「流行ってるから」はもう卒業!自分の“スキ”を見つけるマインドセットのすゝめ
あんこあんこ
お気に入り

「流行ってるから」はもう卒業!自分の“スキ”を見つけるマインドセットのすゝめ

お買い物をする動機や基準は人それぞれ。トレンドという理由以外に、「自分が好きなもの」という基準を持ちたいと思ったことはありませんか?この記事では、トレンドに左右されずに個性や自分らしさを見つけるため、試して欲しい3ステップをご提案します。情報収集→分析→行動で、ファッションにも自分らしさを見つけてみて。

更新 2021.04.15 公開日 2021.04.15
目次 もっと見る

私ってなにが“スキ”なんだろう…?

「みんな着てるから、買ってみようかな。」
「たくさん着回しができそうだから、持ってて損はないよね。」

お洋服や雑貨など、手に取って買う理由はさまざまですよね。

でも…、もしかしたら自分が好きなモノ、柄、色ってよくわからないかも。
私が好きなテイストって何だろう。

そんな風に考えたことはありませんか?

強い“個性”じゃなくていい。あなたが素直に“スキ”って思えるようなものの見つけ方をご紹介します。

▷step1:いろんな系統を知る

まずは、いろんな系統を知って視野を広げてみましょう。 トレンド以外にもファッションの系統はた~くさんあります。
いつもとは違う系統の雑誌を見てみたり、街を歩くお洒落さんのファッションを参考にしてみるのもおすすめ。

情報収集をたくさんする

SNSも存分に活用しましょう!
インスタグラムには、公式の雑誌やブランドのアカウントも多くあります。
お洒落な画像を見ているだけでもテンションが上がってくるはず。

ぜひ、“タグ”にも注目してみて。知らない情報があるかも。

画像を保存できるアプリを活用

お洒落なインテリアや背景画像以外にも、コーデやヘアスタイルの画像などをアプリ内に保存することができる「Pinterest(ピンタレスト)」はご存知?

素敵な画像見て、少しでも心が動いたら“保存”を繰り返してみてください。
まずは統一感など気にせず、思うまま自分の直観に従ってみるのが大切です。

▷step2:惹かれたものを分析

雑誌を見たりインスタグラムを見たり…、情報をたくさん集めたら、次は“分析”に移ります。

例えば、先ほど紹介したアプリで自分が保存したものを見てみると?
なんとなく好きな色味や雰囲気、シルエットなど系統が見えてくるかもしれません。

なんでそれに惹かれたんだろう?

すべて同じようなものじゃなくて大丈夫。
少しでも自分の心が動いたものや、惹かれたものを並べてみて、「なんで私はこれに惹かれたんだろう?」と、考えてみることが大切。

“スカートやワンピースが多い”
“シャツやデニムコーデが多い”

などほんのりと傾向を知るだけでも、大収穫です♡

思いはしっかり記録して

感じたことはその場で終わらせず、しっかりと記録に残しましょう。

保存した画像を整理してみたり、言葉に表したりして管理してみて。
ノートや自分だけのLINEトークルームなど気軽に使えるアプリを活用するのがおすすめです。

Chic A6ノート

¥330

文字で書き表すことで、頭の中がすっきりと整理できることもありますよね。
ぜひ、かわいいデザインのノートを使って整理してみて。

好きな写真などをコラージュして、自分だけの雑誌を作るのも素敵。

▷step3:これからに向けて行動

step1、2を経ていくと少しずつ、少しずつ…「自分」が見えてくるはず。
好きなものが分かってきたら、今度は“行動”です。

今現在持っているものが、本当に好きなモノなのか?心が惹かれるものなのか?

もしかすると、今まで普通に見ていたものが違う視点で見えてくるかも。

“スキ”で溢れたクローゼットに

時間のある時にでも、クローゼットの中などをチェックしてみて。

「やっぱりコレ好きだな♡」と思うものもあれば、「なんでこれ買ったんだろう?」なんてものが出てくることも…。

すっきりさせることが大切

チェックしたら思い切って、断捨離することをおすすめします。

持ち物をすっきりさせることで、次に自分が買い足すべきものが分かりやすくなったり、理想のファッションに近付きやすくなるんです。

クローゼットを可視化するアプリを活用

自分一人ではなかなか難しい、という方はクローゼットを「可視化」できるアプリを使ってみるのも良さそう。
「XZ(クローゼット)」というアプリはご存知?

クローゼット診断をして、着用回数の多い服や少ない服、一着当たりのコスパを可視化することができるんです。

AIスタイリストが手持ち服からコーデを提案してくれるのも嬉しいポイント。

私はこれが“スキ”!

強い“個性”じゃなくていい。
ただトレンドや周囲の人に流されるのではなく、少しでも自分の好きなものを知っていってみてください。
自分らしさを大切にしたファッションやお洒落が、もっと楽しめるようになりそう。

最初はなかなか難しいかもしれないけれど、必ず自分の“スキ”が見つかるはず。

spacer

RELATED