読書によって増やす感性の引き出し。【最新】芥川賞・直木賞作品など、今読みたい一冊
RIOSORIOSO
お気に入り

読書によって増やす感性の引き出し。【最新】芥川賞・直木賞作品など、今読みたい一冊

毎年世間でも大きな話題となるのが芥川賞・直木賞の受賞作品。2020年下半期は、芥川賞には宇佐見りんさんが、直木賞には西條奈加さんがそれぞれ選ばれましたよね。そこでこの記事では、そんな2つの受賞作品をはじめとして、今話題の一冊をトピック別にいくつかご紹介。ぜひ次の読書の際の参考にしてみてくださいね♡

更新 2021.02.27 公開日 2021.02.27
目次 もっと見る

文字に触れ、世界が広がる

本を読むことは、言葉に触れること。
新しい世界を知り、豊かな想像力や思考力が培われていくこと。

読書は、あなたの心にある感性の引き出しをいつの間にか増やしてくれる、そんな秘密の習慣。

出典 latte.la

「推し、燃ゆ」や「心淋し川」など、たくさんの素敵な作品たち。
ページをめくる時のドキドキする気持ちは、あなたの心をきっと豊かにしてくれるから。

気になる一冊を手にとって、今夜もベッドへ向かいましょう。

1|受賞で話題

芥川賞/「推し、燃ゆ」

まず最初にご紹介するのは、毎年大きな話題になる芥川賞・直木賞の受賞作品。

芥川賞受賞作、宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」はタイトルもキャッチー。
好きなアイドル:通称「推し」の応援活動が生活の軸になっている女子高生の姿を、特徴的な一人称語りの形式で描いた作品です。

題:「推し、燃ゆ」
作者:宇佐見りん
出版社:河出書房新社

購入はこちら

推し、燃ゆ

¥1,540

なんと驚くべきことに、この本の作者は大学生。
そんな彼女が描き出す女子高生の生活風景は、普段本を読まない人でも引き込まれてしまうリアルさなんですよ。
2021年の一冊目として読み始めるのにもピッタリかも。

直木賞/「心淋し川」

お次は、直木賞受賞作品の「心淋し川」。

西條奈加さんによる江戸・千駄木を舞台にした時代小説です。
川のたもとの長屋で暮らす人々の人間関係や感情を繊細に拾い上げた作品で、生きる喜びや哀しみ、そのどちらもを改めて痛感することのできる一冊なんだとか。

題:「心淋し川」
作者:西條奈加
出版社:集英社

購入はこちら

心淋し川

¥1,760

川のたもとで暮らす人々の暮らしや感情、生きる上での喜怒哀楽を丁寧に掬い上げるこの作品。
目の前を流れる川と同じように、彼らの人生にも流れがあり、それが滞った時にもがき苦しむリアルな様を描き出しています。

2|考えさせられる一冊

「自由」について考えてみる

お次は、山田詠美さんの「アニマル・ロジック」をご紹介。

マンハッタンに暮らす一人の女性「ヤスミン」。
自由の象徴として描かれる、彼女の人生を通して「人としてどう生きるのか」を深く考えさせられるようなそんな作品なんです。

題:アニマル・ロジック
作者:山田詠美
出版社:新潮社

購入はこちら

アニマル・ロジック

¥924

何気なく生きる日常の中にも、目に見えないけれど確実に存在している差別や偏見。
「ヤスミン」という美しい人間の人生を通して私たちは、本を閉じる頃には何か大切な気持ちに気づくことができるはず。
現代社会を取り巻くさまざまな事象に想いを馳せながら、読んでほしい一冊です。

「愛」について考えてみる

近いようで遠いテーマ「愛」。

自分らしく生きる、そんな波がどんどん強まっている現代だからこそ手に取ってほしいんです。
田嶋陽子さんの紡ぐ、なんだか背中をグッと押してくれるような文章がとても素敵な一冊。

題:愛という名の支配
作者:田嶋陽子
出版社:新潮社

購入はこちら

愛という名の支配

¥649

作者自身の体験がベースに語られていることで、本の世界に入り込みやすいはず。
普段は小説や物語系の作品しか読まないという方も、トライしやすい一冊になっているんです。

3|ホッとできる一冊

優しい語り口調にホッ

めまぐるしく移り変わる世界に生きていると、誰しもホッと一息ついて休みたくなるような瞬間があるはず。

韓国で累計25万部を売り上げた、ベストセラー作品のこちらは、改めて自分の生き方を考えさせてくれるような一冊。
毎日せわしない日々を頑張るあなたにこそ、手に取ってほしいんです。

題:「あやうく一生懸命生きるところだった」
作者/訳:ハ・ワン、岡崎 暢子
出版社:ダイヤモンド社

購入はこちら

あやうく一生懸命生きるところだった

¥1,595

目まぐるしく移り変わる世界に生きていると、ふと一人になってゆっくりと休みたくなる瞬間が誰しもあるはず。
自分らしさを取り戻すきっかけをくれる、そんな本になりそうです。

陽だまりのような文章にホッ

最後にご紹介するのは「詩人の代表作は読者が決めるもの」という著者の理念を元に、SNSで話題になった作品115編を収録した一冊。

大人気アイドルグループ『BTS(ビーティーエス)』のメンバーが読んでいたことでも大変注目を集めたんだとか。

題:花を見るように君を見る
作者/訳:ナ・テジュ、黒河星子
出版社:かんき出版

購入はこちら

花を見るように君を見る

¥1,650

老若男女、あらゆる世代の人々を虜にしていると言われるこちらの本。
そのタイトル通りに、愛らしく優しい一冊なんだとか。
毎日大切に読みたい、そんなお気に入りになる予感がしますよね。

読書で培う、美しい感性

本を読むことは、誰かの頭の中を覗くことだなんて誰かが言ってた。
知らない世界を知って豊かな感性を育みたいなら、読書を習慣づけてみて。

さあ、今夜はどの表紙をめくろうか。

spacer

RELATED