あれもこれも、なんだか納得いかないんです。中途半端な私と永遠にグッバイさせるコツ
orbitorbit
お気に入り

あれもこれも、なんだか納得いかないんです。中途半端な私と永遠にグッバイさせるコツ

ふと立ち止まると、最近の自分が中途半端になっていると気がつきました。どこか納得がいかない、満足できない。そんな自分とは、永遠におさらばしたいんです。この記事では、忙しさや継続できないなどの原因とやり抜く自分になるための解決策をご紹介。納得できる自分に出会えるように。

更新 2021.02.26 公開日 2021.02.26
目次 もっと見る

お別れしたい、中途半端な今の自分

「なんだか、最近の自分って中途半端な気がするの」
ふと、立ち止まって考えてみた。

どこか、今の自分に納得できなくて。
全力で向き合えている気がしなくて。
そんな自分から卒業したいんです。

なりたい自分に近づくために

でも、今の自分が中途半端かも、と気づいただけでも大きな一歩。
中途半端な自分を「過去」にしちゃえば、こっちのものです。

きっと、あなたの心の中には、「なりたい自分」が存在しているはず。
過去の自分とは、永遠にグッバイして、やり抜く新しい自分をお出迎えしちゃいましょう。

そもそも、中途半端な状態って?

「そもそも、中途半端ってどういう状態なんだろう」
そう思った人もいるかもしれません。
実は、「中途半端」は、2つの状況に分類することができるんです。

1:物事が達成されてないとき

自分で始めた習い事を、納得がいく前に辞めてしまったり。
読もうと思っていた本が、手つかずで積み重なっていたり。

「やろう」と決心したことが、続かなかったり、達成できなかったときは、中途半端に当てはまるかも?

2:達成したけど、納得がいかないとき

課題を提出できたけど、なんとなくでやってしまったとき。
充実感がない状態で、続いていたとき。

達成はできたものの、物事との向き合い方が自分が納得できる形ではなかったとき、中途半端だと感じることも。

始めた物事が完了しないでいること。態度などが徹底せず、どっちつかずの状態であること。また、そのさま。

出典 kotobank.jp

忙しくて、中途半端になるとき

合格点を超えられそうなラインに設定する

もしかしたら、今のあなたは頑張りすぎているのかも。
あれもこれも、完ぺきにしたい!と思うあまり、行き詰って上手くいかなくなってしまったり。

100点をいきなりの合格点にするのではなく、まずは50点、70点という風に、段階を踏んでいくことで、途中で辞めずに続けられるかも。

物事の優先順位をつける

「やることがたくさんありすぎて、途中でパンクして結果的に達成できなかった…」
そういうときには、物事の優先順位を決めて取り組むといいかも◎

緊急性の高いものから、順に処理していくことで負担もぐっと減るはず。
また、一日にやるべきことの数が多すぎていないか見つめ直すのもいいかも。

自分の時間をしっかり持つ

予定を詰め詰めにしてしまったり、リラックスする時間がなさすぎると、キャパを超えてしまい、やり抜く体力や気力が奪われてしまうかも。
一日のなかにホッと一息できる時間や、休日を作るなどして、オンとオフの切り替えをしてみては?

エンジン全開で目の前のことと向き合うことが出来るかも。

続かなくて、中途半端になるとき

ルーティン化させれば、怖くない

「いつも長続きしなくて、中途半端になってしまう」
そんなときは、ちょっとしたことをルーティン化するといいかも。

朝起きて、歯磨きをするかのように習慣化することで続けやすくなるかも。
「朝ごはんを食べたら、5分間読書をする」というように、低めの目標を設定して、続けることを意識してみて。

先延ばしにせず、即行動しちゃう

ふと、やらなきゃいけないことが頭をよぎるとき。
「あとですればいっか」と先延ばしにしてしまうと、やること自体を忘れてしまったり、面倒だと感じてしまうことも。
ネガティブな感情がフツフツと湧きがちに。

やるべきことは、誰よりも早くこなすんだ!という気持ちで片付けると、いつも間にか「楽しい」という感覚を覚えるかも。

自分の行動パターンを記録する

自分の行動を記録して、たまに振り返ってみるのも一つの手。
どういう時に、続けられなくなるのか。
物事のやる気がなくなってしまうのか、など。

自分の傾向を知ることで、そうならないための環境づくりに役立つはず。

集中できなくて、中途半端になるとき

他の人の力を借りる

物事の集中が続かなくて、達成感がなく、中途半端に終わってしまうこともあるかも。
そんなときは、敢えて周りの人の助けを借りるのも一つの手。
 
一緒に課題をしたり、相談したり。
今している作業がより、捗った!なんてこともあるかもしれません。

お気に入りの音楽で、moodを高める

集中できなくて、やるべきことが中途半端に終わってしまいそう。
そんなときは、お気に入りの音楽を聴いてパワーをもらうのも一つの手。

自然とスイッチが入って、作業も捗っちゃうかも?

ロールモデルを作る

「集中できないかも」そう感じた時は、自分のロールモデルを思い返してみて。
憧れの芸能人や身の回りにいる人でも大丈夫。

あの人なら、こんなときどうするのかな?
あの人は、今も頑張っているんだろうな。
憧れの存在が火をつけてくれることも。

小さな点がいつか線に変わる

0から100を目指すのもかっこいい。
でも、到達するまでのステップは少しずつでいい。

小さな達成感と努力がいつか実を結んで、自分の糧になるはず。
焦らず、ゆっくり、中途半端な自分からやり抜く自分へ。

spacer

RELATED