いらなくなった服はどうする?上手く処分をして、環境に優しくあなたもハッピーに

サイズが合わなくなったり、着古してしまった服。世界では衣類など繊維系の廃棄物が問題になっていますよね。あなたもいらなくなった服は、環境に優しくそしてあなたもハッピーになれるよう上手に処分することを心がけて。今回はいらなくなった服をどうすべきか、処分方法をご紹介します。

ゴミ袋に入れる前に、ちょっと待って!

ゴミ袋に入れる前に、ちょっと待って!

出典: pixabay.com

サイズが合わなくなったり着古してしまった服を、いらないからとゴミ袋にポイっとしていない?
世界では繊維系の廃棄物が多く、かなり問題になっているんです。

今回はいらなくなった服の上手な処分方法をご紹介。
環境に優しく、あなたもハッピーになれちゃう方法をお教えします。

いらなくなった服はどうする?

1. フリマアプリに売り出す

1. フリマアプリに売り出す

出典: shutterstock

簡単に出品できることから、フリマアプリは人気が高まっていますよね。

出品する際は実際に売れている服の価格を見て、高すぎず安すぎない価格にしましょう。

きれいな写真と丁寧な文章で、「買いたい!」と思わせる出品を心がけて。

::おすすめフリマアプリはコレ::

出典: prtimes.jp

【ラクマ】

匿名配送ができるので、住所や名前など個人情報を伏せて取引可能な楽天のフリマアプリ『ラクマ』。

クレジットカードや銀行ATM、楽天ペイなど決済方法が豊富で便利なんです。

楽天の他のアプリと併用すれば、お得に楽しめることも!

公式サイト

2. フリーマーケットに出す

2. フリーマーケットに出す

出典: shutterstock

アプリでのやり取りが少し不安な方は、フリーマーケットに出品しに行きましょう!

購入する人と直接コミュニケーションを取れるので、安心して取引ができますね。

出店無料の会場などもあるので、気軽にチャレンジできそう。

3. リサイクルショップなどで買い取ってもらう

3. リサイクルショップなどで買い取ってもらう

出典: shutterstock

リサイクルショップや古着屋さんにて、店頭で買い取ってもらうこともできます。

その場で査定してもらえるのでトラブルが少なく、またすぐに現金化してもらえます。

汚れやニオイで買い取り額が変わるので、洗える服は洗って持っていくようにしましょう。

::買い取りが難しい服も::

出典: shutterstock

しかし、洋服の状態や種類によっては買い取ってもらうのが難しいものも。

例えば下着やハンドメイド品、汚れや破損が目立つ服は買い取ってもらえません。

またノーブランドの服やファストファッションの服は、買い取りが難しいと言われています。

4. 寄付する

4. 寄付する

出典: unsplash.com

世界には生活が苦しく、服を満足に買えない人がいます。

少しでも恵まれない人々の助けになれるよう、寄付するのも素敵ですね。

多くの場合段ボール箱に服を入れて団体宛に送るだけで完了なので、寄付することも考えてみて。

5. 兄弟や知り合いにあげる

5. 兄弟や知り合いにあげる

出典: shutterstock

服のサイズが合わなくなってしまったり、買ってみたものの自分にあまり似合わない場合は、兄弟や知り合いにプレゼントしましょ。

特に子どもの成長は早く、すぐ着れなくなってしまうことが多いのでおすすめです。

6. 洋服の回収ボックスに入れる

6. 洋服の回収ボックスに入れる

出典: shutterstock

最近ではアパレルショップや大手スーパーに、洋服専用の回収ボックスが置いてあることがあります。

回収された服は再利用されたり、寄付されたりするそうです。

忙しく洋服を売ったりする時間がない方は、回収ボックスに持って行くのが良さそうです。

7. リメイクしてみる

7. リメイクしてみる

いらなくなったシャツの襟だけを残してつけ襟にしたり、デニムからショルダーバッグを作ったり。

いらなくなった服を、他のものにリメイクしてみるのも面白そう。

お気に入りの服も捨てずにリメイクして、また使えるようになれば嬉しいですよね。

::リメイクアイデアをGETせよ::

簡単おしゃれ!リメイク1年生 作るのが好きになる30のアイデア

商品

簡単おしゃれ!リメイク1年生 作るのが好きになる30のアイデア

¥1,320

著者:島本めぐみ
出版社:ワニブックス

メディアで話題のリメイク作家である島本めぐみさんの書籍です。
最短30分で、毎日身につけたくなるアイテムに大変身!
裁縫初心者でも簡単にできちゃう、お金をかけずエコに楽しめるアイデアが盛り沢山です。

処分する基準を教えて

体型に合わない服

体型に合わない服

出典: shutterstock

「痩せたら着られるはず」と思って、服をしまっておいてない?

もし痩せて着られるようになっても流行が過ぎてしまったり、ただしまっているだけでも劣化は進んでいます。

手放すのは名残惜しいですが、着られないからと割り切って処分することをおすすめします。

2年以上着ていない

2年以上着ていない

出典: unsplash.com

気づけば2年以上着ていない服が、クローゼットの奥に眠っているかも。

流行遅れになってしまったり、そもそもサイズが合わなくなってしまっているかも。

特にこれからも着る予定がないのであれば、処分しちゃいましょ。

ヨレや毛玉が気になる

ヨレや毛玉が気になる

出典: shutterstock

ヨレや毛玉など、服の劣化が目立つようになったら処分するのが良さそう。

服の見栄えが悪いと、おしゃれに着こなそうとしてもだらしがなく見えてしまいます。

洋服の回収ボックスに入れたり、リメイクをしてみてはいかが?

着なくなった服を探してみて

着なくなった服を探してみて

出典: pixabay.com

着なくなった服をただ捨てるのではなく、寄付したりリメイクするなど上手な処分方法があるんですね。

早速あなたもクローゼットの中を覗いて、着なくなった服を探してみて。

クローゼットなど身の回りをすっきりさせる、いいきっかけにもなりますよ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。