買い足すのは“not エコ”かも。すぐ使わなくなりがちだけど、まだ使える優秀itemとは
まなもんまなもん

買い足すのは“not エコ”かも。すぐ使わなくなりがちだけど、まだ使える優秀itemとは

あなたはレジ袋が有料になって、代わりの袋に何を使っていますか?この記事では、すぐ捨てそうになるけど実はまだ使えるアイテムや、消耗品にはならないアイテム(ラップ・保存容器・洗剤)をご紹介します。サステナビリティが注目されていることをきっかけに、是非環境に配慮した日々を送ってみてくださいね!

更新 2021.05.22 公開日 2021.05.05
目次 もっと見る

また新たに買い足すのって…本当にエコ?

サステナビリティが注目されているここ最近、環境に配慮するために意識していることがあるという方も多いと思います。

でも、レジ袋が有料になったからエコバッグを新しく買うのって、本当にエコ?
消耗品を何度も買い足すのって、本当にエコ?

個人が動いたからと言ってすぐに明日世界が変わるわけではありませんが、一人一人の心がけやアクションによって、未来は確実にサステイナブルなものになっていきます。

出典 www.msn.com

すぐに始められるエコを

今回は、何度も買い足すということがないように、すぐに始められるエコな方法をご紹介します。
ゴミの減量は以前は3Rが主流でしたが、最近は5Rも注目されているようです。
私たち人間を始め生物たちが地球でいつまでも自然を守り幸せに暮らせるように、是非ゴミの排出量の削減に貢献してみてくださいね!

「5R」とは、ごみを減らすための、Rではじまる5つの行動のことです。
Refuse(リフューズ)断る:ごみになるものを断ること
Reduce(リデュース)発生抑制:ごみを発生させないこと
Reuse(リユース)再使用:ものを繰り返し使うこと
Repair(リペア)修理:ものを修理して使うこと
Recycle(リサイクル)再生利用:資源として再生利用すること

出典 www.city.koto.lg.jp

▷ビューティー

エコバッグ➝トートバッグ

レジ袋が有料になってから、自前のバッグを持つ習慣をつけたいと思い始めた方も増えたのではないでしょうか?
でもすぐにエコバッグを買う必要はないかも。

まずは、家にある大きめのトートバッグを持ち歩くのがおすすめ!
頑丈なものを選べば、重いものでも入れられるので安心ですよね。

花瓶➝使わなくなった瓶

お花をより綺麗に見せるために、新しく花瓶を買いたいという方は、使わなくなった瓶を花瓶に代用してみて。

こちらの写真は、マニキュアの瓶を花瓶に代用しています。
小さいお花はこんな風に飾ってあげるのもかわいいです♡

▷キッチン用品

割れた食器➝金継ぎ

お皿を落としてしまったとき、すぐに捨ててしまってはいませんか?

もしまだ割れたお皿が残っているならば、「金継ぎ」にTRYするのがおすすめ!
金箔が割れ目から覗くので、より上品なイメージになってくれます。

キッチンペーパー➝新聞紙

キッチンペーパーで油をふき取ると、すぐに吸収してしまい、結局たくさん使ってしまいますよね。
それを続けるといつしか何ロールものキッチンペーパーを消費してしまうことになります。

それを防ぐには、キッチンペーパーの代わりに新聞紙を再利用してみて!
新聞紙は油をよく吸収してくれるので、代用品としてぴったりなんですよ◎

▷お掃除

収納ボックス➝ブランドの箱

部屋を片付けるとき、物をまとめる箱を新調したくなる方も多いと思います。
そのときに役立ってくれるのが、ファッションアイテムを購入したときに入れてある箱!

ファッションブランドのものということもありデザインがお洒落なので、部屋に飾っても素敵なインテリアに変身してくれそう!

雑巾➝着なくなった洋服

そして日々溜まっていくほこりには、雑巾の代わりに着なくなくなった洋服を使うのがおすすめ。

縫い目の細かい洋服で掃除をしたら、小さいほこりまでしっかりとふき取ってくれそうです!

番外編|消耗品の代わりにGETしておきたい!

プラスチック製ラップ➝みつろうラップ

プラスチック製のラップは一度か二度使ったら捨ててしまうことになるので、地球のことを考えるとかなりもったいないですよね。

でも、この写真にもある「みつろうラップ」は、エコラップとも呼ばれていて繰り返し何度も使うことができる優秀アイテム。
厚めに重ねた新聞紙の上にオーブンペーパーを広げます。その上に布を広げてミツロウの粒をのせて、またその上にオーブンペーパーをのせてから、アイロンでミツロウを溶かしながらコーティングすると完成するので、自分でも作れてしまうんですよ! 
※みつろうラップは、電子レンジや熱湯には弱いので避けてくださいね。

ジッパーバッグ➝stasherの保存容器

使い捨てタイプのジッパーバッグを何度も使う機会がある方には、アメリカのブランド『stasher(スタッシャー)』のシリコーン製の保存容器がイチ押し!

電子レンジで熱しても湯せんにかけても大丈夫なので、忙しい日のために料理を作り置きしておくのもいいかも◎

洗剤➝リフィルステーションで補充

洗剤はすぐになくなってしまうものではないですが、できるだけボトルのゴミは増やしたくないですよね。

そこで覚えておきたいのが『ecostore (エコストア)』のリフィルステーション!
ボトルを持っていけばそれに洗剤を量り売りで補充することができるので、ボトルは1つあれば充分です♡

少しずつでも環境に配慮した生活を…

今回は、すぐに始められるエコな方法をご紹介しました!
一人一人が意識するだけで、どんどんみんなに伝わり、自然に浸透していくはず。
是非、地球に優しいエコライフに積極的に参加してみてくださいね。

spacer

RELATED