お花のスマホケース
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

QUICPayの使い方はとっても簡単!スマホへの設定方法もチェック

キャッシュレス化が進む中、いろいろな電子マネーが使われていますが、その中の一つがQUICPayです。では、QUICPayにはどのような特徴があるか知っていますか?QUICPayを使うメリットや、気を付けておきたいポイントなどを紹介します!

更新 2021.08.18 公開日 2021.08.20
目次 もっと見る

QUICPayってどんなもの?

レジでたまに見るQUICPayのマーク。知っているつもりで、実は何なのかよく知らない…という方も多いのでは?

QUICPayは近年普及してきた電子マネーの一種。JCBによって提供されています。まずは、QUICPayの特徴をみていきましょう!

スマートフォンタイプ、カードタイプなど種類が豊富

QUICPayには、スマホタイプやカードタイプなど、さまざまな種類があります。

スマホタイプはAndroidならGoogle Payに対応した端末、iPhoneならApple Payに対応した端末で使用できます。

カードタイプには、QUICPayの機能だけがついた専用カードのほか、クレジット一体型やnanacoの機能が付いたカードなど、複数の種類があります。

そのほかにもコイン型のタイプなど、少し特殊なものもあり、使い方に合わせて選べるのがよいですよね!

支払い方法は3種類から選べる

通帳ケースminne by GMOペパボ

QUICPayの支払いには、以下の3種類のカードを指定することができます。カードの支払い方法に応じて『後払い』『即時引き落とし』『先払い』となります。

・クレジットカード(後払い)
・デビットカード(即時引き落とし)
・プリペイドカード(先払い)

クレジットカードの場合、他のクレジット利用の料金と合わせて、後日まとめて請求される方式です。

デビットカードの場合、利用した時点ですぐに口座から引き落とされます。使用する際の口座残高には、注意が必要です!

プリペイドカードの場合は、支払いの前に必要な金額をチャージしておかなければいけません。使い過ぎを防げるという点では、メリットもあります。

どんなメリットがあるの?

QUICPayの概要が分かったら、次は使うメリットが気になりますよね!便利で安心なQUICPayの魅力を紹介します。

かざすだけでスピーディに決済できる

多くの電子マネーの特徴といえば、スピーディに決済できることですよね。QUICPayも同様で、スマホやカードを読み取り機にかざすだけで支払いが完了するため、手間いらずなのがうれしいポイント。

現金の場合、現金を出したりお釣りをもらったりする必要があります。キャッシュレスの決済にはクレジットカードもありますが、サインや暗証番号が必要で、即時決済というわけにはいきませんよね。

コード決済もスピーディですが、アプリを起動して、QRコードやバーコードの読み取りが必要です。QUICPayは『レジでもたつくことなく決済が完了する』のが大きなメリットといえますね!

コンビニやタクシーなど使える場所が多い

QUICPayは、多くの場所で使用できるのもメリットの一つです。スーパーやコンビニなどで物を買うときだけでなく、レストランやタクシー、ガソリンスタンドやレジャー施設など、さまざまなシーンで活躍してくれますよ!

いくら決済がスピーディでも、使える場所が少なければ使いづらいですよね。QUICPayは全国133万カ所以上で使用でき、使える場所は年々拡大しています。今後も使える場所やサービスが増えていけば、ますます便利になるはず。

クレジットカード払いなら事前チャージ不要

スマホを見ている女の子出典17kg.shop

3つの支払い方法のうち、プリペイドカードは事前チャージが必要ですが、クレジットカードは後払いのため事前チャージが必要ありません。いざ支払う時になって、残額が足りないということがなくなります。

デビットカードのようにあらかじめ残高を確認する必要もなく、スムーズに決済できるのもうれしいですね!

QUICPayは、楽天カードや三菱UFJニコスカードなど、数多くのクレジットカードに対応しています。対応カードを持っているなら、設定すればすぐに使用できますよ。

セキュリティ面も安心

スマホケースPinkoi

QUICPayは、お店の端末にかざすだけで決済が完了するため、セキュリティ面でも安心です。

例えばクレジットカードの場合、使う際にカード番号や暗証番号を盗み見られる可能性があります。また、スキミングの被害にあうケースもあり、使用には十分気を付けなければいけません。

その点QUICPayは、暗証番号の入力も不要です。誰かに見られても、情報が漏れる心配は少ないです。スマホの指紋認証や顔認証など、生体認証が設定されている端末なら、より安全に使用できますね。

QUICPayを設定しよう

メッシュエコバッグBASE

QUICPayを使用するには、あらかじめ設定をしておく必要があります。スマホやそれ以外でどんな設定や手続きが必要なのか、チェックしておきましょう!

