コスメと鏡
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

顔のくすみの原因とは?タイプ別の対策・対処法で明るい美肌を目指しましょ♡

疲れて不健康に見えたり、老け顔を作ったり…。顔のくすみは、マイナスの印象を与えてしまうもの。そんな顔のくすみには種類があって、角質、乾燥など原因別に分類できるのを知っていましたか?この記事で、タイプ別の対策・対処法をチェック!透明感あふれる明るい美肌を目指しましょ♡

更新 2021.07.27 公開日 2021.07.30
目次 もっと見る

顔のくすみはマイナス印象を与えてしまうことも

鏡で自分の顔を見たとき、曇り空のようにどんより暗く見える…なんてことはありませんか?
それは、顔がくすんでいる状態かも。
そんなくすみ肌では、顔が疲れて見えたり、不健康な印象を与えたりなど、マイナスのイメージを持たれてしまうかもしれません。
まずは顔のくすみの原因を知って、どう対策したらいいかチェックしましょう♡

そもそも「くすみ」とは、学術用語(皮膚科用語)ではありません。
明確な定義がないため、くすみのイメージや捉え方は皮膚科専門のお医者さんでもそれぞれ違います。
皮膚科クリニック(美容皮膚科)の日常診療でも、「くすみに困っている」「くすみを取りたい」という患者さんが多いそう。
でも、お医者さんとしては、くすみに対する明確なガイドライン(治療指針)がないので、医師それぞれの主観と経験で診療しているのが現状なのだとか。

この記事の監修者である、うるおい皮ふ科クリニック院長の豊田雅彦(とよだ まさひこ)先生によるくすみの定義は、「肌の透明感が失われ、顔全体が本来の明るさよりも暗く見える状態」。

顔のくすみの主要な原因と種類6つをおさらい

毎日スキンケアを頑張っているつもりなのに、顔がくすんでしまうのはなんで?
くすみ顔は、その原因によっていくつかの種類に分けられるんです。

1:お肌の乾燥

「乾燥は、お肌の敵!」なんていいますが、顔のくすみでもそれが当てはまります。
湿度の低下、過剰な洗顔やクレンジング、保湿不足、皮膚バリア機能の低下などで乾燥が進むと、お肌の水分量が低下して、表面のキメやハリが失われてしまうことも。
お肌は、光が当たったときに光を反射することで明るい印象を与えるもの。
毛穴が開きやすくなったり、粉っぽくなったりした乾燥したガサガサのお肌では、光をきれいに反射することは難しくなってしまいます。

皮膚のうるおいバリア機能を担っている3大保湿因子とは、

①皮脂膜
②セラミドなどの角質細胞間脂質
③フィラグリン・アミノ酸などの天然保湿因子

です。

乾燥肌は、これらの因子が不足しているためバリア機能が弱まっている状態。
乾燥によるくすみのサインには以下があるので、以下のチェックリストをチェックしてみてくださいね!

乾燥によるくすみのサインをチェック!

・顔の一部もしくは全体が灰色っぽくなる
・乾燥による突っ張り、かさつきなどのトラブルがある
・湿度の下がる季節には、顔のくすみが悪化する
・エアコンのきいた室内で長時間過ごすと、顔のくすみが悪化する

2:角層が厚くなる

お肌はいくつかの層でできていて、肌の奥で新しい細胞が生まれると、それが表面に向かって上がっていきます。
そして一番外側にある角層まで達すると、古い角層細胞と入れ替わっていきます。
これが肌のターンオーバー(新陳代謝)です。

しかし、睡眠不足やストレス、食事の栄養が足りないなどの生活習慣、誤ったスキンケア、加齢など、いろいろな原因でターンオーバーが遅れてしまうことがあるんです。
すると、古い角質細胞が蓄積して、角層部分が厚くなってしまい、これが光を遮ったり、透明感を損ねることになってしまう原因に。

また、肌のターンオーバーが乱れると、肌のバリア機能が正常に働きにくくなります。
これにより、「ターンオーバーの乱れ→肌の乾燥→くすみ」という負のスパイラルに陥ってしまうことも…。

角層が厚くなってできる顔のくすみは、手で触ったときに肌がごわついて感じる特徴があります。
角質肥厚によるくすみのサインには以下があるので、注意してみて!

角質肥厚によるくすみのサインをチェック!

