アイシャドウをつけた女性
EDITORSのロゴMERYEDITORS

アイメイクを垢抜けさせるアイシャドウベースの魅力!プチプラのおすすめをご紹介

せっかく時間かけて作ったアイメイクだから、お家に帰るまで綺麗に保ちたい。そんな時に便利なのがアイシャドウベースです。アイシャドウベースは上に重ねるアイシャドウの発色を良くしたり、アイメイクの仕上がりをキープしてくれる優れもの。今回は、そんなアイシャドウベースの選び方や種類、おすすめアイテムについて詳しくご紹介します!

更新 2021.06.11 公開日 2021.06.14
目次 もっと見る

1度使えばきっとその魅力の虜になる。アイシャドウベースのすゝめ

ツヤっとした色っぽい目元、キラキラで華やかな目元、ふわっとアンニュイな目元。
せっかく時間をかけて作ったアイメイクだから、お家に帰るまで綺麗に保ちたい。

そんな時に便利なのがアイシャドウベースです。
アイシャドウベースは上に重ねるアイシャドウの発色を良くしたり、アイメイクの仕上がりをキープしてくれる優れもの。

完成度の高いアイメイクを目指すなら、まずは取り入れてみてほしいアイテムの1つです。

こんなに種類があるの!?アイシャドウベースの選び方

自分に合ったテクスチャーはどれだろう?(クリームorリキッドorパウダー)

まずアイシャドウベースを選ぶ際にチェックしたいのがテクスチャーです。

定番のクリームタイプをはじめ、リキッドタイプやパウダータイプなど、各ブランドからさまざまなテクスチャーのアイシャドウベースが販売されてます。

自分にはどのタイプが合っているのか、チェックしてみましょう。

▷クリームタイプ

しっとりとした使い心地なので、目元の乾燥が気になる方におすすめのタイプです。
パウダーアイシャドウもぴたっと肌に密着するので、粉飛びを防くことができます。

▷リキッドタイプ

比較的さらっとしたテクスチャーですっと肌になじみやすいので、後にのせるアイシャドウを選ばないものが多いのが強み。
また密着力が高いので、グラデーションなどしっかりアイメイクを作りこみたいという方にはこちらがイチオシです。

▷パウダータイプ

指やブラシでさっと塗れるので手間いらずなのが嬉しいポイント。
クリームやリキッドのものよりマットな質感に仕上がるものが多いので、二重にアイシャドウが溜まりやすい方や油分で崩れやすい方におすすめです。

肌の悩みに合わせて色味が付いたものをチョイス

アイシャドウベースには色味が付いたタイプもラインナップされているので、肌悩みに合わせて選ぶのもおすすめです。

肌のあらを自然に隠したいなら肌色と同じベージュ系をチョイスしましょう。
上からのせるアイシャドウの色味に響かないのもポイントです。

コントロールカラーを上手く使いこなせば肌の色ムラをカバーできるので、アイシャドウの色味を発色させてくれます。
青みがかったくすみを解消したいなら血色アップして見せてくれるピンク系、透明感を出したいならパープル系…などなど。

保湿成分や肌への優しさにも注目

アイシャドウベースは肌に直接のせるものなので成分にもこだわりたいですよね。

ヒアルロン酸やコラーゲンが配合されている商品はメイクをしながら目元の乾燥を防いでくれます。

石鹸で落とせるタイプはクレンジングをする必要がないので、肌負担を減らすことができます。
目元は顔の中でも特に皮膚が薄いので、あまりこすらずに優しく落としてあげることも大切です。

お好みの仕上がりは?

お好みの仕上がりやその日の気分に合わせてチョイスするのもありです!

ベースメイクをツヤ肌に仕上げている場合は、パールを含んだクリームタイプのもの使って統一感を出すと◎

パウダータイプはナチュラル感を出したり、ふんわりとしたアイメイクに仕上げるのにぴったり。

しっかり奥行きを出してこなれ感を演出したいなら、リキッドタイプがおすすめです。

持ち重視ならウォータープルーフタイプを

プール等のレジャーに行く際もアイメイクをばっちり保ちたいですよね!

アイシャドウベースにはウォータープルーフタイプのものも展開されているので、シチュエーションに合わせて上手く使い分けてみましょう。



アイメイクをワンランク上の仕上がりに!おすすめアイシャドウベース5選

マルチに使えてウォータープルーフなのが嬉しい◎【キャンメイク】

キャンメイク ラスティングマルチアイベース WP 01 フロスティクリア

¥550

アイシャドウの持ちを良くするのはもちろんのこと、アイライナーやアイブロウの下地としても使える万能アイテムです。
ウォータープルーフタイプなので、汗をかいたり濡れたりしてもつけたての仕上がりを長時間キープしてくれそう。

チューブタイプで量を調整しやすいのもポイント◎

保湿成分配合のしっとりクリームタイプ【excel(エクセル)】

excel(エクセル)アイシャドウベース

¥1,045

保湿成分のリピジュア®&浸透型のプレコラーゲンが配合されたクリームタイプのアイシャドウベースです。
ヌーディーなアイシャドウも見違えるほど発色・長持ちするんだとか。
淡いカラーのアイシャドウをあわせて使ってみたいですね。

くすみをカバーしてくれる【dodo(ドド)】

dodo  アイシャドウベース  SB20Rakuten

dodo(ドド) シャドウベース SB20

¥528

はじめはしっとりとした質感で、つけるとさらっとした質感のまぶたに仕上げてくれるアイシャドウベースです。
後にのせるシャドウの色味を選ばないのも◎
お手頃価格なので試しやすいです。

スティックタイプだからサッと塗りやすい【スウィーツスウィーツ】

スウィーツスウィーツ 3Dアイベース 02 ブライトベージュ

¥1,100

珍しいスティック型のアイシャドウベースで、まぶたにサッと塗ることができるので手間いらず。

ツヤ感を出しながらベースを作ってくれるので、パールやラメタイプのアイシャドウとの相性もばっちりです。
さらにハイライトとして使用できるので、メイクの時短にも!

色ムラや赤みをカバー【REVLON(レブロン)】

レブロン カラーステイ アイシャドウ プライマーRakuten

レブロン カラーステイ アイシャドウ プライマー

¥1,320

24時間色落ちしにくく、ヨレにくいというアイシャドウベースです。
ナチュラルなベージュカラーで、アイシャドウの発色をより鮮やかにしてくれるそう。
シアバター配合で、まぶたをケアできるところも嬉しいポイントです。

アイシャドウベースのひと手間で、アイメイクの印象が変わる

どうでしたか?
今回はアイシャドウベースについて、徹底解説してみました。

アイシャドウベースを仕込んでいつものアイメイクをさらにグレードアップさせれば、あなたの魅力的な目元に周りもドキッとすること間違いなしです。

spacer

RELATED