日本の中から4種の“可愛い”を集めました。唯一無二の世界観を持つブランドを覗いて

皆が思う“可愛い”は様々なんです。今回はちょっと個性的な可愛い世界観を持つ4つのブランドをご紹介します。たっぷりフリルとリボンを使った『keisuke kanda(ケイスケカンダ)』、エキセントリックなチェックの『HEIHEI(ヘイヘイ)』など甘くて、でもちょっぴり尖ったブランドをチェック。

誰にも譲れない世界観がそこにある

誰にも譲れない世界観がそこにある

出典: snapmart.jp

「この服可愛い!」
「えーそうかな?私はこっちの方がいいな」

お店で聞こえてくるのは女の子たちの会話。
ちょっとした話の中でも、みんなそれぞれ思う“可愛い”はたくさんあるってことに気づく。

そしてそれぞれ違う“可愛い”は、デザイナーさんによっていろいろ形を変えて現れるんです。

一目見たら惚れてしまうようなブランドたち

一目見たら惚れてしまうようなブランドたち

デザイナーさんそれぞれの世界観がたくさん詰まったブランドを、ちらりと覗いていきませんか?
ふわふわとしたメルヘンな色使いが詰まったものから、パンクでキャッチーなチェックが魅力的なものまで様々なブランドをご紹介。

運命的な出合いをここでしちゃいましょ。

keisuke kanda

keisuke kanda

リボンとフリルに、パンクを詰めたファッションを描く『keisuke kanda(ケイスケカンダ)』。
「あなたに似合う服ではなく、あなたが挑戦できる服を作ってみたい。」

そんな言葉から生まれる服は、唯一無二の可愛さを持っているかも。

公式サイト|

たくさんのフリルとリボンがあしらわれていますが、どこか尖った雰囲気を感じませんか?
実はフリルとリボンは手縫いなんです。

可愛さの中に、ちょっぴりスパイス要素を詰め込んだ『keisuke kanda』の服は、一度手にしたらずっと大切にしたくなっちゃいそう。

フロントジップと、キャミソールデザインが合わさった印象的なアイテムも。
フリルブラウスと合わせて、甘さとラフさが絶妙にマッチしたコーデに。

甘くて奇抜な、そんな世界を身に着けてみて。

HEIHEI

HEIHEI

『HEIHEI(ヘイヘイ)』はチェックをたっぷり使った服が特徴的なブランド。
まるで映画に出てきそうな日常離れしたエキセントリックな世界観を持っています。

80年代の少女らしさと、現代の原宿文化を掛け合わせたようなデザインなんですよ。

公式サイト|

『HEIHEI』のチェックは王道のギンガムチェックや、ボーイズライクなチェックなどこだわりのあるものばかり。

こちらはガーリーなワンピースに、メンズライクなチェックシャツを合わせていてカジュアル感もありますよね。
キュートなのにピリッとスパイスを感じるアイテムをゲットしちゃおう。

リボンワンピース

Credit base

商品

リボンワンピース

¥35,200

『HEIHEI』にはオンラインストアもあるんです。
こちらはブランドの代名詞ともいえるような、総柄の赤チェックワンピース。

ボリューム感たっぷりのシルエットで、ラブリーなんです♡

オンラインサイト|

JennyFax

JennyFax

台湾生まれのデザイナーが立ち上げたブランド『JennyFax(ジェニーファックス)』。
キュートなデザインと他とは一味も二味も違ったシルエットのアイテムは、周りの目をくぎ付けにしちゃうかも。

公式サイト|

ピンキーでメルヘンなトップスも『JennyFax』のアイテム。
自分の殻を破りにくい普通の女の子のために、その勇気を後押し出来るような服作りをしているとのこと。

一度身に纏えば、新しい自分に出会うことができるかも。

MIKIOSAKABE

MIKIOSAKABE

街中で見たことがある方もいるかも。
ポコポコとしたソールが印象的なスニーカーを手掛けるのは、『MIKIOSAKABE(ミキオサカベ)』です。

アイスとパープルベージュという色使いも、思わずきゅんとしてしまいませんか?

公式インスタグラム|

履くジュエリーとも言われている「JEWELRYシューズ」シリーズ。
スニーカーのイメージを覆すボリューム感がたまりません。

ハイカットのデザインでフィット感もバッチリなんですよ。
靴紐を好きなリボンに変えて個性を出してみて♡

もちろんクールな色使いも『MIKIO SAKABE』におまかせ。

色とりどりのカラーを取り入れるからこそ、ファッションのジャンルが限られることなく、様々な女の子が虜になるのかもしれません。

自分の心にビビッときたものを、手に取って。

その一着に恋をする

その一着に恋をする

今回ご紹介したブランドは、ちょっと風変わりな個性派アイテムがたくさん揃っています。
素敵だけど、自分が着るのは勇気がいる?

だけどもしこの記事で一目ぼれをした服があるなら、きっとその時が身に纏うタイミングかも。
新しい洋服に出会う時、それは新しい自分に出合う時ですよ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。