試験管に一輪挿し
レインボーローズayumi
お気に入り

【簡単】イケメンフラワーアーティストが伝授♡ 夏にかわいくお花を飾る方法【プチプラ】

イライラしたり、自然に涙が出ちゃったり、生きていればいろいろあるけれど「自分の機嫌は自分でとれる」ことが毎日ハッピーに過ごす秘訣♡ 元気が出ないときには、心を癒やす秘められたパワーがある「花」をお部屋に飾ってみてはいかが? 夏に簡単&かわいく花を飾るコツを、イケメンフラワーアーティストがレクチャーします。

更新 2021.06.23 公開日 2021.06.25
目次 もっと見る

おこもり生活にストレスを感じたら、お部屋に花を飾ろう

オンラインやお家時間が長い生活を送ることで、ストレスを感じる人が増加中。もし「なんだか気持ちがモヤモヤする……」と元気が出ないときは、「花」を飾るのがオススメです。

「花にストレス軽減効果やリラックス効果があることは、さまざまな研究から実証されています。花は生活必需品ではないけれど『心活必需品』。花で笑顔になってもらえたらうれしいです」

そう話すのは、フラワーアーティストの村瀬将之さん。

今まであまり花を飾ったことがなくても、花瓶を持っていなくても大丈夫! 簡単&プチプラでできる「夏にかわいく花を飾る方法」を教えてもらいます♡

キラキラ「ゼリーボール」を使う

吸水高分子トリマーという素材からできた「ゼリーボール」は、キラキラしていて涼しげなので、かわいく飾るにはとっておきのアイテム。アクアジェル、プランツジェル、クリスタルボールなどさまざまな名称で売られていることもあります。カラバリ豊富なので、好きな色をチョイスしてみて!

「シャンパングラス」を花瓶に♡

シャンパングラスに一輪の花が生けられている

(用意するもの)
花材:デルフィニウムなど好きな花、ゼリーボール(100均)
花器:シャンパングラス(写真は100均)

(作り方)
① グラスにゼリーボールを入れる
② ①に水を注ぐ
③ 倒れないよう中心部分に花を挿す

「ゼリーボールで花を固定できるので、シャンパングラスに一輪でもOK!光が差し込む出窓近くに置くと、ゼリーボールが一層キラキラして綺麗です」(村瀬さん)

一輪挿しに使い勝手がよい「試験管」

試験管に一輪挿し

(用意するもの)
花材:アジサイなどの好きな花、ドウダンツツジやブプレリュームなどのグリーン、ゼリーボール(100均)
花器:試験管(何本か立てられるデザインのもの)
※写真とは異なりますが100均にも試験管はあります。

(作り方)
① 試験管にゼリーボールを入れる。ゼリーボールは何色かあると◎
② ①に水を注ぐ
③ 花を1本ずつ挿す

「ゼリーボールと花の色合いを考えて挿すと、おしゃれ度UP。一輪挿しが好きな人は、花器として使える試験管を持っておくといいですよ」(村瀬さん)

夏らしい「かご」を使う

暑くなってくると自然とかごバッグで外出したくなるように、「かご」は夏らしさを感じるアイテム。花を飾るときにも活用したいものです。

かごと中に入れる瓶

「でも、一体かごにどうやって花を生けるの?」と疑問に思っている人もいると思います。

グラスや瓶、空のペットボトルなどをかごの中にセットすれば、水問題は心配なし!いつものかごが花器に早変わりします。

花束も「かご」に入れれば部屋に馴染みやすい

ひまわりの花束が入ったかご

(用意するもの)
花材:ひまわりをメインにした花束
花器:かご、かごの中に納まって花束が入るグラスや瓶など

(作り方)
① グラスに水を入れる
② ①に花束を入れる
③ ②をかごに入れる

「一輪で飾っても存在感のあるひまわりですが、花束にするとより華やかに! 花束をかごに入れると少しカジュアルになるので、部屋に馴染みやすくなります」(村瀬さん)

小さなピンクの花が入ったかご

「小ぶりの花や野に咲く花など、どんな花とも相性がいいかごは、形・色・大きさ違いでいくつか持っていると便利です。100均に行ったら、お気に入りを探してみてくださいね」(村瀬さん)

花を長持ちさせるためには?

1:「水切り」を忘れずに

水切りしているところ

花は切り口が空気に触れてしまうと水を吸い上げられなくなってしまうため、長く楽しむためには「水切り」という作業が必要です。

「水切り」とは、水を張ったボールなどに茎を入れて水中で斜めにカットすること。

この作業を行えば、また水がしっかり通るようになるので、忘れずに行ってくださいね!

2:花瓶はしっかり洗い、水をきれいな状態に保つ

夏は特に水が腐りやすいため、花瓶の中はしっかり洗ってから使うこと。花瓶に水は多く入れず、こまめに水を変えるのが大切です。

多めの水を必要とする場合には、水にほんの数滴漂白剤を垂らすのも雑菌が繁殖しづらくなる効果があり、長持ちしますよ♪

花のパワーで、愛され女子にアップデート

花を飾るとき、ちょっとアイテムをプラスするだけで、ワンランク上のおしゃれでかわいい飾り方が叶います。

花に癒され、花の力でポジティブに……。

きっと、明日は今日よりもっとかわいい自分に出会えるはず♡

Photo:Masayuki Murase

教えてくれたのは…

村瀬将之さん
フラワーアーティスト、「花のむらせ」専務取締役

花の魅力を伝えることを目的に静岡県内の「フローリスト・映像クリエイター・音楽クリエイター」を集めたユニット「gram.」にも所属し、花・映像・音楽の融合によるライブパフォーマンスで、各地で開催される花のイベントに出演している。

2015年「Flower Art Award2015 in Midtown」で優勝し日本代表として「アートフローラル国際コンクール in FRANCE」に出場。世界4位に入賞する。2019年「Flower Art Award2019」チャンピオンズカップ優勝するなど受賞歴多数。

spacer

RELATED