荷物少なくしたい派VSコテは必須派。旅行の時にしたい特別ヘアをダブルCheck
nminmi
お気に入り

荷物少なくしたい派VSコテは必須派。旅行の時にしたい特別ヘアをダブルCheck

旅行の時は、いつもよりちょっと特別なヘアスタイルにしたいかも。今回は、旅行の時にコテを持っていかない人と、コテを持っていく人に分けてヘアタイルをカタログ方式で紹介します。太めカチューシャ、シュシュ、基本の巻き方から、ハーフアップ、ハーフアップお団子、編み下ろし、など様々に紹介するのでぜひ見てみて下さい♡

更新 2021.02.12 公開日 2021.02.12
目次 もっと見る

コテ、ちょっとかさばるけどどうする?

旅行の時、なるべく荷物を最小限にしようとする人と、いろいろなものを持っていく人で分かれませんか?

今回は、コテを持っていかない派と持っていく派に分けて、ヘアアレンジを紹介します。

先攻:私はコテ無しで勝負!

小物で普段より差をつけてみる

大きめヘアアクセを使って、普段とは違う特別ヘア感をアップ。
ヘアアレンジをする前に、パサパサ感をなくす為にスタイリング剤をしっかり揉み込んでおくことが大切ですよ。

髪にツヤやまとまり感を出すために、まずはスタイリング剤をしっかりと髪になじませます。
ダウンスタイルの時よりも、かなり多めの量を意識ことが大切です。
使うスタイリング剤はオイルでも、クリームでも構いません。
仕上がりの質感にあわせて、お好みで選びましょう。

出典 www.hairdre.jp

太めカチューシャでお洒落さん

こちらは『Lattice(ラティス)』の太めカチューシャをつけたスタイル。
前髪がきまらなかった時は、カチューシャを使って後ろの髪の毛に巻き込ませても良いかも。

ちょっと横から毛を出してみても、可愛らしい印象になるかも。
ちなみに、コテがないので、前髪を濡らした後に乾かして整えたら、前髪カーラーをつけてみて。

大きめシュシュで華やかさ◎

ストレートヘアをシュシュでキュッと一つ結びにしたこちらのヘアスタイル。
髪色とシュシュの色のコントラストを考えてつけてみて♡

タイトにツイストしたヘアアレンジに、レザーのシュシュを加えたこちらのヘアスアタイル。
大人っぽさとお洒落さが一気に溢れてきます。

後攻:コテを持っていく派

コテ派の可愛い基本巻き

コテを持っていく派の方は、まずは基本の巻き方をおさらい。
32mmのコテで、170°で巻いています。
顔周りから毛先を巻き込まずに巻いていくのがポイントだそう。

ストレートアイロン派のウェーブ巻き

ストレートアイロンを持っていくという人もいますよね。
こちらでは、すぐにできるウェーブ巻きの方法を教えてくれています。

コテで巻いたら、ヘアアレを素敵に仕上げて♡

ハーフアップのガーリー感が可愛すぎる

ここからは、コテで巻いた後に、+αで簡単にできるアレンジをご紹介します。

ハーフアップって普段ダウンスタイルの人も挑戦しやすいですよね。
お気に入りのヘアアクセをつけて、ゆるふわガールになっちゃいましょう♡

三つ編みでつくるお花畑の女の子風アレンジ

3から4の時に、三つ編みした毛先を上手く引き出すのがゆるっと可愛いハーフアップのコツかも。
細かい毛束をとって、ちょっとずつ髪の毛を引き出してみて。

くるりんぱのみでバランス調整が楽そう!

こちらは三つ編みではなく、くるりんぱで作るハーフアップスタイル。
三つ編みとくるりんぱ、どちらかできそうな方で挑戦してみて♡

ちょこんとしたお団子も可愛いの

三つ編みをクルクル巻いてお団子にしたこちらのヘアスタイル。
下ろしている髪をコテでしっかり巻いておくとこなれ感が出るかも。

巻いても巻かなくても◎華やかな編み下ろし

お次は、コテがあってもなくてもできる、簡単アレンジをご紹介。

編み下ろしスタイルは、上品でとっても素敵ですよね。
コテでサッと巻いてからアレンジするとよりこなれ感が出ますが、巻かなくても素敵な髪型を楽しめそう。
旅行中にちょっと高級なディナーを食べにいく予定がある日などにしてみては?

思ったより簡単にできるかも?

最初にバランス良く三等分になるよう結ぶことが大切かも。
三面鏡の前でやると綺麗にできそう。

くるりんぱだけでもできちゃう

後ろで三つ編みが難しいという方には、くるりんぱで作るこちらのスタイルもオススメ。
5から6の引き出すところを丁寧にできるかどうかが、成功の鍵になっているかも。

コテなしでもアリでも可愛ければオッケー♡

コテなしアレンジも巻き髪アレンジも、いかがでしたか ?
どちらの場合も、普段つけないようなヘアアクセを着ければ、簡単に特別ヘアになりそうですよ。
普段しないようなヘアアレンジにもぜひ挑戦してみて♡

spacer

RELATED