結婚・出産と、自分の夢とのバランスって?会社員からおうちパン教室にシフトしてマイペースで働く日々

自分らしい職業選択のヒントを発信する連載企画、「私のおしごと ~My Colorful Life~」。第5弾は、自宅でパン教室を開く倉知麻里奈(くらちまりな)さん。新卒で旅行会社に就職後、結婚・退職・出産・子育てと移り変わるライフステージを柔軟に受け止め、のびのびとお仕事をしています。その前向きな理由を聞きました。

結婚してもお仕事とのバランスは取れる?

結婚してもお仕事とのバランスは取れる?

いろんな働き方が選べて、自分だけのライフプランを設計できる時代。自分らしく働くために、さまざまな職業や働き方の魅力を紹介する連載がこの「私のおしごと ~My Colorful Life~」。

今回お話をうかがったのは、6歳と3歳の男の子を育てながらパン教室を開き、次のキャリアの準備をする倉知麻里奈(くらちまりな)さん。

大手旅行会社に就職後、結婚することになり、仕事をやめる選択をした倉知さん。

食品の安全やアレルギーが気になる時代だから、自分の手で作ったものを食べる丁寧な生活を大切に、マイペースでパン教室を開き、今後のキャリアにつなげようとしています。輝いて働く道を開拓する、自分らしさのヒントをお聞きしました。

どんな学生時代を送っていた?

どんな学生時代を送っていた?

高校まではずっとバスケ部に入っていて、ザ・体育会系だったんです。バスケ一色の毎日から大学に進学して、いろんな世界を見られるのが楽しく、アルバイトなど、どれも一所懸命になって。将来のことをそんなに深く考えることもなく就活シーズンに。

そのときに、夢も決まっていないし資格も何も持ってない!と焦ったんです。心理学部だったので、周りは臨床心理士の資格を取って医療・保健分野への就職を目指すなど、しっかり将来設計を考えている人も多くて。

私のダメなところなのですが、気を抜くことが苦手で、今やることに全力疾走し続けてしまうんです。大学生活も先を見据えながら、就活の糸口をうまく探ればよかったのに、目の前のことでいっぱいに。本末転倒で自分の首を締めていたと思います。

私にとって「好きで得意なこと」ってなんだろう?とヒントを求めて海外旅行に行ってみたり。そして、「旅行は好き。人とコミュニケーションをとるのも好きなほうだから、旅行の魅力を伝える仕事が向いているかも」と思って、旅行関係の企業を受けることにしました。

バリキャリではなく家庭に入る決意を!

バリキャリではなく家庭に入る決意を!

念願だった旅行会社への就職が叶って、私はバリバリ働く人生を歩む!って思っていたんですけど……。目の前にぽんっと結婚という選択肢が現れました。しかも私は仕事をやめたほうがよさそう。

「もっと働きたい!」とすごく悩みましたが、ふたりの未来を考えて就職2年目に退職。そして妊娠、出産。子供は可愛くて、本当に幸せ!

そしてちょっと落ち着いた頃、「バリバリ働くこと=充実した人生なのでは?」という未練もちょっとあるな、と気づきました。

マインドマップで気持ちを整理

マインドマップで気持ちを整理

「20代前半で結婚なんてうらやましい。主婦でがんばるのもいいんじゃない?」と励ましてくれる友達もいたり、家の事情などで私のように家庭に入っている友達もいて、幸せのかたちはいろいろある!と思いながら、「私も働きたいな!」と感じて。

そこで、大学で心理学の手法として学んだマインドマップを書きました。中心となるキーワードから派生させて思っていることを書き出すので、今何がやりたいのかハッキリします。そこで浮かび上がってきたのが、パンが大好きなこと、パンに関わる仕事をしたい!という気持ちでした。

パンが好きだから仕事にしちゃおう!

パンが好きだから仕事にしちゃおう!

母が手作りしてくれるパンが小さい頃から好きで、その後パン屋さんでアルバイトをしたり、ずっとパンが大好きだったんです。

調べてみると、“おうちパン”という、工程がすごくシンプルでオーブントースターやフライパンで焼けるパンがあると知りました。すぐに通信講座で習って、人に教えるための「おうちパンマスター」という資格を取りました。

ところが、人に教えるプレッシャーでいっぱいに

ところが、人に教えるプレッシャーでいっぱいに

さっそく、自宅や地域の公共施設などで教室をスタート。ところが、そのときどきで生徒さんの反応も違うし、こちらも子供をそばに置いて教えていたので子供の機嫌が悪い日があったり。

お金をもらうだけの満足感を提供しなくては、というプレッシャーで自分がいっぱいいっぱいに。真面目になりすぎてしまう悪いクセなんですよね。「周りはそこまで気にしていない」と思うようにしたり、「急がば回れ、小さな失敗は気にするな!」と自分に言い聞かせたり、葛藤がありました。

そんななか、教室に来てくださった方から「リフレッシュできました」とか、「子供に手作りのものを食べさせてあげられてうれしい」といった声が届きました。

私が失敗だと思っていた小さなできごとは、みなさんなんとも思っていないとわかって、肩の力が抜けたんです。

人の役に立てるのがうれしくて、このときから、パン作りを今後のライフワークにしようと思いました。

自分らしいフリーな働き方を実践する、こちらのおしごと記事もチェック!

