「身長152㎝でおしゃれ」と大人気!エディターJの「低身長コーデのコツ」実例7つ

身長152㎝と小柄ながら、それを感じさせないおしゃれセンスがファッション業界でも著名なエディターJ。その日々の着こなしを掲載したウェブ連載に、1200通以上もの質問やお悩み相談が寄せられ、一冊の本にまとまることに。MERY読者の将来のベンチマークにもきっとなる、すべての小柄な女性のためのスタイルブックをご紹介します。

小柄な女性が「将来の目標」にできる着こなし本が登場!

小柄な女性が「将来の目標」にできる着こなし本が登場!

身長152㎝、53歳のファッションエディター、J。

ラグジュアリーメディア「Precious.jp」で2017年より始まった、この謎のエディターのコーディネート連載企画が、年齢を問わず、身長によるおしゃれの悩みを抱える女性に届き、記事が公開されるたびにすぐ1万PVを超えるなど、大きな反響を呼ぶ連載に。

記事はLUCRAやTRILLなどのガールズアプリにも配信されていて、「将来、あんな素敵な女性になりたいな…」という女の子の”目標”として、多くの読者を獲得しています。

そんなエディターJの人気連載が、一冊の本にまとまりました。

スタイルブック『152㎝だっておしゃれはできる!』の見どころは?

スタイルブック『152㎝だっておしゃれはできる!』の見どころは?

連載のなかでエディターJへの質問を募集したところ、読者から1200通以上もの質問やお悩み相談が!

その相談にお答えするQ&A形式で作られた、小柄な女性のためのコーディネートブックなのです。

寄せられたお悩みを分類してみたところ、小柄な女性の着こなしの悩みの多くは、以下の5つのパターンということが判明。

①すらっとスタイルよく見えない
②すっきりセンスよくならない
③ロングやワイドが似合わない
④パンツスタイルがきまらない
⑤年齢にかかわらず幼く見られる

このお悩みに対するエディターJの答えは、ワンパターンを極めること!

「選択肢が限られた小さな人こそ、おしゃれは『ワンパターン』でいい! ワンパターンは突き詰めることで、やがてその人のスタイルとなるもの。スタイルをもった女性は素敵ですし、いつでも自信のある着こなしができたら、毎日がより充実したものになるはずです」(エディターJ)

エディターJの着こなし7パターンを拝見!

モノトーンは女らしく、かっこよく

モノトーンは女らしく、かっこよく

そのコーディネートの一部を、秋冬コーデを中心にお見せします!

「ロングなら、思い切ってマキシ丈。小さいからこそ、中途半端はダメ。潔いと、おしゃれに見える。152㎝でも、着たい服をあきらめない」と語るエディターJ。

ビューティフル・ピープルのレザージャケットにATONのロングのプリーツスカートを合わせた、高級感と女らしさのあるモノトーン・コーデです。

マキシスカート感覚で着られるワイドシルエットのパンツに、ユニクロの白タートルニットを合わせ、縦長ラインを追求したモノトーン・コーデ。
無難にまとまりがちなモノトーンも、ドット柄のおかげで新鮮な表情になっています。

「オールブラックの着こなしは、異なる素材を掛け合わせると奥行きが出て、のっぺり見えません」と語るエディターJ。

MIKAKO NAKAMURAのタートルニットにJ.Crewのチュールスカート、足元はエナメルの男靴を合わせて、この日の予定「デスクワーク→仕事関係のパーティ」へ備えます。

クロップドパンツを有効活用

クロップドパンツを有効活用

白のTブラウスに、ツイードのジレを重ね、シルエットの美しいダークグリーンのクロップドパンツを合わせたコーディネート。

この逆三角形バランスは「上から下へ、すっと流れるようなラインができるので、小さくてもシャープに見えるように思います」とエディターJ。

甘い印象のレースブラウスを、細身のパンツ&モノトーン配色にすることで、かっこよく着こなしたスタイリング。

白いコートの肩掛けと、長めのネックレスも、小さい体をすらっと見せるのに有効なのだとか。

ベージュ~キャメルですっきり見せる

ベージュ~キャメルですっきり見せる

「肌色となじみのいい色、ベージュ、キャメル、グレージュを使った着こなしは、小さい体を無駄に”分断”せず、自然とスッキリ見せてくれます。また、白~ベージュ、ベージュ~ライトブルーなど、淡いグラデーション配色に仕上げることで、色使いに計算を感じさせ、より知的で洗練された印象になります」(エディターJ)

こちらはキャメルのコートとベージュのパンツで白タートルニットをはさみ、軽快な印象に仕上げたコーディネート。

ATONのキャメルコートに、スウェット型パンツと丸首ニットを合わせ、リラックスした着こなしに。

グッチのファー付きサンダル、マックスマーラのサングラスで、着心地を優先したコーディネートでありながら、きりりと引き締めているのがかっこいい。

以上、低身長の女性がきっと参考になるアイディアがいっぱいの『152㎝だっておしゃれはできる!』より、着こなしの一部をご紹介しました。気になる方は、お近くの書店で手に取ってみてくださいね。

152cmだっておしゃれはできる!: 小さな天才、エディターJ「ワンパターンでうまくいく」

商品

152cmだっておしゃれはできる!: 小さな天才、エディターJ「ワンパターンでうまくいく」

¥1,430

著/エディターJ
定価:本体1,300円+税 小学館
ラグジュアリーメディア『Precious.jp』の人気連載「身長152㎝の着こなし」が待望の書籍化。連載に寄せられた1200通超の質問・お悩み相談にこたえるファッションコーディネートブック。
●A5判/152ページ

購入する

エディターJに質問できるオンラインイベントが開催!

エディターJに質問できるオンラインイベントが開催!

150㎝台でもスッキリすらりとみえるコツを、エディターJに直接聞くチャンス!
生中継オンラインイベントが11月13日に開催されます。
当日は、エディターJが時間の許す限り、参加者からの質問に答えてくれるのだそう。
興味のある方はぜひ、ご参加くださいね♪

【開催日時】
11月13日(金)19:00~20:30
受講料:1000円(税別)

講座に申し込む

身長152cmの着こなし。ファッションエディター「J」の、四季折々のコーディネート集です。その日の予定や天候、気分に合わせて着こなしを決めているというエディターJ。身長152.7cmと小柄なエディターJ。働く大人の女性のひとりとして、今日も考え、歩き、書き、おしゃれを楽しみます。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。