・顔の一部もしくは全体が茶褐色や黒、灰色っぽくなる
・顔のくすみの目立つ部位は、ごわつき、ざらつきも気になる
・全身の肌の色と比較し、顔の色の暗さが気になる

3:血行不良

体中の細胞に栄養や酸素を届けるのは、血液。
だから、血行がよくないと、肌のすみずみまで栄養が届かなくなってしまいます。
また、血行不良で肌に老廃物が溜まってしまうことでも肌がくすんで見えてしまうんだとか。
血液の流れが滞ると、皮膚の薄い部分では血液が透けて見えて、肌が青黒っぽく見えることも。
そのため、顔のくすみが起きる原因のひとつに血行不良が挙げられるんです。

血行不良による顔のくすみは、色白の人が目立ちやすいみたい。
目の下のクマが青黒っぽく見えたり、冷え症があったりする人は、血行不良が原因のくすみが起きているかもしれません。

また、普段から疲れやすかったり、顔がむくみやすかったりする人も、血行不良がくすみの原因かもしれないので注意してみてくださいね。
運動不足の方も同様です。

血行不良によるくすみのサインには以下があります。今すぐチェックを!

血行不良によるくすみのサインをチェック!

・顔全体が青黒く、血色の悪さが気になる
・目の下の青クマが目立つ
・冬場はとくに、顔のくすみが悪化する

4:色素沈着が起こる

紫外線を浴びると、メラニン色素が生成されます。
これが、日焼けで肌が黒くなったり、しみやソバカスができたりする原因。
生成されたメラニンは、その後ターンオーバーが正常に働いていれば、古くなった角質と共に排出されます。
しかし、ターンオーバーが遅れたり乱れたりしていると肌にメラニンが蓄積してしまいます。
すると、日焼けしたように肌がワントーン暗く見えてしまうんです。
メラニンは、紫外線を浴びる以外に摩擦などの刺激があったときにも生成されます。そのため、洗顔やメイク落としなどをする際は、ゴシゴシ強く擦らないようにしましょう。
普段から強い刺激を与えないようにすることが大切です◎

メラニン色素によるくすみのサインには以下があります。

メラニン色素によるくすみのサインをチェック!

・顔の一部もしくは全体が茶褐色や黒っぽくなる
・春から夏にかけて、顔のくすみが悪化する

5:炎症後色素沈着

肌の炎症(かぶれ、アトピー性皮膚炎、乾燥など)による刺激により、メラノサイト(色素細胞)が反応して、メラニンを過剰に産生・蓄積することがあります。

それが、炎症が鎮まっても色素沈着が生じて発生する「赤ぐすみ」。
赤ぐすみは、炎症が長引いたり、繰り返し生じた結果でもあります。

6:糖化

糖化は、コラーゲンなどのタンパク質が、体内にある余分な糖分と結びついて体の細胞を劣化させる現象を言います。
糖化は別名で「体のコゲ」とも言われることも。
タンパク質が糖化すると、まるでパンケーキがこんがりきつね色になるように、黄色っぽく変色するんです…!

糖化により作られるのがAGEs(糖化タンパク質:糖化最終産物)。
糖化が肌に及ぼす影響はくすみだけではなく、たるみやしわの原因ともなり得ます。
だから、お肌が黄色っぽくくすんでいたら、それは糖化が原因のくすみかも。

糖化は老化現象のひとつで、年齢を重ねると起こりやすいものですが、普段からお菓子が大好きで甘いものをよく食べたり、食生活が乱れていたら危険信号。
生活習慣によっては、若い世代でも糖化は起こりやすいんだそう。
紫外線や喫煙などによる活性酸素の増加によっても、糖化が進行するので注意したいですね。

ちなみに酸化した脂質がタンパク質と結びついてできるALEs(カルボニル化タンパク質:脂質過酸化最終産物)も、肌の黄ぐすみにつながります。
肌の糖化によるくすみのサインは以下です。意識しながら自分の肌をチェックしていきましょう。

肌の糖化によるくすみのサインをチェック!

・顔全体が黄褐色に見える
・菓子パンやケーキ、ジュースなど、甘いものが止められない
・パスタやラーメン、丼ものなど、炭水化物の多いメニューが好き

乾燥、角質、血行不良、色素沈着、糖化…5つの原因ごとの「顔のくすみ」対策方法

ピスタチオカラーPAL CLOSET ONLINE STORE

顔のくすみを改善するなら、毎日のスキンケアや食事、生活を見直すことが大切◎

自分のくすみの原因ごとに対策をチェックしてみて!

