失敗しやすいダイエットその①「食べないダイエット」
EDITORSのロゴMERYEDITORS

でぶみ・ゆうさんのリベンジダイエット連載②これをやると失敗しやすい!4つのNG事項

Instagramで15万人以上のフォロワーを抱える人気ダイエッター、でぶみ・ゆうさん。今回は、幾度もリバウンドを経験したでぶみさんから自身の経験をもとに「失敗しやすい」ダイエットの実例を教えていただきました。思い当たるところがある方は要注意…?!

更新 2021.05.21 公開日 2020.12.10
目次 もっと見る

でぶみ・ゆうさんの「リベンジダイエット」〜やってはいけないNG事項〜

Instagramで15万人以上のフォロワーを抱える人気ダイエッター、でぶみ・ゆうさんのダイエット連載。今回は、ダイエットの「成功法」を見いだすまでに数々の失敗を繰り返した経験から、「これをやったら失敗しやすい」ダイエットにまつわるNG事項を教えていただきました。
でぶみさんのように健康的に、楽しく、長く続けられるダイエットを目指したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

ダイエッターprofile

ダイエッターprofile

名前:でぶみ・ゆう
年齢:32歳
身長:157cm
最高体重:56kg
現在の体重:49.7kg
現在の体脂肪率:25.7%
目標体重:47kg
目標体脂肪率:22%

前回までの記事はコチラ

失敗しやすいダイエットその①「食べないダイエット」

失敗しやすいダイエットその①「食べないダイエット」

ダイエット開始期は、とにかく食べるのを我慢して摂取カロリーを減らせば、ボーナスタイムのごとく体重はするすると落ちていきますよね。私も「ダイエットをしよう!」と思いたったときは、まず食べる量を極限まで減らすことがお約束のようになっていました。
けれど、最初は順調にやせられてすごく楽しいのに、毎回決まって失敗し、リバウンドしてしまう…。
なぜなのか考えてみたときに、逆に“太りやすい体”をつくっていたことに気がついたんです。

最初の1〜2か月は、月3kgくらいのペースでどんどん減っていくんですが、あるタイミングを境に、体重がまったく落ちなくなるんです。運動していても減らなくて…。調べてみたら、極端な食事制限は、体に必要な水分量や筋肉も減らしてしまうから、どんどんやせにくくなるらしいと。
私はそれを知って、食事の量を元に戻せば代謝も戻って、またやせやすい状態になれるはず!と考えて食事の量を戻したんです。そうしたら、見事に元の体重に戻ってしまって(笑)。

食べないダイエットをしたことで、「体重はまったく減らないのに、ちょっと食べたらすぐに太る状態」をつくってしまっていたんです。
そのときは気持ちも沈んでしまって、友達とのご飯の予定すら憂鬱に感じてしまったりしました。「食べないこと」が生活の最優先になって、大事なことを見失っていたと思います。

失敗しやすいダイエットその②「糖質制限のやりすぎ」

失敗しやすいダイエットその②「糖質制限のやりすぎ」

食べないダイエットは良くないからと、しっかり食べられるダイエットを模索して行き着いたのが、糖質制限。
とにかく「たんぱく質を摂るのがいいんだ!」と、良かれと思ってステーキや焼肉をたらふく食べ、糖質はなるべく摂らないという生活をしたら、今度は結果的に太りました(笑)。
カロリーを摂りすぎてしまっていたことも原因なのですが、いろいろと調べていくうちに、筋肉をつけるには一定量の糖質が必要だということがわかりました。結果的に食べないダイエットと同様、「筋肉の落ちた太りやすい状態」の体になってしまったみたいです。

そこからは
・お米(糖質)を3食、適量食べる
・脂質をコントロールする
・野菜をしっかり摂る
という食生活に切り替えたところ、ようやく停滞期を脱することができ、今も続けている健康的なダイエットの型を見つけることができました。

失敗しやすいダイエットその③「がんばってる“つもり”になる」

運動をしたり、食べるのを我慢したりとがんばることはとても大事なのですが、感覚や自己流でダイエットをすると、私のように「間違っていることに気づかない」状態でダイエットを続けてしまう危険もあります。
健康に関わることなので、ダイエットは正しい知識をもって取り組むべきだなと。

まずは自分の体のことをきちんと知ること、それから体のメカニズムを知ること、専門家など信頼できる人が発信する情報から正しい知識を得ること。これはとても大事だと思います。

目標も体重の数字だけにとらわれてしまうと、不健康な方法でも体重さえ落ちればいい、という考えになりかねないので「どんな体になりたいか」をイメージして、そのために必要なことをやっていくのが良いのかなと。
カロリーはこのくらいまでなら摂ってOKとか、どんな栄養を摂るのがいいかとか。

正しい知識をつけてダイエットに望むのが、成功への近道だと思います!

失敗しやすいダイエットその④「ストレスをためながら続ける」

停滞期に入ると「食べてないのになんで減らないんだろう」と、ストレスを感じやすくなります。でも、ストレスをためながら続けるダイエットは、いつか反動がくると思っています。断食をがんばりすぎて生理前などに食欲が爆発してしまって、食べたことによってさらにストレスを感じてしまって…となると負のループですよね。
ストレスの原因はだいたい食欲に由来するので、私は対処法として「何が原因で起きている食欲なのか」を考えるようにしています。

例えば、直近の食事を振り返って、栄養バランスが偏っているようであれば、栄養不足。生理前ならホルモンバランス。どちらにも当てはまらなければ、純粋な空腹からくる食欲だと判断できます。

何か食べたいと思ったときは、罪悪感のないヘルシーなおやつや、栄養面で体にメリットのあるものを食べるようにしています。
チョコを食べるなら、ハイカカオチョコやチョコ味のプロテイン、パンが食べたいときはブランパンやおから蒸しパンなど。
どうしても代用じゃ無理!っていうときは、もう割りきって食べちゃってもいいと思います。その代わり、そのあとはしっかり調整するのを忘れずに♪

次回は、でぶみ・ゆうさんが選ぶ「お気に入りダイエット飯ランキング」ベスト10!

でぶみさんが語るNG事項は、どれも説得力のある内容ばかり。当てはまるところがある方は、ダイエットを見直す機会かも?
次回は、食べることが大好きなでぶみさんが、中でも特にお気に入りという「ダイエット飯」のレシピをランキング形式でご紹介します。お楽しみに!

spacer

RELATED