“可愛さ<合わせにくさ”で諦めてきました。ピンクヘアを活かしたスタイリングの3tips
harukaharuka
お気に入り

“可愛さ<合わせにくさ”で諦めてきました。ピンクヘアを活かしたスタイリングの3tips

カラー後のスタイリングが難しそうでピンクのヘアカラーを諦めたことがある方も多いのでは?今回はそんな苦手意識を解消するため、ネイル・メイク・ファッションと、3つのポイントをご提案していきます。まずは今すぐ染めたくなっちゃうような可愛いピンク系ヘアカラーをチェックして、カラー意欲を高めましょう♡

更新 2021.03.19 公開日 2021.03.19
目次 もっと見る

スタイリングが難しそうだなぁって

あの頃憧れた魔法少女のようなピンク色の髪。
やってみたいという思いはあるものの、メイクやファッションなど、スタイリングが難しそうで諦めてしまっていませんか?

今回はピンク色の髪に挑戦してみたいけどできなかった方たちの背中を押せるよう、すぐに染めたくなっちゃうくらい可愛いヘアカラーと、カラー後にしたいスタイリングをご提案。
妄想しながらチェックしてみましょう。

:まずはカラー欲を高めなくちゃ:

ピンクベージュ

ベースが明るければ、ブリーチ無しでここまで綺麗に染めることができるんだとか。
さりげない色の入り方がお上品で、女の子らしさも抜群です。

ベイビーピンク

ダブルカラーをしたら、しっかりめに入ったピンクを楽しめそう。
髪の量やクセ、髪質などがあまり制限されず、幅広い方に似合うスタイリングだそうです。

ピンクアッシュ

さりげないハイライトで、ストレートヘアがより立体的できれいに見えます。
ヘアアレンジがしやすくまとまりやすいセミロングは安定に人気ですよね。

ピンクラベンダー

こちらはラベンダー要素も入っているので、ほんのり色っぽい印象。
ブリーチしていてもツヤ感がキープされているので、清楚な雰囲気が漂っています。

ピンクブラウン

ほんのりピンクを楽しみたいなら、ブラウン系と組み合わせて落ち着かせるのが良いかも。
地毛の色と近ければ、顔から髪色が浮いてしまう心配も少なくなります。

ベリーピンク

全体をピンクにするのに勇気が出ないなら、インナーカラーがおすすめ。
髪を耳に掛けた時にちらっと見えるベリーピンクの甘酸っぱさにきゅんとします。

:こんなネイルで気分を高めて:

キュートにするなら

あえてピスタチオカラーなどの爽やかな色味を合わせることで、ピンクとグリーンがお互いに魅力を引き出し合ってくれそう。
ちゅるんとしたジェルの質感も素敵ですね。

大人っぽくするなら

ブラウン・ベージュ系ならピンクとも甘く馴染んでくれそう。
落ち着いた印象ながらもデザイン性の高さで個性を発揮しているのが魅力です。

:こんなメイクで自信をつけて:

キュートにするなら

『UNLEASHIA』(アンリシア)/「ゲットルースグリッタージェル」(1,980円)

ざくざくのグリッターでポップに仕上げたら、ピンクの髪がもっと輝いて見えそう。
まぶたなどの顔にはもちろん、髪やボディにも使える優秀アイテムです。

大人っぽくするなら

『sopo(ソポ)』/「カラーマスカラ」(935円)

髪色に合わせて目元も優しい印象に仕上げましょう。
「03 グリッダーブラウン」カラーなら、艶っぽく仕上がるので、色っぽさもキープできちゃいます。

:こんなファッションで理想に近づいて:

キュートにするなら

フリルディティールドット短丈ブラウス

¥5,995

フリルとドットの組み合わせで可愛さ抜群。
さらっとした生地で重ね着もしやすく、長い時期愛用できそうです。

大人っぽくするなら

ベルベット切り替えティアードロングワンピース 花柄 バンドカラー

¥5,445

ベロアの切り替えとオリエンタルな花柄が大人っぽさを演出。
知的に見えるネイビーとピンクヘアの可愛さが合わされば怖いものなしですね。

これなら私も挑戦できそう♡

ピンクの髪を可愛くスタイリングするヒントをご提案しましたが、いかがでしたか?
ずっと迷っていた方は、今後後悔しないよう、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。

spacer

RELATED