安いから、可愛いから…でお財布が泣いてない?衝動買いを防ぐために意識したいコト

「安い」「可愛い」につられてついつい衝動買いしてしまった経験はありませんか?長く使えれば良いものの、結局気に入らなくてお金の無駄だった…なんて悲しいですよね。そんなことにならないために①手持ちの服と合わせられるか②来年も使っているイメージは湧くか③そもそも本当に欲しいのか、の3つのことを意識してみて。

「安い、可愛い」についつい惹かれてない?

「安い、可愛い」についつい惹かれてない?

出典: snapmart.jp

「安い」「可愛い」に惹かれてついつい買っていたら気付いたらお財布が泣いている…。
そんな経験がある方も少なくないのではないでしょうか?
一つ一つは高価でなくても、積もり積もって大きな金額になっていることってありますよね。

お財布のために自分に厳しくなるのも大切

お財布のために自分に厳しくなるのも大切

貯金したいのなら、たまには自分に厳しくならなくてはいけないのかも。
この記事では衝動買いを防ぐために意識しておきたいことをご紹介します。

衝動買いしてしまうパターンを思い出そう

セールになってる!

セールになってる!

出典: snapmart.jp

まずは自分が衝動買いしてしまったパターンを思い出してみましょう。
例えばセールになっている時。
安くなっているとついつい、必要なかったものまで買ってしまったりしますよね。

あの人が使ってるって言ってたから…

あの人が使ってるって言ってたから…

出典: snapmart.jp

例えば、「芸能人の〇〇さんが使ってるって言ってたな…」なんて思わず買ってしまったり。
自分に似合うのか、本当に必要なのか考えず、買ってしまった経験はありませんか?

見た目が可愛くてついつい

見た目が可愛くてついつい

「パケ買い」という言葉があるように、思わず見た目の可愛さから買ってしまった経験がある方も少なくないはず。
可愛いコスメや服は、気分が上がるしついつい手が伸びてしまいますよね。

1|今持ってる服と合わせられるかな?

1|今持ってる服と合わせられるかな?

ここからは、そんな衝動買いを防ぐためのコツをご紹介します。
服の場合は、「自分が今持っている服と合わせられるか?」を考えてみると良さそう。
また、着回しできるか考えると、自ずと衝動買いを減らせそうですよ。

ECサイトだったら…『WEAR』でチェック

ECサイトだったら…『WEAR』でチェック

ECサイトを見ているときだったら、そのアイテムを使ったコーデを『WEAR』でチェックしてみると良さそう。
着回しのしやすさや、手持ちの服とのコーデを想像しやすくなるだけでなく、実際に着用した感じも伝わりやすいですね。

店舗だったら…よく着る服で行く

店舗だったら…よく着る服で行く

洋服を見に行く時は、普段からよく着ている服で行くと◎
使用頻度の高い服に合わせにくいアイテムは、自然と登場する機会が減ってしまいそう。
デニムなどの定番アイテムを着て買い物に出かけてみるのも良いかも。

2|来年も使っているイメージは湧くかな?

2|来年も使っているイメージは湧くかな?

出典: snapmart.jp

トレンド感の強いアイテムや、デザインが奇抜なアイテムは「来年も使っているイメージが湧くか?」を基準に選ぶのが良さそう。
長く使える自信がない商品は貯金のためには我慢しておくのがベター。

ベーシックなアイテムなら長く愛せそう

ベーシックなアイテムなら長く愛せそう

一時の趣味に左右されない、ベーシックなアイテムを選ぶのが◎
ベージュやブラック、ホワイトのアイテムは着回しがしやすそうです。
迷ったら無難なカラーを選ぶのが良いかも。

量<質に発想を変えてみて

量<質に発想を変えてみて

シンプルなアイテムは上質なものをGET。
こちらのバレエシューズは『A.P.C.』のアイテム。
特別なアイテムは、コーデを洗練された印象に導いてくれそうですね。

3|そもそも本当に欲しいのかな?

3|そもそも本当に欲しいのかな?

出典: snapmart.jp

そもそも本当に欲しいのか吟味することも大切。
買ったけど全然使わなかった、なんてことになったら悲しいですよね。
それを防ぐためにも、本当に必要なものだけを買う習慣をつけて。

自分の持ち物をしっかり把握しよう

自分の持ち物をしっかり把握しよう

出典: unsplash.com

自分の持ち物をしっかりと把握していなくては本当に必要なものはわからないですよね。
コスメや服、アクセサリーなど、似たようなものばかり買ってしまう方は、一度持ち物をチェックし直すと良いかも。

どうしても忘れられなかったら買いに行く

どうしても忘れられなかったら買いに行く

1週間経っても忘れられなかったらまた買いに来よう、と決めて一度離れるのもアリかも。
周りの友達や家族に「どう思う?」とアドバイスをもらうのも◎
本当に気に入ったものを選ぶと賢い買い物ができそうですよ。

貯金はちょっとしたことの積み重ね

貯金はちょっとしたことの積み重ね

「安いから」「可愛いから」という一時の感情に流されてしまうとあとで後悔することになりかねません。
上手な買い物ができるようになれば、少しずつお金が貯まっていきそうです。
小さなことから頑張っていきましょう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。