイプであっても通常どおり2万円が上限になることを、覚えておいてくださいね!

クイックペイ独自のポイントはない

電子マネーやQRコード決済では、そのサービス独自のポイントが付与されるケースがあります。しかし、クイックペイでは独自のポイント還元システムはありません。

クイックペイはあくまで、クレジットカードなどの支払いを『便利に中継してくれるサービス』と考えましょう。独自のポイントプログラムはないものの、クレジットカードのポイントをそのまま貯めることができるので、むしろ効率がいいと感じる人もいるはず。

クイックペイと紐付けるカードによって、ポイントの貯まり方は大きく左右します。どのカードを使用するかについては、しっかり吟味することが大切ですよ。

クイックペイにおすすめのクレカ3選

クイックペイは、175社以上のカード発行会社に対応しています。その中から、クイックペイの利用におすすめのクレジットカードを紹介します!

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

『セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード』は、クイックペイを使用するならチェックしておきたいカードです。クイックペイ加盟店で使用すると、利用合計金額の3%相当がポイント還元されます。

ただし、SAISON MILE CLUBに登録している場合は、対象外です。また、毎月のクイックペイでの利用金額が1,000円に満たないケースや、オンラインショップでの決済も対象外になるため、注意してくださいね。

初年度年会費無料で、年1回以上使用すれば、翌年度も無料になります。ナンバーレスカードも選ぶことができ、セキュリティ面でも安心ですよ。

JCB CARD W

『JCB CARD W』は、18歳以上39歳以下の人が申し込める、年会費永年無料のJCBカードです。このカードが含まれるJCBオリジナルシリーズは、妊娠中・子育て中のママとパパの投票によって選ばれる『MAMADAYS総選挙2020』のお金部門で、最優秀賞を受賞しました。

JCB CARD Wは、通常のJCBカードに比べて常に2倍以上のポイントが付与される、お得な還元率が魅力です。また、スターバックス コーヒーやセブン-イレブンなど、JCBのパートナー店で使用すれば、さらに還元率が上がる仕組みです。

入会はWEBで、入会と同時に会員専用サイト『MyJCB』に自動登録されます。郵送の利用明細書は発行されないため、MyJCBから確認してくださいね。女性の場合は、女性向けのサービスが充実した『JCB CARD W plus L』がおすすめですよ!

Orico Card THE POINT

『Orico Card THE POINT』は、年会費無料で高還元率が特徴のクレジットカードです。通常の還元率は1%ですが、入会後6カ月間は還元率が2倍にアップします。

そのほか、オリコモール経由でオンラインショッピングを行うと、0.5%以上のポイントがプラスされ、さらにお得ですよ!クイックペイだけでなく、『iD(アイディ)』も搭載されています。2種類の電子マネーが使用できるため、さまざまなシーンで活用してくれるはず。

クイックペイを使いこなしてポイントGET

クイックペイは、ポストペイ型で登録すれば事前チャージも必要なく、スムーズに決済できるサービスです。普段クレジットカードを利用している人なら、クイックペイと連携することで、もっと便利にキャッシュレス決済ができますよ。

クイックペイを使いこなし、さまざまな場面でお得にクレジットカードのポイントをGETしてみませんか?

spacer

RELATED