乾燥タイプは、保湿ケア

コスメと鏡PAL CLOSET ONLINE STORE

乾燥が原因で起きる顔のくすみなら、徹底した保湿ケアがポイント!
洗顔のときは、洗顔料をしっかり泡立てて、泡をお肌にのせたらソフトに洗って。
人肌程度のぬるま湯ですすいだら、泡が残らないようにしっかり洗い流しましょう。
タオルで押さえるように水分をとったら、化粧水ですぐに保湿。
乾燥がひどい場合はフェイスパックを取り入れるのもおすすめ♡
化粧水をたっぷりお肌につけた後は、乳液や美容液をつけて、補給した水分が蒸発しないように油分でフタをすることを忘れずに。

また、乾燥タイプの人は、とくに洗顔の方法に気をつけてみて。
以下のステップで洗顔することで、くすみ予防が期待できるかも♪

乾燥タイプの人におすすめの洗顔方法

PAL CLOSET ONLINE STORE

■使用するもの

●洗顔料
洗顔料をしっかりと泡立てて洗うことが大切。
また、肌タイプに合ったものを使ってくださいね。
乾燥が気になるときには、洗顔料の使用は控えて。

●クレンジング
メイクをしているときは、クレンジングと洗顔料を使って、ダブル洗顔を。
クレンジング剤は、洗い流すタイプがおすすめですが、ふきとるタイプのクレンジング剤を使うときには、ゴシゴシこすらないように心掛けて。
また、落ちにくいアイメイクや口紅は専用のポイントメイク落としでオフしてくださいね。

■洗顔方法

①髪を上げ顔を素洗い
手をきちんと洗い、ヘアバンドなどで髪が落ちてこないようにします。

②洗顔料をよく泡立てる
手をぬるま湯でぬらし、空気を入れる感じで、洗顔料を十分に泡立てる。
泡タイプの洗顔料も便利♡

③泡をつぶさないように優しく洗う
泡をころがし、円を描く感じで力を入れずに洗う。
洗顔の順番も大切!
1.額 2.こめかみ 3.眉 4.鼻 5.目のまわり 6.頬 7.口のまわり 8.あご 9.首すじ

④ぬるま湯でよくすすぐ
こめかみ、あご、首すじなどにすすぎ残しがないよう、きちんと洗い流しましょう。

⑤タオルで押さえ水分を取る
やわらかいタオルで、こすらず、上から軽く押さえるように拭く。

角質タイプは、保湿&規則正しい生活に

料理PAL CLOSET ONLINE STORE

角質がたまって顔がくすんでしまう場合は、お肌のターンオーバーを整えることにフォーカスしましょう!
乱れたターンオーバーを整えるには、保湿がいちばん重要みたい。
乾燥タイプの対策で紹介したように、毎日のスキンケアで丁寧な保湿ケアを心掛けましょう。

また、ビタミンB群は皮膚の細胞再生などを助ける働きがあるので、緑黄色野菜や大豆製品など、バランスのいい食事にも気を配って。
さらに、紫外線でもターンオーバーは乱れてしまうので、UVケアも大切に。

角質タイプの人におすすめの保湿方法

①洗顔後すぐに保湿
洗顔後は水分や保湿成分が肌に最も浸透しやすいタイミング。
放っておくとどんどん水分が失われていきます。
すぐに化粧水や乳液、保湿クリームなどで保湿を行って。

②角質層に水分を補給
洗顔で肌を清潔にした直後に、適量の化粧水を手のひらになじませた後、顔を包み込むようにやさしくなじませます。

③肌の表面に油分の膜を
皮脂がつくられるまでには時間がかかるため、化粧水で補給した水分は、やがて蒸発してしまいます。
蒸発を防ぐため、化粧水の後に、乳液や保湿クリームで油分の膜をつくりましょう。
適量を手のひらにとり、顔全体に行き渡るようように伸ばして。

④手・コットン
乳液や保湿クリームを手のひらに広げて肌を軽く押さえるようにやさしくなじませます。
コットンを使いたいときは、力を入れ過ぎたり、強くパッティングしたりなどして、刺激を与えないように気をつけて。

血行不良タイプは、冷え対策を

寝具PAL CLOSET ONLINE STORE

血行不良になりやすいのは、冷え症の人。
夏でも飲み物は常温以上の温かいものを選んだり、入浴はシャワーですませず湯舟に浸かったり、体が冷えないように服装に気をつけたり。
毎日の生活で、ぜひ意識してみて◎

