大人には「美容の休憩期間」も重要。やりすぎ美容を見直して、素材を磨く提案書

ネイルにヘアにメイクアップ…、そんな頑張り屋さんに‘お休み美容’の記事をお届け。やりすぎ美容はキレイから遠ざかる原因にも。ジェルネイルで気になるのは爪への負担、ヘアカラーは髪の毛の傷み、メイクのしすぎは肌疲れなどの悪影響が。お休み美容中も美しさをキープして、素材を磨いちゃいましょう。

たま〜にお休みさせなきゃ、なアレコレ

たま〜にお休みさせなきゃ、なアレコレ

出典: snapmart.jp

美容に勤しむと、自信がつくし毎日がキラキラして見える。だけど、たまには頑張りすぎずお休み期間を作ることも大切なのかも。

美容を休むが‘怠けている’ではないから

美容を休むが‘怠けている’ではないから

その理由は、過度な美容は負担になっている場合もあるから。また、いつも頑張りすぎていたらなんだか疲れてしまうこともありますよね。
美容を休むことは怠けるという訳ではなく、ちゃんと次のステップアップに繋がるんです。

〔ジェルネイル編〕

グリーンネイルなど、皮膚に関わる病気の原因に

グリーンネイルなど、皮膚に関わる病気の原因に

出典: snapmart.jp

ジェルネイルの場合、爪の表面を削って処理を行うので自爪が薄くなっていってしまいます。また、爪とジェルの間に隙間ができて湿気がたまると、爪の色が変化してグリーンネイルになってしまうことも。

ジェルネイルは3〜4ヶ月のお休み期間を

ジェルネイルは3〜4ヶ月のお休み期間を

出典: snapmart.jp

ジェルネイルの場合、健康的な自爪を目指すなら3〜4ヶ月を目安に、爪に何もしない期間を作るのがいいそうですよ。ダメージを受けた爪を生えかわらせるためのお休み期間を設けましょう。

素爪でも美しい手元に見せるには?

素爪でも美しい手元に見せるには?

ずっとジェルネイルをしていた人にとっては、ネイルなしってなんだかモノ足りなく感じますよね。ネイルなしでも美しい手元を演出するなら、リングでこなれ感をプラスするのがおすすめ。手元を華やかに見せてくれるので、寂しさを軽減してくれそうです。存在感のある大きめのデザインを選ぶとお洒落度がグ〜ンとupしますよ♡

ネイルお休み期間も、こんなケアは忘れずに

ネイルお休み期間も、こんなケアは忘れずに

出典: snapmart.jp

ジェルネイルをお休みしている期間でも、爪のケアは忘れずに。健やかな爪になるよう、ネイルオイルを使ってケアをしましょう。またハンドクリームをこまめに塗って、手や指先の乾燥を防ぐのもポイント。

〔ヘアカラー編〕

染めすぎの傷んだ毛は、切れ毛の原因に

染めすぎの傷んだ毛は、切れ毛の原因に

出典: snapmart.jp

染めすぎると髪の表面を傷つけて、髪の毛がパサついたり細くなったり…といった影響が。カラーリングは、薬剤を浸透させるため、キューティクルに大きな負担がかかるんだそう。ブリーチは特に激しい傷みに繋がります。

ヘアカラーの頻度を減らしてお休みを挟んで

ヘアカラーの頻度を減らしてお休みを挟んで

出典: snapmart.jp

髪の毛や頭皮への負担を減らすなら、3ヶ月に一回ほどのカラーリングが理想なんだとか。根元の伸びかけが目立ってプリンになってしまわないよう、暗めの色を楽しむなどもおすすめです。

お休み期間はコテ不使用のヘアアレンジで

毎日のコテやアイロンも、髪の毛が傷む大きな原因。お休み期間はアイロンやコテを使わないでできる、可愛いヘアアレンジをマスターして負担を減らしましょう。こちらの動画は、お団子を二つ作るこなれ感抜群のヘアアレンジ!ぜひ参考にしてみてくださいね♡

染める代わりに、ケアをしに美容院へ

染める代わりに、ケアをしに美容院へ

出典: snapmart.jp

カットやカラー、パーマ以外に美容院を訪れたことはありますか?実はトリートメントなどのケアだけをしてくれる美容室も。プロによるケアを行って、健やかな髪の毛を目指すのもいいかもしれません。

〔メイクアップ編〕

やりすぎメイクは、肌の負担に?

やりすぎメイクは、肌の負担に?

出典: snapmart.jp

毎日朝から夜までメイクをしていると、肌が疲れてしまう原因に。さらに、メイクをオフするためのクレンジングも肌の負担になっているんだそう。

たまにはやりすぎメイクをお休みして

たまにはやりすぎメイクをお休みして

出典: snapmart.jp

予定がない日や、しっかりとメイクをしなくてもよさそうな日に、‘お休み期間’を作って肌の様子を見てみましょう。自分の肌について知るいい機会にもなりそうです。

お休み期間は、シンプルなスキンケアを

お休み期間は、シンプルなスキンケアを

どうしてもファンデーションだけは手放せない…という人は、石鹸で落ちるベースメイクを使ってクレンジングからの負担を減らすのもおすすめです。
そして洗顔後たくさんの種類のスキンケアを使っているという人は、極力減らして最低限のケアを心がけてみるのはいかがでしょうか。化粧水で肌を整えて乳液でふたをするだけ、などシンプルなスキンケアを意識してみてください。

保湿と日焼け止めは怠るべからず!

保湿と日焼け止めは怠るべからず!

やりすぎスキンケアのお休み期間中も、忘れてはいけない大切なことの一つ目は保湿。肌の乾燥はさまざまな肌トラブルの原因にもなってしまいます。洗顔後に肌がつっぱっていると感じる場合は、洗顔料やスキンケアitemを見直すことがおすすめです。

また、日中は日焼け止めを塗ることも重要。しみや肌荒れの原因になる紫外線から肌を守るためにも、日焼け止めでしっかりバリアしましょう。

お休み期間で、もっとキレイな私に

お休み期間で、もっとキレイな私に

頑張りすぎると、疲れちゃうときがあるから。
お休み期間を作ってもっとキレイを磨いてみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。