お風呂上がりに極上リラックスtimeを♡「ボディオイル」でマッサージ&肌ケア習慣

お風呂で温まった体にボディオイルをつけてマッサージしながら、リラックスタイムを過ごしませんか?ボディオイルはボディクリームやローションに比べて保湿力が高く、肌の乾燥対策にもなりそう。今回は、ヘアオイルなどとしても使える『NUXE(ニュクス)』のオイルや、『SABON(サボン)』のオイルなど、人気アイテムもご紹介します。

お風呂上がりにリラックスタイムを♡

お風呂上がりにリラックスタイムを♡

バスタイムで温まった体にボディオイルをつけてマッサージしながら、リラックスする時間をつくりませんか?
保湿力の高いボディオイルは、肌の乾燥対策にも役立ってくれそう。

今回は、そんなボディオイルの魅力や、使い方、おすすめのボディオイルもご紹介していきます。

ボディオイルってな〜に?

ボディオイルってな〜に?

ボディケアアイテムとして使われる、ボディオイル。
オイル状なのでのびがよく、マッサージオイルとして使われることも多いんです。

濡れた肌にも使えるボディオイルもあるから、バスルームでそのままケアするのもいいかも。

高い保湿力が魅力♡

高い保湿力が魅力♡

出典: snapmart.jp

ボディオイルには油分が多く含まれているため、ボディクリームやローションに比べて、保湿力が高いのが特徴。
肌を保湿することで乾燥を防ぎ、柔らかいすべすべな肌に近づけるんだとか。

ヘアやフェイスに使えることも

ヘアやフェイスに使えることも

出典: snapmart.jp

ボディオイルによっては、1本でヘアオイル、フェイスオイルとしても使えるアイテムも。
ケアしたいパーツに合わせて、自分好みのオイルをチョイスしましょ。

ボディオイルの使い方

ボディオイルの使い方

出典: unsplash.com

ボディオイルによって使い方は異なりますが、お風呂上がりの直後や、濡れた肌に使うのがgood。
お風呂上がりの肌はもっちりと潤っていますが、あっというまに水分が蒸発し、乾燥し始めてしまうんです。

タオルで軽く水分をふき取り、オイルをつけるか、浴室の中で濡れた肌にオイルをつけ、残った水滴をタイルで軽くおさえることで、肌をしっかりと保湿できそう。

オイルをつけるときには、マッサージしながら塗るのがポイントです。

使用期限に注意!

使用期限に注意!

出典: snapmart.jp

オイルの種類にもよりますが、一度開封したボディオイルは酸化が進んでしまうことも。
使用期限の記載がある場合はそれに従い、ない場合でも早めに使い切るのが良さそう。

ボディオイルを使うときにはすぐに蓋を閉めるなど、注意して使ってみましょ。

「油焼け」のことも知っておいて

「油焼け」のことも知っておいて

出典: snapmart.jp

朝や昼間にボディオイルでケアをし、太陽の紫外線を浴びてしまうと、オイルの油分が酸化し、肌がくすんだり色素沈着をしてしまう原因となってしまうことも。
この現象を「油焼け」というそう。

酸化しやすいオイルと、比較的酸化しにくいオイルについても知っておこう。

より酸化しやすいオイルには、グレープシードオイル、ローズウッドオイル、馬油、亜麻仁油(フラックスシードオイル)などがあります。これらは日中のケアには使用せず、夜のみのケアに使うことをおすすめします。

一方、酸化しにくいオイルには、オリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル、椿油、アルガンオイルなどがありますので、これらを日中に代用してもいいかもしれません。

出典:www.biteki.com

おすすめのボディオイル

Weleda

Weleda

:ホワイトバーチ ボディオイル
:4,180円

みずみずしいグレープフルーツの香りが特徴の、『Weleda(ヴェレダ)』のボディオイル。
手のひらでオイルを温め、気になる部分にマッサージしながらつけることで、なめらかで引き締まった肌に近づけるんだとか。

購入はこちら

THE BODY SHOP

THE BODY SHOP

:ポリネシアン モノイラディアンスオイル
:3,520円

『THE BODY SHOP(ザ・ボディショップ)』のボディオイルは、濡れた肌にも使えるタイプだから、温まった浴室でそのままケアしちゃいましょ。
ボディオイルを肌につけ、円や長い直線を描くようにマッサージしながらなじませることで、なめらかな肌に導いてくれるんだそう。

購入はこちら

BEIGIC

BEIGIC

:リプレニッシング ボディオイル
:7,700円

韓国生まれのヴィーガンスキンケアブランド『BEIGIC(ベージック)』のボディオイル。
ベタつきにくい仕上がりのオイルで、ハリと艶のある肌に導いてくれるんだとか。

購入はこちら

OFFICINE UNIVERSELLE BULY

OFFICINE UNIVERSELLE BULY

:ユイル・アンティーク
:6,270円

6種類の香りの中から選べるのが嬉しい、『OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)』のボディオイル。
バスタイム後の濡れたままの肌に使える、ベタつかないさらっとした使用感のオイルです。

購入はこちら

NUXE

NUXE

:プロディジュー オイル 50mL
:3,300円

ボディやヘア、フェイスだけでなく、ハンドやネイルに使ったり、バスタブに入れてバスオイルとしても使える『NUXE(ニュクス)』の万能オイル。
画像の50mLのタイプは持ち運びにも便利ですが、大きいサイズの『プロディジュー オイル 100ml』(5,610円)もありますよ。

購入はこちら

SABON

SABON

:ボディオイル
:3,080円

『SABON(サボン)』のボディオイルはスプレータイプだから、手軽に使えそうですよね。
ライトな使用感のオイルで、ムスク、パチュリ・ラベンダー・バニラ、ローズティーの3種類の香りの中から好みの香りを選べます。

購入はこちら

贅沢なリラックスタイムを

贅沢なリラックスタイムを

ボディオイルでマッサージしながら肌をケアして、心安らぐ贅沢タイムをつくっちゃいましょ。
お風呂上がりの楽しみが、ひとつ増えそう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。