ハイウエストドレープストレートパンツ
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

パンツコーデで美脚を目指すならハイウエストを♡ナチュラルにスタイルアップする秘訣

パンツスタイルをもっと着こなしたいけど、脚のラインが強調されちゃうのが苦手…。そんなパンツスタイルに悩む女子に贈りたいのが“ハイウエストパンツ”です。ハイウエストパンツはウエストの位置を高く見せてくれたり、体型カバーも担ってくれたりと実はメリットがたくさん。今回はハイウエストパンツを上手く着こなすポイントや、おすすめコーディネートをご紹介していきます!

更新 2021.08.06 公開日 2021.08.07
目次 もっと見る

パンツスタイルに悩める女子に贈る“ハイウエスト”のすゝめ

BASE

「パンツスタイルって、体のラインが出るからちょっぴり苦手。でもやっぱりデニムとかスキニーも履いてみたい…」
そのお悩み、“ハイウエストパンツ”が解決してくれるかも!

ハイウエストパンツは腰位置を高めに見せることで、すらっとした脚のラインを演出してくれたり、シルエットによっては体型カバーも叶えてくれる心強いアイテムなんです。

ハイウエストパンツの着こなし方やコーデ術をチェックして、パンツスタイルの幅を広げちゃいましょ。

“ハイウエストパンツ”をおしゃれに着こなすためのpoint5つ

①初心者は着回しのきく“デニムタイプ”がおすすめ

出典mabout.jp

ハイウエストパンツを始めて手に取る方や、苦手意識のある方におすすめしたいのが“デニムタイプ”です。

デニム素材は、どんな雰囲気のアイテムとも馴染みやすいのがポイント。
ラフなTシャツに合わせればカジュアルに、柔らかい質感のブラウスと合わせればフェミニンな装いに…etc.

自由度が高いデニムタイプのハイウエストパンツは、1本持っておくと重宝すること間違いなしです。

②体型カバーにはワイドなものをchoice

WEAR

「パンツスタイルは体のラインが出てしまうのがとにかく心配…」という方は“ワイドタイプ”をチョイスしてみましょう。

さらにワイドタイプの中でもハリ感のある生地で作られているものを選んであげると、ウエスト周りや脚のシルエットをよりカバーしやすくなるので◎

ゆったりめのコーディネートが好きだけど着膨れして見えるのが悩みという方も、ハイウエストタイプのワイドパンツを組み合わせてあげると、ダボっと感を解消できるかも!

③ゆるめトップスでメリハリをつける

WEAR

メリハリのあるコーディネートに仕上げるなら、トップスはゆったりしたものを合わせるのがポイント。

特に細身のタイプはオーバーサイズのTシャツなど、ゆるっと感強めのアイテムと組み合わせても良い感じにコーデがまとまってくれます。

重心を思いきって上めに持ってきて、ハイウエストパンツの縦のラインをさらに美しく見せちゃいましょう♡

④大人っぽく着こなすなら“タック入り”を

BASE

ハイウエストパンツを大人っぽく着こなしたいなら、“タック入り”がイチオシです。

パンツの真ん中に縦のラインがすっと入っているだけで、簡単に上品な印象に仕上がるんです。

シャツやブラウスを合わせてとことん大人っぽさを出すもよし、Tシャツやスウェットと合わせてカジュアルダウンさせるもよしです◎

⑤ベルトやリボン付きをチョイスして“ウエストマーク”するのも◎

DHOLIC

ベルトやリボンの付いたアイテムを選べば、キュッとしたウエストラインをアピールできちゃいます。

全体的にゆるっとしたコーディネートに仕上げている場合は、ウエストマークしてあげると、シルエットにメリハリを出せるのでおすすめ◎

また、元から付属しているタイプだと手持ちのベルトを合わせるよりも統一感が出て、コーディネートを組みやすくなるのが魅力です。

ナチュラルにスタイルアップを叶える“ハイウエストパンツ”のLOOK BOOK9選

1|パステルカラーで春を感じるシャツ×デニム

BASE

まろやかなピンクシャツと水色のハイウエストデニムの組み合わせは、カラフルながらもトーンを統一することでまとまりのある印象に。

シャツはあえて全面のみをINするのが、こなれ感を出すポイントです!
パンツにINした後に少しシャツを引っ張って、くしゅっとさせてみましょう。

カフェにふらっと行きたくなる春のカジュアルコーデはいかが?

