女性のあごのアップ
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

小顔に見える!胸鎖乳突筋を鍛えて“3Dネック”を手に入れよう

長くてほっそりとした首筋、憧れますよね。「首は生まれつきのものだから仕方がない」とあきらめちゃっている人は多いかも知れないですが、実はトレーニングをすることですっきりとした首筋を手に入れることができるんです。そこで今回は、パーソナルフェイストレーナーの木村祐介さんに、首のトレーニングについて教わります。

更新 2021.08.13 公開日 2021.08.22
目次 もっと見る

小顔効果もある“3Dネック”って?

長くてほっそりとした首筋、憧れますよね。「首は生まれつきのものだから仕方がない」とあきらめている人は多いかも知れないですが、実はトレーニングをすることで、すっきりとした首筋を手に入れることができます!

さっそく、そのやり方をパーソナルフェイストレーナーの木村祐介さんに教わります。

「3Dネックとは、立体的な首のこと。首にメリハリを作ってあげることによって、シュッと見せることができます。さらに、首を鍛えてあげると”首の姿勢”がよくなるので、長く見えますよ。

3Dネックは、胸鎖乳突筋(耳の後ろから鎖骨に向かって斜めに伸びている筋肉)や広頚筋(こうけいきん 下顎から胸の上部に広範囲になる皮筋)、喉の筋肉を鍛えることで手に入れることが可能です。首が立体的になると小顔効果もあるので、日頃から鍛えておきたいですね」と木村さん。

というわけで、3つのトレーニングを真似してやってみましょう♪

①胸鎖乳突筋を鍛えて“首筋くっきり”


【やり方】
①背筋を正し、両手を肩に置きましょう。

②顔を右に向ける。

③顔を右に曲げたまま、胸に顔を近づける(90度に曲げるイメージです)。このとき、首が斜めになったり、姿勢が崩れないように注意しましょう。首を曲げたまま3秒キープしたら元の姿勢に戻ります。
①→②→③の動作を3回行ったら、反対側も行います。

【NG】
肩をすくめたり、顔を横に傾けるのは効果なし!

②広頚筋(こうけいきん)を鍛えて“首にシワのないデコルテ美人”

【やり方】
顔全体を使う意識で「う」の口にして、左胸に右手→左手の順に重ねましょう。

②右上の方向に顔を上げましょう。重ねた手からできるだけ離れるよう意識してください。しっかり伸びを感じる位置で5カウントしたら、ゆっくり①の姿勢に戻って。

①→②の動作を左右真ん中3回ずつ行いましょう。真ん中を行うときは、手も胸の真ん中に重ねてくださいね。

【NG】
肩をすくめる、首が伸びていない状態はNG。

“喉筋”を鍛えてほっそり首に

【やり方】
①顔全体を使う意識で「う」の口にして、胸に両手をあてます。

②「う」の口のまま、手の甲にアゴをつける。このとき、口の中に卵が縦に入っているイメージで、喉に力を入れて、上アゴを脳にぐっと寄せることをイメージしましょう。

③喉に力を入れたまま、ゆっくりと頭を上げる。この時、写真のように、喉に筋が入っていればOK。目線は遠くに向けましょう。口の中をできるだけ縦に広くするイメージはキープをしながら、5カウント数えて。

①→②→③の動きを5回行いましょう。

【NG】
②のとき、首をすくめないよう注意。

【NG】
③のとき、肩が上がったり、首の後ろにシワを作ったりしないようにしましょう。

首を鍛えて、美しい首筋を手に入れよう。

毎日の積み重ねで首は変わっていくので、コツコツ鍛えることが大切。首のコリにも効果ありなので、デスクワークが多い人などにもおすすめです。ぜひ今日から始めてみてください!

教えてくれたのは……

木村祐介

パーソナルフェイストレーナー
木村祐介さん
『ファンクショナル・ビューティ』(機能的な美しさ)を永遠に追求することをテーマに、均等がとれ機能的にも優れた美しい顔をクライアントと一緒に創り上げる。美の最前線にいるトップモデルや、表現の最前線にいる役者とのセッションを通じ、体が本来持っている運動力学や機能解剖学を基とした、『美顔ワークアウト』を独自に考案。パーソナルフェイストレーナーとして都内を中心に活動している。美の追求者の方より常に高い評価を得ており、芸能界のリピーターも多く、撮影前の顔のコンディショニングには欠かせない存在。

*Staff*
Photo:Koichiro Inomata

spacer

RELATED