自分らしい職業選択のヒントを発信する連載企画、「私のおしごと ~My Colorful Life~」。第3弾は、道明歩(どうみょうあゆほ)さんの“おしごとLife”。ベビトレヨガ教室を主宰しながら幼稚園でプレ保育の先生もしている、多角的なワークスタイルを実践中。その笑顔あふれるフリーな働き方を教えてもらいました。

自分のペースで働くという選択肢

自分のペースで働くという選択肢

女性の活躍できる社会って、組織でバリバリ働くだけではないのかも。自分のペースで進むという選択肢があることに、このとき気づきました。

パン教室をライフワークにするメリットは、年を取っても無理なく続けられること。ライフステージが変わったり別のやりたいことができても、自分と家族を大切にしながら自分のペースでできることかなと思います。

一度、会社員を経験できたのが本当に良かったです。社会人としてのルール、ビジネスの考え方を学べたのが基礎になり、自分の糧になっています。

自分の経験を生かして人の役に立てる!

自分の経験を生かして人の役に立てる!

学生時代は、就職してもしかしたら結婚して、子供を生むかもしれないな、くらいの感覚でした。

それが実際に子育てをしてみると、子供が小さいうちはほとんどおうちから出られないんですよね。しかもこんなご時世になってしまって。

「家でストレスが溜まっているママも多いのかも?」と思って、オンラインでパンづくりを教えるパン教室を始めました。

なんとなく不安な世の中で、生徒さんが自分の気持ちや悩みを話せる機会にもなったみたい。私もたわいのない会話がストレス発散になるし、人の役に立てるうれしさをダイレクトに感じています。

「ありがとう」を言い合う幸せ

「ありがとう」を言い合う幸せ

教室のあと、感謝のメッセージを送ってくださる生徒さんが多いことが、私のモチベーションのもとになっています。前向きな明るい声に「やってよかった」という気持ちでいっぱいに。

私も生徒さんだけでなく、家族にも「ありがとう」の言葉を口に出して言うことが増えました。

幸せって連鎖するんですね。

お部屋を素敵なカフェ空間に

お部屋を素敵なカフェ空間に

生徒さんにここへ来ていただくリアルパン教室の際も、オンラインでの背景としても、ほっとする場を提供したいと思っています。

そこで、壁面も緑や木々を感じられる物を中心にそろえ、温かみを意識。あと、雑貨を統一して、ごちゃごちゃしないように気をつけています。インスタで素敵な写真を探しながら勉強中です。

食器や雑貨をそろえるのも楽しい。自分のおうちが素敵になって一石二鳥なんですよ。

悩んで暗い気分のとき、復活するコツは?

悩んで暗い気分のとき、復活するコツは?

今でもやっぱり、真面目になりすぎて心に余裕がなくなってしまうことがたまにあります。

そこで、短時間でリフレッシュできる、いい匂いのクリームをいつも手元に置いています。MARKS&WEB とL‘OCCITANEがお気に入り。

香りって自然と気持ちを整えてくれる気がして、重宝していますよ。

ママとしてダメだな、なんてクヨクヨする日は本を読みます。子育てのことはこちらの本を読むと心がやわらかくなります。

「子どもはあなたに大切なことを伝えるために生まれてきた。」池川明著 (青春出版社)
少しママライターをしていたことがあり、池川先生から直接いただいた大切な本。

今後の夢はどんなこと?

今後の夢はどんなこと?

この状況が落ち着いたら、また大好きな海外旅行に出かけたいです。世界のパンを食べ歩いて、自分の教室に生かせたら素敵ですね!

そのためにも今、しっかりパン教室を続けていこうと思っています。プロのパンづくりを間近で見たくて、学生時代にアルバイトをしていたパン屋さんで、今も働かせてもらっているんですよ。

女性のライフステージを楽しんで!

女性のライフステージを楽しんで!

女性はライフステージごとに、学生のとき予想できなかった展開があるかもしれません。想定外を楽しむくらいの気持ちでいたほうがHappyですよ!

子供たちが大きくなったらパンでもっと人の役に立ちたいんです。今続けているパン教室が未来へつながると思うと、すごくワクワクしています。

固定観念にとらわれない!柔軟な働き方を提案する、こちらの記事もチェック!

自分らしい職業選択のヒントを発信する連載企画「私のおしごと ~My Colorful Life~」。今回は社員としての本業を持ちながら、ほかにも多数の仕事や活動を行う岡部のぞみさんを取材。今話題の「パラレルキャリア」を単なる副業ではなく、夢や生きがいを追いかけるためのものと定義する、岡部さんの考え方を伺いました。

パン教室主宰 倉知さんの1週間

パン教室主宰 倉知さんの1週間

ママライフに忙しくてもしっかり自分の時間を作って、毎日を充実させています。

おうちパンpeco

※掲載している情報は、2020年12月取材時のものです。
※取材は感染症拡大防止に配慮して行っています。写真撮影時のみ一時的にマスクを外しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
本記事に関するアンケートを募集しています。(全5問)
よりよいコンテンツづくりのために、ぜひご協力をお願いいたします。皆様の貴重なご意見をお待ちしております。

《アンケートに回答する》

*Staff*
Photo:Takahiro Okamoto
Writing:Natsuki Tamura
Design(Weekly Schedule):ma-hgra

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。