恋人同士の写真
伊東ししゃもアイコン伊東 ししゃも
お気に入り

「生理」のこと、どうしたらわかってくれるの?男性の理解度が調査で判明

女性の「生理」に関して、男性がどこまで理解してるの? そんな男性の理解度を徹底調査したアンケート結果をご紹介します。商品比較サイト「エラベル」が実施した調査で、生理の症状や費用、頻度、気をつけたほうがいいこと、など生理の実態について男性に質問。男性の理解度が見えてきましたよ。女性にとっては当たり前のことでも、男性にっては未知の領域なのかも…そんな興味深い結果も見られます。生理に悩む女の子も必見です。お互いに気持ちが楽になるヒントが見つかるかも。

更新 2021.08.25 公開日 2021.08.25
目次 もっと見る

女の子には当たり前の生理。でも男性にとっては…?

毎月憂鬱な「生理」。人によって症状もまちまちですが、せめて自分のことくらいパートナーには理解して欲しい…。そんな淡い期待を打ち砕かれたこと、ありませんか?

「なんでわかってくれないの?」
「どこまで彼氏は生理のことを理解してるんだろう」

きっとそんな疑問を抱いたことがある人もいるはず。

そこで、今回は「女性の生理に関する理解度」を、男性に向けて調査したアンケート結果をご紹介します。これは商品比較サイト「エラベル」が実施した調査で、10代〜60代の男性581人にお話を聞いたもの。

生理の症状、費用や頻度などなど、女の子には当たり前のことでも、意外と男性は知らないのかも。

ではさっそく男性の「理解度」をチェックしちゃいましょう。パートナーが自分のことをわかってくれない理由が、垣間見えるかもしれませんよ。

1:男性に聞いた!「あなたは生理について理解がありますか?」

「あなたは生理について理解がありますか?」の問いに44.8%が「はい」と回答。わずかですが、「いいえ」を上回っていますね。

でも、本当に、みんなわかっているんでしょうか?

2:75%は正答!「生理ってどのくらいの頻度で起こるか知ってる?」

生理の頻度について、441人の男性は「4週間に1度」と回答。一般的に女性の生理周期は25日〜28日と言われているため、75.9%の男性は正しく理解していると言えそうです。

ただし実際、生理が1週間続く上、PMSなどに悩まされている人のパートナーは「1〜2週間おきに大変そう」という理解なのかもしれませんね。

またパートナーが生理不順の場合には「不定期」と理解していることもあるのかも。

3:イライラするものでしょ?「生理の症状について正しく理解してる?」

複数回答有りのこちらの質問。最も多い答えは「イライラする」が89.1%という結果に。出血や腹痛をおさえて、イライラするが1位なのはびっくりですよね。

実際、生理中にイライラした矛先がパートナーに向いてしまうことが多く、生理=イライラするものだ、と理解している人が結構いるのかも。

出血は「1週間も続かないだろ…」と思ってる人もいるのかもしれませんね。…続きますよ!

4:生理はお金がかかる!「生理用品にかかる1か月の金額について知ってる?」

生理用品にかかる1か月の金額は? という問いに対して、最も多い答えは1,000円〜1,500円という結果になりました。お店で目にする機会も増えてきていて、大体の金額が把握できているのかも。

ちなみに一般的には生理にかかる1か月平均の金額は、1,600円程度なのだそう。毎月かかる生理用品や、定期的に買い換える生理用の衣類、ケア用品など、なんだかんだでお金がかかるんですよね。

もしあなたのパートナーの理解度が低ければ、日常的にどんな生理用品を使っているのか、一度話してみるのもありなのかも。理解が得られるかもしれませんよ。

5:正しくサポートできる?「生理中にしないほうがいいことは?」

「生理中にしないほうが良いことは?」の質問に、最も多い答えは「性交渉」374人となりました。実際、生理中の性交渉では男女共に性感染症のリスクが高いため、回答として◎。

次に多かった回答は「体を冷やす」「過度な運動」が挙げられており、これもわかりやすい内容のようですね。

一方で、飲食に関するものは理解度が低いようでした。実際女の子でも、「アルコールの摂取」や「カフェインの摂取」が生理に影響する、ということをあまり知らない子もいるのでは?

6:パートナーの生理周期を理解したい?

パートナーの生理周期を理解したい? という問いには「知りたい」が59.2%(344人)という結果に。「気遣い・サポートしてあげられるから」(144人)、「理解を深めたい」(40人)など、ポジティブな意見が挙げられていました。

一方で「パートナー次第」(35人)や「知られたくないかもしれない」(34人)などの理由から、「どちらとも言えない」という男性は29.9%(174人)。

「知っても何もできない」(14人)や「聞きづらい」(8人)などの理由から、「知りたくない」という人は10.8%(63人)いました。

デリケートな問題だからこそ、なかなか踏み込めないという男性も多いのかもしれませんね。

生理を「女の子だけの問題」にしないで、パートナーと話し合ってみて

今回のアンケートでこんな意見もあったそう。

「サポートはしてあげたいが人によって具合が違うのでどうすればいいのかわからない」(20代会社員)
「生理の時は、極力外出を避けたり、食事や掃除などの家事を手伝ったり、パートナーの負担を減らすことができるから、生理について理解したい」(40代自営業)
「わからないからと目を背けるのではなく、寄り添ってほしいと言われてハッとした」(30代無職)

理解したいけど「わからない」「人によって違うから、実際何をして欲しいのか知りたい」そんな男性もきっと多いのではないでしょうか。

毎月起こる身体の問題だからこそ、パートナーの理解度を深めることに絶対損はないはず。特に生理が重くて辛い女の子は、ちゃんとパートナーに相談してみましょうね。

生理は今や「女の子だけの問題」じゃない。女の子の辛さや苦しさを、ちゃんと男性にもわかってもらえることで、きっと男性も女性も生きやすい世の中になるはず。

男性にとって「当たり前じゃない」からこそ、まずはわかってもらうことから始めませんか?

【調査概要】
『「生理」に関するアンケート調査』
調査対象:10代〜60代の男性581人
調査期間:2021年7月21日〜7月26日
調査方法:インターネット調査

spacer

RELATED