抹茶ゼリーサイダー
EDITORSのロゴasami.kobayashi
お気に入り

コーヒー感覚で気軽に抹茶を楽しむ!プレミアム抹茶カフェ「ATELIER MATCHA」のオリジナル抹茶ドリンクに注目♡

プレミアム抹茶をカジュアルに楽しめる抹茶カフェ「ATELIER MATCHA(アトリエ マッチャ)」が東京・人形町にオープン♡ コーヒーを楽しむような気軽な感覚で、老舗の本格抹茶をドリンクやスイーツでいただくことができるカフェなんですよ。どんな味か気になる…! ということで、ライターが実際に試食・試飲したレポート記事をお届けします♡

更新 2021.08.16 公開日 2021.08.17
目次 もっと見る

東京・人形町にプレミアム抹茶カフェ「ATELIER MATCHA」がオープン!

コーヒーや紅茶を飲むような感覚で、本格抹茶を楽しめるカフェが東京・人形町に誕生しました。

お店の名前は、「ATELIER MATCHA(アトリエ マッチャ)」。江戸時代から続く京都の老舗製茶問屋「山政小山園」による、初のプレミアム抹茶カフェです♡

人形町駅から徒歩30秒ほどで、見えてきたのは白壁と木枠の窓やドアが印象的な外観。

シンプルながら木や緑、クラフトを取り入れた、欧米で人気だという「JAPANDI」スタイルを取り入れたデザインのお店です。

窓際は「縁側」と呼ばれるオープンスペースで、ここに座って抹茶を楽しむこともできるんですよ。

コンセプトは「Matchaのサードウェーブ」

抹茶を淹れるところ

カフェのコンセプトは、「抹茶のサードウェーブ」。

サードウェーブコーヒーは聞いたことがあるけど、抹茶のサードウェーブって……? と思いますよね。

抹茶ブームの最初が茶室で上級抹茶を限られた人が楽しむものだったとすれば、第2のブームは2000年代の抹茶スイーツ、抹茶ラテの登場。

第2のブームで抹茶は一気にカジュアル化し、多くの人に楽しまれるようになった一方で、製菓用抹茶や抹茶パウダーの使用で低価格の抹茶が主流になりました。

そして世界的にも“Matchaブーム”が広がる中、本来の伝統的な上級抹茶のおいしさをもっと気軽に楽しめるのが「抹茶のサードウェーブ」なんです♪

エスプレッソスタイルでいただく「MATCHAショット」で本格抹茶の味を堪能

MATCHAショット

「ATELIER MATCHA」のオープンに先駆けて行われた試食会で、まず振る舞われたのは、エスプレッソスタイルでいただく「MATCHAショット」。

砂糖のあり・なしが選べ、砂糖ありの場合はグラスのふちに砂糖がまぶされているんです♡

濃厚でしっかりとした渋みを感じる本格抹茶の味わいに、期待値も高まります。

コーヒーが苦手な私は常日頃から「おいしい日本茶をメインに出してくれるカフェはないかなあ」と思っていましたが、ついに出合えたかも……!

「MACHAショット」¥220

まずはここから♡「ATELIER MATCHA」のおすすめドリンク&スイーツ4選

抹茶ドリンクを作っているところ

「ATELIER MATCHA」のドリンクは、大きく分けて2種類。

山政小山園による著書『京都・宇治小山園おうちでかんたんごちそう抹茶ドリンク』(淡交社)からセレクトされた、見た目も味もポップで新しい「ごちそうMATCHAドリンク」。

そして、抹茶本来の旨みや香りが満喫できる「ストレートMATCHAドリンク」です。

今回は、試飲でいただいたドリンク3種と、テイクアウトでもイートインでも楽しめる販売中のMATCHAスイーツをひとつ、ご紹介します♪

抹茶ゼリーがつるんと飲める♪「MATCHA ゼリーサイダー」

抹茶ゼリーサイダー

夏にぴったりのごちそうMATCHAドリンクがコチラ。泡がはじける炭酸の中には、ひと口サイズの抹茶ゼリー。そして、さらに清涼感をアップさせる檸檬の輪切りが入っています。

炭酸のシュワッとした刺激にレモンのさわやかな酸味、そして抹茶ゼリーの甘みとプルプル感が相性バッチリ!

抹茶ゼリーはそのまま取り出して食べてもおいしいですが、レモン風味の炭酸と合わせると、より夏らしいさわやかな風味を感じられます。

ぜひ抹茶ゼリーをつぶしながら、炭酸と混ぜて飲んでくださいね。

「MATCHA ゼリーサイダー」¥660

あんこ×抹茶×わらび餅は間違いない組み合わせ♡「MATCHA わらび餅しるこ」

抹茶わらび餅しるこ

「MATCHA わらび餅しるこ」は、スイーツ感覚で楽しめる、満足感のある王道のごちそうMATCHAドリンク。

名前のとおり、あんこがたっぷりとのったおしるこのような抹茶ドリンクです。

約100年あんこを作り続けているというあんこの老舗「望月製餡所」の2タイプのあんをトッピングしているそう。

練乳ミルク氷に抹茶とミルクが注がれた上に、ホイップクリームとこだわりのあんこがトッピングされた、まさに王道のスイーツドリンクは、どこをとっても最高のハーモニー♡

さらに、中に入ったプニプニ食感のプレーンのわらび餅は飽きの来ない控えめな甘さで、いくらでも食べられてしまいそうです。あんこや抹茶との組み合わせは間違いナシ!