また、エアコンや冷たいものの食べ過ぎ・飲み過ぎ、長時間のプールや海水浴、ストレスによる交感神経の過緊張による血管の収縮、運動不足による冷えでも、体内の酸素や栄養が循環されにくくなるため、注意しましょう。
顔がくすんでると感じたときは、クリームをたっぷりつけてフェイスマッサージを行うのもおすすめ。
マッサージで顔の血流を促すことで、血行不良によるくすみが改善する可能性があります◎

マッサージをするときは、肌を摩擦しないようにマッサージクリームを使うことが大切。
さらに、十分な睡眠と栄養をとって、ストレスを少なく明るく過ごすことも大切です♡

色素沈着タイプは、紫外線対策を

色素沈着で顔がくすんでいる方は、UV対策を怠っていたことが原因かも。
日焼け止めや、UV効果のあるファンデーションなどを季節問わずに1年中取り入れて、通年でUV対策を。
外回りのお仕事、スポーツ好きなど、屋外で過ごすことが多い人は特に注意しましょう。
スキンケアにホワイトニング効果のあるものを取り入れるのもおすすめ◎

紫外線を浴びたお肌にはしっかり保湿を行うことがポイントです。
ぜひ紫外線対策とセットで、保湿ケアにも力を入れてみて。
紫外線対策を徹底すると、メラニンによるくすみの予防にも繋がります。

また、紫外線は肌の乾燥を招くため、乾燥によるくすみの対策にも。
紫外線対策の基本は、日焼け止め、日傘、つばの広い帽子などです。
帽子や日傘は、UVカット率が高いものを選ぶと◎
日焼け止めは、SPFとPAの値を見て、ライフスタイルや外出先の環境に合ったものを選ぶことがポイントです。

糖化タイプは、食事の見直しを

糖化は、体内に余分な糖質があると起こります。
そのため、肌が黄色っぽくくすんでいる糖化タイプは、食事を見直すことを考えてみて。
毎日甘いジュースやお菓子を食べたり、炭水化物を多く摂ったり、仕事や勉強の合間にお菓子を食べたりすることが習慣になっていませんか?
そんな食事は控えて、不足している野菜をしっかり摂りましょう。

また、空腹時の間食を低糖質のもの(血糖値が上がりづらいナッツ類など)に変えたり、食後1時間以内に軽い運動をする(食事で摂った糖は1時間以内に代謝されないと体内に蓄積される)のもおすすめ♪
栄養バランスのいい食事を1日3食しっかり摂って、規則正しい生活を送ることが大切ですよ◎

顔のくすみは原因に合わせた対策を

鏡と女性PAL CLOSET ONLINE STORE

顔のくすみには、角質や血行不良などいろいろな原因があります。
だからこそ、その原因に合わせた対策が大切。
ただどのタイプも、ひとつの対策だけではなく、できればスキンケア・食事・生活面とそれぞれを見直して、内側と外側の両方からケアしていくのが理想的です♡

様々な肌のくすみの改善法を試しても、まったくくすみがなくなる兆しがない場合は、美容皮膚科に相談してみる選択肢も。
美容皮膚科では、肌質や体質に合った適切な治療が受けられるため、肌のくすみとともに他のエイジングサインの症状も改善することができます。

ただし、肌のくすみをなくすには、日々の生活習慣が大きくかかわっていることを忘れず、セルフケアによる治療や予防を大切に◎
いつでも透明感あふれる明るいお肌になれるように、今からできることをコツコツと続けていきましょう♡

【監修者】うるおい皮ふ科クリニック 院長 豊田雅彦(とよだ まさひこ)さん

医学博士。皮膚科専門医(日本皮膚科学会認定)。アレルギー専門医(日本アレルギー学会認定)。うるおい皮ふ科クリニック院長。富山医科薬科大学(現在は富山大学)医学部卒業、1994年から2年半、米国ボストン大学医学皮膚科学教室に留学し、皮膚老化や神経などの研究を行う。2002年と2004年の国際皮膚科学会で、それぞれ臨床部門と研究部門の最優秀賞を単独受賞する。現在までに2000以上の医学論文・医学専門書を執筆。また、国内外で、最も多い年で年250回以上の講演会・学会発表・保健所指導を行う。2005年、千葉県松戸市に、うるおい皮ふ科クリニック(皮膚科・美容皮膚科・漢方皮膚科・アレルギー科・形成外科)を開業。著書に、「頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる」、「図解版:頑固なかゆみもアトピーも1分肌活で必ずよくなる」(ともに三笠書房)などがある。

spacer

RELATED