2|透明感を演出する大人の色っぽ肌見せコーデ

DHOLIC

大胆に首元が空いたストライプトップスには、タック入りのハイウエストパンツをチョイス。
さらに小さめのハンドバッグやヒールのある靴を組み合わせて、上品さをとことんプラスした肌見せスタイルに。

ヘアはアップスタイルで耳元にシンプルめのピアスを添えれば、もっと大人っぽい色気を醸し出せそうです♡

3|ポップなショート丈でなりきりスクールガール

BASE

カラーのショート丈パンツにはラフなTシャツを合わせて、ポップでアメリカンなカジュアルコーデに。
Tシャツのロゴとパンツの色味を一緒に、それ以外はホワイトで統一することで、派手になりすぎていないのがポイント!

大きめのトートバッグに本や雑誌を詰め込んで、スクールガールになりきっちゃう?

4|ほんのり甘さを感じるオフショル×黒スキニーコーデ

DHOLIC

ハイウエストパンツといえば鉄板の“スキニー”。
中でもブラックはどんなコーデにも合わせやすくて、とっても万能ですよね。

写真のようにフェミニンなオフショルトップスと組み合わせれば、デートにもぴったりな甘めスタイルに。
ウエストのギャザーがスタイルアップも叶えてくれそうです♡

5|シャツをさらっと羽織ってメンズライクに

こちらのハイウエストデニムは、ウエストが折り返しのデザインになっているのが特徴的です。
インナーはINをして、ウエストのデザインをしっかり活かしたスタイリングに。

さらっとストライプ柄のシャツをはおれば、メンズライクな印象にまとまってくれます。
色味も鮮やかにしすぎず、クールなかっこよさをとことん強調してみて。

6|スウェットパンツ×派手めキャップで脱・パジャマ感

BASE

ちょっぴり難易度高めのスウェットパンツもハイウエストタイプを選べば、簡単におしゃれな印象に仕上げられそう♡

こちらのオレンジ色のキャップのように、小物で彩りやアクセントを加えてあげると、より垢抜けたコーディネートが作れるのでおすすめです。

7|ボレロカーディガンでほっこり秋コーデ

WEAR

秋になると恋しくなるのがこっくり色のカーディガン。
ゆるっとしたカーディガンは、デニムタイプのハイウエストパンツとも相性抜群です。

インナーのトップスはぴったりめのものをチョイスして、ダボっとしすぎるのを回避してみて。
さらにベルトのウエストマークでXのラインを作って、しっかりとメリハリを出すのがポイントです。

足元にはぺたんこパンプスを添えれば、ほんのりと可愛らしさもプラスできそう◎

8|チェックパンツが主役のレトロスタイル

BASE

ちょっぴり難易度高そうなチェックパンツは、レトロコーデに仕上げてみるのがいいかも!
シンプルなエナメルシューズはレトロっぽさを出すのに一役買ってくれます。

さらに他の色味をブラックで統一することで、レトロの中にもクールさが備わった唯一無二のコーディネートに。

9|トレンチコートで上級者風ゆるっとコーデ

WEAR

ハイウエストパンツに合わせるアウターに困った時は、上品にもカジュアルにも着こなせる“トレンチコート”がおすすめ!

こちらのコーディネートは柔らかい質感のトレンチをチョイスすることで、余裕のある大人のこなれ感を演出。
バッグやローファーは同系色の馴染ませカラーを選んで、さらにワンランク上のスタイリングに仕上げてみましょう。

スタイルアップを狙うなら“ハイウエストパンツ”を試してみて!

いかがでしたか?
今回は“ハイウエストパンツ”の特徴や着こなし方、さまざまなテイストのコーディネートを紹介してみました。

ボトムをハイウエストにするだけで、スタイルアップを目指せるなんてとっても魅力的ですよね。
パンツスタイルが苦手な方も、ハイウエストパンツを一度手に取ってみてはいかがでしょうか?

あなたのコーディネートの幅がグッと広がっちゃうかも♡

spacer

RELATED