ピンクのノート
EDITORSのロゴMERYEDITORS
お気に入り

おうち時間で自分を知ろう♡心地よいわたしのつくりかた

自分は何を好きなのか、何をやりたいのか、自分の好きなところや嫌いなところはどこなのか。おうちで過ごすことが増えたこの時期に、自分を見つめ直してみませんか。今回は、女性のためのキャリアスクール「SHElikes(シーライクス)」から、今よりももっと自分を知ることができる方法をご紹介♡ぜひ試してみてくださいね。

更新 2021.06.23 公開日 2021.07.12
目次 もっと見る

もっと心地よい自分でいるために

ノートを見ている女の子

おうち時間でやることもだんだんなくなってきたな〜と思ったら、自分をもっと知るための時間に使ってみない?

自分の好きなところや嫌いなところを見つめ直すことで、もっと自分のことを知ることができて、もっと好きになれるし、自信を持てるようにもなる♡常に自分が心地いいなと思えるわたしでいましょ。

おうち時間で自分を知ろう!

用意するものは…筆記用具と紙!

ピンクのノート

自分を見つめ直すためには、まず書き出してみましょう。用意するものは、筆記用具と紙(ノートパソコンでもOK)。

自分が思っていることや感じでいることは、頭の中で考えるより、口に出したり、文字に書き起こしてみたりすると、頭の中が整理されてすっきりするんです♩

work01:「3つ」書き出す

まずは、「自分の好きなところ」と「自分の嫌いなところ」を3つずつ書き出すところから始めます!

職場で褒められたこと、友達に感謝されたこと、人に言われて気にしていること、変えたいけど変えられなくて落ち込むところなどを書いてみましょう。例えば、好きなところは「優しいところ」、嫌いなところは「すぐに落ち込むところ」など、ざっくりしていても問題ありません。

work2:好きなところを変換する

次に、好きなところを、ほかの人にはできないことに変換しましょう。
例えば、好きなところを「優しいところ」と書いていたら、「人の意見を最後まで聞くことができる」というような言葉に言い換えます。

より具体的に考えることで、良さを活かす方法が見つかります。それはほかの人にはできなくて、あなただけができる“得意なこと”にもなります。

work3:嫌いなところを変換する

次は、嫌いなところををポジティブな言葉に変換してみましょう。
例えば、嫌いなところを「すぐに落ち込むところ」と書いていたら、「感受性が豊か」「ほかの人の痛みに共感できる」というような言葉に言い換えましょう。

欠点を変えることは難しいけれど、捉え方を変えることはできるので、視点を変えてコンプレックスをチャームポイントに♡

嫌いなところも好きなところも、すべて自分自身!

好きなところは自分の強み。素直に認めて自分を褒めてあげましょう。
逆に、嫌いなところはチャームポイント。どう活かすのか方法を考えてみましょう。

良いところにスポットを当てて、それが活かせるような「働いている環境」「周りの人間関係」「住んでいる環境」になっているか、ぜひ自問自答してみてくださいね。

自分をもっと知りたい方は「SHElikes」へ♡

SHElikesキービジュアル

「自分をもっと見つめ直したい」「自分の良いところをもっと分析したい」という方は、女性のためのキャリアスクール「SHElikes」がおすすめ。

「SHElikes」は、Webデザイン・Webマーケティング・ライティングなど、パソコンひとつで働けるクリエイティブスキルを幅広く学び、今の時代に求められるマルチクリエイターを育成して、時間や場所に縛られない賢く私らしい働き方を実現するためのキャリアスクールコミュニティ。

無料体験レッスンも実施しているので、気になる方は一度申し込んでみてくださいね♡

spacer

RELATED