抹茶の渋みを足したい方は、ついてくる抹茶ショットで“追い抹茶”ができますよ♪

「MATCHA わらび餅しるこ」¥748

ミルクが抹茶を引き立てる「MATCHA グリーンティー」

抹茶ラテ

飲みやすい抹茶ドリンクを味わいたい方におすすめなのが、ストレートMATCHAドリンクの「MATCHA グリーンティー」。

抹茶本来の味わいや豊かな香りも楽しめつつ、冷たいミルクが渋みや苦みをさっぱりとマイルドにしてくれるので、ほどよい甘さでとっても飲みやすいんです。

ストレート抹茶には抹茶の健康成分であるカテキンやテアニンが多く含まれているので、朝の目覚めや仕事合間のリフレッシュにもぴったりなんだとか♪

「MATCHA グリーンティー」¥330 ※写真中央は「MATCHA ウォーター」¥275

ねっとり濃厚♡「トシヨロイヅカ 至高のMATCHAテリーヌ」

至高の抹茶テリーヌ

「ATELIER MATCHA」では、全国の生産量のわずか0.03%しかとれない抹茶の原料葉を使用し、さまざまなトップクリエイターと作り上げる山政小山園の抹茶体験プロジェクト「ALL FOR ONE」のプレミアムスイーツと、山政小山園のオリジナルスイーツの販売も。

トシヨロイヅカ作の「至高のMATCHAテリーヌ」は、抹茶の濃厚な旨みや香りをしっかりと感じられる本格抹茶スイーツです。

食べてみると、ねっとりとみずみずしい口当たりがたまりません! 栗のペーストも入っていて、抹茶とのマリアージュが楽しめます。

優しく上品な甘さなので、濃厚でありながら、もっと食べたい、とあとを引く味わいです。

イートインはもちろん、テイクアウト購入も可能なので、プレゼントや手土産にいかがでしょうか?

「トシヨロイヅカ 至高のMATCHAテリーヌ」¥660

ほかにもさまざまな抹茶ドリンク&スイーツが♡

ほかにも、「ATELIER MATCHA」にはさまざまな抹茶ドリンクやスイーツが用意されています。

ミルクセーキに抹茶を加え、インパクトある綿あめで覆った「MATCHA コットンキャンディー ミルクセーキ」や、抹茶とホイップクリーム、そしてココアクッキーの濃厚なハーモニーが楽しめる「MATCHA クッキークリームシェイク」など、ほかでは味わえない、まさに“ごちそう”な抹茶スイーツドリンクも。

プレミアム抹茶のおいしさをストレートに楽しめるドリンクはもちろん、ソーダやフルーツ、ヨーグルトなど、一見「抹茶と合うの?」と思うような意外な組み合わせが、飲んでみると「なるほど、おいしい!」とうなってしまう、そんなオリジナルドリンクがたくさん♪

夏はかき氷、冬はチョコレートドリンクなど、季節限定のドリンクやスイーツも続々登場予定だそうですよ♡

(左)「MATCHA コットンキャンディー ミルクセーキ」¥748、(右)「MATCHA クッキークリームシェイク」¥748

これからは抹茶をカフェで気軽に楽しむ時代

ATELIER MATCHAの抹茶

「ATELIER MATCHA」で使用されている抹茶は、本格的なお茶会で使われている、手摘みの一番茶を主な原料茶葉とする高級抹茶です。

今後は期間限定で、希少なシングルオリジン抹茶(ひとつの品種でブレンドした抹茶)や、碾茶(石臼で挽く前の抹茶の原料茶)を使用したメニューを提供したり、厳選した茶葉の玉露やほうじ茶のメニューもラインナップする予定なのだとか。

アメリカのシリコンバレーやニューヨークでは、抹茶は脳を活性化させる“クリエイティビティ・ドリンク”として支持されているといいます。抹茶の発祥の地である日本でも、今後はカフェで仕事前に抹茶ドリンクを一杯、という日が来るかもしれません。

そんな抹茶のサードウェーブを感じに、ぜひ「ATELIER MATCHA」に足を運んでみてくださいね♪

【店舗詳細】
『ATELIER MATCHA(アトリエ マッチャ)』
住所:東京都中央区日本橋人形町1-5-8
電話番号:03-3667-7277
営業時間:9:00~18:00
定休日:火曜日 ※8月は無休で営業予定

spacer

RELATED