なんだか泣いてスッキリしたい気分。心揺さぶられる感動映画特集

今回は、感動する映画を6作品ご紹介します。恋愛映画と家族映画の2つのジャンルに分けました。最近、なんだかモヤモヤして気分が晴れないなんて人は、涙を流してみたら案外スッキリするかもしれません。感動する映画は忘れかけていた大切なことも思い出させてくれるかも。是非観てみてください。

なんだかモヤモヤ…

なんだかモヤモヤ…

出典: snapmart.jp

何が原因かはわからないけど最近なんだかモヤモヤしてスッキリしない。
何事にも無気力になってしまう。

出典: snapmart.jp

そんなモヤモヤした気持ちも涙を流せばスッキリするかもしれません。
今回は、心揺さぶられるような感動する映画をまとめたので是非チェックしてみてください。

〜恋愛編〜/きっと、星のせいじゃない。

〜恋愛編〜/きっと、星のせいじゃない。

出典: www.amazon.co.jp

1つ目は、『きっと、星のせいじゃない。』です。
主人公は不治の病にかかった若い男女。
きっとこれだけで悲しい物語と思ってしまうかも。
でも、彼らは常に希望を抱き、明るさを持っているんです。
そんな2人のかけがえのない限られた時間の物語。

『(500)日のサマー』のスタッフが贈る作品

『(500)日のサマー』のスタッフが贈る作品

出典: shutterstock

彼らの「生きる」ということに貪欲な姿に心打たれるはず。
また、彼らの純粋な恋心がとても可愛いのです。
『(500)日のサマー』のスタッフたちが携わっていることを知った上で観るのも面白いかも。

〜恋愛編〜/ワン・デイ 23年のラブストーリー

〜恋愛編〜/ワン・デイ 23年のラブストーリー

出典: www.amazon.co.jp

2つ目は、『ワン・デイ 23年のラブストーリー』です。
7月15日に大学の卒業式で出会い、意気投合して親友として付き合っていく2人の23年分の7月15日を描いた作品です。

もどかしい関係と衝撃のラストが必見

もどかしい関係と衝撃のラストが必見

出典: shutterstock

大学卒業からの23年間の7月15日を描くというのが斬新な発想で面白いですよね。
一緒にいなくても離れていてもお互いのことを気づかい、支え合う姿がとても素敵です。
そしてなんといっても彼らの関係の行方からは目が離せません。

〜恋愛編〜/きみに読む物語

〜恋愛編〜/きみに読む物語

出典: www.amazon.co.jp

3つ目は『きみに読む物語』です。
アルツハイマー病を患い過去を思い出せずにいる女性に男性がノートに書かれた物語を読み聞かせているシーンから始まります。
物語は、1940年代のアメリカ南部が舞台。
令嬢のアリーは、夏のバカンスで訪れた先に住むノアと恋に落ちるのです。
彼らの恋は永遠に続くと思われたが…。
前途多難な恋の行方はいかに。

2人のデートシーンがとっても可愛い

2人のデートシーンがとっても可愛い

出典: unsplash.com

特に可愛いのが2人がデート中にアイスクリームを食べるシーン。
こんな可愛いキスの仕方を見たことがない、というくらいキュンとします。
ぜひ、2人のデートシーンを楽しんで。

〜家族編〜/湯を沸かすほどの熱い愛

〜家族編〜/湯を沸かすほどの熱い愛

出典: www.amazon.co.jp

4つ目は、『湯を沸かすほどの熱い愛』です。
1年前に父が失踪してしまい、母・双葉はパートをしながら娘を育てていた。
悩みが尽きない彼女のもとにもう一つの困難が襲いかかる。
それは突然の「余命わずか」という宣告だった。
彼女の残された時間で変わっていく家族の愛の物語です。

母の強さ、温かさ

母の強さ、温かさ

出典: shutterstock

この作品は、改めて母の強さ、母の温かさを感じさせてくれます。
普段言えない感謝の気持ちを伝えたくなる、家族にあいたくなるような映画です。

〜家族編〜/ライフ・イズ・ビューティフル

〜家族編〜/ライフ・イズ・ビューティフル

出典: www.amazon.co.jp

5つ目は、『ライフ・イズ・ビューティフル』です。
舞台は戦禍に巻き込まれつつあるイタリア。
愛する妻のドーラと一人息子のジョズエと暮らすグイドはユダヤ系イタリア人なんです。
彼らの運命は涙なしには観られません。

父のつく「優しい嘘」

父のつく「優しい嘘」

出典: shutterstock

グイドのジョズエを思った行動に胸を打たれるはず。
嘘は必ずしも悪いことではなく、「優しい嘘」で人を救うことができることもあると思わせてくれる作品。

〜家族編〜/アイ・アム・サム

〜家族編〜/アイ・アム・サム

出典: www.amazon.co.jp

6つ目は、『アイ・アム・サム』です。
知的障害を持つ父親と愛する娘の物語です。
主人公サムは、娘ルーシーを授かります。
しかし、母親が出産後すぐに姿をくらましてしまい、隣人や友人に協力してもらいながらルーシーを育てる、ユーモラスで心温まるストーリー。

一番大切なことは何か

一番大切なことは何か

出典: shutterstock

サムの娘ルーシーに対する愛情と、父サムを思うルーシーの優しさが見ていてとてもほっこりします。
子供を育てる上で一番大切なものは何かと改めて考えさせられる作品です。
また、ルーシー役の幼い頃のダコタ・ファニングがとても可愛いんです。

なんだかスッキリ

なんだかスッキリ

出典: snapmart.jp

モヤモヤする気分の時になんだかスッキリできるような、おすすめの映画6作品をまとめました。
是非観てみてください!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。