Androidで利用する場合

Google Pay対応のAndroidなら、簡単な設定ですぐ使用できます。端末でGoogle Payを起動し、『+お支払方法』をタップしましょう。その後、『クレジット/デビット/プリペイド』を選択するとカメラが起動するため、登録したいカードを読み込ませます。

セキュリティコードなどを入力し、『Google PayでQUICPayを利用できます』と表示されたら、『続行』をタップしてくださいね。続いて規約が表示されるため、内容を確認し『同意して続行』をタップします。

表示された本人認証画面で認証を行えば、QUICPayの登録は完了です!もしGoogle Payが入っていない場合は、Google Playからダウンロードしてくださいね。

・アプリ名:Google Pay - 支払いもポイントもこれ1つで。
・価格:無料

iPhoneで利用する場合

アイフォンBASE

まずはiPhoneでWalletを起動し、『追加』か右上の『+』をタップします。Apple Payの説明が表示されたら、内容を確認して『続ける』をタップしてください。

『クレジット/プリペイドカード』を選択するとカメラが起動するため、追加するカードを読み込みましょう。次の画面で、名前・カードの有効期限・セキュリティコードを入力して『次へ』をタップします。

規約の内容を確認して『同意する』をタップし、読み込んだカードがWalletに追加されたら、『完了』をタップして設定は終了です!

Walletアプリが見つからない場合は、App Storeからインストールして設定すればOKです。

・アプリ名:Apple Wallet
・価格:無料

スマホ以外で使うなら?

財布Pinkoi

スマホ以外でQUICPayを使いたい、という人もいるかもしれませんね。その場合、あらかじめカード会社に申し込みをする必要があります。

JCBカード会員なら、JCBのサイトからQUICPayカードやコインタイプを申し込めばOKです。裏面にQUICPayマークが付いているnanacoカードなら、手続きすることでnanacoとQUICPayの2種類の電子マネーが使えるようになりますよ。

また、クレジットカード自体に、QUICPayの機能が付帯しているものもあります。JCBカードならばほぼ付いていますが、それ以外にも機能が付いているクレジットカードがあるため、自分の使いやすいカードを探してみてくださいね!

QUICPayの使い方

QUICPayの設定が完了したら、実際にお店で使ってみましょう。QUICPayの基本的な使い方を紹介します!

まずはQUICPayが使えるお店を確認

スマホを見る女の子BASE

まずは対象のお店で、QUICPayが使えるかどうかをチェックします。その際にはQUICPayのマークを探してみましょう!お店のレジ周りなどに表示されているため、確認してみてくださいね。

マークは2種類で、QUICPayと右上に+マークがついた『QUICPay+(クイックペイプラス)』があります。支払い方法として、プリペイドカードやデビットカードを設定している場合は、QUICPay+マークの店でしか使用できないため、注意しましょう。

クレジットカードを設定している場合は、どちらのマークのお店でも使用OKです。QUICPayのWebサイトからも使えるお店が調べられるため、お出かけ前にチェックしておいてもよいですね!

支払い時に「QUICPayで!」と伝える

お花のスマホケースBASE

レジで支払いをする際は、店員さんに「QUICPayで!」と伝えます。その後、iPhoneの場合はサイドボタンのダブルクリックで顔認証、またはホームボタンのダブルクリックで指紋認証を行ってから、お店の端末にかざしてくださいね。

Androidの場合は認証は不要で、そのまま端末にかざすだけでOKです。スマホ以外のカードなどの場合も、そのままかざすだけで特に暗証番号などは必要ありません。

お店の端末が、青色の点滅から青(緑)色の点灯に変わり、「クイックペイ」という音が鳴れば決済完了です!

使う際に知っておきたいこと

電子マネーは、それぞれに使用のルールがあります。QUICPayを使う際に、知っておきたいポイントを紹介します。

独自ポイントはたまらない

電子マネーの中には、使用した金額に応じて独自のポイントがたまるタイプもありますよね。残念ながらQUICPayには、独自のポイント還元システムはありません。

ただし、QUICPayの支払いに使用するクレジットカードのポイントは、ためることが可能です!QUICPayを利用する度にクレジットカードのポイントがたまるため、還元率の高いクレジットカードを設定しておけば、お得にポイントをゲットできますよ。

1回あたりの利用限度額がある

クリアのがま口バッグBASE

QUICPayでは、1回あたり2万円の利用限度額が設定されています。支払いができる上限が2万円である点には、注意しておいてくださいね!

ただし、QUICPay+マークの店で、スマホタイプを使用する場合は利用できる金額に限度はありません。2種類のマークの違いは、この点にも関係してくるため、2万円以上の支払いになる場合は、マークをしっかりチェックしてくださいね。

QUICPayを始めよう

QUICPayは使用しているスマホに簡単に設定できる上、多くのお店で使用できる電子マネーサービスです。支払い方法が3種類から選べるため、使い方に応じて設定できます。

アプリの起動なども不要で、スピーディに決済できるQUICPayを使って、快適なショッピングをしてみませんか?

spacer

RELATED